そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

重力ピエロ

2009-05-23 | 劇場映画れびゅー
「春が二階から落ちてきた」
以前から意味深な予告編が気になっていた『重力ピエロ』を観てきました。
★★★★

賢い兄貴と、クールで正義感の強い弟、そして妻に先立たれた父の家族ドラマかと思って観ていたら、とんでもなく重い運命の鎖に縛られた家族が、鎖を断ち切ろうと懸命に笑って生きる姿を描いていた。

予告編も意味深ではあったけど内容については触れていなかったし、この家族の秘密が何なのか、問題の存在すら無いように途中までずっとぼかして描かれていたので、序盤の何気ない伏線の数々が後半になって悲しい秘密にひっくり返された衝撃が印象に残りました。

テーマが重いのに、加瀬亮と小日向文世の人間味溢れる自然体の演技が温かな空気を産んでいて心地良いのと、問題に対する苛立ちの両方が同時にやってくる。
いろんな事が起きてもまるで自分の家族の問題と錯覚してしまう感覚。
なので、余計に弟を思う兄の気持ちや、兄を慕う弟の気持ち、全部を包み込む父の気持ちがズシーンと来た。

岡田将生のオトコマエっぷりと、渡部篤郎の素が鬼畜な表情も印象的。

ネタバレ
放火犯が誰なのかなんて推理については、この映画では二の次。
きっと兄貴も「もしかして」なんて心のどこかでは思っていたはずで、その辺をはっきりと描いていないところが凄くイイ。

血が繋がっている親を本当の親と感じるか、育ての親をそう思うか。
ましてや連続レイブ犯の血引いていると知った春の悩みなんて、それが原因で家族も自分も周囲からおかしな目で見られていたと知った彼の気持ちなんて、映画を観ていて想像したのでは程度が知れてるよね。
彼の悩みに気づいて何とかしうと画策していた兄の思いすらも超えた弟の気持ちを思うと、最後に父の前で出した結論を否定する事は出来ないよなぁ…。

頼らなくても何でも出来そうだけどいつも兄に頼ってる弟や、頼りがいが無いようでいつも弟を守る兄貴の構図が良いね。
あんな事が有った後、最後にまた兄の下へ飛び降りる瞬間で締めたのがグッときた。

正義って何なんだろうとか、自分を悪だと思っていない悪人は誰がどうやって裁くべきなんだろうとか、深く考えずにはいられない映画でした。



重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (45)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鈍獣 | トップ | インスタント沼 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (くまんちゅう)
2009-05-23 17:37:49
コチラから送れないのでコメントします

家族を傷つけた悪に対して、闇雲に復讐するのではなく
許すための機会を作っていたというのが深いですね
底なしの悪を裁く難しさも提示してたのかと思います
こんにちは (まりっぺ)
2009-05-25 01:16:09
重さの中に、家族の絆の強さが現れていましたよね。
お早うございます (象のロケット)
2009-05-25 08:25:18
TB有り難うございます。

生憎当方よりgooユーザー様へのTBは通りませんが、記事は大切に反映させて頂きます。
>くまんちゅうさん (そーれ)
2009-05-26 20:08:31
どうもです!
深いですねぇ。
>許すための機会を
そういう発想自体が底なしの悪人とは考え方も生き方も全く違うと余計に感じさせて、益々考えさせられる映画でしたねぇ。
>まりっぺさん (そーれ)
2009-05-26 20:12:38
どうもです!
>家族の絆の強さが
ですねぇ。
血の呪縛に悩む弟君をサポートするのに、ナチュラルな役者さんを兄貴&親父に配置したところがこの映画の成功してるところだと思いました。
>象のロケットさん (そーれ)
2009-05-26 20:13:11
どうもです!
ありがとうございます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

