そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

トンマッコルへようこそ

2006-10-29 | 劇場映画れびゅー
東京国際映画祭の影響か、今週封切作品は大粒揃い。ロードショー当日は何を観ようか考えていたら、全くノーマークだった『トンマッコルへようこそ』をおすぎがテレビコマーシャルで大絶賛していたので、昨晩のうちにレイトショーに予約しておいて、さっき観てきました。
★★★★★

久しぶりに魂の震える映画に出会えた。

昼間に観た『父親達の星条旗』が同じく“戦争”をテーマにした映画ということで、少なからず感性に影響したかもしれない。
そっちがノンフィクションなだけに。

舞台は1950年の朝鮮半島。
南と北の軍隊と連合軍(米軍)、それぞれの部隊からはぐれた数人が、戦争なんてものとは無縁な山奥の平和な村で出会ってしまうところから物語は回っていく。

辛い現実から逃れてたどり着いた村は、余りに辛い境遇と比べればまるでファンタジーの世界。
笑わせてくれるところもたっぷり有るんだけど、どこか危なっかしくて不安な気持ちが増していく。

クライマックスは泣いて泣いてエンドロールが終わっても涙が止まらず、慌てて車に駆け込んで泣きながら運転して帰宅。シャワーを浴びながら覚ましてから書いています。
レイトショーで端っこの席にしておいて良かった。

ネタバレ
銃も見たことが無い純真な村人達との交流。
何も悪い事は起きていないのに、何か不安な気持ちにさせるのは『JSA』を彷彿とするからだろう。そう、山を下りれば彼らは決して相容れない立場なんだ。

あまりにユルい村での生活は、戦争で汚された彼らの心を癒してくれる。
でも、彼らが打ち解け合えば合う程、不安に感じる気持ちが高ぶり楽しいはずの場面で涙がこぼれ始めた。

