そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

リーピング

2007-05-19 | 劇場映画れびゅー
バッタの群れが人に襲い掛かる予告編に胸を躍らせて『リーピング』を観てきました。
★★★

昆虫の出てくるホラーっぽい映画という事で、『フェノミナ』を想像していたら全く違う。
10の災厄が題材のオカルト映画。

バッタのイメージが先行していたので、ヒラリー・スワンクが出ている事は劇場に着いてから知りました。
なんでオスカー女優がこんな映画に出ているのかは不明だけど、知らなかったからちょっと儲けた感じ。

彼女が出ていなければ、途中で寝ていたかもしれない。

ネタバレ無しでは書けないので以降ネタバレで。

ネタバレ
オーソドックスなオカルト映画の展開が続く。
何を今更な感じと、捻りの無さに先を読むような思考も停止。

10の災厄なんて今までにいろんな映画で描かれているし、タイトル通りの大活躍が期待されたバッタの登場だってほんの一場面だけ。
leapだろうがreapだろうが、ずっとバッタがうじゃうじゃ出てくるイメージだったんですけど。

順番のわかっている災厄を描く事にほとんどの時間が費やされているから、そりゃ思考も止まる。

が、最後のどんでん返しに意表を突かれ、一気に映画の印象が変わった。
思考が停止する程の退屈なストーリー展開は、このどんでん返しを楽しませる為だったのかw
川の水が全て血なら、検査に出さなくても臭いで気づくのでは?なんて思って観ていたのに、クライマックスが全て吹き飛ばして満足させてくれたので、★3つにしています。

