そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

永遠のこどもたち

2009-01-12 | 劇場映画れびゅー
まーた『シックスセンス』を引き合いに出す映画かと思ってたら、こないだ新作映画が公開されたばかりのギレルモ・デル・トロが2007年にプロデュースしたものとのこと。
これはひょっとしたらひょっとするんじゃ?と期待を胸に、関西では今週公開の『永遠のこどもたち』を観てきました。
★★★★★

ヤベー、2009年2週目にして★4つ以上連発して自粛しようかと思ってたところに★5つ。(※)
例によって『シックスセンス』を引き合いに出す映画なので、観終わった後の感情も含めてこの先はネタバレです。
あ、観る前にネタバレ部分を読むと面白く無くなります。

ネタバレ
冒頭の「だるまさんが転んだ」(関西では「ぼんさんが屁をこいた」)から始まって、そのシークエンスに出ていた案山子も何もかも全てが答えに繋がっている見事な脚本。
そして、全てが描かれているのに階段下の収納が再び登場する瞬間まで気付けなかった俺は、驚きと不条理すぎる結末にエンドロールの間中涙が止まらなくなりました。

主人公のヒステリックな面を早々からチラ見せをして息子の存在を含めて全部彼女の妄想なのかという疑いを持たせ続けたり、老婆を重要な局面で登場させて予想していた事をリセットさせたり、『シックスセンス』を引き合いに出された事で構えて観ている観客をかく乱させるのが上手過ぎる。

霊媒師のシークエンスも見事。
ある日どこかで』をベースにしたタイムスリップ系の霊媒師なんてどうやったら思いつくんだろう。
また、その有り得ない能力自体もクライマックスに取り込んで描く貪欲な姿勢、いや、そもそもがクライマックスの数分をベースに書かれた脚本なんでしょうか。

サスペンスホラーに親子愛を溶け込ませている事自体が答えだったり、トップ画像のマスクがまさかあんなに悲しい演出に使われてしまったり、想像を絶するとはこの映画の事。
HIVの息子が何故か何ヶ月も経った後なのにそのまま現れた時点で、観ていてもうパニックに陥ってしまっていたので絶望感が半端じゃない。

よっぽど『ある日どこかで』をリスペクトしているのか、悲しすぎる結末もあの映画を彷彿とさせてダブルで悲しみがこみ上げてきます。
あんな悲しいシーンで「ウェンディーみたい」なんて台詞も悲しみのツボにはまるし、追い討ちをかけるように放置されていた旦那の悲しみも描くなんて酷い、酷いけど完全に感情移入して観てしまいました。

ギレルモ・デル・トロ製作っつう事で、ビジュアル的なところにばかり期待していたら全く逆の方向から攻めてきたという点も好印象過ぎ。

(※正確には『ゴッドファーザー DLP版』でも★5つ付けてますが、新作では本作が初5つ星。2009年始まったばかりで5本中3本が4つ星、2本が5つ星の異常事態w)



ある日どこかで (ユニバーサル・セレクション2008年第10弾) 【初回生産限定】 [DVD]

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンダーカヴァー | トップ | ある日どこかで »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
『ある日どこかで』 (えい)
2009-01-12 19:24:45
こんばんは。

