そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

MW/ムウ

2009-07-06 | 劇場映画れびゅー
手塚治虫の原作は読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから『MW』を観てきました。
★★★

しまったなぁ、原作本読むんじゃなかった。
知らずに観た方が先入観無くて楽しめたのかもしれない。

原作の面白いところは、当時の漫画にしては過激過ぎる悪役主人公の邪悪な思考パターンの表現に同性愛を交えて描く、タブーへの挑戦的なところが今読んでも新鮮で、「手塚治虫ってこんな事も書けたんだ」って驚いたんだけど、映画版は邪悪過ぎる台詞が薄くなってたり重要なファクターだった同性愛の描写が設定ごと割愛されてたりで物足りない…。
ストーリーは政府の陰謀やらMWの扱い以外はほぼ違うものになってて、部分的には流用してる場面が有っても全く別物になってます。

散々プロモーションで山田君が「いろんな人の立場から角度を変えて観なおすと楽しいので、何度も観てください」って言ってた事については、「1回で判るっしょフツーは」程度の浅さ。
それよりもこの映画の見どころは、この手の邦画としてはかなりレベルの高いロケの連続なところと、印象的な音楽の使い方が上手い事かな。



MW(ムウ) (1) (小学館文庫)
手塚 治虫
小学館

このアイテムの詳細を見る
MW(ムウ) (2) (小学館文庫)
手塚 治虫
小学館

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (29)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルマズ・プロジェクト | トップ | 3Dアニメ映画は吹き替え版の... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2009-07-06 00:41:13
私は原作未読で観たんですが、邦画にしては中々見応えがある作品で楽しめました。ただ一点だけ賀来が何故あそこまで結城に引きずられるのかが解らなかったんですが、同性愛だったと後から聞いて合点が行きましたよ。(苦笑)

なるほど「何故あそこまで」じゃなくて、単に好きだからってことならまあ理解できます。でもそのパートを落としたら、私のように感じている人は結構いるように思うんですけどねぇ。
Unknown (ルッカ)
2009-07-06 15:37:02
初めまして。
原作を知らずに映画を観たばかりです。
知らない方が楽しめた……と、ありうれしいような気持ちです。
TVドラマ版が、あまりにひどくて期待はしてませんでした。
でも、映画なりにストーリーが良かったと思います。

ただ、2人の関係がはっきり見えて来ないのが残念です。
原作の「同性愛」というのも、描いてくれれば理解しやすい感じでした。
最初から、原作あらすじを読んでいたので、2人の関係はわかってたんですけど。
原作、読みたくなりました。
>KLYさん (そーれ)
2009-07-07 14:37:35
どうもです!
>邦画にしては
そこですよね、この手の邦画はある程度妥協して観ないと楽しめないのがストレスですよね。
『K-20 怪人二十面相・伝』で、ここまで出来るんだってところを観た後だから余計に…。

原作から削ってしまった設定に頼るような演出は、原作を読んだ人にとっても読んでない人にとっても中途半端でパッケージとしておかしいですね。
>ルッカさん (そーれ)
2009-07-07 14:39:59
どうもです!
私も観ましたが、テレビ版酷かったですよねぇ。
比べれば映画はそこそこな感じでしたが、原作はもっと二人のドロドロとした関係やら周りを巻き込んで行く展開が面白いですよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