でも観終わってからよく考えると、そこまでの少女の描かれ方はどう見ても悪だったような。
あんな恐ろしい表情の天使は…。
2回目は観るに堪えないかな。



フェノミナ インテグラルハード完全版 デジタル・ニューマスター

ハピネット

このアイテムの詳細を見る

ハムナプトラ/失われた砂漠の都 デラックス・エディション

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DoCoMo に ぃてんぜろ | トップ | 主人公は僕だった »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2007-05-24 09:16:53
オカルトにしてもスリラーにしてもいまひとつだな~と思いました。
イナゴのシーンはさすがに見せ場でしたよね。
一番お気に入りはラストです。
ヒラリー・スワンクの驚愕の表情が・・。
いまひとつでしたねぇ (そーれ)
2007-05-25 15:07:34
>ミチさん
怖さよりも、映像的に「すごw」って感じるに留まる展開ばかりで、クライマックスのどんでん返しにすら驚かなかった人には何も残らない映画かもしれないですね。
私は途中で思考が停止したので、クライマックスにびっくり、ヒラリー・スワンクの顔にもびっくりしました(驚)
イナゴの場面って、結局あれだけの数のイナゴを彩画できるスパコンが有れば、イナゴだろうが人だろうが…『ロード・オブ・ザ・リング』の交戦場面と同じような気が(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
感想/リーピング(試写) (APRIL FOOLS)
なんか中期FFっぽ~い! 『リーピング』5月19日緊急公開。各地で起こる奇跡や神秘的とされる現象を、科学で解明する大学教授キャサリン。彼女は過去の事件により、神への信仰を捨てていた。そんなキャサリンの元にとある町から調査の依頼が。それは真っ赤に染まった川の...
『リーピング』 (ラムの大通り)
(原題:THE REAPING) ----う~っ。気持ち悪い絵だニャ。 川が真っ赤だ。 「うん。これは例のゼメキス&ジョエル・シルバーによる ホラー・レーベル“ダーク・キャッスル”作品。 このシリーズは普通B級が相場なのに、 なぜかオスカー女優ヒラリー・スワンクが主演。 そ...
「リーピング(THE REAPING)」映画 感想 (Wilderlandwandar)
「イナゴ少女現る」という、よく判らないコピーで宣伝中のホラー映画「リーピング」(
リーピング (eclipse的な独り言)
 ヒラリー・スワンク。演技がうまいのは認めます。でも映画選びはあまり上手ではな
リーピング /The Reaping (我想一個人映画美的女人blog)
こんなの観ちゃった。 「見所はアナゴの大群!!」って言ったら笑われた{/ase/} 間違えた、イナゴの大群!! 最近ボケがたまにひどい(最近始まったことじゃないかも。。。) 深夜CM大量O.A中で見た人も多いだろうけど、 「この少女の秘密は劇場で!」みたいに言われた...
リーピング (ネタバレ映画館)
あなたは奇跡を信じますかぁ?
リーピング (描きたいアレコレ・やや甘口)
『リーピング』タイトルだけでも、何の映画かよく分からない。 『イナゴ少女、現われる』『あなたのクラスにも、いませんか』(←コレもよく分からない) このキャッチコピーのせいか、中高生の女の子同士もチラホラ。
リーピング (UkiUkiれいんぼーデイ)
どんだけぇぇぇ~!!! も、どんだけぇ~、ありえないイナゴの大群の数ぅ!!! 虫嫌いの私にはサブイボ(鳥肌)ものでした! 全くノーマークだったこの映画。 映画館のチラシをチラ見しただけでしたが、ヒラリー・スワンク出演だったので鑑賞してきました。 イ...
リーピング (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
史上最恐の少女が、生まれてしまった。武器は、1000,000,000匹のイナゴ!!。 アフリカのスーダン在住のコスティガン牧師(スティーヴン・レイ)の元で宣教活動に赴いたキャサリン・ウィンター(ヒラリー・スワンク)は、ある事件が契機となり現在はルイ...
リーピング (Lovely Cinema)
2007年/アメリカ 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク(キャサリン)    デイビッド・モリッシー(ダグ)    アイドリス・エルバ(ベン)    アナソフィア・ロブ(ローレン)     今日はCSI:マイアミのDVDをもらうためにシネプ...
映画「リーピング」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「リーピング」に関するトラックバックを募集しています。
映画「リーピング」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年38本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ライフ・イズ・コメディ! ピーター・セラーズの愛し方」のスティーヴン・ホプキンス監督作品。オカルト・テイストのスーパーナチュラル・スリラー。家族の悲劇的な死が原因で信仰心をなくした元宣教師のヒロインが、小...
映画 【リーピング】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「リーピング」 キャサリン(ヒラリー・スワンク)は元・宣教師。アフリカで布教活動していた時期にある事件で娘と夫を亡くしてしまう。そこから彼女は信仰心を捨て、方向を180度転換し、奇跡と呼ばれる事象を科学的に解明する科学者となっていた。そして依頼...
映画「リーピング(THE REAPING)」 (わかりやすさとストーリー)
●「出エジプト記十の災い」の知識が必須の「信仰の物語」●作品の作り方としては素直。イスラエルの「過ぎ越しの祭り」の由来を知っている人はスグに観に行っても大丈夫。「いなご少女現る」って強烈コピーがたまらない(笑)。イナゴ大量発生シーンは迫力満点だ!
