そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

どろろ

2007-01-27 | 劇場映画れびゅー
手塚治虫の漫画『どろろ』を映画化。
っつうても、手塚作品の中では妖怪漫画ブームの頃にあやかって書かれたマイナーな妖怪漫画だから、俺自身も読んだ事が無かったので、満喫でチェックしてから観てきました。
★★

★2個半って先日観た映画にも付けたばかりだし、どっちつかずであんまり付けたく無いんだけど、ほんとそういう感じの映画。

ストーリーは面白いんですよねぇ、原作からのアレンジも上手いし。
加えて役者も良い素材揃ってるし、アクションも香港映画バリに見応えが有ったし。
妻夫木聡×柴咲コウが何より生き生きしていたし(※上手いのとは何かが違うw)

大作という勢いに任せて一気に描いていれば文句なしに面白い映画になったと思うのですが、前半は妙に間延びのするシークエンスの連続。
どの場面も「はよ切り替われ、かったるい」とテンポの悪さを感じます。

それと比べて後半のテンポの良さにギャップが有り過ぎるので、観終わった後の時計を見て前半が怨めしくなった。

邦画のSFと言えば、毎回観る前に気になるのが“特撮ヒーロー物臭さ”。
CGバリバリの演出の連続で、クリーチャーの造形についてはクオリティー上がったかなぁ?なんて思っていましたが、やっぱり出てきたキグルミクリーチャー達。
もうね、韓国映画の『グエムル』に及ばないような造形のクリーチャーは、大人に観せたい映画には出さないでください。(つうても『グエムル』の特撮チームはハリウッドなんだけど)
少なくとも“本物のエンタテインメント”を謳う映画には。

『妖怪大戦争』みたいなネタ系映画なら文句無いんですが。

道中の妖怪退治の連戦を端折って描いている部分は、何も無くてムカついた『ブレイブ・ストーリー』とは違いサービス精神満載なアクションの連続なんだけど、やっぱりどこか特撮ヒーロー物臭い演出が有って興ざめさせられる瞬間が。
5歳の甥っ子が見ている特撮ヒーロー物と同じ空気のするものはスクリーンで観たく無いんですけど…。

またまた出てきた劇団ひとり、年が明けても出てくるか。
役者として面白いと思って出すんならもっと長時間出してあげれば良いのに、結局は話題づくりに出してるんでしょうけど、旬は去年で終ってませんか?



どろろ (1)

