そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ゾディアック

2007-06-17 | 劇場映画れびゅー
かつて全米を恐怖と謎で騒然とさせた実在の連続殺人鬼ゾディアック。
と言われても、最近テレビ番組(世界仰天ニュース)で見るまでそんな殺人鬼の存在すら知らなかった俺ですが、タイムリーにというか、映画前提の番組作りだったのでしょうけど、『ゾディアック』が公開されたので観てきました。
テレビ番組観てなかったら漫画『HUNTER×HUNTER』と関係有るのかと思っていたかも。
★★

先の見えない辛く長い道のりは、史実のみならずこの映画自体にも言えるのかもしれない。
ノンフィクションだし、俺はテレビで見たとおり“未解決”に終わるのは知ってたけど、本日3本映画を観た内の3本目にして、かったるい前半と、異常に長い上映時間に苦しめられた。
未解決事件と知らずに観たい人には拷問的な長さだったかも。

中盤からのミステリアスな展開は面白かったんだけど、ロバート・ダウニー・Jrの薬中演技が現実に近いというかそのままというかリアル過ぎたり、後半のジェイク・ギレンホールが全く歳を取らなかったりするのに突っ込むべきなのかなんて違う事を考えながら観ていた気がする。

なんか、面白かったにせよ面白くなかったにせよ感想が出てこないんですけどw
ね、寝てなんていないよw
序盤の2分位しか(汗)

ネタバレ
なんだろう、ネタはふんだんに繰り出して来るけど、それで考えさせる作りではなく、新事実が出ては泡と消えていくのが面白くなかったのかなぁ。
実はあの時…って言われても、そこに物語上の伏線は無くて後に淡々と語られるだけ。

後半、事有るごとに報告に走るロバート(ジェイク・ギレンホール)の姿が面倒くさかった。

って、あぁ、また適当な感想を書いてしまった。



ゾディアック

ヴィレッジブックス

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 舞妓 Haaaan!!! | トップ | キサラギ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長尺 (たいむ)
2007-06-17 08:36:59
こんにちは。
ハシゴ・・となると、この作品はキツそうですね。
それに、未解決と知らなければ1本でも苦痛かもしれませんね。
私は、そこそこ楽しめたのですけど、「暗号解読」主流ならまだしも、取り憑かれて視野が狭くなっている人間を見るのは楽しくはないですよね、やっぱり。
こんにちは。 (ジョー)
2007-06-17 10:43:58
TBありがとうございます。
ことあるごとに走ったりして、とにかく連絡の取り方が下手な人々にイライラしましたが、考えてみたらあの時代、携帯電話もパソコンもなかったんですよね。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-06-17 11:18:11
未解決事件ながら映画では真犯人を突きつけるというラストをとっており、それには驚きました。
今後の捜査に影響はあるのかしら?
興味だけで30年もこの事件を追う一マンガ風刺家の人生がすご過ぎます。
長かった(⊃д⊂) (そーれ)
2007-06-17 19:25:01
>たいむさん
そうなんですよねぇ。
暗号文を解くところなんかも期待してたんですけど、最初の暗号文の解読以降は「これとこれとこの本を基に…」だけだったりで残念でした。
終盤に近づくに従って、時間がポンポン飛ぶ辺りも突然早足になった感じで、でも何も解決しないなんて(⊃д⊂)

>ジョーさん
そうなんですよねぇ。
ケータイもパソコンも、ファックスさえほとんど無かったんですよねぇ。
ケータイでテレビ電話なんて夢のアイテムだったんでしょうねぇ。
昔の人はケータイも無しにどうやって営業の仕事してたんだろうって時々思います(笑)

>ミチさん
>未解決事件ながら
ですよね。
相当慎重に本の発売時期を決めたんでしょうね。
きっと容疑者の親族から許可取ったり警察のゴキゲン伺ったり…。
30年も執着して、引くに引けずに出版したら大当たりしたのでは?(笑)
はじめまして (ゼノ)
2007-06-17 23:27:35
こんにちは。

