そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

Disney’s クリスマス・キャロル 3D

2009-11-14 | 劇場映画れびゅー
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで!
何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹かれた『Disney’s クリスマス・キャロル 3D』のIMAX版を観てきました。
★★★

もの凄く飛び出しまくってくるんですけど!
さすが3Dじゃなくても映画に入り込んでる感覚になるIMAX、今回は元々が3DCGで製作されてる3D映画だから、後で加工した『ハリポタ第六章』のペラペラした飛び出し具合とは違って臨場感とかそんな問題じゃなくスクリーンの中に居る感覚。
なんか『ハリポタ6』の時もこんな記事書いた気がするけど、今日はそれだけで感動して慣れるまでゾクゾクしまくってた。

さてさて、映画の中身。
超スピードで飛びまわったり、3人の精霊達の魔法の映像が爽快を超えて快感なのが3DCG映画らしくて素晴らしい以外は、いつも通り大人の為の童話『クリスマス・キャロル』です。

特筆すべきところは、スクルージの声がジム・キャリーなんですが、キャラクターの見た目(目や口)に少し面影、表情やら動きはまんま彼なところが無茶苦茶イイ!

この映画とは関係ないけど、『アバター』と『アリス・イン・ワンダーランド』のIMAX3D予告にも期待が超膨らみました。



マペットのクリスマス・キャロル [DVD]

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

このアイテムの詳細を見る
3人のゴースト [DVD]

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NINEの予告編で騒めきが | トップ | なくもんか »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スゴいぞ3D! (Ageha)
2009-11-15 21:12:08
いやもうスゴい!
引き込まれました。

老人人格矯正映画(違)
あれほどコワい目に遭えば変わるか。(違うって)
内容があるいみあまりにも
道徳的メッセージなんで内容で感動させるのは難しい?
イマイチ感動がなかったのが残念。

でも映像は3Dで絶対見てほしい…
オススメになってない〜…。
恐れ入りました (KLY)
2009-11-16 23:44:11
この3Dは凄いですねぇ。
文句なく今までで1番。立体的なだけでなく超高精細。さしずめ立体絵本とでもいったところでしょうかね。
IMAXは私のホームグラウンドの府中や新宿・渋谷には1館もないんで当面諦めてます。ただ、いつもこのレベルなら高い料金払っても良いですけど、正直払っても良いレベルが今まででこの作品だけなのが微妙なところ。(苦笑)
>Agehaさん (そーれ)
2009-11-17 15:48:09
どうもです!
めくるめく3D体験って言葉が似合うアトラクションのような映画でしたねぇ。
クソジジイ矯正する映画でウケるなんて、まだ3D映画創成期な今しか出来なさそうw
内容は使い回しでもいいからって、3D表現に特化して作った映画のように思えますね。
>KLYさん (そーれ)
2009-11-17 15:50:55
どうもです!
ですねw
でも、これから『アバター』『アリス』と、実写寄りの3D映画が待ってますよ!(^^
IMAX予告編すご過ぎました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クリスマス・キャロル (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
Disney'sクリスマス・キャロル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か...
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
Disney'sクリスマス・キャロル (悠雅的生活)
神の祝福を。すべての人々に。
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。 (たいむのひとりごと)
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかったこ
Disney's クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました〜♪ (本...
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん〜」と「アバター」だった。
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズの小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
Disney'sクリスマス・キャロル (心のままに映画の風景)
家族を持たず人とのきずなに背を向け、 金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。 あるクリス...
時代を越えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリス...
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
Disney'sクリスマス・キャロル (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
Disney'sクリスマス・キャロル’09:米 ◆原題:A CHRISTMAS CAROL◆監督: ロバート・ゼメキス「ベオウルフ/呪われし勇者」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」◆出演: ジム・キャリー 、 ゲイリー・オールドマン 、 ロビン・ライト・ペン 、 ボブ・ホスキンス 、 コリ...
Disney's クリスマス・キャロル(3D) (小部屋日記)
A Christmas Carol(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー/ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/ボブ・ホスキンス/ロビン・ライト・ペン/ケイリー・エルウィズ 未来は、まだ変えられるかもしれない・・ 文豪...
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのど...
すべての人に祝福を〜『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...
クリスマス・キャロル (映画的・絵画的・音楽的)
 「クリスマス・キャロル」を丸の内ピカデリーで見てきました。  ディズニー制作のアニメ映画など今更という気がしてパスしようと思っていましたが、デジタル3Dを覗いてみたいこともあって出かけてきました〔浦安のデズニーランドの中の劇場で、一度デジタル3Dを見たこ...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
クリスマス・キャロル (映画の話でコーヒーブレイク)
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見て、是非3Dの映画を見てみたい!と思い、 川崎109シネマズIMAXシアターで「クリスマス・キャロル」を見てきました。 IMAX「THIS IS IT」は最終日まで4日間のすべての回が完売になっておりました。 マイケル人気はスゴ...
こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
Disney's クリスマス・キャロル (Blossom)
Disney's クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL 監督 ロバート・ゼメキス 出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン     ロビン・...
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (シネマのある生活〜とウダウダな日々)
 チャールズ・ディケンズの原作をご存じない方でも、「クリマス・キャロル」という言葉には、なぜか暖かな響きを感じるのではないでしょうか。  この物語が誕生した19世紀半ばのロンドンでは、産業革命により貧富の格差が広がり、多く市民が貧困に苦しんでいました。...
Disney'sクリスマス・キャロル (映画鑑賞★日記・・・)
【A CHRISTMAS CAROL】2009/11/14公開アメリカ97分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス未 ...
【映画】Disney's クリスマス・キャロル…2010年の残務整理(3) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2011年1月3日(月曜日)…帰省していた息子はUターンラッシュの中、関東に戻って行きました。新幹線大変だったろうなぁ。 で、本日2011年1月4日(火曜日)は仕事始め。 …ちょいスロースタートめですね、このま...