そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ALWAYS 続・三丁目の夕日

2007-11-05 | 劇場映画れびゅー
前作の公開時には「全然原作の“三丁目の夕日”と関係ないやん」と決め付けて劇場では観ず、後日友人宅で無理やりDVDを観せられて、なんだかんだ感動してたかも(汗)
あの時観せられていなかったら、今週末は別の映画を選んでただろうななんて思いながら、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観てきました。
★★★★

なんと言ってもこの映画の見所は、ありがちでコテコテのお涙頂戴なストーリー展開よりも、昭和34年の東京の見事な再現。
そして、そこに暮らす人々の様子を垣間見ながら日本を振り返る回顧映画。

ありがちでわかり易い“三丁目の夕日”のエピソードを紡ぎ合わせて作っているからこそ、家族で観れるつくりになっている。
俺も子供の頃、オヤジの買った雑誌の中から三丁目の夕日だけを楽しく読んでいた覚えが。
映画館でよりも、家でくつろぎながら会話を交えて観るのに向いているかもしれません。

石原都知事が「日本橋の上に架かる高速道路を取っ払う」と言って都民を驚かせたのは記憶に新しいけど、知事の取り返したい風景はこれだったんですねぇ。

惜しむらくは須賀健太君の演技が、小なれ過ぎて過剰になってしまっているところかな。

冒頭の日本を代表する某巨大怪獣のシーンでは、感動して震えました。
あれだけでお腹いっぱいになった人も多いのでは?w



ALWAYS 三丁目の夕日 通常版

バップ

このアイテムの詳細を見る

三丁目の夕日の時代 東京タワー篇―写真と資料で読む昭和30年代大図鑑!! (ワンダーライフスペシャル)

小学館

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DoCoMo 本気の反撃開始? | トップ | バイオハザードIII »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
西岸氏の素朴な素晴らしさ (英イチ)
2007-11-08 21:49:27
三丁目、僕は現在も楽しく連載読んでまする。

確かに原作と微妙にとは言え、重要な設定が変わっている気がするので、別もんとして楽しまないとダメなんでしょうな。

そうかー、そーれが★4なんや♪
これはスクリーンで観てみたいと思ってはおります。
(が多分実現はしないw)
原作も良いよねぇ (そーれ)
2007-11-10 19:52:45
>英イチさん
『鎌倉ものがたり』も子供の頃読んでたなぁ。
原作の事は忘れて観ると、逆に原作のテイストがチラッと見えたときに嬉しいかも。
映画館で観た方が、オープニングでぶっ飛べるよw
どうせなら (JUN-CHAN)
2007-11-26 16:37:37
>冒頭の日本を代表する某巨大怪獣のシーンでは、感動>して震えました。