何故彼らがあんな最後を遂げなければならなかったのか。
クライマックスの笑顔を思い出す度に、また目頭が熱くなる。

イノシシの場面が『スイングガールズ』と丸被りな点だけが惜しい。



JSA

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ただ、君を愛してる | トップ | 父親たちの星条旗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
感想/トンマッコルへようこそ(試写) (APRIL FOOLS)
話題の韓国映画『トンマッコルへようこそ』10月28日公開。朝鮮戦争のさなか、"子供のように純粋な"という意をもつ村「トンマッコル」にバラバラと迷い込んだ6人の兵士。連合軍米人、韓国軍(南)と人民軍(北)の兵士、と敵対関係にある彼らだったけど、文明や争 ...
「トンマッコルへようこそ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「トンマッコルへようこそ」 監督:パク・クァンヒョン 出演:チョン・ジェヨン、シン・ハギュン、カン・ヘジョン、イム・ハリョン、ソ・ジェギョン、リュ・ドグァン、スティーヴ・テシュラー、チョン・ジェジン  1950年11月,朝鮮戦争が真最中だった ...
「トンマッコルへようこそ」 (てんびんthe LIFE)
「トンマッコルへようこそ」ヤマハホールで鑑賞 韓国では珍しいファンタジー作品だそうです。真夏のGTFでの試写会からすこぶる前評判のいい作品。あまりに期待していたらなかなか当たらなくてやっと今日みてきました。基本は朝鮮南北戦争。よくわからないけれど ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (いもロックフェスティバル)
映画『トンマッコルへようこそ』の試写会に行った。
『トンマッコルへようこそ』 (試写会帰りに)
試写にて『トンマッコルへようこそ』鑑賞。しっかりと一貫した反戦のメッセージに添いながらも、のびのびとどこまでも自由で、昔の日本映画のような力強くのびやかな勢いを感じました。 トンマッコルへようこそ 『ククーシュカ ラップランドの妖精』と似たよう ...
トンマッコルへようこそ (ぷち てんてん)
実は「父親たちの星条旗」の後に見たので、少々気持ちを入れ替えないといけなかったんですよね。こちらはコメディっぽい所もあって、救われる所もあったんですが。できれば、独立して見た方がこの映画の良さが分かったかもしれませんね~。☆トンマッコルへようこ ...
トンマッコルへようこそ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  笑顔が一番 つよいのです。           評価:★8点(満点10点) 2005年 132min 監督:パク・クァンヒョン 主演:シン・ハギュン チョン・ジェヨン カン・ヘギョン 【あらすじ】1950年代の韓国 ...
トンマッコルへようこそ (まぁず、なにやってんだか)
「トンマッコルへようこそ」は「笑えて泣ける」らしいので、公開されたら観に行こうと思っていました。運良く試写会が当たり、行ってきました。ふれ込みどうり、笑えて泣けて、あたたかい気持ちになれる素敵な映画でした。 観る前は、この映画はイケメンは出る ...
『トンマッコルへようこそ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を持ってにらみ合う ...
涙、涙・・・ (YOU-kiss)
久しぶりに先行試写会に行って来ました。 その名も『トンマッコルへようこそ』。 キャッチコピーは“800万人が笑って泣いた、感動のエンターテイメント”。 う゛ーん。。。 この手のコピーの韓国映画で時間を無駄にしたこと、たぁくさんありま ...
トンマッコルへようこそ (カフェ☆小悪魔)
笑顔が一番つよいのです。入村する◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆争いを知らない村『トンマッコル』に迷い込んだ南軍兵士。しかし、そこへ敵対する北軍兵士がヨイルに導かれ入村する。彼らは村人を真ん中に挟んでにらみ合いを始める。 ...
トンマッコルへようこそ・・・・・評価額1450円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
スタジオジブリ的アニメ風実写映画。 人里はなれた山中に、誰も知らない理想郷があるという物語や伝説は多い。 古くは陶淵明の「桃花源記」の中の桃源郷、近代ではヒルトンの「失われた地平線」のシャングリラなどがその代表だ
トンマッコルへようこそ (ネタバレ映画館)
でかいイノシシにはスローモーションがよく似合う。
「トンマッコルへようこそ」 (やまたくの音吐朗々Diary)
2005年に韓国映画界に旋風を巻き起こしたパク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ」の試写。幸せな映画を観た。宮崎駿の映画を観たあとような温かい感動と、三谷幸喜の映画を観たあとのような爽快感。この映画の音楽を『もののけ姫』や『ハウルの動く城 ...
