そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

デジャヴ

2007-03-19 | 劇場映画れびゅー
「デジャヴを操れ!」って予告編の言葉。
「何の事やろ、それにしてもジェリー・ブラッカイマー映画な割りに派手さの少ない予告編…」と、全然期待せずに『デジャヴ』を観てきました。
★4個と言いたいところだけど、マイナス1.5で★★

予告編からは想像出来ない展開に観る気持ちは高揚し、この先の展開はどうなるのか全くわからない状況が続く。
“デジャヴ”がタイトルなのに、ちっともそれと関連した事が発生しない。
幾通りにも想像出来る面白さが確かに有った。

が、肝心な最後の部分が予告編でネタバレされていて最悪。
それまでの展開を★4個以上と思って、その後を期待していたのに最後の最後で…。

予告編をはっきりと覚えてない方には楽しめる、タイトルに深い意味の有る良作です。

オープニングタイトルで久々にバル・キルマーの名前を見つけて期待していたら、えらく丸っこくなっててびっくりしましたw

ちっとも顔の老けないデンゼル・ワシントンの老いが裸に見られて納得。

ネタバレ
ちっともデジャヴを感じない主人公に、絡んでくるのは女性の変死体。
え、もしかして『トゥルー・コーリング』?

なんて思いながら観ていたら、まるで『タイムコップ』のような装置の登場。
でもスパイ衛星から…の話でタイムトラベル物の筋も消えてしまった。
スパイ衛星から…って、そんな怖い話有るんかなぁ…。

疑いつつ観ていたらやっぱりスパイ衛星は大嘘で、実はドラえもんのタイムテレビ。
それを使って、どうにかこうにか過去へ送る事が出来たのは一枚のメモ用紙。
わかった!『イルマーレ』か!

そうでも無いか…おや?どこかで観た次元の流れの図がホワイトボードに。
ひょっとして『バック・トゥー・ザ・フューチャー』?『サマータイムマシーンブルース』だったりして。

それとも『バタフライ・エフェクト』?『時をかける少女』?『ターミネーター』?『ある日どこかで』?まさか『バブルへGO!! 』じゃ?
ええい、『スーパーマン』みたく地球逆回転させてみろ。

と、想像が膨らみまくったところで、やっぱりフツーにタイムマシンを使ってのタイムトラベル…。
まぁいっか、リスクを犯してでも遣りたい気分だったのはむしろ褒めてあげなきゃ。
と、ちょっとガッカリだったのを押してくれたのは、装置の蓋を閉める時の「これは2回目?」という台詞。
なんでそこでデジャヴやねんと一瞬思ったけど、実はこの言葉が重かった。

これ見よがしに敷かれていた伏線に沿って過去のストーリーは展開するけど、本人は気づかない。
観客にとってはずっとデジャヴを感じている感覚。

最後の最後に自分の血の付いたガーゼを見て、デジャヴを感じたところから運命が変わっていく上手さ。あの台詞がそこで生きてくる。
彼にとっては1回目のタイムトラベルかもしれないけれど、他の次元の彼、もしくは複数の彼等が何度も同じタイムトラベルを繰り返した結果、やっと気づけた事なのかもしれない。

そうなってくると、彼の次元に来ていた別の彼は一体どうなったのか?なんて疑問も浮かんできますが、戻ってこれない彼の代わりにタイムスリップ後ひょっこり現れて入れ替わっているのかもしれない。
フェリー爆破を食い止められなかった無念さを抱きながら。
この映画での次元の流れの説明どおりだと、その次元は消滅する事になるのかもしれないけど。

なーんてもう面白くて色々想像しながら観ていたのに、ラストシーンで彼女とその次元の彼との会話(これもデジャヴというタイトルが生きてくる場面)が予告編でそのまま流れていたので、別次元の彼が死んだ時点で全て読めてしまってむかっ腹が立った。
配給会社のあふぉ!