30年代のゴ●ラにしてほしかった。昔のゴ●ラはあんな光線放たなかったぞ。なんちゅーか、口から霧みたいなもの吹いてた(笑)
ゴ●ラ (そーれ)
2007-11-27 15:32:04
>JUN-CHANさん
そう言われてみれば、そうですよねぇ(笑)
私はどちらかというと、もうスクリーンで観れないと思っていたゴ●ラが突然出てきたので拍手したい位の気持ちでグッと引き込まれちゃいました。
振り返ったら突然着ぐるみに変わって、当時のキャラクターそのままになったりしたらファンはもっと喜んだかもしれませんね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
初日2日間で興収5億、ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ケンピースの芸能情報)
初日2日間で興収5億、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』2年前に公開された、ALWAYS三丁目の夕日、素敵でしたよね。
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (Sweet* Days**)
監督:山崎貴 CAST:堤真一、薬師丸ひろ子、吉岡秀隆、小雪 他 昭和34年、高度成長期が始まろうとしていた日本。完成したばかりの東京タワーの近くに住む鈴木オートの家...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』舞台挨拶@日劇1 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
これは堀北真希が暴漢に襲われそうになる前に行われた午前の回の『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の舞台挨拶レポート。登壇したのは、吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子、須賀健太、小清水一揮、山崎貴監督。10/22に一足早く東京国際映...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:吉岡秀隆、小雪、須賀健太、堤真一、薬師丸ひろ子、小清水一揮、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、羽鳥慎一、マギー、温水洋一、神戸浩、飯田基祐、ピエール瀧、小木茂光...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ&ファミリー  監督:山崎貴  出演:吉岡秀隆      堤真一      小雪      堀北真希 【物語】 昭和34年の春、日本は東京オリンピックの開催が決定し高度経済成長時代 を迎えようとしていた。そんな中、東京下町の夕日町三丁目で...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Akira's VOICE)
良い話やけど,印象は大味。
「ALWAYS 続 三丁目の夕日」 (日々感動!)
3日 この日 2本目の映画です~ ちょうど お昼を挟んでいい時間にあったのでね 思い切って2本見ましたよ さて 「三丁目の夕日」前作は見に行きませんでした {/tv/}で2回放送してくれたので見ましたが。 ほんとにいい作品{/ee_2/} 子役の須賀くん、小清水くんが特...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 ~ 夕日がいつまでも綺麗だと思える理由 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 夕日がいつまでも綺麗だと思える理由 ~ 日本アカデミー賞にも選ばれた前作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編です。懐かしい昭和の時代の街並みや、人々の暮らしぶりは前作同様に活き活きと描かれており、冒頭ではゴジラが東京タワーを倒してしまうなど、最新のVFXを使...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
栄養不良(?)でも淳之介は4ヶ月で育ちまくりw
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (今日感)
いや~いいお話です。ジーンとくる。
ALWAYS 続・三丁目の夕日(日本) (映画でココロの筋トレ)
「映画~? 時間がもったいない」というマットだけれど、なぜだか「ALWAYS 続・三丁目の夕日」は観たかったらしい。 ということで珍しく夫婦で映画を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (POCKET BASE)
大ヒットした前作からちょうど二年。また、三丁目の住人たちに会える。続編が発表されてから、公開をずっと待っていた映画、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観てきた。 前作で...
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 nostalgia for the good old days (俺の明日はどっちだ)
前作に続いて冒頭に「TOHO SCOPE」のロゴが映し出されたあと突然始まるVFXを駆使した『ゴジラ』に苦笑。 そしてなんとミゼットがドリフトまでしてしまうその疾走感には思わず笑ってしまった。 それはともかく、そんな贅沢なオープニングの後に展開される物語は、テイ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ALWAYS 続・三丁目の夕日」□監督・脚本 山崎 貴 □原作 西岸良平 □キャスト 吉岡秀隆、堤真一、須賀健太、小清水一揮、小雪、堀北真希、もたいまさこ、三浦友和、薬師丸ひろ子 ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場 チネチッタ■...
【2007-160】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? あれから、4ヶ月── 昭和34年 三丁目に、 新しい住人が増えました。 昭和34年、日本の空は広かった。 あなたを待ってる人が、きっといる。
74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 74『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 評価:★★★★☆ 待ちに待った感じの続編です。 前作を公開前日に日本テレビで放送していましたね。 映画館によっては500円で鑑賞できる期間も設けていました。 今回...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (いい加減社長の日記)
ほんとは、今日にしようと思ってたんだけど。 たまたま、ちょうどいい時間にやっていたので、急遽昨日の夕方に鑑賞。 前作が大ヒットだった「ALWAYS 続・三丁目の夕日 」。 今回もかなりの人気。 「UCとしまえん 」は、チケット売り場は空いてたけど、中は...