う~ん・・映画に派手な盛り上がりやカタルシスを欲する人にとっては、この『ゾディアック』の面白さはいまいち理解できないかもしれないませんね・・・。
確かに山場と言う山場もなく単調で地味な映画ですが、決して駄作ではなくデビッド・フィンチャー監督の新境地が見えた作品でした。
役者の演技も良かった。
ゾディアックと縁のある「ダーティー・ハリー」の上映シーンなどディティールが素晴らしい!!!
「セブン」のような内容や謎解きサスペンスを期待している人は拍子抜けするかもしれませんが、この映画はエンターテイメントというよりドキュメンタリーですからね。
まあゾディアックと言えばあのサカキバラセイトも崇拝していたアメリカの犯罪史上を代表する凶悪犯罪者ですが、日本人にはあまり縁がないですしね・・。

この映画は「ゾディアックが誰なのか?」ということより
ゾディアック事件解決に執念を燃やすあまり人生を狂わせてしまった
人々の群像劇がテーマであり、デビッド・フィンチャー監督が描きたかったのはゾディアック事件という猟奇的な犯罪というより、それに巻き込まれた人達の苦悩でしょう。
ゾディアックに執着するあまり一家離散になってしまったロバート。
ゾディアックに命を狙われ、ストレスからドラックや酒に走り精神異常になってしまったエイブリー。
ゾディアック事件に関わってしまったばかりに警察官としての名誉に傷を付けられてしまったデイブ。
(ロバートが何故そこまでゾディアックに執着したのかは実在する本人に聞いてみないとわかりませんが・・・)
事件で殺された人達だけでなく、事件に関わった全ての人達が被害者であるということがよく伝わってきました。

主人公達はそれぞれ事件解決に一歩近づいたと確信したところでいずれも決定打にはいたらず、その高揚と挫折の繰り返しによって疲労感を増幅させ、苛立ちを募らせ、挙句の果てには狂気じみた表情を浮かべるようになるが、結局全て徒労に終わってしまう・・・、その姿がやるせなかったですね。

日本でも証拠不十分のために容疑者を被告にすることができずに結局
未解決のまま放置されてる事件は数え切れないほどあります。
まさにゾディアック事件はその最たる例と言えるでしょう。
どんな凶悪殺人事件も、日々次々と起こるその他大勢の犯罪の中に埋もれ時が経つにつれ忘れられていく。
その理不尽さ、苛立ちを痛感させられる映画でした。