45 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
重力ピエロ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました~【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では謎...
重力ピエロ (悠雅的生活)
本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。
映画「重力ピエロ」@京橋テアトル試写室 (masalaの辛口映画館)
 今回の試写会は「Yahoo!映画/ユーザーレビュアー試写会」だ。会場となった試写室は満席で補助椅子も稼動された。映画上映後には森淳一監督を招き観客とのティーチインが行われた。  映画の話 大学院で遺伝子の研究をする兄の泉水と、自分がピカソの生まれ変わ...
試写会「重力ピエロ」 (日々“是”精進!)
「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...
重力ピエロ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『俺たちは最強の家族だ』  コチラの「重力ピエロ」は、「アヒルと鴨のコインロッカー」をはじめ「陽気なギャングが地球を回す」、「フィッシュストーリー」と映画化が続く伊坂幸太郎のベストセラー小説を映画化した5/23公開の感動ミステリーなのですが、早速観てき...
『重力ピエロ』 (めでぃあみっくす)
小日向文世さんは最強の脇役だ。この映画を見ると誰もがそう思えるのではないでしょうか。伊坂幸太郎先生原作の映画化や加瀬亮さんと岡田将生さんの主演で話題を呼んでいる作品ではありますが、映画を見終わって一番印象に残ったのは間違いなく「この人にしか出せない雰囲...
森淳一監督 「重力ピエロ」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
アチャチャチャ~~~!(><:) 給料日前でお小遣いがピンチなのに、今日公休で… 尚且つ、観たいと思ってた伊坂幸太郎原作の「重力ピエロ」↓ (本のレビューはコチラ⇒http://blog.goo.ne.jp/hi-lite2974/e/72124bec79c86cbb3b0f494884f93f69) その映画化作品(...
映画 【重力ピエロ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「重力ピエロ」 伊坂幸太郎の同名小説の映画化。 おはなし:遺伝子研究をしている大学院生の奥野泉水(加瀬亮)は、弟の春(岡田将生)から奇妙な話を聞く。春は街の落書き消しを仕事にしていたが、その現場と最近続いている連続放火事件のそれが、すべて共通...
重力ピエロ (だらだら無気力ブログ)
伊坂幸太郎の同名小説を映画化。 仙台を舞台に連続放火事件とその現場近くで見つかるグラフィティアート。 ある兄弟が、事件に興味を持ち、その謎を解いていくが、その過程で兄弟の 家族の過去が明らかになっていく。大学院で遺伝子の研究を行っている泉水と芸術的な絵...
重力ピエロ (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎のベストセラー小説の映画化。ちなみに同じ伊坂幸太郎原作では最近公開された『フィッシュストーリー』や『アヒルと鴨のコインロッカー』があります。主演は『犬と私の10の約束』や『パコと魔法の絵本』などヒット作に多数出演している加瀬亮。共演に『ホノカ...
「重力ピエロ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「重力ピエロ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、他 *監督:森淳一 *原作:伊坂幸太郎 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバック...
重力ピエロ (to Heart)
家族の愛は、 重力を 超える。 製作年度: 2009年 上映時間: 119分 原作 伊坂幸太郎 『重力ピエロ』(新潮社刊) 脚本 相沢友子 監督 森淳一 出演 加瀬亮/岡田将生/小日向文世/吉高由里子/岡田義徳/渡部篤郎/鈴木京香 作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説である、...
重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆加瀬亮さん(のつもり) ◆岡田将生さん(のつもり) 映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。 昨日よりついに全国公開されました。 ●導入部のあらすじと感想
*重力ピエロ* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらし...
重力ピエロ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
次々と映画化されてゆく、人気作家・伊坂幸太郎の傑作小説群。特定のジャンルを飛び超え、いろんな要素をクロスオーバーさせつつ、不思議な浮遊感が漂う独自の世界へと読む者・観る者を誘ってくれる。 物語:遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年...
レビュー:重力ピエロ (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[人間ドラマ][ミステリー][遺伝子][連続放火事件][実写][邦画][ビスタ] 話の重さ:★★★☆☆ 家族の絆:★★★☆☆ 出演: 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 兄と弟と父の3人暮らしの家族にはつらい過去があった...
「重力ピエロ」 (てんびんthe LIFE)
「重力ピエロ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞 何かと話題のこの作品。 「はるが2階から降ってきた」 という印象的なフレーズ。 これがすごく深い意味をもっていたんですね。 加瀬亮は淡々と兄の役をこなし、岡田将生くんを盛り上げていたという印象。 心理的に...
【重力ピエロ】★加瀬亮★岡田将生 (猫とHidamariで)
春が、二階から落ちて来た。重力ピエロ HP重力ピエロ シネマトゥデイスタッフ監督:森淳一原作:伊坂幸太郎企画・脚本:相沢友子キャスト加瀬亮  : 奥野泉水(兄)岡田将生 : 奥野春(弟)鈴木京香 : 奥野梨江子(母)小日向文世 : 奥野正志(父)吉高...
[映画『重力ピエロ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆深く重いが、いい作品だった。  私は、ミステリには非常に詳しかったのだが、原作の伊坂幸太郎がデビューした頃から、なかなか読書の時間が取れなくなり、伊坂作品には詳しくない。  でも、先日観た伊坂原作の『フィッシュストーリー』には非常に感心した口だ。  ...
【重量ピエロ】 (日々のつぶやき)
監督:森淳一 出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳      家族の愛は、重力を超える。 「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。 家族の住む仙台市内で連続放火