自分が二人居る状況のややこしいタイムトラベル物のルールを無くす為なのか、死なせたのには全く異論は無いんだけど。
単なるタイムトラベル物に終わらないところが凄く良い。



イルマーレ THE PERFECT COLLECTION

松竹

このアイテムの詳細を見る

トゥルー・コーリング DVD-BOX

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

バック・トゥ・ザ・フューチャー 20th アニバーサリーBOX

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハッピー フィート | トップ | アンフェア the movie »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
2回目 (kossy)
2007-03-19 23:43:52
あのまま爆破を防げなかったら、
また繰り返しなんですよね・・・
そのうち川底にどんどんデンゼルの死体だけが積み重なっていって大変なことになりそうです(笑)
衛星からの撮影は、同じくブラッカイマーの『エネミー・オブ・アメリカ』が好きですね〜
こんにちは♪ (ミチ)
2007-03-20 10:01:23
やっぱり過去は変えられるのか?と思いました。
変えられなかったら↑のkossyさんじゃないけれど、デンゼルの死体だけが川底に(爆)
最後になってタイトルの意味が分かりましたが、これって本当の意味のデジャヴじゃないですよね?
そういえば「トゥルーコーリング」もこの手の作品でした!
デンゼル山 (そーれ)
2007-03-20 16:57:11
>kossyさん
『サマータイムマシーンブルース』のように、過去に返って変えたつもりでも、実は元々そうなる事になっていて何も変わっていないというオチになるのかなぁ?と思っていたんですけど、血の包帯に気づく事で流れが変わったのが面白かったです。
違う時間帯に戻ってきた生きたデンゼルが増殖するのもドラえもんの何かのエピソードのようで面白そう(笑)
そうそう!『エネミー…』ネタ被るし、スパイ衛星の作り話は胡散臭さが漂ってましたねぇ。
その辺のセルフパロディーもオイシイ映画でした。
(あれは、いまだに電源OFFのケータイを衛星からの遠隔でONにしたネタが気になる映画です)

>ミチさん
ですです。
帰りたくても帰れないデンゼルが違う時間にどんどん戻ってきてうじゃうじゃ増殖したら面白かったのに。
そしたら『マトリックス』も彷彿とさせるクライマックスが…(って違う)
“デジャヴ”は最後の場面よりも、過去に帰ったデンゼルが無意識に“起こるべくして起こす行動”と、血の包帯に“デジャヴ”を感じて何も変わっていない事に気づく場面の方を指すんだと思いますよ。
いつ女性の死体が動いて「助けて」と喋るのかちょっと期待しました(笑)
そうなんですねえ〜。 (ぷちてん)
2007-03-20 22:30:45
血のついたガーゼ、二回目なのか?というせりふ、何気に見てしまった私です(笑)

何度も繰り返していたら「プライマー」のようにさぞかしややこしくなったでしょうね^^)
ぷ、プライマー? (そーれ)
2007-03-21 00:31:21
>ぷちてんさん
未チェックです(゜Д゜)
ググってみたらなんだか面白そうですね。
早速チェックしてみますね!
予告編 (たいむ)
2007-03-21 14:43:42
こんにちは。
予告編の意味が私には通じていなかったので、全く「デジャヴ」を感じずに最後まで楽しく見れました。
未来からのタグは悲惨な最後でしたが、それもいつか臨死体験というデジャブで甦ったりはしないのかしら?なんて思ったりも・・・(笑)
TB頂きました。 (ミスト (Cinema Chips))
2007-03-23 12:27:47
私、・・・しっかり観ていたつもりなのに・・・
「2回目・・・」とか言うセリフ落としてましたわ!(笑)
あの辺、過去と現在がややこしくなってきた辺りかしら?(^_^;)
今度はDVDが出たらしっかりチェックして観たいと思います。(^^ゞ
デンゼル・ワシントンは好きな俳優さんなので、
ツッコミどころ満載もまた楽しめました(笑)。
デジャヴ (そーれ)
2007-03-24 17:24:24
>たいむさん
予告編観すぎるのは駄目ですね(泣)
極力上映開始直前に入って予告編観ないようにしたいんですが、予告編が楽しみな話題作も有るのがジレンマです(笑)
過去を変えちゃったから、存在し得ない思考を持った彼は必然的に消えるべくして消えたのかもしれないですね。
という事は、死んだんじゃなくてパラレルワールドに飛ばされて、そこで息を吹き返すところから別のストーリーが起こったりして…って難解すぎ(笑)

>ミストさん
ちょうどタイムマシンに乗り込んで扉を閉める時の台詞ですね。
私もこの映画はDVDで何度もチェックしなおしてみたいです。
デンゼル・ワシントン、顔は全然変わらないけど、脇のタルミが凄くてびっくりでした(笑)
はじめまして! (Eureka)
2007-03-25 17:37:08

デジャヴ=タイムマシーンでGO!な
展開になってしまってからはダメでした・・
冒頭の死体袋シーンからタイムマシーンものに
ならないよう、ならないよう願っていたのに・・。
タイムパラドックスなら
どういう矛盾も解釈次第ってことですもんね。
それならいっそ
インチキ監視システムの方が良かったなって
思うあたしはどうも少数派のようです(笑)

