そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

となり町戦争

2007-02-12 | 劇場映画れびゅー
現代日本が舞台で、となり町同士が戦争ってどういう事なんだろう。
謎の映画(大袈裟じゃなく)『となり町戦争』を観てきました。
★★★

いつも通りのゆっくりとした時間が流れる田舎の町。
主人公北原修路(江口洋介)の周りには、いつもどおりの日常が当たり前のようにやってきて、当たり前のように過ぎてゆく。

でも、なんだか隣町との間で戦争が勃発したらしい。
しかし変わらぬ日常に、見えて来ない戦争。
発表される死者の数だけが増えていく不安。
本当に戦争は起きているんだろうか?戦争って何なんだろう。

開戦から10日以上経っても戦争なんて起きてる実感は無い。
そんないつも通りの日を過ごす北原のもとに、役所からの通達が届くところから日常が変わって行く。

彼の目を通して、町対町という小さなスケールで国家対国家の“戦争の実態”を描いているところがとても面白い。
多少奇麗事で済ませているのが鼻につきますが。

おかしな登場人物達が非日常感を際立たせ、今観ている町は俺の暮らす日常とは違うんだと感じさせる。
ユーモアの要素は緊張と緩和というよりは、観ている人を退屈させない為のものだったのかな。

江口洋介って自然体な演技は上手いんだなぁと思いながら観ていたのですが、慌てたり感状が高ぶる演技をすると、途端にトレンディードラマ俳優当時のワザトらしさが戻ってきて、使い勝手の悪い俳優さんですね。

原田知世はイイ!w

でも、この二人の恋愛モノとして観るのには全く感情移入出来なかった。

この二人、相変わらず実年齢に対して若過ぎて凄い。

ネタバレ
いつの間にか戦争と深く関わる事となってしまう北原。
に従って、業務として淡々と進められる戦争の裏側が見えてくる。
国家レベルでの戦争のしくみを連想させ、こんな上層部の駆け引きの為に戦争が起きるのかと思うと腹立たしくなった。
と、言いたいところだけど、腹立たしくなるには弱いなぁ。

クライマックスの事務所での主任との会話。
戦争が終れば、憎しみは癒えるというものなのではないだろう。
「楽しくやりましょうよ」と言われてカチンと来ないなんて。

なんて、マイナス要素もたくさん書きましたが、話が純粋に面白かったです。
原作本が凄いらしいので、映画観ずに本読んだ方が良いかもしれないですがw



となり町戦争

集英社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Gガール -破壊的な彼女- | トップ | オープン・シーズン<日本語... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
永遠のアイドル (現象)
2007-02-19 00:36:26
おひさしぶりです。
コメント&TB失礼します。
星4つですか!
僕はちょっと入り込めなかったです^^;
映画に対する風刺のようなものは感じたんですけれども。
超ミニマルな世界で戦争を描いてアイデアはいいなぁと思いました。
原田知世はいいですよねぇw
もうここ10年以上大好きです。
イイ(笑) (そーれ)
2007-02-20 14:15:47
>現象さん
お久しぶりです!
イラクでも非戦闘地域に住んでいる人にとっては戦争なんて耳にするばかりで現実味が無いような台詞に「なるほどなー」と関心して観ていました。
でも対岸の火事のごとく非日常だった戦争が、いつのまにか自分の日常に侵食してきている感覚。
軽いタッチの映画でしたが、そんなジワジワ来る怖さと、戦争を経験してきた人の狂った感覚、コマのように町民を扱い、それでも人気を取る政治。
その辺の扱いの上手さが星の数が多くした理由かなぁ。
原田知世良すぎですよ!w

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『となり町戦争』 初日舞台挨拶 (映画な日々。読書な日々。)
舞坂町に暮らし始めて一年、北原修路は町の広報紙で隣りの森見町と戦争が始まる事を知る。しかし、開戦初日を迎えても町の様子に変化はなく、戦争を実感することは何一つなかった。広報紙に掲載される戦死者数を除いては…。数日後、対森見町戦争推進室の香西と名のる女性か
となり町戦争/江口洋介、原田知世 (カノンな日々)
オープン当初からこの109シネマ川崎に来てるけどこんなに混んでるのは初めて。そーいえばここで舞台挨拶見るのも初めてだったかも。それにしても凄くいい席とれちゃった。映画も見やすいし登壇者との目線の高さが同じでさらにセンターポジション。舞台挨拶は何度も観てき...
【2007-23】となり町戦争 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
舞坂町はとなり町の森見町と戦争を始めます。開戦5月7日。終戦予定は8月31日・・・ 町対町、役所と住民、上司と部下、そして男と女 今、一線を越える!
となり町戦争(映画館) (ひるめし。)
今、一線を越える!
となり町戦争@新宿ガーデンシネマ (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
町という小規模単位で密着させて戦争は絵空事、対岸の火事ではないとでも言いたげだった。東京からの転勤先はテレビで四国アイランドリーグを放送していることからおそらくその4県のどれか。主人公・北原の住む舞阪町がとなりの森見町と戦争を始めたことを、彼は地方広報...
となり町戦争 (週末映画!)
期待値: 33%  同名の小説を映画化したシュールな作品。 江口洋介、原田知世、瑛太 出演作品 日本
となり町戦争 (to Heart)
のどかな地方都市舞坂町で旅行会社に勤める北原(江口洋介)は、ある日、突然舞坂町ととなり町の森見町が戦争を始めたことを知る。だがその後も表立った変化は見られず、彼も相変わらずの日々を過ごしていた・・・ とまどいつつも核心部分をつかめないまま明確に自己主張...
となり町戦争(@_@;)今、一線を越える! (銅版画制作の日々)
面白いから恐くなる。サプライズ小説、完全映画化! 第17回小説すばる新人賞を受賞した三崎亜記の小説『となり町戦争』の映画化、先日MOVX京都にて鑑賞しました。この選考会で物議を醸し、多くの作家や評論家から、絶賛された衝撃作らしい。そんなことも、知らず・・・...
[ となり町戦争 ]若者よ、傍観者でいいのか! (アロハ坊主の日がな一日)
[ となり町戦争 ]を新宿ガーデンシネマで鑑賞。 日本で、となり町同士による戦争なんて、なんと奇抜な話である。 それゆえに、このネタをどう料理するのか見てみたい。 そんな衝動にかられて観に行くことに。 監督は鈴木清順の愛弟子、渡辺謙作。 本作は、第17回...
映画『となり町戦争』(お薦め度★★) (erabu)
監督、渡辺謙作。脚本、菊崎隆志、渡辺謙作。2006年日本。SF映画。出演、江口洋
となり町戦争 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『町対町、役所と住民、上司と部下、そして男と女 今、一線を越える!』  コチラの「となり町戦争」は、元市役所職員の三崎亜記のデビュー小説を映画化した戦争映画?かな?もちろんタイトルから分かるように、戦争映画って言ってもド派手などんぱちがあるワケでも、...