講談社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マリー・アントワネット | トップ | 『哀しい予感』@シアタード... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ストーリー (kossy)
2007-01-28 00:25:03
俺も2点にしようかと思ったのですが、
脚本がいいんですよね。
日本じゃない設定だったけど、
もうちょっと時代劇風のセットがあってもよかったかな。
脚本良いですね (そーれ)
2007-01-28 01:20:20
>kossyさん
脚本は上手いですよねぇ、アレンジも上手いし。
先に原作漫画読んでおいて良かったです。
メイキング番組で時代も場所も原作の戦国時代とは違って架空の世界と言っていたので、漫画『NARUTO』のイメージで観ていました。
そう思って観ると、序盤に出てきたチンピラのヘッドギヤが全く『NARUTO』風に見えて、違和感無くなりました(笑)
こんばんは♪ (ミチ)
2007-01-29 23:58:02
CGはともかく、着ぐるみはいただけませんね~。
やっぱり妖怪とか魔物って難しいんでしょうね。
難しいのかなぁ (そーれ)
2007-01-30 23:10:36
>ミチさん
特撮ヒーロー物に偏った日本の技術のせいなんじゃないかなぁと思うんですよねぇ。
そっちに憧れてその世界に入る人も多いだろうし、それに誇りを持っててこんな映画にでも使いたがる技術者が居たり。
特撮部門でアカデミー賞にノミネートされた『もしも昨日が選べたら』の職人も日本人だと言うのに本国の状況がこれじゃ…。
Unknown (ケント)
2007-02-12 20:22:34
こんばんはTBお邪魔します
柴咲コウは、まさにぴったしでしたね。
ニュージーランドロケより、魔物の造りこみが、かなり甘かったですね。あの制作費は何に使ったのでしょうか。
たしかに劇団ひとりは、最近何でもかんでも出てますね。
制作費は… (そーれ)
2007-02-12 21:47:04
>ケントさん
きっと、スタッフの旅費に飲み食いにほとんど飛んでいったのでは?(笑)
ニュージーランドロケの屋外セットも同じ場所ばかり使いまわしてましたよねぇ。
堤幸彦監督の『大帝の剣』が控えていますが、きっとコメディー色強いでしょうけど、『どろろ』よりも楽しませてくれそうなので期待しています。
劇団ひとりは『バブルへGO!』にも出てましたよ(笑)
こちらはちゃんとした役でした。
sneak preview やってたんだ。 (あかん隊)
2007-02-13 00:24:40
昨夜のテレビで、この映画の「覆面試写会」(観客の反応調査目的の特別試写会)が行われていたということでした。その時点でも、「魔物が安っぽい」というアンケート結果があって、CGで加工したところもあったんだとか。それでも、ちょっと…でしたけど。(爆) 原作の道筋は、よく踏襲されていたし、若者中心にヒットしているそうです。続編で「魔物」がどうなるか、気になっちゃいます。(^^;)
テレビでって (そーれ)
2007-02-13 13:24:18
>あかん隊さん
宣伝番組でそんなマイナス点を発表しちゃったんですか(笑)
あれでも追加工してるんですねぇ…。
若者中心にヒットしてるのはタレントの人気のおかげでしょうね。
最初からチャチなクリーチャーが出てくるのがわかり切っている『大帝の剣』と『ゲゲゲの鬼太郎』の方が楽しみになってきました。
『大帝の剣』は堤幸彦監督+阿部寛+αだから面白くない分けないし、『ゲゲゲの鬼太郎』はウェンツ以外のキャスティングがピッタリ過ぎですし。
ワニの着ぐるみはアウト (GAKU)
2007-02-14 00:35:27
TBありがとうございました。
この作品、CGアクションは『ブレイド』チックなポーズでスピーディーだったのに、ワニが(トカゲか!?)、着ぐるみが。。もう台無しです。
心の描写も、安易に敵討ちに走らせないところなど
良かっただけに、正直もったいない気がします。
キグルミらしいキグルミ (そーれ)
2007-02-14 14:11:16
>GAKUさん
おっしゃるとおりでしたね。
造形がいくら凝っていても一目でキグルミとわかる“特撮怪獣”でがっかりでした。
どこが日本は“本物のエンタテインメントに目覚める”やねんって。
腕に刀を仕込んだ仕掛けをVFXで完全に再現していたのには感動したのですが…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
どろろ (ネタバレ映画館)
ほげほげたらたらほげたらぽん!
「どろろ」完成披露試写会 (てんびんthe LIFE)
「どろろ」完成披露試写会 東京国際フォーラムホールCで鑑賞 舞台挨拶の登壇者は塩田監督、アクション監督程小東(チン・シウトン)、妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、土屋アンナ。司会はTBSの久保田アナ。質問と応えの掛け合いが微妙に下手で面白かった。たぶん、質問...
映画「どろろ」・・・潜在バグ解消まで道半ば?! (システムエンジニアの晴耕雨読)
 映画「どろろ」見てきました。 お昼の回は、ほぼ満席・・・初日とはいえ、人気でした。 内容は・・・、 中井貴一さん扮する醍醐景光という戦国武将が、天下統一の野望をかなえるため、生まれてくる子供の体を、魔物の捧げることを約束して力を得る。そして、子供は、...
どろろ (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  アドベンチャー&アクション&ファンタジー  監督:塩田明彦  出演:妻夫木聡      柴咲コウ      中井貴一      瑛太 とある時代のとある国。戦乱が続き荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光は国を 治める力を手に入れるため生まれてくる...