ところで1度目のダグはどの時点で
爆破阻止を失敗しちゃったんでしょうね?
タイムパラドックス (そーれ)
2007-03-26 15:08:20
>Eurekaさん
こういう映画って自分の期待と違う方向へ話が進んで行った時、アナザーストーリーでも作って欲しい気持ちにさせられますよね。
監視システムで投影された映像に対して当てたペンライトの光が直接過去に届いたあたりがさっぱり仕組みがわからなかったり、突っ込んで考えるといくらでもアヤシイ設定が浮かんできたりするので、やっぱりタイムパラドックスを扱う映画はいろんな妥協が必要なのかも。

1度目なのか何度繰り返していたのかわかりませんが、前回のダグは少なくとも彼女の家にはたどり着いて治療をしていましたよね。
未来では触っていないはずなのに部屋中の物に彼の指紋が残っていたのだから、あの治療跡は間違いなく過去に行った彼のものでしょう。
ただ、前回彼女の指はその時点で既に切られていたかもしれない。
そして前回は、その後彼女が赤白のワンピースに着替えてからフェリー乗り場で犯人とすれ違うまでの間に再び連れ去られて殺害、遺棄されたと考えるのが妥当かな。
でも、そうなると時間が足りないような…。
彼女が連れ去られた時点で彼も殺害されていれば、同様に焼かれて遺棄されていたはずで、やっぱり川にはダグの死体が沈んでいたのかも。
いや、ひょっとすると彼女は小屋で大火傷を負っていて、ダグは彼女を家で治療したけど救うことができず、彼の手で辻褄合わせに遺棄されたのかも。
そうするとやっぱり未来の彼が居なくなった後にひょっこりと入れ替わって…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