『 トンマッコルへようこそ 』 (My Style)
『 トンマッコルへようこそ 』を観た。 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。 その名はトンマッコル。 そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、 それに敵対する人民軍の3人がやって ...
「トンマッコルへようこそ」(韓国 2005年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
のんびりと自給自足の生活を営んでいるトンマッコルという村に 予期せぬ6人の客がやって来た。 「トンマッコルへようこそ」
トンマッコルへようこそ (エリ好み★)
いつも思うんです。会ったことがない人を友達と思うのは難しいかもしれない、でも会ったことない人を自分の敵と思い込むことも、もっとあり得ないフィクションじゃないか、って。
戦争の愚かさを描いた秀作映画。『トンマッコルへようこそ』 (水曜日のシネマ日記)
1950年代の朝鮮戦争中、韓国側にある「トンマッコル」という山中の小さな村を舞台に描かれた物語です。
トンマッコルへようこそ 06年211本目 (猫姫じゃ)
トンマッコルへようこそ 2005年   パク・クァンヒョン 監督  久石譲 音楽シン・ハギュン 、チョン・ジェヨン 、カン・ヘジョン 、イム・ハリョン 、ソ・ジェギョン 、スティーヴ・テシュラー よかったぁ! 見に行ってよかったぁ! 邦画の今年最高が ...
映画「トンマッコルへようこそ」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Welcome to Dongmakgol 北から南から空から、死地を求めてトンマッコルへと兵士が集う。山奥のメルヘンチックなその村に一体何があるというの、子供のように純粋な心の住む村・・ 1950年、朝鮮半島を分断する戦いも米韓軍の仁川上陸によって終 ...
真・映画日記『トンマッコルへようこそ』 (CHEAP THRILL)
10月31日(火) 朝、通勤~スタバのコーヒータイムでなんとか日記を更新。 どうもここのところ、日記が尻切れとんぼ気味。 反省したい。 仕事は月末なので多いような少ないような。 午後6時20分に終業。 神谷町駅から六本木へ。 3の出口から出てシ ...
【劇場映画】 トンマッコルへようこそ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1950年代、朝鮮戦争が続く中、戦争とはまるで無縁の平和な村が山奥にあった。その名はトンマッコル。そんな村へまるで導かれるように、アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍の2人、それに敵対する人民軍の3人がやってきた。顔を合わすなり、銃を ...
★「トンマッコルへようこそ」 (ひらりん的映画ブログ)
韓国で800万人が笑って泣いた・・・という触れ込みの作品。
『トンマッコルへようこそ』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『トンマッコルへようこそ』鑑賞レビュー! 笑顔が一番つよいのです....。 トンマッコル、子どものように純粋な村 人々が自然と共に暮らし、笑顔を絶やさず 暮らすこの村で偶然鉢合わせをした 3組の敵対する兵士たち 彼らが村人との交流を ...
トンマッコルへようこそ (いろいろと)
韓国で800万人が笑って泣いた!!  2005年、観客に最も愛された映画 泣きは
【劇場鑑賞121】トンマッコルへようこそ(WELCOME TO DONGMAKGOL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「トンマッコル」 子供のように、純粋な村 戦争が起こっていることなど誰も知らないこの村に、3組のお客さんがやってきた。 ひとり、空から落ちてきた。 ふたり、森からやってきた、 3人、山を越えて来た。 彼らは、戦場から迷い込んだ兵士たちでし ...
パク・クァンヒョン監督「トンマッコルへようこそ」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 パク・クァンヒョン 主演 チョン・ジェヨン  私がいちばん気に入ったシーンは村の先生がテキスト片手にケガをしている米兵と会話するシーン。  「ハウ・アー・ユー?」  「ケガをしているんだから、ハウ・アー・ユー?はないだろう」(というような意 ...
イノセントワールド~「トンマッコルへようこそ」~ (ペパーミントの魔術師)
26日6:30.朝日生命ホールにて。 公式サイトはコチラへ。 → http://www.youkoso-movie.jp/ トンマッコルとは「子どものように純粋な村」 という名の架空の村。 1950年代の朝鮮戦争を舞台に 迷い込んだ兵士たちが人種・国籍に関係なく 笑顔で一つ ...
『トンマッコルへようこそ』 (ラムの大通り)