ALWAYS  続・ 三丁目の夕日 (happy♪ happy♪♪)
前作がアカデミー賞総ナメ、大ヒットという快挙で 続・三丁目の夕日はそれ以上の作品に仕上がっているのか 期待と不安な気持ちで試写を観ました。 久しぶりに三丁目の人々を観てほのぼの{/face_yoka/}させられましたが やはり1作目の感動が大きかったので いまひとつ感...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 観た☆ (せるふぉん☆こだわりの日記)
昨日、11月3日に「ALWAYS 続・三丁目の夕日」を観てきました。 わたし的
ALWAYS 続・三丁目の夕日(2007年) (勝手に映画評)
舞台は前回から一年後の昭和34年。建設中だった東京タワーも完成し、東京の空に聳え立っています。そんな三丁目の日常が再び帰って来ました。 始まりがいきなりゴジラ?です。と言っても、それは茶川(吉岡秀隆)の作品のようです。でも、茶川の作品と言うことはゴジラじ...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』鑑賞レビュー! 「こだま」も登場! 前作を超えるVFX技術で古き良き昭和を表現 昭和34年、日本の空は広かった 東京タワーが完成し、年が明けた昭和34年??。 日本中を感動の涙でつつんだ あの三丁目の人々が帰...
ALWAYS 続・三丁目の夕日/吉岡秀隆、堤真一 (カノンな日々)
初日に観ることになりましたけど、特別楽しみにしてたわけじゃないんですよね。絶対混むの分かってたし平日のほうがヨカッタんだけど、チケットが先行発売になって上映時間もわかったから予定を組みやすかっただけのことで、ま、お祭り映画だし盛り上がる分には世間的には...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (えいがの感想文)
続編とは期待外れに終わるもの、っていうのは定説であるし、 観るまでは、悪く言うと、1作目の大ヒットで味をしめたのかあ、 と、ちょっとがっかりもしてた。 やすやすとブームに乗ってたまるか。と心のどっかで思ってた。 ハズレはしないだろうがもう展開読める...
ALWAYS 続・三丁目の夕日(映画館) (ひるめし。)
昭和34年、日本の空は広かった。
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」芥川賞を目指して1つになった三丁目の人たちの絆 (オールマイティにコメンテート)
「ALWAYS続・三丁目の夕日」は2年前に公開された「ALWAYS三丁目の夕日」の続編で前作から4ヵ月後の昭和34年を舞台に三丁目の人たちの生き様と芥川賞受賞候補になるか?というストーリーである。昭和の良き時代の光景を懐かしみながら、その時代に生きる人たちの人との...
ALWAYS 続・三丁目のタ日 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  初日ということもあり、映画館は大行列。それもいつもは映画には全く縁のない「おじさん達」の群れにはびっくりした。 一作目には、これほどおじさんはいなかったはずだ。やはり前作で日本アカデミー賞を総ナメし、センセーショナルな話題となったことが影...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (日々緩々。)
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を観て来ました。 公式サイトはこちら→http://www.always3.jp/ あらすじ(goo映画より)----- 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は 高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。 取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴...
映画 【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 大ヒット作『ALWAYS 三丁目の夕日』の続編。前作終了から4か月後、昭和34年の夕日町三丁目に住む人々の姿を描く。 大ヒット作の続編というのはかなりハードルが高いものですが、意表をつく始まり方ですっかり引き込まれました...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日 (新!やさぐれ日記)
■状況 109シネマズ佐野にて無料鑑賞券で観賞 ■動機 流行ってるようなので ■感想 長い上映時間を感じさせない作りに拍手 ■あらすじ 昭和34年、東京オリンピックの開催が決定し、日本では高度経済成長期が始まろうとしていた。黙って去ったヒロミ(小雪)を思...
映画「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (日々のつぶやき)
監督:山?貴 出演:堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、堀北真希、小日向文世、もたいまさこ、三浦友和 「昭和34年。淳之介と二人静かに暮らしていた茶川の元に再び父親が連れ戻しにやってくる。鈴木オートでは、親戚の子供美加を預かることになった。そして六ち
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (future world)
古き良き昭和の時代の下町風情、 所どころに懐かしみを感じ、暖かな夕日に包まれたような気分だ。 前作同様‘愛に溢れた作品’、前作にホロリと来たなら、是非観て欲しいと思う。 まずは初っ端のつかみから、いきなりやってくれてます~ 遊び心ありってことで、私...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 ★★★・・  (じゃがバタ~ 映画メモ)
帰ってきた三丁目、今度は昭和34年!ええワタクシが生まれた年です。 愛着はありますが、記憶は無いです。江原さんじゃないからね。 そういえば、ローラー脱水の洗濯機 我が家にもありました、懐かしいなぁ~ 母と一緒に観に行ったので、 映画についてもっと話せ...
ALWAYS 続・三丁目の夕日~ネタバレ感想! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
ALWAYS続・三丁目の夕日ですが、前作から4ヶ月後ということで茶川(吉岡秀隆)と淳之介(須賀健太)は一緒に暮らしています。鈴木オート(堤真一)の家に親戚のお嬢様が来たりもしますが、淳之介の父親(小日向文世)が再びやって来ます。(以下に続きます。ネタバ...
真・映画日記『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (          )
JUGEMテーマ:映画 11月6日(火)◆616日目◆ この日の終業後、有楽町マリオン11階「日劇」で『ALWAYS 続・三丁目の夕日』を見た。 CGは凄いねぇ(笑)。 エピソード盛りだくさんでそこそこ。 ストーリーは前作『ALWAYS 続・三丁目の夕日』から4ヶ月後の夕日町...