50 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
感想/デジャヴ(試写) (APRIL FOOLS)
デジャヴ現象の新解釈?な『デジャヴ』3月17日公開。船上パーティが行われていたフェリーが、爆破された。駆けつけた捜査官ダグは、ある女性の死体を見つけ、なぜか既視感を覚える。捜査の中、ダグは政府が極秘開発したシステムにより"4日と6時間前を再生し続ける"監視映...
『デジャヴ』 (試写会帰りに)
デジャヴ、そして「もし過去に戻れたら」という想い。誰もが感じた事のある、本能と繋がる不思議な感覚を、SFとアクションとサスペンスで紡ぎ上げ、ラブストーリーで味付けした、頭がグルグル系の後を引く映画、『デジャヴ』。 デジャヴ 文庫本。原作本を読んだら、映...
『デジャヴ』 (Sweet* Days)
監督:トニー・スコット CAST:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 他 STORY:2006年2月28日。海軍の水兵とその家族を乗せたフェリーが爆破し多くの犠牲者が出た。その事件の捜査に向かったAFTのダグ(デンゼル・ワシントン)は、美しい女性、クレア(ポーラ・...
デジャヴ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ATF(アルコール・タバコ・火器取締局)の捜査官ダグ・カーリン543人の犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件を捜査中犠牲者の中、ある女性の遺体が、彼の何かを刺激した。”私は彼女を知っている・・・”知っているわけもないのに感じた思い、そして帰局して渡された...
『デジャヴ』 (ラムの大通り)
(原題:Deja Vu) ----「デジャヴ」って、 「あれっ?これ、なんか前にも見たことある…」 っていう、あの感覚だよね? そのものズバリのタイトルだけど、 監督がトニー・スコット。 どういうアプローチなんだろう? 「ぼくもそれが気になっていたところ。 なにせ製作が...
デジャヴ (たにぐちまさひろWEBLOG)
“人は皆、過去を見ている。鏡の前の姿でさえ、光の速度だけ過去のものだ。” デンゼル・ワシントン主演の“デジャヴ”を観てきました。 ニューオリンズを出港したカーフェリーが大爆発を起こし、543名が犠牲になるテロが発生した。 ATF捜査官のダグは、現場...
デジャヴ (eclipse的な独り言)
 この映画、心理サスペンスものだと勘違いしていました。予告もそんな風に作ってあ
デジャヴ (ネタバレ映画館)
なぜ4日半前?俺が6歳の子供だと思ってちゃんと説明してくれ!
「デジャヴ」(DEJA VU)映画感想 (Wilderlandwandar)
デンゼル・ワシントン主演のサスペンス「デジャヴ」(原題DEJA VU)を見て来ま
試写会「デジャヴ」 (日々“是”精進!)
ワーナー・マイカル・シネマズで行われた「デジャヴ」の試写会に参加してきましたハリウッドのヒットメーカー、ジェリー・ブラッカイマーのプロデュース最新作。デンゼル・ワシントンと組んだサスペンス・アクション。監督はトニー・スコット。ストーリーは・・・フェリー...
デジャヴ / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
映画『デジャヴ』を観てきましたSTORY:543名もの犠牲者を出した、凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグは、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬間、強烈な《 デジャヴ 》に襲われた。――『わたしは、彼女を知っている…』彼は特別捜査班の一員として、政府が極...
『 デジャヴ 』 (My Style)
『 デジャヴ / DEJA VU 』を観た。 とにかく、デンゼル・ワシントン演じるダグのキレモノぶりがカッコイイ! 爆破事故後の彼の冷静な行動もすごい。 現場検証もひとり地道に、だけど確実に、事件の証拠や手掛かりを集めて 理論的に状況を突き詰めていく。 女性の死体...
映画「デジャヴ」 (ミチの雑記帳)
試写会にて「デジャヴ」 初めて体験する事象だが身に覚えがあるデジャヴ(=既視感)感覚をモチーフにしたサスペンスアクション。 乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生し、現場でひとりの女性の死体が発見されるが、ATF(アルコール・タバコ・火気局)捜...
映画「デジャヴ」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年20本目の劇場鑑賞です。公開当日観ました。「マイ・ボディガード」「ドミノ」のトニー・スコット監督作品。SFタッチのサスペンス・アクション。初めての場所や経験にも関わらず、「この場所には以前来た事がある」「昔、これと同じ経験をした事がある」と感じる、い...
デジャヴ (映画鑑賞★日記・・・)
『DEJAVU』公開:2007/03/17(03/17)製作国:アメリカ監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー、ジム・カヴィーゼルその時彼は強烈な“デジャヴ”に襲われたというが、私にはただの一目惚れにしか思えなかった。そうじゃな...
デジャヴ (映画君の毎日)
久しぶりの映画館での映画鑑賞。 デンゼルのファンとしては情けないほど遅いけど。 題名の通りの内容…じゃない?と気付いて、 それが中盤ぐらい。そこから予期せぬ展開で グイグイひき込まれた。 トニー・スコット監督だしジェリー・ブラッカイマー製作だ
デジャヴ (ぷち てんてん)
今日から公開のデンゼル・ワシントン主演のこの映画、見てきました^^)結構お客さんが入っていたよ。春休みに入って、にぎやかになってきたなあという感じですね。☆デジャヴ☆(2006)トニー・スコット監督デンゼル・ワシントン・・・・・・・・・・・・・・ダグ・カー...