では長文失礼しました。
おっしゃるとおり (そーれ)
2007-06-17 23:46:24
>ゼノさん
そうなんですよねぇ。
私も3本はしごの3本目にこの映画を選ばなければ、期待と違う方向への展開も結構楽しく観れたとは思うんですが、頭フル回転で考えながら観る映画だと思い込んでたものですから、3番目に選んでしまって…。
デビッド・フィンチャー監督作なので頭から決めてかかったのが間違いでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ゾディアック(2007年) (勝手に映画評)
1960年代末期から、1970年代初にアメリカ・カリフォルニア州で起きた、未解決連続殺人事件を元に、事件に関係した男たちの人生を描いた映画。サンフランシスコ市警察による捜査は公式に終了しているが、その他のナパ警察・ヴァレーホ警察等による捜査はまだ続いています。...
「ゾディアック」みた。 (たいむのひとりごと)
長いなーと思ったら、2時間37分もあったのね。40年近く前に起こった実話をベースに作られた作品。『ゾディアック事件』は元祖”劇場型事件”であり謎を残したままの未解決事件。そのうち日本最大の謎、『グリ
・・・それって、どーなの?『ゾディアック』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカで実在した殺人事件を題材にした映画です。
「ゾディアック」:富岡一丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}これが富岡八幡宮名物、日本一の黄金みこしだ。 {/hiyo_en2/}黄金みこし? {/kaeru_en4/}鳳凰の胸にはダイヤ7カラット、鳳凰の目にはダイヤ4カラットが1対、鳳凰の鶏冠にはルビー2,010個、狛犬の目にはダイヤ3カラットが2対、隅木の目にはダイヤ1カラットが...
映画 【ゾディアック】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ゾディアック」 60年代後半から70年代初めにかけてアメリカ・サンフランシスコ周辺で起きた未解決の連続殺人事件を題材にした作品。 1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつけ...
『ゾディアック』 (ラムの大通り)
(原題:ZODIAC) ----これってデビッド・フィンチャー監督作品だよね。 連続殺人事件を描いたと言うと 出世作の『セブン』を思い出すけど…。 「うん。でもこの映画があれと大きく異なるのは、 ここで描かれているのが実際に起こった事件であり、 いまだ未解決と言うこと...
ゾディアック (B級パラダイス)
実在の事件を元にした作品ということで、オチがどうなるのかそこが一番心配でした。とはいえその事件のこともおおまかにしか知っていないのですが・・・。
ゾディアック (Diarydiary!)
《ゾディアック》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - ZODIAC 196
「ゾディアック ZODIAC 」映画 感想 (Wilderlandwandar)
サイコキラー(連続殺人犯ゾディアック)を題材にした映画「ゾディアック(原題: Z
ゾディアック/ZODIAC (我想一個人映画美的女人blog)
『セブン』は観てるときよりもラストに驚かされた、まさに驚愕!! 『ゲーム』は賛否両論だったけど、わたしは楽しめた派。 そして『ファイトクラブ』の展開にも驚き。映画の面白さが詰まった作品だった。 『パニックルーム』は、う~ん{/ase/}だったけど、、、、 あ、デ...
映画「ゾディアック」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ゾディアック」に関するトラックバックを募集しています。
ゾディアックみました・・。 (★Shaberiba ★)
「この暗号解きに、はまってはいけない」・・ってことですよね!フィンチャー監督!!自らを「ゾディアック」と名のり、ゲームをしているような犯人をまるでドキューメンタリーのようにひたすら追う記者と警察。彼らは模倣犯や証拠に惑わされ、追い詰められ、迷宮の中を...
ゾディアック (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
こうなったらハリー(ダニエル・ラドクリフ)に任せろ!(ソッチじゃないって!)
映画:ゾディアック (駒吉の日記)
ゾディアック(シネマイクスピアリ) 「おれは人を殺すのが好きだ」 『セブン』の監督ってことで、勝手に実際の事件をモチーフに『セブン』風になってるのかな~と思ってました。が・・・暗号解読や犯人探しっていうより、このゾディアックに振り回された(もしくは...
ゾディアック (Akira's VOICE)
犯人は必ずいる。
真・映画日記『ゾディアック』 (          )
6月16日(土)◆473日目◆ 『ゾディアック』を見るか『ブリッジ』にするかで迷ったが、 結局前売り券がある『ゾディアック』に。 「丸の内プラセール」へ。 初日ということもあり、 5階に行くエレベーターに乗るだけで長蛇の列。 場内も9割程の入り。 序盤か...