「どろろ」と手塚治虫 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
手塚治虫原作の「どろろ」を塩田明彦監督(「カナリア」「黄泉がえり」)が映画化。原作の戦国時代とは違う場所と時代設定(何処かの国の賢帝歴3048年、いわゆるAnother Day Another Pla
どろろ (いいかげん社長の日記)
昨日は、「どろろ 」「幸せのちから 」の公開でした。 金曜日の飲み会で、みんな「どろろ」に期待してたので、とりあえず「どろろ」を選択。 「UCとしまえん 」は、やっぱ結構人が多い。 「どろろ 」も、大きいスクリーンで7割近く入っている感じでした。
『どろろ』 (ラムの大通り)
「もう、これは『ごめんなさい』って感じ」 ----うん?どういう意味ニャの? 「いやあ、せっかく早く見せてもらったのに、 ぼくにはまったくダメで……」 ----確か、手塚治虫の原作だよね? オモシロそうなお話じゃニャい? 「うん。この原作は子供の頃、確かテレビアニメ...
どろろ (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2007/01/27(01/27鑑賞)PG-12監督:塩田明彦アクション監督:チン・シウトン出演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、中井貴一 醍醐の動く城?・・・なんか動きそうだ。あの城の中にはしゃべる炎の魔物とかいそう。でも耐震構造にチェッ...
『どろろ』 (試写会帰りに)
魔神に奪われた体の48箇所と呼応する48の魔物がいて、それを倒すことによって体の部分を一つずつ取り戻して行くという奇想天外なストーリーがとても印象的。その取り戻し方の描写がまた凄い。百鬼丸がまるで産みの苦しみのようなを痛みを感じながら、仮の体から本物の目鼻...
感想/どろろ(試写) (APRIL FOOLS)
な、なにこれ…。これはマズイだろーなー、な衝撃作とあいなりました『どろろ』1月27日公開。それでも客は入るんだろーなー。 どろろ 話は面白いよやっぱ。原作知らんけどサ。でもとにかくね、映像表現が、、、モノ足りな、、か、、、、った。。いやー、出てくるあや...
「どろろ」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「どろろ」 監督:塩田明彦 主演:妻夫木聡、柴咲コウ、瑛太、原田美枝子、中村嘉葎雄、原田芳雄、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、中井貴一 賢帝歴3048年・・・大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけ...
どろろ (頑張る!独身女!!)
感動ありつつ、笑いあり。見せ場あり。そんな作品でした。
どろろ (ぷち てんてん)
というわけで、このどろろです。手塚治虫さんの漫画を実際に知っている人はどれくらいいたのかしら。小さいお子さんも見ていたけど、長いから(138分)途中、飽きている子もいたなあ。でも、魔物が出てくるともぞもぞするのが止まって、スクリーンにクギづけになっていた....
『どろろ』in神戸 (☆えみたんの日記帳☆)
最近神戸で映画見てるえみたんでしw そこに素敵な映画館あるんだけど、その映画館の側に住めたらなぁって思うえみたんでしw 周りの建物の雰囲気も最高なのら撚 と、そんな話じゃ~~なく今回もその神戸で映画を観て来たの秊烈 最近梅田よ...
どろろ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
父の野望のため体を奪われし者__。 時の権力に両親を奪われし者__。 失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め。 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の最高傑作とも言われている怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇。体の48か所...
「どろろ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「どろろ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太、原田美枝子、土屋アンナ、劇団ひとり、杉本哲太、麻生久美子、他 *監督:塩田明彦 *原作:手塚治虫 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか...
どろろ(2007/日本/塩田明彦) (CINEMANIAX!)
【VIRGIN TOHO CINEMAS 六本木ヒルズ】 とある時代のとある国。戦乱が続き、荒廃が進む世を憂う武将・醍醐景光(中井貴一)は、国を治める力を手に入れるため、生まれてくる我が子の体48箇所を48体の魔物に差し出した。醜い姿で生まれ、そのまま捨てられた赤ん坊・百鬼...
【劇場映画】 どろろ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 賢帝歴3048年。大地の東の果てにあるその国では、数十年に及ぶ戦が続き、秩序を失った争いと荒廃だけがすべてを支配していた。そこには、戦国の世を憂う醍醐景光という武将がいた。影光は戦乱の世を治める「力」を手にいれたいと願っていた。そして、自ら...
