そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ミックマック

2010-09-19 | 劇場映画れびゅー
ジュネ久々の『ミックマック』を観てきました。
★★★

ジュネファン、特に『アメリ』ファンとしてはちょっと期待ハズレ。

『アメリ』のテイストに近いんだけど、もっと暗めな映像で社会風刺までしている。

もっともっと、地の底よりも暗いというよりグロイ映画が得意だったジュネが、ハッピーでパラノイアチックだけど毒っぽさもしっかり効いてる映画を撮って楽しませてくれた『アメリ』と比べると、過激な描写が多い割にパンチ自体が弱いんよね。

今回は具体的に変人達がたくさん登場してファンタジー映画のようなドタバタ大作戦を実行する辺りが分かりやすい分、どの変人にも深みが無くて誰にも感情移入出来なかった。
ジュネの映画は幼い子供に見せられる内容じゃないのに、子供向けに「ラブアンドピース」な映画作っちゃったようなテイスト。
でも毒っけ強いし性的描写もあって見せられない…みたいな。
せめて主人公にくらいもうちょっと魅力を持たせて欲しかった。

代わりに二人の社長達のキャラクターの方が面白い。

作戦自体がコミカルな描写で実行されていく様子はスゲー楽しいのに、もったいない映画に仕上がってしまって残念。



アメリ [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミレニアム2 火と戯れる女 | トップ | 食べて、祈って、恋をして »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2011-06-10 16:00:40
ご無沙汰してました。
gooに引っ越しました。
・・・とはいえ、インポートエクスポートはしてないので
ブラックスワンとパイレーツは
seesaaのままです。
6月からこっちで書いてます。
不定期更新ではありますが
今後ともよろしくです~。

ずいぶんド派手ないたずらでしたね♪

韓国映画なら血みどろのバッドエンドかもしれませんが
コレめっちゃおしゃれで笑えました。
>Agehaさん (そーれ)
2011-06-15 00:07:13
どうもです!
今後とも宜しくお願いします!

決して気に入らなかったわけではないんですが、『アメリ』風なのを期待していたので観方を失敗しました。
ちょっともったいなかったです。

血みどろのバッドエンドは、昔のジュネならやってそれでも笑わせたかもしれませんねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

10 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ミックマック Micmacs A Tire Larigo ジャン=ピエール・ジュネ流、アタマの体操 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジャン=ピエール・ジュネ(仏)といえば、「アメリ」「デリカテッセン」の人。 今回も、彼の独特な「ネチっこさ」が、全編を通して満載されている。 (オープニングからして、たちまち) そして展開では「変なメンバー総動員」、という趣き。 私の場合、連発されるギャ...
『ミックマック』は特攻野郎の一家だ! (映画のブログ)
 傑作『さんかく』の中に、「『アメリ』みたいでしょ」というセリフがあった。  『アメリ』みたい……すなわち、不法侵入や物品への干渉等...
「ミックマック」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督最新作は、頭に銃弾を撃ち込まれた男の、その銃弾を作った武器製造・販売会社と、父親の命を奪った地雷を作った軍事会社に、仲間ともに...
ミックマック (だらだら無気力ブログ)
『アメリ』『ロング・エンゲージメント』のジャン=ピエール・ジュネ監督が 『ぼくの大切なともだち』の人気コメディアン、ダニー・ブーンを主演に 迎え、奇想天外な物語と美しくもシュールかつ遊び心あふれる映像で贈る ファンタジー・コメディ。 不幸な人生を送る主人...
バジルと7人の仲間達 『ミックマック』 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
『アメリ』『デリカテッセン』『ロストチルドレン』『ロングエンゲージメント』のジャン=ピェール・ジュネ監督による底抜け脱線ファンタジー映画『ミックマック』物語・ビデオショップで働くバジル(ダニエル・ブー
ミックマック (心のままに映画の風景)
レンタルショップで働くバジル(ダニー・ブーン)は、発砲事件に巻き込まれ頭に銃弾を受けてしまう。 一命は取り留めたものの、銃弾は頭に埋ま...
ミックマック (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作。「デリカテッセン」、「アメリ」に続いてファンタジックでシュールな映像をたっぷり盛り込み、風刺とニスタルジーで味付けした独特のジュネワールドが今度も縦横無尽に展開する。物語:ある日、レンタル・ビデオ屋の店...
アメリ監督最新作・映画<ミックマック> (美味-BIMI-)
それは、現代のおとぎ話 頭にうまったピストルの弾 パパは地雷でふっとんだ
ミックマック (いやいやえん)
ジャン=ピエール・ジュネ監督作品。シュールな世界観と独特な色彩感覚は変わらず。 これはファンタジーだわ。フランス映画らしいエスプリが効いた展開。 バジルの復讐に加担するメンバーがまた個性的でコミカルで面白い。復讐といってもレベルは悪戯サイズ。とはいえ...
ハンバーガーじゃないよ(寒っ!)~「ミックマック」~ (ペパーミントの魔術師)
自分で書いてて寒いギャグですが、 ミックマックとはいたずらって意味なんだそうですね。 ・・・にしては、大人のやるコレは いたずらなんてレベルのしろもんじゃないんです。 韓国映画だったらまちがいなくものすごい 悲惨な状態なはずなんですが なんだかチャ....