ゾディアック・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から38前、全米を恐怖に陥れたシリアルキラーがいた。 自らを「ゾディアック(十二宮)」と名乗り、マスコミに暗号のような声明文を送りつけ、まるでゲームを楽しむように犯罪を犯し、警察とマスコミを翻弄する。 デビ
「ゾディアック」 執着する恐怖 (はらやんの映画徒然草)
60年代末にアメリカで起きた未解決の無差別殺人事件を題材にした映画です。 この事
「ゾディアック」 ZODIAC (俺の明日はどっちだ)
Thrown like a star in my vast sleep I'm opening my eyes to take a peep To find that I was by the sea Gazing with tranquility 'Twas then when the hurdy gurdy man Came singing songs of love Then when the hurdy gurdy man Came singing songs of love 先...
オリジナル映画の良さを理解しないリスペクト●ゾディアック (Prism Viewpoints)
『ディパーテッド』の悪夢、再び・・・。 『Zodiac』 1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され、女性は死亡。 男性も重症を負う事件が起こった。 その1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と思しき人物――後に“ゾディアック
ゾディアック (I N T R O)
パズルに魅せられた男たち /Text By 膳場岳人 デビッド・フィンチャー監督としては、『セブン』以来の快作ではなかろうか。60年代後半から70年代末期にかけてアメリカで起きた連続殺人事件をモチーフにしている。タイトルロールの"ゾディアック"は、映画ファンにとって....
映画「ゾディアック」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年44本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「セブン」「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督作品。全米を震撼させた実在の未解決事件に挑むクライム・サスペンス。“ゾディアック”と名乗る謎の犯人が引き起こした連続殺人事件をそれぞ...
『ゾディアック』 (Sweet* Days**)
監督:デビッド・フィンチャー CAST:ジェイク・ギレンホール、マーク・ラファロ、ロバート・ダウニーJr 他 STORY:1969年、ドライブ中のカップルが襲撃され女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。
ゾディアック (Zodiac) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 デヴィッド・フィンチャー 主演 ジェイク・ギレンホール 2006年 アメリカ映画 157分 サスペンス 採点★★★★ 次から次へと湧き出てくる怒りと欲望がその凶行へと導いてしまっている分だけ、ある日突然「やーめた!明日からは真人間にでもなろーっと」とはならない...
【2007-84】ゾディアック(ZODIAC) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 全米で初めて、 犯人がマスコミを通して 世界を挑発した連続殺人事件 奇妙な暗号で犯行声明を出した彼は、 ”ゾディアック”と名乗った この暗号を解いてはいけない
ゾディアック ★★ (地図)
未解決事件だったなんて…。
ゾディアック (eclipse的な独り言)
 予告編と印象が全く違った映画でした。勝手に本格的ミステリーだと考えていました
ゾディアック (★YUKAの気ままな有閑日記★)
連続殺人鬼には興味があるが、『ゾディアック』の存在は知らなかった。一体どういう事件だったのか―【story】1969年、自らを『ゾディアック』と名乗る男による殺人が頻発した。ゾディアックは、事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつける。手紙を受け取ったサンフラン...
ゾディアック (心のままに映画の風景)
1969年アメリカ、ドライブ中のカップルが襲撃され女性は死亡、男性も重症を負う事件が起こった。 1ヵ月後、新聞社に事件の犯人と思われる人物(後に)“ゾディアック”と名乗る男から犯行を告白する手紙と暗号文が届けら
ゾディアック (ネタバレ映画館)
Kの文字が怪しいだって?それについてはコッシーに聞け。K・O・S・S・Yだ!
デビッド・フィンチャー最新作!!セブンよりも怖かったです、ゾディアック (日々、書く、えいが、おんがく、DTM。。。)