※傑作『まぼろしの市街戦』オリジナルポスター。 最初はこの映画に似ていると聞いていましたが……。 ----トンマッコルって韓国の地名なの? あまり聞いたことないけど……。 「うん。これは架空の村で、 韓国語で“子どものように純粋な村”という意味。 舞台 ...
トンマッコルへようこそ♪観て良かった! (銅版画制作の日々)
心癒される映画「トンマッコルへようこそ」を観てきました。韓国映画は今まで、観る機会がなく・・・・。このときも「手紙」とこの映画とどちらにしようか?と悩んだ末、選んだような訳でした。でも観て良かった本当にいい映画でした。トンマッコルとは→“子供の ...
『トンマッコルにようこそ』着眼が良いだけに惜しい。 (ブツクサ徒然ぐさ)
 映画に関しては『オススメ座シネマブログ』ってのを書いてるわけですが、あっちは
トンマッコルへようこそ (knockin' on heaven's door)
Welcome to Dongmakgol 「子供のように純粋な村」トンマッコルに迷い込んだ敵同士の兵士たち。のんびり、ほっこりの桃源郷に迷い込んだ彼らの運命は如何に? リアル戦争映画風の出だしから一転、ユーモア溢れるファンタジーへと昇華する。ずっとトンマッコル ...
トンマッコルへようこそ (八ちゃんの日常空間)
オールナイト明けなのにちっとも眠くならなかった。すなわち、非常に楽しめたわけだ。 戦争を背景にして、「同じ民族、殺し合うなんてバカバカしい」というメッセージは十分に伝わってくるのだから、最後の悲劇はなくてもいいのになぁ。
トンマッコルへようこそ (ジャンプを230円以上に味わう)
トンマッコルへようこそを観てきました~(下のブログの20周年パーティの前に) ポップコーンの雨が降るという予告を見ていたので、かなりファンタジーなものなんだろう と期待していましたが、予想を裏切ることなく、戦争を違った視点でとらえている なかな ...
トンマッコルへようこそ (シュフのきまぐれシネマ)
トンマッコルへようこそ 11月4日(土)@ユナイテッドシネマとしまえん 監督:パク・クァンヒョン 出演:シン・ハギュン、チュン・ジェヨン、カン・ヘジョン 公式サイトはコチラ ? ロシア映画「ククーシュカ」のようだな~ 音楽もハナに付きそう ...
「トンマッコルへようこそ」 お腹いっぱい食べられることだけで満足できればいいのに (はらやんの映画徒然草)
久石譲さんの音楽がとても作品の雰囲気にあっていました。 音楽は全然詳しくないので
トンマッコルへようこそ (とにかく、映画好きなもので。)
どこかの山の奥にある村。そこは世間の争いとは無縁のゆったりとした時間が流れる平和な村でした。その名はトンマッコル。  1950年代の朝鮮戦争最中、この村にやってきたのはアメリカ人パイロットのスミス。韓国軍の2人と対立する人民軍の3 ...
「 トンマッコルへようこそ」 (共通テーマ)
1950年代、朝鮮戦争中、戦争とはまるで無縁の山奥の平和な村トンマッコル。アメリカ人パイロットのスミス、韓国軍2人、人民軍の3人がそんな村へやってきて…。久石譲が音楽を担当したこの映画、あなたのご感想をどうぞ。
トンマッコルへようこそ (銀の森のゴブリン)
2005年 韓国 2006年10月公開 評価:★★★★☆ 監督:パク・クァンヒョ
『トンマッコルへようこそ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某フリーペーパーサイトで当選した女性限定の日活モニター試写会で 韓国映画『トンマッコルへよう
トンマッコルへようこそ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
実写でジブリ制作、韓国産ファンタジー(違) 久石譲が音楽を担当しているのと癒しムードがそういう印象♪ トンマッコルへようこそposted with amazlet on 07.05.07日活 (2007/03/02)売り上げランキング: 1735おすすめ度
トンマッコルへようこそ (Kio -朔北- De nuevo)
久しぶりに韓国映画見ました。 『トンマッコルへようこそ』です。 [原 題] ウェルカム・トゥー・トンマッコル 웰컴 투 동막골 [英 語 題] Welcome To Dongmakgol
村にわんこ (Akira's VOICE)
「あるいは裏切りという名の犬」 「アモーレス・ペロス」 「トンマッコルへようこそ」
トンマッコルへようこそ (シネマ通知表)
2005年製作の韓国映画。 2005年韓国映画界で興収No.1を記録したドラマ。戦火の及ばないトンマッコル村で偶然に鉢合わせた3組の兵士が、敵味方の壁を超えて絆を育んでいく姿を、笑いと涙と感動を交えて描く。音楽を手掛けるのは久石譲。 <font color="red&quot...
トンマッコルへようこそ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『笑顔が一番つよいのです。』  コチラの「トンマッコルへようこそ」は、10/28公開になる韓国のハートウォーミングなコメディなんですが、久々にオンライン試写会が当たったので、観ちゃいましたぁ~♪  あたしはやっぱり日本人だから、たくさんの北野監督作品や...