そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

劇場映画れびゅー 2013年度総まとめ <日本映画>

2014-01-07 | 映画+
2013年に映画館で観た新作映画の総数は89本。
内、邦画は20本でほぼ前年の横這い。

各記事に記載している第一印象の★の数は無視し、観てから日数が経って印象での採点とします。
観てすぐのフレッシュな感想は、各記事に付けている★の数とその下に書いた内容をご覧下さい。

[作品賞投票ルール]

選出作品は3作品以上10作品まで
持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする
1作品に投票できる最大は10点まで
※今年から公式の部門賞からブーイングムービー賞が外されたので、【私が選ぶ○×賞】の方に入れております。

-----------------------------------------------------------------

【作品賞】(3本以上10本まで)
  「 地獄でなぜ悪い」   10点
  「 かぐや姫の物語」  8点
  「 永遠の0」   4点
  「 終戦のエンペラー」   4点
  「 清須会議」   3点
  「 劇場版SPEC~結(クローズ)~ 漸ノ篇 & 爻ノ篇」   1点
【コメント】
昨年の『ヒミズ』のインパクトから作風を一転して、娯楽作になっても園子温監督の独壇場。

-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [園子温] (「地獄でなぜ悪い」)
【コメント】
狂気に満ちた秀作コメディーを生み出した。


【主演男優賞】
   [大泉洋] (「清須会議」)
【コメント】
クセモノ秀吉像で楽しませてくれた。


【主演女優賞】
   [戸田恵梨香] (「劇場版SPEC~結(クローズ)~ 漸ノ篇 & 爻ノ篇」)
【コメント】
長年高まらせてくれたご祝儀。


【助演男優賞】
   [長谷川博己] (「地獄でなぜ悪い」)
【コメント】
舞台役者として垣間見せていた才能が、映画界で遂に覚醒した感。


【助演女優賞】
   [吉行和子] (「東京家族」)
【コメント】
最近どんなおばあちゃん役をやっても同じに見えるんだけど、それでも毎回グッと来させられるのは才能。


【ニューフェイスブレイク賞】
   該当者無し


【音楽賞】
  「地獄でなぜ悪い」
【コメント】
インパクトと、体壊してもなお歌を提供した星野源に。

-----------------------------------------------------------------
【私が選ぶ最低作品賞】
  「貞子3D2 」
  「クロユリ団地」
【コメント】
日本のホラーはここに終了。

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マイヤーリング | トップ | 劇場映画れびゅー 2013... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「劇場版 SPEC~結(クローズ)~」につきまして (日本インターネット映画大賞運営委員会)
2014-01-10 05:27:48
いつもお世話になっております。
日本インターネット映画大賞へ投票いただきありがとうございました。
作品賞に「劇場版SPEC~結(クローズ)~ 漸ノ篇 & 爻ノ篇」を投票されていますが、当賞では前後編やシリーズものはシリーズ全体での投票は不可としております。
申しわけありませんが、漸ノ篇 & 爻ノ篇いずれか片方あるいは両作を別個にご投票いただくようお願いします。
また主演女優賞についても同様に、いずれの作品か(あるいは両作共か)をご明示願います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2013年MOVIEで言い残したこと~邦画編 (ペパーミントの魔術師)
日本インターネット映画大賞の日本映画部門では 4作品しか入れませんでしたが補足というか言い訳を少し。 ほかに好きな作品なかったんかいって自分でも思うしね~あれじゃ。(^_^;) ☆「地獄でなぜ悪い」 この映画に関しては投票の際ほんと困り果てました。 誰が主演や...
日本インターネット映画大賞・日本映画部門 (ペパーミントの魔術師)
さて、こっちは洋画以上にもっともっと困り果てました。 どうしても10点を譲れないって思うともう後が選べなくなるんで。 作品賞投票ルール(抄)] 選出作品は3作品以上10作品まで 持ち点合計は30点以下。ただし投票本数が3本の場合は30点(10点×3作品)とする 1作品に...