29 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
MW-ムウ- (LOVE Cinemas 調布)
1970年代に連載されていた手塚治虫の漫画を生誕80周年を記念して実写化した作品。主演は『真夏のオリオン』が公開中の玉木宏と『鴨川ホルモー』の山田孝之。共演に石橋凌、石田ゆり子、品川徹、半海一晃、鶴見辰吾といったベテラン勢が顔を揃えています。監督は「...
MW-ムウ- (だらだら無気力ブログ)
巨匠・手塚治虫の作品の中でも過激な内容から問題作と呼ばれていた同名 漫画を手塚治虫生誕80周年を機に映画化。16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が起きる。 だが当時の政府はこの事件を隠蔽。さらに出稼ぎに島から出ていた島民にも この件にか...
MW-ムウ- (いい加減社長の映画日記)
玉木宏さんが、悪役に挑戦し、原作は手塚治虫さん、楽しみにしていた「MW-ムウ-」を、いつもの土曜日のレイトショーで鑑賞。 テレビで、第0章もやってたけど、うとうとしていて、よくわからずじまい^^; 「UCとしまえん」は、普通の人出かなぁ。 「MW-ムウ-」は、小さ...
劇場鑑賞「MW-ムウ-」 (日々“是”精進!)
MW-ムウ-オリジナルサウンドトラック「MW-ムウ-」を劇場鑑賞してきました1970年代に『ビッグコミック』で連載され、その過激な描写から他の手塚治虫作品とは一線を画す禁断のピカレスク・コミックを、手塚治虫生誕80周年を機に実写映画化したサスペンス・エンタテ...
MW-ムウ- (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。手塚治虫原作、岩本仁志監督。玉木宏、山田孝之、石田ゆり子、石橋凌、山本裕典。米軍の毒ガス兵器奪って世界破滅願望を夢見るというのは村上龍の「コインロッカー・ベイビーズ」もそうだった。やはりコインロッカーに捨てられた2人の少年の愛と憎悪の物語で...
『MW -ムウ-』 (ラムの大通り)
----この映画って手塚治虫の原作だよね。 新しくなった新宿ミラノでの完成披露で観たんだって? 舞台挨拶が盛り上がっていたみたいじゃニャい? 「うん。ゲストが沢山。 ステージ前から吹きあがるドライアイスで一瞬あたりは真っ白に。 白い霧が晴れるとそこには出演者た...
「MW-ムウ-」ネタバレあらすじ (ドラマメモ)
7月4日、初日に映画「MW-ムウ-」を観てきました。予想以上の面白さ、濃い脚本に感動!スペシャルドラマよりも断然良かったです。初の悪役...
M W -ムウ- (★ Shaberiba )
憎しみは人をモンスターに変える・・。
MW-ムウ-・・・・・評価額950円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「MW-ムウ-」は、手塚治虫が大人向け作品に傾倒していた、1976年に発表したピカレスク漫画の映画化である。 膨大な著作を残した手塚だが、実...
「MW -ムウ-」 (首都クロム)
 初日。ご自身が手?世代の方から、親が手?世代であろう高校生まで、幅広い年齢層で座席が埋まっていました。終了時間が20時を少し回る遅めの回でありながら、前方の数列を除き端席までほぼ満席。手?作品の持つ人を惹きつけてやまない普遍的な魅力を、この客席の様子から...
★「MW-ムウ-」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりに邦画だよーーー。 最近ずっとヨーロッパものが多かったけど。
映画『MW -ムウ-』を観た感想 (映画初日鑑賞妻)
★★★★ 玉木宏のクールなダークヒーローぶりがカッコイイ。大画面のアップに堪えられるルックス、響く美声で、スクリーンの主役を張るスターのオーラが漂う。 今のアタシたちがこういう娯楽的に作られた映画の中で、少しでも手塚治虫の精神を感じ取ることができたら、原...
【MW -ムウ-】ダークサイドのヒーロー (映画@見取り八段)
MW -ムウ- 監督:  岩本仁志 原作: 手塚治虫 出演:  玉木宏、山田孝之、石橋凌       公開: 2009年7月 先日テレビドラマで「エピ...
MW-ムウ- 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
MW-ムウ- (花ごよみ)
手塚治虫の作品MW(ムウ)を映画化。 過去の凄惨な事件の復讐(ふくしゅう)のため、 悪魔の心を持つに至った主人公、 結城美智雄を玉木宏が演じます。 同じ事件を共有する幼なじみの神父、 賀来裕太郎には、山田孝之。 監督は岩本仁志。 16年前の悪夢に関係...
目的が分からない。『MW-ムウ-』 (水曜日のシネマ日記)