映画「どろろ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「どろろ」 昭和42年「週刊少年サンデー」で発表された手塚治虫の作品を実写映像化。体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、体を取り戻すためにコソ泥“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 戦国の世を憂う武将の醍醐景光(中井貴一)は、乱世を治める力を...
「映画「どろろ」 想定外の感動! (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
「映画「どろろ」 新春公開が待ち遠しい!」について 私の誕生日を知っているのか、それとも日頃の行いか?今週はなんと5つの試写会に当たり、今日は1つめの‘どろろ‘に行ってきた。神様!ありがとう。 先週‘墨攻‘など2つの試写会に都合で行けず、泣く泣くゴミに...
どろろ 07025 (猫姫じゃ)
どろろ 2007年   塩田明彦 監督  手塚治虫 原作妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 中村嘉葎雄 原田芳雄 土屋アンナ 原田美枝子 瑛太 この監督、「ギプス」と「黄泉がえり」を見ているわね。 原作ファンではありません。でも、どちらが「どろろ」か、もう片...
「どろろ」試写会レビュー 心のエンターテイメント (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
エンターテイメントという響き、映画好きでは嫌いな方も多いと思います。でもこの作品についてはどうでしょう。急降下して墜落しするのか、急上昇して宇宙に行くのか、力強く世界へ羽ばたいた日本映画。
映画 「どろろ」 を見ました (THE有頂天ブログ)
1月27日より公開されている映画「どろろ」を見てきました。 ■「どろろ」パンフレット (600円) ■DVD:どろろ (出演 妻夫木聡、柴咲コウ) 映像化不可能といわれた手塚治虫の漫画を実写映像化した作品。 妻夫木聡&柴咲コウという色んな意味で話題の二人が...
どろろ (Akira's VOICE)
自分探しは永遠に終わらない!
「どろろ」 全体的に消化不良でもったいない (はらやんの映画徒然草)
早く観たいと思っていた映画だったのですが、ややもの足りない感じがしました。 期待
どろろ (八ちゃんの日常空間)
架空世界で、アクション監督にチン・シウトンを招き入れているのであるのならば、もっと香港映画っぽくしても面白いのではないかと思います。日本の特撮世界と香港のマーシャルアーツが融合すれば、きっと凄い世界観を産めると思うんですけどねぇ…。
『どろろ DORORO』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『どろろ DORORO』鑑賞レビュー!    物語が、動き出す。ε=ε=ε=ε=┏( ・_・)┛ 孤独と絶望のなかで、彼らは愛と希望を諦めない テーマは、「正義」「勇気」そして「希望」 アジア発、世界へ 手塚治虫原作のホラー時代劇 百鬼丸役の妻夫木...
まだオンナにはなんねーぞっ!~「どろろ」~ (ペパーミントの魔術師)
公式サイトはコチラ。→http://www.dororo.jp/ キャー、もうキャーキャーキャー♪♪♪ なんてカッコいいんざんしょ。 ブッキーのブッキーによるブッキーのための映画で もうファンの方はぜ~~~ったい見て見て見てといいたいくらい 惚れ惚れでございました。 どっちか...
どろろ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『日本は本物のエンタテインメントに目覚める』って本当かなぁ~~まぁ妖怪・魔物の類は大好きなので、行ってみましょう【story】乱世の覇者となるべく魔物との契約を交した父・醍醐景光(中井貴一)の代償に、その肉体を四十八の魔物に奪われた悲運の子・百鬼丸(妻夫木...
【2007-13】どろろ (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ある戦乱の世─ 魔物に奪われし体の四十八箇所を取り戻す旅をする者がいた そして、その左腕に仕込まれた刀を盗もうと旅を追うもの 運命をぶった斬れ 二人でひとつ 物語が、動き出す。
どろろ (2007) (シネマテーク)
【コメント】★★★☆☆☆☆☆☆☆ ヒドイ映画を見た。脚本×、カメラワーク×、俳...
「どろろ」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
有楽座にて先日公開になった「どろろ」を観て来ました。 手塚治虫の同名怪奇漫画を実写映画化したアクション時代劇。 体の48か所を魔物に奪われた百鬼丸が、 体を取り戻すために男装した泥棒“どろろ”とともに魔物退治の旅に出る。 主演は百鬼丸役に「涙そうそう」の妻...
「どろろ」:天王洲橋バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに、テレビ東京のスタジオがあるとは思わなかったな。 {/hiyo_en2/}テレビ東京っていえば、「どろろ」をつくったテレビ局よね。 {/kaeru_en4/}それは、東京放送、6チャンネル。テレビ東京は12チャンネル。 {/hiyo_en2/}うーん、地方出身者に...
どろろ(映画館) (ひるめし。)
運命を超える旅へ。
「どろろ」映画感想 (Wilderlandwandar)
映画の日に頑張って色々見たオマケで、ポイントが貯まって只券をゲットしたので見てき
★「どろろ」 (ひらりん的映画ブログ)
今週は、「幸せのちから」と「どろろ」どっちにしようかなぁ・・と迷ったっ。 「幸せ~」はオスカー候補だし・・・ 「どろろ」はTBSでバンバン宣伝してるし・・・。 結局、上映開始が10分早い「どろろ」に決定。
「どろろ」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