「デジャヴ」みた。 (たいむのひとりごと)
「デジャブ」というタイトルと、意味がイマイチ良くわからない予告編にて、勝手にオカルト的というか神秘的な物語なのだとばっかり思っていた。それはそれで好きなのだけど、ちょっとばかり嬉しい誤算。ちっとも謎めいてこないし「ただの刑事もの?」と疑問
デジャヴ (BLACK&WHITE)
【DEJA VU】2006年/アメリカ 監督:トニー・スコット 製作:ジェリー・ブラッカイマー  出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン、ヴァル・キルマー ジム・カヴィーゼル、アダム・ゴールドバーグ、エルデン・
『デジャヴ』in茨木 (☆えみたんの日記帳☆)
土曜日夜映画観て来たって日記に書いたけど、その映画をご紹介鍊 その映画は「デジャヴ」っていう映画だよぉ~秊 うちは違う映画を観たかったんだけど、その映画の上映がなくなっちゃって友達と話した結果 「デジャヴ」を観ることに鍊 ...
デジャヴ DEJA VU (いいかげん社長の日記)
アメブロの調子が悪い^^; ここんところ、観たい映画が溜まっているので、おとといのレイトショーで「デジャヴ 」を観てきました。 平日のレイトショーは久しぶり。 「UCとしまえん 」は、いつもいく土曜日よりも人は少なめ。 休みの前の日だから、もう少しい...
デジャヴ DEJA VU (いいかげん社長の日記)
アメブロの調子が悪い^^; ここんところ、観たい映画が溜まっているので、おとといのレイトショーで「デジャヴ 」を観てきました。 平日のレイトショーは久しぶり。 「UCとしまえん 」は、いつもいく土曜日よりも人は少なめ。 休みの前の日だから、もう少しい...
デジャヴ(映画館) (ひるめし。)
[デジャヴを操れ―――]
デジャヴ (とんとん亭)
「デジャヴ」 2007年 米 ★★★★ デンゼル・ワシントンが痩せた分、ヴァル・キルマーが肥えたんやない? うん!良かった。 最初は「面白いのかなぁ??」と正直かなり不安でした。 私だけではなく、皆さん、同じ気持ちだと思いますが、映画を暇つぶ...
映画「デジャヴ」 (<花>の本と映画の感想)
デジャヴ 監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン  ポーラ・パットン  ヴァル・キルマー  ジム・カヴィーゼル  アダム・ゴールドバーグ  エルデン・ヘンソン 2006年 フェリー爆発により、乗客543人が死亡する惨事がおきる。ATF捜...
デジャヴ◆犯罪サスペンスで味付けしたSF娯楽作 (好きな映画だけ見ていたい)
       「デジャヴ」 (2006年・アメリカ)    監督:トニー・スコット    製作:ジェリー・ブラッカマイヤー    出演:デンゼル・ワシントン/ポーラ・パットン/ヴァル・キルマー/ジム・カヴィーゼル 映画や小説の世界でしか味わえないのがタイムトラベ...
デジャヴ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
友達が、「つまらなかった〜」と言ったので一瞬ひるんだが、デンゼル・ワシントンは好きだし、やっぱり自分で観てみなくちゃ〜ね【story】543名もの犠牲者を出した凄惨なフェリー爆破事件。捜査官ダグ(デンゼル・ワシントン)は、手がかりを握る一人の女性の遺体を見た瞬...
「デジャヴ」 (Cinema Chips)
17日公開の「デジャヴ」を観ました。この映画も「ナイトミュージアム」と同じ公開日だったので、先に「ナイトミュージアム」を観て、翌日にこの「デジャヴ」を観ました。本当に今年は観たい映画が目白押しでスケジュ
【2007-40】デジャヴ(DEJA VU) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
デジャヴを、操れ──
映画「デジャヴ」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
原題:Deja Vu 2005年8月29日フロリダを通過したハリケーン・カトリーナはメキシコ湾沿岸に再上陸、ニューオーリンズの殆どを水没させ救援遅れで街は無法地帯と化す・・ この映画は、そんな困難に打ち勝ち復興したニューオーリンズ市民に捧げられている。そして...
デジャヴ 〜 観客にもデジャヴ体験をさせる 〜 (Prototypeシネマレビュー)
〜 観客にもデジャヴ体験をさせる 〜 続編も期待されている『パイレーツ・オブ・カリビアン』など、派手な作品で定評のあるジェリー・ブラッカイマー製作のSFサスペンス作品。 これまでも様々な作品でテーマとして扱われてきた“タイムパラドクス”を、“デジャブ...
『デジャヴ』映画レビュー(2007) (*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*)
デンゼル・ワシントンものを見るのは「タイム・リミット」以来かな。「デジャヴ」はTVの予告ぐらいで、内容はノーチェック。「すでに殺された女性を救えるのか?」って言葉だけ覚えていたので、タイムマシーンもの??それともなにか特殊能力もの???なので、正直あんま...
★「デジャヴ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週の週末も、何観るか迷ったなぁ。 候補はこの他に、 ニコール・キッドマンも声の出演してる「ハッピーフィート」・・・ ミラ・ジョヴォヴィッチの「ポイント45」・・・ オスカー主演男優賞ものの「ラスト・キング・オブ・スコットランド」・・・ パリづくめの「...
映画「デジャヴ」 (日々のつぶやき)
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ポーラ・パットン 見たくて見たくて早く行こうと思いつつ行けなかった「デジャヴ」やっと行ってきました!! 面白かったです!!ただ・・予告を見て自分で想像していたストーリーとは全然違いましたけど・・。