こんばんわ、maiです。 つい、先日、この映画をみました↓ ? 主演:ジェイク・ギレンホール 出演:マーク・ラファロ、ロバートダウニーJR 監督:デビッド・フィンチャー セブン、ファイトクラブを生み出した奇才デビッド・フィンチャーの最新作!! 独...
ゾディアック ZODIAC (いい加減社長の日記)
今週は、「憑神 」の公開、「ダイ・ハード4.0 」の先行上映と、楽しみだったんですが。 昨日は、先週公開で積み残した「ゾディアック 」を選択。 ミステリー好きとしては、はずせない♪ 「UCとしまえん 」は思った以上に人が多い感じ。 「ゾディアック 」も...
ゾディアック (週末映画!)
期待値: 58%  「セブン」のデビッド・フィンチャー監督映画。 ジェイク・ギレンホール 、マーク・
ゾディアック(映画館) (ひるめし。)
この暗号を解いてはいけない
「ゾディアック」 (Cinema Chips)
「ゾディアック」を観ました。この映画の監督さんは、同じく連続猟奇殺人を扱った作品で、衝撃的なラストが印象的に残る「セブン」のデビッド・フィンチャー監督です。その映画の「セブン」で共演したブラッド・ピットとグ
ゾディアックみました・・。 (★Shaberiba ★)
「この暗号解きに、はまってはいけない」・・ってことですよね!フィンチャー監督!!自らを「ゾディアック」と名のり、ゲームをしているような犯人をまるでドキューメンタリーのようにひたすら追う記者と警察。彼らは模倣犯や証拠に惑わされ、追い詰められ、迷宮の中を...
ゾディアック (とんとん亭)
「ゾディアック」 2007年 米 ★★★ 観たいような、DVDでもいいような・・・そんな気持ちの揺れに、 ちょっとばかし「観たい!」方の欲求が勝ったので観てきました。 この“ゾディアック・キラー”は、アメリカで現実に起きた未解決の犯罪で 未解決...
4人の男たちの人生を壊した “ゾディアック” (銅版画制作の日々)
  追ったが故に壊れ行く男たち。それでも追わずにはいられない   全米史上初の劇場型連続殺事件。奇妙な暗号で世界を挑発した犯人は“ゾディアック”と名乗った。   6月19日、MOVX京都にて鑑賞。実在する“ゾディアック事件”をもとに、「セブン」のデ...
★「ゾディアック」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の平日劇場鑑賞は、ついつい見損なってた今作。 某週刊誌で評論家四人が満点付けてた通好みの作品のよう。 ひらりんが通うシネコンでも予告編をよく見かけてて、 これはもしかしたら・・・という予感を感じさせる作品。
ゾディアックを観ました。 (My Favorite Things)
予告編を観たときから、絶対観ようと決めていました。 題材、クセのある俳優陣、そしてデビッド・フィンチャー。
ゾディアック (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この暗号を解いてはいけない』  コチラの「ゾディアック」は、6/16公開になった全米史上初の劇場型殺人"ゾディアック"事件を描いたPG-12指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  監督は、「セブン」、「ファイト・クラブ」のデイ...
ゾディアック (映画の世界 ~Memories of the Movies~)
こんにちは。 思いつきで作ったこのブログ、これから見た映画・DVDの覚書&評論として活用していきたいと思ってます! さて・・・・ 記念すべき初コメントは6月19日に鑑賞した「ゾディアック」。実話ベースなのでまずは基礎知識から。 (以下、ウェキペ...
ゾディアック (日々徒然ゆ~だけ)
 犯人の真意ってのは「怖いモノ見たさ」「知らないモノを知りたい」人間の心理を大いにくすぐる。誰が犯人なんだ?というのを,追って行くのまでは最高に,不謹慎だけどエキサイティングだ。
『ゾディアック』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
[DVDソフト]ゾディアック特別版【デジタル0110】「セブン」「ファイト・クラブ」のデヴィッド・フィンチャー監督の最新作で、実在の連続殺人事件・ゾディアック事件をもとに作られたサスペンス。実際に未解決の事件を描いた作品でもあるので、話としては妥当なのかなとい....
『ゾディアック』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1969年、自らを“ゾディアック”と名乗る男による殺人が頻発し、ゾディアックは事件の詳細を書いた手紙を新聞社に送りつけてくる。手紙を受け取ったサンフランシスコクロニクル紙の記者ポール(ロバート・ダウニーJr)同僚の風刺漫画家ロバート(ジェイク・ギ...
ゾディアック 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
ゾディアック (映画大好きだった^^まとめ)
43 : 名無シネマ@上映中 [sage] 2007/06/28(木) 20:15:36 ID:olCOORlfフィンチャーよく頑張ったよ。すごく丁寧に作られてるのが分かった。2時間半もあったけど飽きさせない、それでいてフィンチ ...