『ALWAYS 続・三丁目の夕日』 (ねこのひたい~絵日記室)
茶川さんの小説は、東京~横浜間で読める程度の短編です。 (執筆完了とはいうものの、読むに値しないシロモノになっちゃって、林家三平風にどーもすいませーん)
ALWAYS続・三丁目の夕日 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
冒頭に登場するゴジラは、アメリカで作られた恐竜ゴジラは言わずもがな、これまでのどの日本のゴジラ映画よりも、リアルで迫力がある。このまんまゴジラで通して欲しいと思ったくらい。冒頭が良すぎるというのはちと問題だろうが。
【劇場映画】 ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度経済成長時代に足を踏み入れようとしていた。取引先も増え、軌道に乗ってきた鈴木オートに家族が増えた。事業に失敗した親戚の娘、美加を預かることにしたのだ。しかし、お嬢様育ちの美加と一平は...
「ALWAYS  続・三丁目の夕日」 (森の中の一本の木)
 ああ、やってくれましたよね。オープニングシーンから涙ですよ。もちろん嬉し涙です! いやいや、嘘ですよ。本当に涙なんて出てません。レトロな感じのTOHOと文字が出て、あの音楽が聞こえてきたら嬉しくなって、アハハと笑っていました。いや、もしかしたら無意識に手...
お金より大事なもの。~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」~ (ペパーミントの魔術師)
最初はサブタイトルを「日本橋と”プー”」にしたろかと 思いましたわな。(ノ*゜▽゜)ノ でもそれじゃ~あんましなので。 今回は薬師丸ひろ子演じるお母さんにも ちょっぴり甘いおもひで話がこの場所で出てきます。 んで家に帰ったら、鈴木オートは モモヒキ姿で大の字、起...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (映画を観たよ)
またお会いしました。
今日も夕陽は綺麗・・・。  ~「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (取手物語~取手より愛をこめて)
冒頭のゴジラはやってくれたなという感じ。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (It's a Wonderful Life)
この続編、前作より好きかもしれません。 いや、前作を観てたからこそ、この昭和の下町に戻れだけで なんかこう、嬉しくなってくるというか・・。 ベタベタな展開は判っていながらも、素直に感動しまくりでした。 試写で見せていただいたんですが、場内ですすり泣...
ALWAYS  続・三丁目の夕日 (minaの官能世界)
 ヒロミ(小雪)がどうなるのか、その一点が気になって仕方がなかった。  薄倖の女っていうけれど、まさにそれを絵に描いたような女、それがヒロミである。  その結末を確かめに、映画館に足を運んだ。  これから観る方もいらっしゃると思うので、結末は敢えて書かな...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (ダイターンクラッシュ!!)
11月23日(金) 18:45~ TOHOシネマズ川崎6 料金:0円(シネマイレージクラブ ポイント使用) パンフ:700円 『ALWAYS 続・三丁目の夕日』公式サイト 渋谷の特撮ヲタクバーで評判の悪い「ALWAYS 三丁目の夕日」。泣いたと言ったら、馬鹿にされた。 前作は...
★「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末レイトショウは、前作で日本アカデミー賞を総ざらいしたものの続編。 主演??の吉岡秀隆の演技には、いささかハテナマークを付けたくなるひらりんですが・・・ 同い年の薬師丸ひろ子もいい味出してるし・・・ 堤真一のべらんめぇオヤジもさまになってるし・...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Yuhiの読書日記+α)
前作がとても良かったので、続編ができたら絶対に見に行こうと思っていた「ALWAYS 続・三丁目の夕日」をようやく見に行くことができました! キャストは前作に引き続き、吉岡秀隆、堤真一、小雪、掘北真希、薬師丸ひろ子のほか、今回は渡辺いっけい、上川隆也なども出演...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (映画!That' s Entertainment)
●「ALWAYS 続・三丁目の夕日」 2007 日本 東宝、日テレ、続・三丁目の夕日製作委員会 146分 監督:山崎貴、 原作:西岸良平 出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、須賀健太、三浦友和、     もたいまさこ、小日向文世、小清水一揮、上川隆...
【ALWAYS 続・三丁目の夕日】 (+++ Candy Cinema +++)
監督/山崎貴   脚本/山崎貴、古沢良太   原作/西岸良平 『三丁目の夕日』(小学館ビッグコミックオリジナル連載)    製作年度/2007年  公開/2007年11月3日  上映時...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (C'est Joli)
ALWAYS 続・三丁目の夕日’07:日本 ◆ 監督: 山崎貴「ALWAYS 三丁目の夕日」「Returner/リターナー」◆出演: 吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、もたいまさこ、 三浦友和、薬師丸ひろ子 ◆STORY◆ 昭和34年春。東京オリンピックの開催が決定し、日本は高度...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 吉岡君、もたいさん、受賞! (銅版画制作の日々)
吉岡秀隆君、日本アカデミー賞最優秀男優賞、受賞! もたいまさこさん、日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、受賞!   おめでとうございます 昨年12月11日に、東宝シネマ二条にて鑑賞しました。宮沢りえちゃんの「オリヲン座からの招待状」と同じ日からロー...
【映画】ALWAYS 続・三丁目の夕日…邦画ブームに黄昏の予感? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
そう上手くも無いサブタイトルでお恥ずかしい…と思っているけど他に思いつかなかったピロEKです{/face_ase2/} 今日から12月ですね{/ase/} …ホント大人になってからの時間経過ってのは早いです{/dododo/} 昨日はお酒{/beers/}飲んで眠たくなったので、お爺ちゃんの...
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (Blossom)
ALWAYS 続・三丁目の夕日 監督 山崎貴 出演 吉岡秀隆 堤真一 小雪 堀北真希     もたいまさこ 三浦友和 薬師丸ひろ子    ...