タイガースの新外国人選手ライアン・ボーグルソン投手の記事が載っていた。何でも投球の度に「ガウウッ!」、「グハッ!」、「ゲハッ!」等と雄叫びを上げるという、松岡修造ばりにウザイ・・・では無く、熱い男の様だ。外見はイケメンなれど、本人曰く「気持ちを入れて普...
武侠映画だったの?「どろろ」 (着物アロハ・茅kaya日記)
「どろろ」、観てきちゃいました。 キャスティングを聞いたときは 絶対観たくないと思ったのですが、 招待券があるからと、お友だちに誘っていただいて。。。 で・・・・妻夫木君、良かったです(笑)。
映画「どろろ」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年8本目の劇場鑑賞です。「黄泉がえり」「この胸いっぱいの愛を」の塩田明彦監督作品。手塚治虫の同名漫画を映画化した冒険活劇大作。失われた元の体を取り戻すため魔物との闘いを繰り返す百鬼丸とそんな百鬼丸をつけ回す盗人・どろろが繰り広げる旅の行方を壮大なス....
ほげほげほげたら… (ココット★ログ)
「どろろ」観てきました。いや、まさかと思いましたが本当に実写映画化 なのですね!しかもどろろ役が柴咲コウとのこと…なんだか想像もできな くてですね、我が耳を疑いました。特に思い入れの強い作品でしたので 期待もしつつ不安もありつつ、でしたが。 映像には...
どろろ (future world)
手塚治虫原作のどろろ~~そういうマンガがあることは知ってるけど、読んだことないしストーリーも知らない。。。 なので、どろろは主人公・・ってことは妻夫木クンがどろろだと、映画予告が公開されるまで思ってました。。 予告編で柴咲コウが「オイラがどろろだいっ...
どろろ (ケントのたそがれ劇場)
★★★  なぜ今『どろろ』なんだろう。手塚治虫の原作といえ、もう40年前の少年マンガである。一体誰が観るのだろうか。そう考えながらも、結局何んとなく気になって観てしまった。 ロケ地は、あのロード・オブ・ザ・リングでお馴染みのニュージーランド。出演者の衣装や
どろろ ~ 失われた人としての感覚と感情を求めて ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 失われた人としての感覚と感情を求めて ~ 手塚治虫原作の名作漫画を、実写映画として蘇らせたこの作品。アクション監督に『HERO』のチン・シウトンを迎え、邦画でありながら、香港映画さながらのワイヤーアクションを見せていることも注目です。 キャストは妻夫...
どろろ (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿オスカー> 新しくできたバルト9に行こうとしたら、ヒトがいっぱいで。 しかし興収一位の映画とは思えないほど客席が少ないですな、新宿の映画館は2館とも。 監督:塩田明彦 アクション監督:チン・シウトン 原作:手塚治虫 脚本:NAK...
どろろ(20040127) (cococo)
原作を読んでいたが、記憶がぼんやり(いつもそうだが)していたのと、ニュージーラン
ニュージーランド政府観光局推奨【どろろ】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「日本映画の歴史を変える!」 と大々的に宣伝してる「どろろ」見てきました。 うー
どろろ (いろいろと)
手塚治虫の怪奇漫画の実写映画化である  出演 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、瑛太
どろろ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
手塚治虫の同名漫画を映画化した作品です。 戦乱の世、天下統一の野望を抱く醍醐景光は、48体の魔物に強力な力を与えられますが、その代償として、生まれてくる息子の体の48箇所を魔物に捧げます。生まれてきた子どもは捨てられますが、呪医師、寿海に拾われ、寿海の秘...
『どろろ』 (京の昼寝~♪)
失われた体と心を取り戻すために、今こそ運命に挑め   ■監督 塩田明彦■原作 手塚治虫 ■キャスト 妻夫木聡、柴咲コウ、中井貴一、原田芳雄、中村嘉葎雄、原田美枝子、瑛太、杉本哲太、土屋アンナ、劇団ひとり □オフィシャルサイト  『どろろ』  戦乱の...
どろろ <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
「PG-12」だけあって いきなり首チョンパで血まみれ~~子供が怖がる様な場面多々有り。が、とっても手塚ちっくな話で面白かった一緒に観に行った旦那は 妻夫木君がこんなにカッコいいヤツとは知らなんだと、えらく褒めていた。 「どろろ」 ってタイトルやけど妻...
どろろ (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  いま世界の才能が、 あの隠された傑作を 蘇らせる。         評価:★9点(満点10点) 2007年 138min 監督:塩田明彦    「どろろ」公式サイト 出演:妻夫木聡 柴咲コウ 中井貴一 瑛太 杉本哲...
映画「どろろ」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「どろろ」に関するトラックバックを募集しています。
どろろ (Blossom Blog)
どろろ 監督 塩田明彦 出演 妻夫木聡 柴咲コウ 瑛太 杉本哲太 土屋アンナ 日本 2007
『どろろ』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ戦乱の世で天下統一の野望を抱く武将・醍醐景光は四十八体の魔物から強大な力を与えられるが、その見返りに生まれくる我が子を捧げた。やがて体の四十八ヶ所を奪われて生まれた赤子は捨てられ呪医師・寿海の秘術によって救われる。身を守るため左腕に仕込まれた妖...