そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

青天の霹靂

2014-05-29 | 劇場映画れびゅー
芸人が監督した映画にはいつもあんまり気が乗らないのだけど、予告編を見る限りは面白そうだったので『青天の霹靂』を観てきました。
★★

演出は荒削りだけど、初監督作にしてはスピード感のあるカメラワークや、派手なエフェクト、金のかかった1973年を再現したセットでメジャー映画に仕上がっていて、監督本人以上にプロダクションの意気込みを感じる。
スタッフや役者にも助けられて本人の力量を感じられない映画になっているので、もっと素な劇団ひとり監督作で勝負して欲しかった。
その場合は俺は観なかったかもしれないけど。

丁度俺が生まれた年が舞台なので、ノスタルジック以上に赤ん坊の頃ってここまで日本ってまだ発展途上だったっけ?的な、記憶にない日本像を見せ付けられた辺りが面白かった。
俺の記憶にはっきり残っている日本像って、小学校高学年以降で、テクノロジーの進歩やファッション以外はあの頃から日本って止まってる感覚。

物語として、根本的なところでどうも納得の行かないところがいくつかあるので、以降ネタバレで。

ネタバレ
納得のいかないところ
その1:40年前の世界で、40年後には当たり前になっている初歩的なマジックのネタを披露して拍手喝采を受けるペペの神経。開発した先人達に対して何も感じずに舞い上がっている。

その2:そのマジックのネタになっている小道具を、40年前の世界で自作できてしまっている。たいしたマジシャンでもないのに。

その3:過去の両親に対して、相手の気持ちも考えず感情任せで未来の出来事をポロポロ漏らすペペの神経。タイムトラベルものでは一番のタブーでなのに、それで涙を取ろうという基本プロットが企画時点で通ったこの映画の出発点が一番の謎。



グランド・イリュージョン ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray]
ジェシー・アイゼンバーグ,マーク・ラファロ,マイケル・ケイン,モーガン・フリーマン,ウディ・ハレルソン
KADOKAWA / 角川書店
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ニューヨーク 冬物語 | トップ | 『想い出のカルテット〜もう一度... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

11 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「青天の霹靂」 (日々“是”精進! ver.F)
母と父の愛を知る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201405240001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】青天の霹靂 [ 劇団ひとり ]価格:535円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】日本映画ma...
『青天の霹靂』 (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「青天の霹靂」□監督・脚本 劇団ひとり□キャスト 大泉 洋、柴咲コウ、劇団ひとり、笹野高史、風間杜夫■鑑賞日 5月25日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>  タ...
ありがとうのひとこと。・・・〜「晴天の霹靂」〜 (ペパーミントの魔術師)
柴咲コウがこんだけお母さんの顔になるとはおもってなくて なんかびっくりでした。ふ〜ん、こういう役もできるようになったわけですね。(えらそう〜〜(^_^;)) チョコレート食べちゃダメだよってひとことがぐっと来ちゃいます。詳しくはWebで。もといスクリーンで お確...
青天の霹靂 (映画的・絵画的・音楽的)
 『青天の霹靂』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作の冒頭では、主人公の晴夫(大泉洋)が、「いつからかな、自分を“特別”だって思わなくなったのは」、「昔は、周りの奴らは“普通”の人生しか歩め...
青天の霹靂 (だらだら無気力ブログ!)
じんわり来る、余韻の残るイイ一本だった。
「青天の霹靂」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜人生は、奇劇だ〜2014年   日本映画    (2014.05.24公開)配給:東宝        上映時間監督:劇団ひとり原作:劇団ひとり  『青天の霹靂』(幻冬舎刊)脚本:劇団ひとり/橋部敦子美術:杉本亮音楽:佐藤直紀主題歌:Mr.chirdren  『放たれる』....
ありがとう/ビートたけしに観て欲しい映画〜『青天の霹靂』 (真紅のthinkingdays)
 場末のマジックバーで失意の日々を過ごす晴夫(大泉洋)は、ホームレスとなっ ていた父の死を知る。警察で遺骨を引き取った彼は、父のテントのあった河原で 雷に打たれ、40年前の浅草にタイムスリップする。そこには、若き日の父・正太 郎(劇団ひとり)と、身重の...
青天の霹靂 (2014) (むらー・ぐらっつぇ)
  〈あらすじ〉 場末のマジックバーで働く、さえないマジシャンの轟晴夫(大泉洋)。 ある日、彼は10年以上も関係を絶っていた父親・正太郎(劇団ひとり)が、ホームレスに ...
No.386 青天の霹靂 (気ままな映画生活)
売れないマジシャンの男が40年前にタイムスリップし、生き別れたはずの両親との出会いを通して自分の出生の秘密を知っていく姿を笑いとユーモアを交えながら描く。39歳の売れないマ ...
「青天の霹靂」 生かされていることを知る (はらやんの映画徒然草)
<ネタバレしているのでご注意ください> 主人公、晴夫は売れないマジシャン。 彼は
青天の霹靂 (のほほん便り)
劇団ひとり、初小説がヒットし、のちに映画化された「陰日向に咲く」も味わい深かったですが、自らの同名小説を、初監督したという、この作品も、なかなかの佳作でした。ますます、大いになる才能を実感。なるほど、その名の通り、周囲を巻き込むほどの、劇団ひとり、さん...