そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

食堂かたつむり

2010-02-07 | 劇場映画れびゅー
「すげぇよリンゴちゃんの料理は、食うとさ、変わるんだよ」
『かもめ食堂』を連想する台詞と、中島哲也監督を思わせるビジュアルの劇場予告編。
美味しそうな料理を期待して『食堂かたつむり』を観てきました。
★★★★

アーティスティックな映像や音楽を使った奇抜な演出の連続がちょっとウザくも楽しくも。
中島哲也監督の映画が大好きな俺としては、こういうごちゃごちゃキラキラした映画は嫌いじゃないんだけど、もうちょっと濃いくらいでも良かったかも。
中途半端な映画に比べたら相当やってたけど、やり切る位が丁度いい。

主人公は起伏有りまくる劇的な人生をおくってる割に、のほほーんとしたストーリー展開で、こののほほーん具合が良いんだろうけど、『かもめ食堂』を期待してた俺としては映画の世界に浸れる“心地よさ”のようなものが足りなくて、色々癒し系な事やってるけど平凡な映画だなぁ。

…なんて思いながら観てたわけです。

しかし!
この映画、奇抜なアプローチと、ただ食で癒すだけの映画じゃなかった。
わけのわからん世界観が、ラスト10分でひっくり返る、むちゃくちゃ面白い仕掛けの為に大半の時間を費やすという、しかも感動作だったのです。
超泣いたw

わけわからんと思ってた演出がここで生きてくるんよなぁ。
「しょーもな」と思って最後まで観ずに寝てしまった人は大損ですよ。

美味しそうに食べる芝居と写し方、美味しそうな盛り付けは際立ってたけど、料理自体が美味しそうに撮れてなかったのがちょっともったいない。

余貴美子が良すぎる!
柴咲コウ、光の角度によってむちゃくちゃ目が怖い。



かもめ食堂 [DVD]

バップ

このアイテムの詳細を見る
嫌われ松子の一生 通常版 [DVD]

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インビクタス 負けざる者たち | トップ | バレンタインデー »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2010-02-08 00:07:19
何でも原作だともうちょっと調理に関しての重いが深く描かれているんだとか。メインは親子の物語とはいえ、一応食べて小さな奇跡が起こるという話も一つの重要な要素なんで、そこはもうちょっと見たかったですね。
余貴美子さんのハイテンションでポップだけども、人間ぽい演技が素晴らしかったです。やっぱり何でも出来る人ですねぇ。
>KLYさん (そーれ)
2010-02-08 19:19:25
どうもです!
原作があるんですねぇ。
親子の物語としても、小さな奇跡の話としても微妙で、奇抜な演出ばかりが目についたので、結婚式の場面で「ここでとっとと終わってくれないかなぁ」なんて思ってたんですが、その後の展開でもうコロッとやられてしまいましたw

余貴美子、妙なキャラクターで完全に母性隠してたところで、「実は子供が欲しくて水鉄砲で作った」なんて以外な面を見せて、そこから完全に彼女の独壇場でしたね。
原作~。 (Ageha)
2010-02-21 08:54:30
本屋の回し者です。(笑)
お妾さんが食事中にドンドン変わってくシーンは映画ならではの演出でわかりやすかったんですが倫子がしゃべれないことからくる説明不足で映画はイマイチのれませんでした。

ジュテームスープがドロドロの野菜煮で美味しそうに見えない(わわわわわ)

それでも余さんが最後に美味しいとこかっさらって感動作(ムチャクチャ言うてすいません。)
>Ageha (そーれ)
2010-02-23 16:16:27
どうもです!
喋れない事を表情の演技でカバー出来るほど柴咲コウは上手くないですしねw