>『ある日どこかで』をベースにしたタイムスリップ系の霊媒師

うまい。
んるほど、これはそう解釈するのか。
とてもうれしくなり、
思わず書き込みしました。
>えいさん (そーれ)
2009-01-12 22:11:20
どうもですー!
大好きな映画なんですよー『ある日どこかで』。
他に無いですよね、思いが時間と空間を歪めるって発想。
『バタフライエフェクト』はちょっと違うし。
リンクさせて観ていたら、結末も同じように不条理な終わり方だったので、悲しみは数倍になりました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
永遠のこどもたち (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題:EL ORFANATO、英語タイトル:THE ORPHANAGE(孤児院) J・A・バヨナ監督、ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ。「永遠」と言えば「死」の言い換えというのが相場で、「死」を覚悟...
「永遠のこどもたち」 幸せは主観 (はらやんの映画徒然草)
2008年の劇場観賞の最後となるのは、本作「永遠のこどもたち」。 ギレルモ・デル
永遠のこどもたち (小部屋日記)
El Orfanato(2007/スペイン=メキシコ)【劇場公開】 監督: J・A・バヨーナ 出演:ベレン・ルエダ/フェルナンド・カヨ/ジェラルディン・チャップリン/ロジェール・プリンセプ/マベル・リベラ/モンセラット・カルージャ 『シックス・センス』以来の衝撃と感動 愛...
永遠のこどもたち/EL ORFANATO/THE ORPHANAGE (我想一個人映画美的女人blog)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースのミステリーサスペンス。 スペインで大ヒットを記録、 今年のアカデミー賞外国語映画賞のスペイン代表に選ばれた作品{/kirakira/} 今年観られる映画ももうわずか。 20日公開作品は駆け込みでいっぱい...
『永遠のこどもたち』 (ラムの大通り)
(原題:EI Orfanato) ----『永遠の子供』って ピーターパンなんかに使われる言葉だよね。 このポスターからは そんなイメージがまったく伝わらないけど…。 「実はもっとショッキングなのもあるんだけどね…。 原題は『孤児院』。 日本の配給や宣伝サイドはホラー色を払...
永遠のこどもたち ▲1 (レザボアCATs)
・永遠のこどもたち@映画生活
永遠のこどもたち (シャーロットの涙)
ウエンディは歳をとってしまうけど、心はあの頃のままに・・・
永遠のこどもたち (いとし・こいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜)
永遠のこどもたち 2009 1/7@ヒューマントラストシネマ シネアミューズからヒューマントラストシネマに名前が変わってたのが先ず驚き。 ホラーは基本ムリなんだから、観る前からびびり入ってんのに、んなことで驚かせないで欲しかったなーんつってな。
映画 『永遠のこどもたち』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。短編映画やミュージックビデオ制作で活躍するJ・A・バヨーナが初の長編監督を務め、主演は『美しすぎる母』のベレン・ルエダ。孤児院で育った...
永遠のこどもたち◆◇EL ORFANATO ギレルモ・デル・トロ製作作品その2 (銅版画制作の日々)
 愛を信じたら、本物の光が見える。 ギレルモ・デル・トロ監督、今回は製作者として、この作品に関わっている。スペイン国内でゴヤ賞の7部門を獲得した他、数々の賞に輝いたこの作品ということと、休日というのも重なって大勢のお客さんだった。そういえば、「パンズ・...
永遠のこどもたち (future world)
これはすごい! あの「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ製作ということで観たが 期待どおりですね。 サスペンスホラーでありながら哀しくも感動を与える作品ってあったかな・・・ 「シックスセンス」「アザーズ」「パンズ・ラビリンス」のテイストが好き...
永遠のこどもたち :大阪ヨーロッパ映画祭 (だらだら無気力ブログ)
『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・ドロをプロデューサーに迎えて 制作されたスペインのホラー映画。アカデミー賞外国語映画賞スペイン代表 作品やゴヤ賞7部門などなど、多くの賞を受賞した作品。孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い...
『永遠のこどもたち』 (めでぃあみっくす)
ホラーとしても素晴らしい。ミステリーとしても素晴らしい。でも母の愛を描いた映画としてはもっと素晴らしい。そう思えるほどに完成度の高い映画でした。『海を飛ぶ夢』や『パンズ・ラビリンス』を始めとする最近のスペイン映画は本当に面白いです。そしてこの映画もその...
永遠のこどもたち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛を信じたら、本物の光が見える。』  コチラの「永遠のこどもたち」は、12/20公開になったスピリチュアル・ミステリーなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪2009年初となる映画館での鑑賞作品です。2006年の「ポビーとディンガン」、2007年の「リトル・ミス・サ...
永遠のこどもたち (心のままに映画の風景)
孤児院で育ち、里親に引き取られたラウラ(ベレン・ルエダ)は、 30年後、閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
永遠のこどもたち (ダイターンクラッシュ!!)
1月20日(火) 21:20〜 109シネマズ川崎4 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『永遠のこどもたち』公式サイト 泣けるホラーだと聞いている。 ただ、あまりにスピリチャアル過ぎて、いまいち解釈ができないところも多々あり、評判ほどの感...
「永遠のこどもたち」(スペイン/メキシコ 2007年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
パーティーの日、ひとり息子が姿を消した。
永遠のこどもたち (Diarydiary!)
《永遠のこどもたち》 2007年 スペイン/メキシコ映画 − 原題 − EL O
永遠のこどもたち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
古く広大な屋敷で起こる怪事件と、突然消えた我が子の行方を捜す母親の強い愛を描くスペイン製のサスペンス。 製作は、「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロー。監督は新人のJ・A・バヨナ。ゴヤ賞で脚本賞ほか7部門を受賞。 物語:海沿いにある、ある孤...
【映画】永遠のこどもたち (新!やさぐれ日記)
▼動機 「パンズ・ラビリンス」が面白かったから ▼感想 ホラー?ファンタジー?サスペンス? ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホー...
映画 【永遠のこどもたち】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「永遠のこどもたち」 『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロをプロデューサーに迎え製作されたスペイン発のホラー映画。 おはなし:孤児院で育ったラウラ(ベレン・ルエダ)は、長らく閉鎖されていたその孤児院を買い取り、障害を持つ子どもたちのホ...
永遠のこどもたち / 71点 / EL ORFANATO (FUNNY GAMES?)
かなり作りこまれた良質な作品やけど、ラストはどーも納得できない・・・ 『 永遠のこどもたち / 71点 / EL ORFANATO 』 2007年 スペイン/メキシコ 108分 監督 : J・A・バヨナ 脚本 : セルヒオ・G・サンチェス 製作総指揮 : ギレルモ・デル・トロ 出演
永遠のこどもたち [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:EL ORFANATO公開:2008/12/20製作国:スペイン/メキシコ上映時間:108分監督:J・A・バヨナ出演:ベレン・ルエダ、フェルナンド・カヨ、ロジェール・プリンセプ、ジェラルディン・チャップリン、マベル・リベラ、モンセラート・カルーヤ愛を信じたら、本物の光が...
永遠のこどもたち■「チェンジリング」の反対側の物語 (映画と出会う・世界が変わる)
「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督がプロデュースにまわった作品。「パンズ・ラビリンス」は大変に手のこんだ、仕掛けの多い作品であったが、この「永遠のこどもたち」もまた、作品自体が魅力的なうえに仕掛けがいっぱいで何回も見たくなる作品である。ク...
永遠のこどもたち (mama)
EL ORFANATO/THE ORPHANAGE 2007年:スペイン・メキシコ 監督:J・A・バヨナ 製作:ギレルモ・デル・トロ 出演:ベレン・ルエダ、ジェラルディン・チャップリン、フェルナンド・カヨ、マベル・リベラ 海辺の孤児院で育ったラウラは、障害を持つ子どものホームに...
永遠のこどもたち (悠雅的生活)
海辺の館。だるまさんが転んだ。宝探しゲーム。