重力ピエロ (Diarydiary!)
《重力ピエロ》 2009年 日本映画 グラフィックアートが描かれた近くで放火事件
【重力ピエロ】楽しそうに生きていれば重力なんて消える (映画@見取り八段)
重力ピエロ 監督: 森淳一 原作: 伊坂幸太郎 出演:  加瀬亮、岡田将生、小日向文世、鈴木京香、吉高由里子       公開: 2009年5月 ...
「重力ピエロ」世の中で裁けなかったDNA事件を裁かなければならなかった悲劇の運命 (オールマイティにコメンテート)
「重力ピエロ」は伊坂幸太郎原作の重力ピエロを映画化した作品で連続放火事件が多発する事件の謎を追う大学生とフリーターの青年が事件を追ううちに家族の過去の秘密にたどり着くストーリーである。原作は未読ながら鑑賞しているうちにこの家族の境遇から事件への経緯が2...
「重力ピエロ」みた。 (たいむのひとりごと)
これも原作は未読。だけど、珍しく最初のほうでネタが分かってしまった。映画は、いつもの伊坂作品と変わらず過去と現代を行きつ戻りつしながら次第に謎が明らかになっていく作り。要所要所に優しくヒントが散りばめ
愛はDNAを超える。『重力ピエロ』 (水曜日のシネマ日記)
伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。
最強の家族~『重力ピエロ』 (真紅のthinkingdays)
  「春が二階から落ちてきた」  大学院で遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と、美し過ぎる容姿を持つ春(岡田将生) は仲のよい...
重力ピエロ(映画) (さきいかくん。のアドベンチャーライフ)
昨日、重力ピエロを見てきました 重力ピエロ (新潮文庫)/伊坂 幸太郎 ¥660 Amazon.co.jp 映画「重力ピエロ」photo book ¥1,500 Amazon.co.jp 今まで伊坂作品の映画化でみたのは、 「陽気なギャング」と 「アヒ...
重力ピエロ (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目。 あたりかはずれか、不安を感じながらも、「ホノカアボーイ」でちょっと気になった岡田将生さんが出ているし。 加瀬亮さんと小日向文世さんといえば、「それでもボクはやってない」の、因縁の(?)コンビ。 終わるのが2時過ぎで、眠気との...
重力ピエロ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『重力ピエロ』  (2009) = 食あたりだと思い病院へ行った父(小日向文世)から、ガンを宣告された泉水(加瀬亮)と春(岡田将生)。 一方その頃、仙台市内では連続放火事件が発生。 落書き消しの仕事をする春は、自分が落書きを消した場所の近...
『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w三木聡×麻生久美子の『インスタント沼』も観たかったのだが、今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、 伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』伊坂作品は、今年に入って2作目の...
~『重力ピエロ』~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、森淳一監督、加瀬亮、岡田将生主演。
重力ピエロ (★ Shaberiba ★)
連続放火事件&落書きに隠された真実とは?
『重力ピエロ』 2009-No19 (映画館で観ましょ♪)
桜の花びらがはらはらと舞い落ちる物語の始まり。 「春が二階から落ちてきた」 原作・伊坂幸太郎 珍しく原作を読んでから観た作品。 ...
重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。 (銅版画制作の日々)
 重力を背負った家族の、“愛”と“謎” 「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ~んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていましたが。どんな小説を書いているかを知りませんでした。大...
【映画】重力ピエロ (新!やさぐれ日記)
▼動機 駄作だと思ってた小説の映画化 ▼感想 そういうことだったのかっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では...
『重力ピエロ』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そ...
『重力ピエロ』 (京の昼寝~♪)
 □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CIN...
重力ピエロ (単館系)
難しいけど面白かった。 遺伝子の並び方と放火の地図の場所と対になっている遺伝子と場所。 24年前におきた連続レイプ事件の場所と落書き(...
重力ピエロ / 73点 / 良い映画やけど非常に文章的なんよなー・・・ (FUNNY GAMES?)
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 重力ピエロ / 73点 』 2009年 日本 119分 監督 : 森淳一 脚本 : 相沢友子 出演 : 加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香 【
「重力ピエロ」(日本 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
連続放火事件と謎のグラフィティアート。
重力ピエロ (2ちゃんねる映画ブログ)
【加瀬亮】重力ピエロ【岡田将生】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1206860964/ 1 :名無シネマ@上映中 :2008/03/30(日) 16:09:24 ID:5G9SzJlF 原作 伊坂幸太郎 脚本 相沢友子 監督 森淳一 主なキャスト  泉水 加瀬亮 ...
映画の「重力ピエロ」 (Q-Days)
伊坂幸太郎作品の「重力ピエロ」と「フィッシュストーリー」 の映画DVDが、ついにレンタル開始されましたね。 って事で、早速借りに行ってきたのです。 あった、あった。 上位ランキングに並んでるやん~。 しかし、新作を2本一週間で借りるんは...
「重力ピエロ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
配役が良かったなぁ。子役との流れも完璧でした
「重力ピエロ」ドロドロなのに透明感 (ノルウェー暮らし・イン・London)
久しぶりに邦画を見た。 さすがの伊坂幸太郎原作もの。 深刻な内容なのに、どこか透明感のあるピュアな雰囲気。 すべてのキャストが、最高にマッチして、無駄な人物はひとりもいない。 人目をはばからず、声を上げて泣きながら見ている私がいた。
岡田将生 加瀬亮 渡部篤郎 / 重力ピエロ  (中川ホメオパシー )
ワケもなくコンピューターおばあちゃん どうも。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの坂本龍一担当、ブロッケンです。 伊坂幸太郎...