ジュームスープも他の料理も光の加減やら撮り方でもっと美味しそうにみせれるはずだったのにーなんて、先日『めがね』がテレビで放送されてたのを観て、改めて感じました。

最後の布団での場面は余さんが完全に食いちらかしてましたねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
食堂かたつむり (LOVE Cinemas 調布)
小川糸のベストセラー小説の映画化。主演は『容疑者Xの献身』の柴咲コウ。共演に『ディア・ドクター』の余貴美子、ブラザートム、志田未来、佐藤二朗、三浦友和など人気俳優が目白押しだ。監督は富永まい。失恋のショックで声を失った主人公が実家に戻り食堂を開く。そ...
食堂かたつむり (だらだら無気力ブログ)
小川糸原作の同名小説を『少林少女』の柴咲コウ主演で映画化したドラマ。 失恋で声が出なくなったヒロインが生まれ故郷に戻り、食堂を開き、そこで 出会う人々との触れ合いを通じていく様を描く。 共演に『ディア・ドクター』の余貴美子など。倫子は夢である自分の店を...
「食堂かたつむり」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「食堂かたつむり」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:柴咲コウ、余貴美子、ブラザー・トム、田中哲司、志田未来、満島ひかり、桜田通、徳井優、諏訪太朗、佐藤二朗、草村礼子、佐々木麻緒、山崎一、上田耕一、江波杏子、三浦友和、他 *監...
*食堂かたつむり* (Cartouche)
{{{   ***STORY***             2010年  日本 失恋のショックで声を失った倫子は、子供の頃から馴染めなかった自由奔放な母・ルリコが暮らす田舎へ戻り、小さな食堂を始めることにする。お客様は一日一組だけ。決まったメニューはなく、お...
「食堂かたつむり」母親の真実を知った先にみた愛情の注がれた幸せの料理 (オールマイティにコメンテート)
「食堂かたつむり」は小川糸原作の「食堂かたつむり」を映画化した作品で母子家庭に育った少女がその環境から独立してお店を持とうと働くが、お金も家財道具も恋も声も失い故郷に戻って食堂をオープンして色々な人たちを幸せにする料理を作り続けて母親と自らの出生の秘密...
食堂かたつむり (MiracleFruits)
ジブンも申し込んでいたのですが先にYちゃんが試写会に当たり誘って頂いたのでいそいそ出かけて来ました『食堂かたつむり(HP)』会場は109シネマズ名古屋です映画が始まる前にゲストが紹介され主演の柴咲コウさんと富永まい監督が登場試写前だったので作品に対する明言に....
『食堂かたつむり』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「食堂かたつむり」□監督 富永まい □原作 小川 糸(「食堂かたつむり」ポプラ社) □脚本 高井浩子□キャスト 柴咲コウ、余 貴美子、田中哲司、ブラザー・トム、志田未来、江波杏子、満島ひかり、三浦友和■鑑賞日 2月7日...
「食堂かたつむり」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                「食堂かたつむり」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・富永まい 原作・小川糸 脚本・高井浩子 失ったもの:恋、家財道具一式、声。 残ったもの:ぬか床・・・。 というキャッチ・コピーのこの作...
「食堂かたつむり」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 海外はどうか存じないが、とかく日本の娯楽産業は、一つ何かが流行ると、猫も杓子もそれに右倣えしてしまう、悪しき習慣があるように思う。 10数年前も、散々伏線を張りまくった挙句「おめでとう」「ありがとう」で終わるという、世間をナメきった某アニメがあったが...
「食堂かたつむり」 倫子の「言葉」 (はらやんの映画徒然草)
人間には五感があります。 これはすなわち、視覚、聴覚、触覚、味覚、臭覚です。 こ
『食堂かたつむり』 (・*・ etoile ・*・)
'10.02.02 『食堂かたつむり』(試写会)@ヤクルトホール yaplogで当選。ホントにいつもありがとうございます。これ別口でハズレてしまってガッカリしてた。試写会募集の記事を見て早速応募。見事当選したのでワクワクしながら行ってきた。 *ネタバレありです! 「一緒に...
食堂かたつむり (to Heart)
           {/m_0243/} {/m_0243/}。。。。 あるところに、 願いが叶うごはんが ありました。 製作年度 2010年 上映時間 119分 原作 小川糸 『食堂かたつむり』(ポプラ社刊) 脚本 高井浩子 監督 富永まい 主題歌 Fairlife 『旅せよ若人』 出演 柴咲コウ...
料理とは祈りそのもの~『食堂かたつむり』 (真紅のthinkingdays)
 原作の感想はこちら⇒『食堂かたつむり』  恋人に裏切られ、全財産と声を失った倫子(柴咲コウ)は、10年ぶりに故郷の 村へ帰る。母の...
【劇場映画】 食堂かたつむり (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ おっぱい山の麓の小さな町で生まれた倫子は、自由奔放な母親に馴染めず、都会で一人暮らしをしていた。しかし、恋人に家財全てを盗まれ、仕方なく実家に戻る。母が飼っているブタ、エルメスに天然酵母パンを作っているうちに、自分で食堂を開くことを思い...
食堂かたつむり (映画的・絵画的・音楽的)
 『食堂かたつむり』を恵比寿ガーデンシネマで見てきました。  予告編で見たときから面白そうだなと思い、見に行こうとしたところがなかなか時間がうまく合致せずに、映画館に行くのがこんなに遅れてしまいました。  この映画に対し前田有一氏は、4点という極端に低...
映画 食堂かたつむり (単館系)
ストーリー: 倫子(柴咲コウ)がアルバイト先の料理店から戻ると同棲(どうせい)中のインド人の恋人の姿はどこにもなく、 部屋は空っぽだ...
mini review 10485「食堂かたつむり」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
小川糸原作の同名のベストセラー小説を『ウール100%』の富永まい監督が映画化した、じんわりと心にしみる人生賛歌。失恋の痛手から一時的に心因性失声症を患った主人公が実家に戻り、食堂を開いて人々を料理で癒やしていく様を描く。ヒロインは自身も大の料理好きだとい...
食堂かたつむり (のほほん便り)
思えば、「オレンジデイズ」のヒロインを演じた柴咲コウも「喋れない」設定でしたが、メリハリある彼女の美貌と、身体表情豊かさには、それが似合いますね。 原作は、小川糸のベストセラー小説。 細かい突っ込みどころは満載ながら、ちょっとトボけたユーモラスで不...