手塚治虫原作の漫画を実写版映画化した作品です。
エンドロールで縦ノリ第2弾(コラ)~MWムウ~ (ペパーミントの魔術師)
MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~ / 夏Dive (初回盤)flumpool 山村隆太 玉井健二 Amuse Soft Entertainment = music = 2009-07-01売り上げランキング : 91Amazonで詳しく見るby G-Tools関連商品 『How did we feel then?』~flumpool Tour 2009 "Unreal" Live at Shibu...
『MW-ムウ-』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
16年前、ある島の島民全員が死亡した事件は政府によって隠ぺいされるが、二人の少年が奇跡的に生き延びた。その一人でエリート銀行員となった結城美智雄の裏の顔は冷酷な殺人鬼で、神父となった賀来裕太郎は結城を救済しようと苦悩する。そんな中、16年前の事件の鍵を握る...
MW(ムウ) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
日本が誇る天才・手塚治虫の生誕80周年を機に、圧倒的映像力と、緊張感あふれる多彩なアクション、これ以上ないキャスティングによって、日本映画史に新たなサスペンス・エンタテインメント超大作としてスクリーンに登場! 物語:16年前、ある島の島民全員が死亡す...
映画 「MW -ムウ- 」 (塩ひとつまみ)
見てきました。
【MW-ムウ-】 (日々のつぶやき)
監督:岩本仁志 出演:玉木宏、山田孝之、石橋凌、石田ゆり子、鶴見辰吾、風間トオル    世界を変えるのは、          破壊か。祈りか。 「16年前、島民全員が死亡する事件が起こった。 しかしそれは政府によって闇に葬られ表ざたにはならなかっ
MWムウ 映画 (粋な提案)
手塚さんの原作が強烈なショックでした。 異様な設定と男色。どろどろで怖かったです。 その後、BLっていう言葉やクライムノベルが普及。 ...
『MW -ムウ-』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「MW -ムウ-」□監督 岩本仁志 □原作 手塚治虫 □脚本 大石哲也、木村春夫 □キャスト 玉木宏、山田孝之、石橋凌、林 泰文、石田ゆり子、鶴見辰吾、山本裕典、山下リオ、中村育二、半海一晃、品川 徹、風間トオル ■鑑賞日 7月1...
「MW -ムウ-」 存在し続ける陰 (はらやんの映画徒然草)
実はまったく期待をしていなかったので観賞が後回しになっていた作品だったのですが、
MW-ムウ- (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[MW‐ムウ‐] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:6.5/10点満点 2009年68本目(63作品)です。 16年前。米軍が極秘に開発していた毒ガス兵器「MW」が開発場所の島で漏れ、それを世間に知られないようにと政府が島民を虐殺。 その島を...
「MW-ムウー」胸騒ぎの2時間 (ノルウェー暮らし・イン・London)
原作ファンには酷評だったという、手塚治虫生誕80周年記念映画 「MW-ムウー」 渋谷のキュー2の巨大ポスターを見ては、「やっぱ、腐女子ねらいなんじゃ?」と、見ようかどうしようかずっと迷っていた。 ところが!! 私が原作を知らないからだろうか? 2時間め...
●「MW」 (月影の舞)
久しぶりの映画館。 「MW」を観る。 原作のマンガとは設定など、いろいろな面で 違っていたので、別モノとして観るのがいいね。 主人公は冷酷非情な殺人者として、描かれていたけど、 なぜ、彼がそうなりえたのかというような 本質的な深い部分は...
映画 『MW-ムウ-』 (~yatsufusa~)
『MW-ムウ-』 生誕80周年を迎えた手塚治虫氏の同名コミックを、 玉木宏、山田孝之主演で映画化。 2009年7月公開作品。 うむ。 なんとも後味が嫌な感じで残る作品でした。 原作を読んでいないので、原作とのギャップだとか そういったことでは一切無いのですが あまりに...
「MW-ムウー」感想 (Kanataのお部屋へようこそ)
 キャスト 玉木宏 山田孝之 山本裕典 山下リオ 石田ゆり子 石橋凌   2009年の夏公開の作品。  あらすじ  16年前、沖之真船島で島民全員が一夜にして虐殺される事件が発生した。しかし、この事実は政府によって隠匿される。この時 、二人の少年が奇跡...