デジャヴ (週末映画!)
期待値: 90%  ジェリー・ブラッカイマー プロデュースのSFサスペンスアクション。 デンゼル・ワ
DON'T WORRY BABYが効いてる洒落たラストシーン『デジャブ』(2007年8本目) (ON THE ROAD)
   あ〜やっぱりビーチボーイズはいいな〜! そう思いながら劇中に流れる名曲『ドント・ウォリー・ベィビー』に 聞き入っていると・・・ 突然、ドッカーンとこの曲にはまったく似つかわしくない客船の爆破シーン。 この出だしは、ものすごく意外性と迫力があった。 ...
デジャヴ (日々徒然ゆ~だけ)
 既視感ちうよりアメリカ版芳山和子だぁね。こいつぁサスペンスじゃないぞ,SFだぞ。
DEJAVU / 既視感は過去からの警告?? (銅版画制作の日々)
MOVX京都にて、映画『DEJAVU』を鑑賞。DEJAVUとは?フランス語で既視感とい意味である。多分誰しも一度は体験のあることだと思う。つまり実際は一度も体験したことがないのに、すでにどこかで体験したことにように感じること・・・・。皆さん、きっとありますよね? 「パ...
デジャヴ(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
楽しみにしていた「デジャヴ」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:デンゼル・ワシントン 、ポーラ・パットン 、ヴァル・キルマー 、ジム・カヴィーゼル 上映時間:127分  乗客の543名が死亡する悲惨なフェリー爆発事故が発生。 現場で...
デジャヴ (future world)
‘デジャヴ’というタイトル、そして映画館で観た予告編から私は大きな勘違いをしてました。 主人公が超能力者で未来を予言、過去をにも遡れるようなサイコサスペンス映画だと。。。 しかしながら、‘タイムマシンもの’と安易に言ってしまいたくはない。 序盤の盛り...
デジャヴ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ4> 監督:トニー・スコット 製作:ジェリー・ブラッカイマー 脚本:テリー・ロッシオ ビル・マーシリイ 500人以上の犠牲者を出したフェリー大爆発事故。ATF(アルコール・たばこ・火器取締局)の捜査官タグは、その原...
「デジャヴ」 疲れるくらい作品に巻き込まれた (はらやんの映画徒然草)
見終わって、ふぅ疲れたーというのが、最初の感想でした。 タイムパラドックスものと
デジャヴ (八ちゃんの日常空間)
予告編を観る限りでは捜査官が殺人事件か何かを捜査するうち、デジャヴ、すなわち超感覚で解決の糸口を見つけるとか救うとかのサイコ・サスペンスかと思ったんですよね〜。 そしたら、シークレット・ウインドウ…じゃなかった、タイム・ウインドウなる過去を観る装置がど...
デジャヴ (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
すごいゾ! FBI が google earth を進化させた!(違) グーグルではなくてゴーグルつけて追跡ダッ! デジャヴposted with amazlet on 07.08.03ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント (2007/08/03)売り上げランキ
デジャヴ (Deja Vu) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 トニー・スコット 主演 デンゼル・ワシントン 2006年 アメリカ映画 127分 サスペンス 採点★★★★ 「あれ?ここ、前に来たことがあるような…?」とか「あれ?この人、前に会ってる気が?」っていう経験をすることの多い私ですが、まぁ得てして私の物忘れの激しさ...
「デジャヴ」 (シネマ・ワンダーランド)
「トップガン」や「ドミノ」などで知られる米アクション映画界の鬼才、トニー・スコット監督が2006年に撮ったSFタッチのサスペンス・アクション「デジャヴ」(米、127分、ブエナビスタ配給)。スコット監督の前作「マイ・ボディーガード」にも出演していたデンゼ...
デジャヴ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『すでに起こった事件を、あなたは防げるか? すでに殺された女性を、あなたは救えるか? すべての答えは【デジャヴ】の中に―。』  コチラの「デジャヴ」は、ジェリー・ブラッカイマー製作&トニー・スコット監督&デンゼル・ワシントン主演の3/17公開になったSF...
敵の名は運命 (MESCALINE DRIVE)
西澤保彦の『解体諸因』を読んだとき、巻を通じて盛り込まれたバラバラ殺人の数々に感心した。ひとつのモチーフをよくぞここまで書いたものだ、と。ただ、作品自体の出来は玉と輝くものもあれば石と見紛うものもあると云ったところ。 しかし、デビュー3冊目の『七回死ん....
映画『デジャヴ』を観て (KINTYRE’SDIARY)
26.デジャヴ■原題:Dejavu■製作年・国:2006年、アメリカ■上映時間:127分■鑑賞日:3月31日、新宿プラザ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:トニー・スコット□製作:ジェリー・ブラッカイマー□脚本:ビル・マーシリー、テリー・ロッ....
『デジャヴ』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ海軍の水兵とその家族たちを乗せたフェリーが、突如大爆発を起こした。ATFの捜査官ダグは現場を捜査し爆発がテロだった事を証明。さらに爆発現場の近くで発見された女性の死体も、鋭い観察力で殺人によるものだと見抜く・・・。感想トニー・スコット×デンゼル・....