そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ココ・シャネル

2009-08-11 | 劇場映画れびゅー
今年はココ・シャネル生誕125周年にかけて、彼女関連の映画が3本も国内外で公開されるのだそうで、そのうち最初に日本に上陸した『ココ・シャネル』を観てきました。
★★★

老いて尚ファッション界のトップに返り咲き席巻する夢を“当然”と断行するシャネルは、結果15年ぶりのショーを成功し、今日のブランドのトップステータスをもたらすわけですが、本作は老いた彼女がショーまでの間に思い出す、若き日に洋服店を立ち上げるまでのサクセスストーリーが主な映画です。

老いた彼女を演じるシャーリー・マクレーンにスポットライトが当たりがちですが、実際は若き日の場面が大半なので若き日を演じるバーボラ・ボブローヴァに注目すべきでしょう。
けれど、登場場面は少ないとは言え、シャーリー・マクレーンが全部食ってしまってます。

ストーリー展開はココ・シャネルの若き日の恋愛を主体に描かれていますが、彼女が獅子座の女と揶揄される逸話を知ってる人には今ひとつパンチが足りない。

見所は一人の貧しい女性が、今日誰もが知るブランドをイチから立ち上げていくまでを同時に描いているところ。
シャネルの歴史(光の当たってる部分だけ)が時々丁寧に、時々大雑把に描かれています。

なんつーか、2時間半もあるのに焦点が彼女の私生活なのか仕事なのか定まってなくて、テンポが無茶苦茶なのが微妙なんよね。
女としてのシャネル、成功者としてのシャネル、どっちも描こうとしてゴチャゴチャしてきたので、ややこしくなる時代を一気に飛ばしてシャーリー・マクレーン頼みなクライマックスで強引に〆た感覚。

ブランドの汚点とも言われるややこしい時代を飛ばして美化だけをするんなら、もっと第一次大戦の戦時中の、服飾全般に力を入れ始めた頃の、ビジネスに対して一番生き生きしていた彼女のエピソードをもっと丁寧に描いて欲しかった。

「リトルブラックドレスってやっぱ喪服だったのか」とわかったのが収穫?



アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part1 [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

このアイテムの詳細を見る
アグリー・ベティ シーズン1 コレクターズBOX Part2 [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

