そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

東京島

2010-08-31 | 劇場映画れびゅー
無人島に漂着した23人中、女はひとり。
この状況、女にとってパラダイスなのかサバイバルなのか『東京島』を観てきました。
★★★

予告編では無人島に漂着した後、女の夫が崖から転落死し、残った30代の女と若いフリーター男たちのパラダイス。
ハーレム状態だったところに、どこかアジアの別の国の屈強な男たちが流れ着いて…みたいな感じ。
ここまででもフツーの映画なら丸1時間はかけて描けそうですが、この映画はここまでを15分程度で一気に描き、予告編を観てきた観客もまだ知らない世界に誘ってくれます。

想像してたのは若い男たちとヤりたい放題な30代女を巡って、2つの勢力が衝突するみたいなドロドロとした映画でしたが、思ってたより全然ソフトで秩序が存在し、ガツガツ感も生への執念的なものも希薄でドロドロどころかちょっとコミカル。
思ってたのと違う感は付きまとい続け、ついでに嘘っぽさが目立つのが残念。

視点を完全に女目線に持ってきて、「どう男を利用して現状を快適にするか」ってとこでストーリーが展開していくところが面白い。

無人島である意味一番ガツガツし続ける主人公清子を演じる木村多江の珍しいガツガツっぷり(非エロ)を堪能しましょう。

柄本佑の芝居がいよいよお父ちゃんそっくりになってきてます。
福士誠治は良かったけど、窪塚洋介って顔の芝居終わってる…。

撮影の舞台になった徳之島に行きたくなりました。

ネタバレ
男子陣が揃いも揃ってこれだけガツガツしてないと嘘っぽさを誘ううえ、完全に清子目線なせいか個々のキャラ設定がテキトーで薄く、清子と絡まないキャラクターがバックグラウンドでやってる芝居にも学園ドラマの脇役程度にしかリアリティーを感じ無かった。

終わり方が最悪におもろない。
実話のアナタハンの女王事件のがおもろいのが決定的に残念。



スウェプト・アウェイ [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
漂流教室 (1) (小学館文庫)
楳図 かずお
小学館

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トイレット | トップ | バイオハザードIV アフターラ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-09-01 00:11:44
きっと流行りにのっけて草食系男子と肉食系女子ってなのりなんでしょうね。
いずれにしても私は余りにヌルイ環境に真剣みが全く感じられず…。木村さん一人でガツガツ頑張っても結局まわりがなぁ。
確かに終わり方が面白くないですね。何を今更そんな小奇麗にまとめてるのかと。^^;
>KLYさん (そーれ)
2010-09-10 11:24:12
どうもです!
>草食系男子と肉食系女子
そんな感じですよねぇ、新たな来訪者が来てごっちゃごちゃになるのを期待してたらあちらの方が冷静だった辺りもなんだかなぁ。
元になってる実話をwikiで読んでる方が面白かったですw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

関連するみんなの記事

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「東京島」逆ハーレムin無人島! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[東京島] ブログ村キーワード  “谷崎潤一郎賞”を受賞した桐野夏生原作のベストセラー小説(モチロン、吾輩は未読(^^;!)の映画化。「東京島」(GAGA★)。南海の無人島を舞台に、23人の男と1人の女が、“愛と憎しみのサバイバル”を繰り広げます。  清子(木村...
東京島 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★【2点】 これって命がけのサバイバル映画でもないのね。
東京島 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。桐野夏生原作、篠崎誠監督、木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、山口龍人、鶴見辰吾、サヘル・ローズ。 アナタハンの女王事件をベースにした同名小説を映画化。場所は沖縄・与那国島近くの無人島ということなので尖閣諸島あたりが想定されている...
東京島 (あーうぃ だにぇっと)
8月17日(火)@よみうりホール。 久しぶりに美女様と一緒に観劇。
2010-26『東京島』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-26『東京島』(更新:2010/08/29) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 木村多江が主演で、無人島に女一人に対して男が23人という逆ハーレムの物語。 その辺の恋愛ドラマとは違ってサスペ...
「東京島」 (みんなシネマいいのに!)
 相原コージの「コージ苑」で、無人島に不細工な女と二人きりになった男が、最終的に
東京島 (LOVE Cinemas 調布)
“アナタハン島事件”をモチーフに書かれた直木賞作家・桐野夏生の同名ベストセラー小説の映画化。23人の男の中に対して女は主人公唯一人という中、生き抜こうとするサバイバルが今始まる…。主演は『ぐるりのこと。』の木村多江、共演に窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、染...
東京島 (だらだら無気力ブログ)
直木賞作家・桐野夏生の同名ベストセラーを原作に、無人島に漂着した 数十人の男と女1人が織りなすサバイバル生活の行方を描いた人間ドラマ。 40代の主婦が自分が唯一の女性であるという状況を武器に困難な状況に 立ち向かいつつ、島での人間関係がいろいろと変わってい...
劇場鑑賞「東京島」 (日々“是”精進!)
「東京島」を鑑賞してきました実在の“アナタハン島事件”をモチーフに、無人島に漂着した1人の女と数10人の男たちが極限状況で繰り広げる欲望とサバイバルの行方を、グロテスク...
東京島 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
直木賞作家・桐野夏生の同名ベストセラー小説を原作に、無人島に漂着した23人の男と唯一の女性である40代の主婦が繰り広げるサバイバル生活を描く。『ぐるりのこと。』で日本アカデミー賞主演女優賞に輝いた木村多江が、タフさとしたたかなヒロインを熱演。共演には窪塚洋...
東京島 (とりあえず、コメントです)
桐野夏生著の同名小説を映画化した人間ドラマです。 原作は未読でしたけど、予告編を観て凄そうだなあと気になっていました。 どうなってしまうのだろうと最後までう~んと思いながら観ていました。
『東京島』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「東京島」□監督 篠崎 誠□脚本 相沢友子□原作 桐野夏生□キャスト 木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、染谷将太、鶴見辰吾 ■鑑賞日 8月28日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆...
「東京島」 (NAOのピアノレッスン日記)
~私は生きる。男たちは、どうする~約1ヶ月ぶりの映画鑑賞~♪2010年 日本   (10.8.28公開)配給:ギャガ     上映時間:129分監督:篠崎誠原作:桐野夏生   『東京島』 新潮社脚本:相沢友子音楽:大友良英    特別協力:エルメス主題歌:...
『東京島』 なぜ24歳ではないのか? (映画のブログ)
 一見して判るように、東京島とは現代日本の縮図である。  だったら日本島という呼び名でも良さそうだが、日本はもともと島国であるし、す...
『東京島』 (Cinema + Sweets = ∞)
先日の休みにGAGAモバイルでもらった観賞券を使って、『東京島』観てきましたー。 新宿だと上映館がバルト9でちょっと久々に行ってしまった、バルト9。 どうも、あの階まであがらなきゃいけないと思うと、エレベーターがあるとは行ってもなんとなく敬遠しがちで。。。 ...
【東京島】 (日々のつぶやき)
監督:篠崎誠 出演:木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、阿部亮平、鶴見辰吾  私は生きる。男たちはどうする。 「夫婦で船旅をしている途中で嵐にあい漂着した無人島。 そこに過酷なアルバイトから逃げ出して来た16人の若いフリーターの男たち、そして密航に
東京島 (ケントのたそがれ劇場)
★★☆  桐野夏生の原作は読んでいないのだが、「何となく違う」という直感があった。無人島に女1人に男が23人と言えば、想像するのはドロドロとした性欲と食欲をめぐる争いであろう。 ところが映画のほうは、かなりあっさりし過ぎていて、期待外れというかピントが...