リーピング・・・・・評価額1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
いわずと知れたオスカー女優、ヒラリー・スワンク主演のオカルトホラー映画。 これ、予告編がかなり面白そうで、期待していたのである。 「リーピング」とは「刈り取り」とか「受け取る」という意味で、タイトル自体が
映画「リーピング」 (映画観ないとあかんてぇ~)
かつてキリスト教の宣教師として活動していたキャサリンは、幼い娘と夫を失ったことで信仰を捨ててしまう。そして、宗教的な様々な“奇跡”を科学的に解明する専門家として、その道の第一人者となる。そんな彼女のもとに、小さな町ヘイブンで起きている不可解な出来事を解...
リーピング(映画館) (ひるめし。)
イナゴ少女、現る。
リーピング (The Reaping) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スティーヴン・ホプキンス 主演 ヒラリー・スワンク 2007年 アメリカ映画 100分 ホラー 採点★★★★ 全くもって似合わないのだが、中・高・大とミッション系の学校に通っていた私。しかも、英語の次に得意だった科目が聖書学という更に似合わない過去をも持ってた...
リーピング (週末映画!)
期待値: 53%  「イナゴ少女、現る」のホラー・オカルト映画。 ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モ
リーピング(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
おびただしいイナゴの大群のなかに立つ少女がすっごく美人さんだったので気になってた「リーピング」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー、イドリス・エルバ、アンナソフィア・ロブ 上映時間:100...
リーピング◆斬新さに欠ける聖書的謎解き (好きな映画だけ見ていたい)
   「リーピング」 (2006年・アメリカ)  監督:スティーブン・ホプキンス  出演:ヒラリー・スワンク/デビッド・モリッシー/イドリス・エルバ お久しぶりです。 ここひと月ほど趣味の詩作に凝りすぎて、いつのまにか更新のペースが落ちてしまいました。 訪問して...
「リーピング」 (大吉。)
<木曜日> 深夜に渡って映画を観て参りました。 アメリカのとある田舎町、1人の少年の不審な死と共に、川が真っ赤に染まった。それはまぎれもなく人間の血。旧約聖書にある「十の災い」と同じ怪奇現象が次々と現実になる中、村人は少年の妹12歳のローレンに疑惑の目を...
『リーピング』 (分太郎の映画日記)
 『ミリオンダラー・ベイビー』『ボーイズ・ドント・クライ』で2度のアカデミー主演女優賞に輝くヒラリー・スワンクの主演による、ホラーor/andスリラーor/andミステリー映画。 本当に久しぶりに池袋東急にて鑑賞。 『リーピング』 評価:☆☆ 旧約聖書に造詣が深か...
映画『リーピング』を観て (KINTYRE’SDIARY)
41.リーピング■原題:TheReaping■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:100分■鑑賞日:5月27日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督:スティーヴン・ホプキンス□製作:ジョエル・シルヴァー、ロバート・ゼメキス、スーザ....
リーピング★★★劇場73本目:カエルの雨、蝿がたかる、イナゴ... (kaoritalyたる所以)
「マグノリア」のラストシーンで、カエルの雨が降るのは何故なんだろうって思っていたのですが、今頃それに気が付いた「気付き」な映画となりました・・この『リーピング』。聖書から題材をとってる映画ってたくさんあるんですけど、はっきり言えば読んだことがないので、...
リーピング (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「ち」のほうが「さ」よりも「血」を連想するのに(違) リーピング 特別版posted with amazlet on 07.10.12ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/10/12)売り上げランキング: 166おすすめ度の平均: リー...
リーピング (映画鑑賞★日記・・・)
【THE REAPING】2007/05/19公開製作国:アメリカ監督:スティーヴン・ホプキンス原案:ブライアン・ルーソ出演:ヒラリー・スワンク、デヴィッド・モリッシー、イドリス・エルバ、アンナソフィア・ロブ、ウィリアム・ラグズデール、スティーヴン・レイかつてキリスト教の...
DVD鑑賞「リーピング」 (日々“是”精進!)
リーピング 特別版オスカー女優、ヒラリー・スワンクが主演したオカルト・スリラー。ストーリーは・・・神の奇跡やアクマの所業と呼ばれる謎の現象を科学的に解明してきた大学教授のキャサリンは、ある日、元上司の神父から「あなたの身に危険が迫っている」という連絡を...
リーピング (★YUKAの気ままな有閑日記★)
レンタルで鑑賞―【story】“奇跡”と言われる現象の真相を科学的調査で暴く大学教授キャサリン(ヒラリー・スワンク)は、不可解な出来事が起こる小さな町ヘイブンへと向かう。そこでは、ひとりの子どもが死んだ後、川の水が血の色に変わっていた。町の人々は、謎めいた...
『リーピング』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
 リーピング 特別版/ヒラリー・スワンクヒラリー・スワンク主演のオカルトスリラー。劇場公開時にめちゃくちゃ気になってた作品だったんだけど、あっという間に縮小上映になっちゃったので見逃してた作品。こういう聖書とか宗教をモチーフにしたオカルトスリラーが大好....
リーピング (mama)
THE REAPING 2007年:アメリカ 監督:スティーブン・ホプキンス 出演:ヒラリー・スワンク、スティーヴン・レイ、デヴィッド・モリッシー、ウィリアム・ラグズデール、アンナソフィア・ロブ、イドリス・エルバ 大学教授のキャサリンは、かつてはキリスト教の宣教...