このアイテムの詳細を見る
アグリー・ベティ シーズン2 COMPLETE BOX [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 98年GW3度目のイタリア、一人... | トップ | 生茶パンダ先生!入りペットボトル »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
多分… (KLY)
2009-08-12 00:59:31
女としてのとか、成功したってことではなく、単純にココ・シャネルの伝記なだけなんじゃないかなと思います。だから私は観ていてなんだか彼女の伝記本のダイジェストを読んでいるような気がしました。しかしそーれさんが言うとおりシャーリー・マクレーンは圧巻です。たったアレだけの登場シーンだけれども彼女が主演ですといわれて誰も異論はないでしょうしね。^^;
9月公開のシャネルも楽しみにしています。
>KLYさん (そーれ)
2009-08-13 09:06:55
どうもです!
>伝記
ですねぇ、でも伝記にしては肝心なところがズバッと抜けてたり物足りないんですよね。
シャーリー・マクレーンにココ・シャネルが降りてきてましたねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ココ・シャネル/ COCO CHANEL (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click 「寝ている時は何を着ているのか」という質問に「シャネルの5番よ」と答えたマリリン・モンロー。 (着る=wearとかけて香水を。裸の意) そんな世界的大スターにも愛され、今もなおトップに君臨するブラン...
ココ・シャネル/シャーリー・マクレーン (カノンな日々)
シャネルを描いた伝記映画はこの他にオドレイ・トトゥが主演の『ココ・アヴァン・シャネル』ももうすぐ日本で公開されるんですよね。それを知らなかった当初は「あれ?シャーリー・マクレーンも出てくるの?」とごっちゃになってました。シャネルのことは学生時代に服装史...
ココ・シャネル (LOVE Cinemas 調布)
誰もが知っているファッションブランド「シャネル」の創始者、ガブリエル・“ココ”・シャネルの伝記映画。主演でシャネルを演じるのはオスカー女優シャーリー・マクレーン。共演に若き日のシャネルを本作大抜擢のバルボラ・ボブローヴァ、そしてマルコム・マクダウェル...
ココ・シャネル☆COCO・CHANEL (銅版画制作の日々)
8月11日、京都シネマにて鑑賞。開場1時間前にチケットを購入しようと行ったところ、すでに6割以上座席は売れている状態。それからあっという間に満席状態となり、立ち見も出るほどの盛況ぶり。お客さんの9割が女性で、しかも年齢層はちょっと高めだ。やはりシャネ...
ココ・シャネル (心のままに映画の風景)
1954年のパリ。 15年のブランクから復帰したココ・シャネル(シャーリー・マクレーン)のコレクションは、周囲の厳しい反応で不評に終わる。 ...
「ココ・シャネル」 自分らしくあれ (はらやんの映画徒然草)
先日「ブランドの条件」という本を読んだところ、シャネルについて書いてあって興味が
ココ・シャネル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの』  コチラの「ココ・シャネル」は、創業から100年、世界のトップ・ブランドであるシャネルの創業者で、生誕して125周年を迎えたココ・シャネルの生涯を描いた8/8公開のバイオグラフィー映画なのです...
ココ・シャネル (シネマ大好き)
ブランドに興味がなく、シャネルでもったことのあるのは、昔買ったアリュールだけ。香水をつけるのも何となく落ち着かず、いつの間にか古くなってしまった。でも、ココ・シャネルその人には興味あり。ということで観てきました。 70歳で15年ぶりのショーに失敗したココ...
『ココ・シャネル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ココ・シャネル」□監督 クリスチャン・デュゲイ □脚本 エンリコ・メディオーリ □キャスト シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク ■鑑賞日 7...
ココ・シャネル (to Heart)
私は流行をつくっているのではない スタイルをつくっているの 製作年度 2008年 上映時間 138分 監督 クリスチャン・デュゲイ 出演 シャーリー・マクレーン/バルボラ・ボブローヴァ/マルコム・マクダウェル/マルク・ボウシエ/サガモア・ステヴナン/オリヴィエ・シトリュク...
【ココ・シャネル】 (日々のつぶやき)
監督:クリスチャン・デュゲイ 出演:シャーリー・マクレーン、バーボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル    私は流行をつくっているのではない           スタイルをつくっているの 「1954年のパリ、15年ぶりにコレクションを開催したココ
「ココ・シャネル」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
純粋なフランス映画で見たかった!!何となく違和感が拭えないのですよねえ・・渋谷ル・シネマは、シャネルの話だけにほとんどが女性客。黒と金のおシャネル満艦飾の婦人から109ファッションまで幅広い年齢層。どことなく香水の香りも漂っていました。映画そのものは・・....
ココ・シャネル (映画の話でコーヒーブレイク)
あまたある伝記物の本や映画は、大きく分けて二通り。 困難を乗り越え成し遂げた功績を称え賞賛するものと、 偉人として確立しているイメージと異なる面を描き、「実はこんな面もあった」とか 「えっ、こんな人だったの・・・」ちょっとしたショックを与えるもの。 「人間...
ココ・シャネル (Diarydiary!)
《ココ・シャネル》 2008年 アメリカ/イタリア/フランス映画 - 原題 -
シャーリーマクレーンは圧巻。~「ココ・シャネル」~ (ペパーミントの魔術師)
やっぱり貫禄の差。そらもうこのひとはすごい。 実際のココはもっとスリムですが そんな細かいことはどーでもよくて いやもうなりきってましたね。 さすが、大女優です。 そらこのひととオドレィを比べたらあかんかも。 (わわわわわ) でも、ちょこっとしか出ない、残...
ココ・シャネル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「私は誰にも借りはない。私が感謝する相手は私だけ!それが“シャネル“って名の重みよ!」ファッション界に革命をもたらした世界的なデザイナー、ココ・シャネル。 数々の伝説に彩られた彼女の人生の真実を豪華キャストで感動的に描く。 物語:1954年、パリ。70歳...
ココ・シャネル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ココ・シャネル’08:イタリア+フランス+米 ◆原題:COCO CHANEL◆監督: クリスチャン・デュゲイ「ヒューマン・トラフィック」(TVM) 「アート オブ ウォー」◆出演: シャーリー・マクレーン 、 バーボラ・ボブローヴァ 、 マルコム・マクダウェル ◆STORY◆1954年、...
mini review 10442「ココ・シャネル」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。第二次世界大戦後、亡命生活を終えてファッション界へカムバックを果たした1954年以降のシャネルが、自身の駆け出しの時代を追想する2部構成で、世界で最も有名なデ...
「ココ・シャネル」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
シャーリー・マクレーン演じるの“現在”よりも、回想シーンの方が多かったんですね
ココ・シャネル (映画鑑賞★日記・・・)
【COCO CHANEL】 2009/08/08公開 アメリカ/イタリア/フランス 138分監督:クリスチャン・デュゲイ出演:シャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル、サガモア・ステヴナン、オリヴィエ・シトリュク1954年、パリ。15年の沈黙を経て、復帰...
ココ・シャネル (Yuhiの読書日記+α)
現在でも世界中で愛されるトップブランドの創始者でデザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記ドラマ。監督はクリスチャン・デュゲイ、キャストはシャーリー・マクレーン、バルボラ・ボブローヴァ、マルコム・マクダウェル他。 <あらすじ> 1954年のパリ。空白の15年....