そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

クローバーフィールド HAKAISHA

2008-04-05 | 劇場映画れびゅー
なに、この邦題のサブタイトルは…。
発見されたテープに残された真実とは?『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』のまんまな設定を楽しみに『クローバーフィールド HAKAISHA』を観てきました。
★★★★

※『ブレア…』のブレまくる映像で酔った方は、この映画でも漏れなく酔うのでご注意ください。
俺はと言えば、間にジムを挟んでの1日3本鑑賞の1本目にはかなりキツイ選択でしたw

まるでスティーブン・セガールの映画かと突っ込みたくなる邦題のサブタイトルは、監督の希望で付いたのだそうで。
誰や彼にイラン日本語吹き込んだのはw

基本はやっぱ『ブレア…』の手法を使ってる訳だけど、「メジャー映画であの映画の手法をそのまんま使うなんてセコイ手を…」なんて文句も出ないくらいにアレから時間も経ってるし、そろそろ使っても良いんじゃない?と思ってやっちゃったんでしょう。
良いんじゃない?そろそろ。
また暫くこの手は使えなくなるけどw

アレに限らずこの十数年の間に公開されたいろんなモンスター・パニック映画から美味しいところだけを集め、J.J.エイブラムス流のピード感溢れる演出で昇華されたムチャクチャハマる映画に仕上がってます。
酔わない自信の有る方は必見!

ネタバレ
ネットに流れるどころか、世界中の映画館でかしこまって座った観客の目の前で上映される事になってお気の毒様w

冒頭からイキナリ酔いそうな映像に不安を感じたんだけど、カメラマンが代わった途端に観やすくなって(一応ブレてるけど)一安心。
手ブレ防止とか、アレから技術も進んでるもんねぇ。

それよりバッテリーがよくあれだけ持つなぁと、ケータイは直ぐに切れたのに…って突っ込むのは辞めときましょうかw

走る、走る、人もモンスターも。
このスピード感はJ.J.エイブラムスならでは。
この調子で『LOST』もきちんと7thシーズンまでやって下さい、手を抜かずにw

肝心のモンスターの演出は…あれはゴジラですよねぇ。
それもハリウッド版“マグロ”『GODZILLA』の方ですよ!
あんな巨体をチラ見せなところもなんとなく“マグロ”ゴジラの序盤を彷彿とするし、いや、チラ見せと言う意味では元祖『エイリアン』?
あ、『宇宙戦争』、『アイ・アム・レジェンド』、もしかして『グエムル』?なんてどんどんとモンスターパニック映画のタイトルが出て来る仕掛け。
噛み付かれて病原菌に感染するところやら、モンスターの造形やら、妙にリアルな市街戦の映像も様々なタイトルが(面倒くさいので割愛)。
もうやり尽くされた事をなぞってるだけな訳だけど、そこに『ブレア…』的な映像、設定が合致してて、新しい物を観てる気になるわけで。
加えて監督流のハイスピードな展開、登場人物達の極限の心理状態が観ている側の心拍数をドンドン上げてくれます。

そう、心理描写と言えば、モンスターが現れるまでのダラダラとしたドキュメンタリー風なパーティーのシーン。
あの調子で1本そのまま撮ってくれても面白い映画になってそうな程、しっかり魅力的に撮ってはりました。
おかげで日常から非日常に、異常事態に陥った事での登場人物たちの変化、恐怖やら焦りやら、悲しみ、一時の安堵といった感情がドッと押し寄せてきて、観ている俺もパニック状態にw

この映画で一番成功してるなぁと思った点は、最初にビデオがセントラルパークで発見されたって言ってる事でしょうね。
おかげで、ゴールというか、きっと最後はセントラルパークで悲惨な最後を遂げるんだろうって想像が出切る。
なので、そろそろ終わりそうな雰囲気?なんて、ちょっと安心したくなった時でも、「まだ終わりそうにないよね、まだ何か悪い事が起きそう」と不安が付きまとう訳です。
最終的には助からないって解ってるから、終末に向かう彼らを儚く感じつつ、希望を捨てないで頑張ってる彼らを哀れに思いながら観てしまう。

助けに行った事を愚かに感じてしまうのは罪でしょうか?
犠牲をはらってでも結果を求めて突き進んだ事は。
結果的に彼女は生きていて、一時的にでも助け出す事が出来たのに、それでも愚かに感じてしまうのは…結末を知っているから?
なんて、正直『バーティカル・リミット』では、大勢の犠牲をはらって助けに行ったのを馬鹿馬鹿しく感じて観てたんですが、今回は極限の精神状態で俺ならどうしたろうって本気で葛藤しながら観てました。

兄貴が死んでも何とも感じてないように振舞っていたロブが、母親と電話で話す際に泣いてた辺りも、普通の精神状態じゃないんだと、あの場面でいろんな事を納得してさらに感情移入する切欠に。

モンスターの造形は、基本はバンパイア物のコウモリかな?
小さい方のモンスターは、ハリウッド映画化が期待される『寄生獣』のミギーを先取りというかパクッて先にやっちゃってるけど、良いんかな?w

観終わって尚、ベールに包まれたモンスターの正体。
『エイリアン』のように、続編が作られる事で、どんどん後付の設定で神秘性が無くなるような無粋な事にならないよう期待したいですねぇ。

エンドロールの、日本版ゴジラ+ハリウッドモンスターホラー的な音楽も面白かった。



ブレア・ウィッチ・プロジェクト デラックス版

クロックワークス

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カンフーくん | トップ | モンゴル »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぷくちゃん)
2008-04-06 06:58:47
トラックバックありがとうございました。

>『エイリアン』のように、続編が作られる事で、どんどん後付の設定で神秘性が無くなるような無粋な事にならないよう期待したいですねぇ。

本当に。謎のまま終わるのが面白いですよね。でも続編制作決定らしいです。(爆)
>ぷくちゃんさん (そーれ)
2008-04-06 09:45:36
こちらこそ、ありがとうございます。

>でも続編制作決定らしいです。(爆)
心底残念ですw
こうなっては『ブレア・ウィッチ2』のように、その先のシリーズ化決定までも覆してしまうような大失敗をしないように、良い続編を期待するしかないですねぇ。
『ブレア・ウィッチ0』はどうなったんだろう…。
そういや (kossy)
2008-04-06 19:14:44
エンドクレジットには音楽がいっぱい出てきたんだけど、あれはどこで使われてたのかなぁ・・・30曲くらいあったような・・・
続編は手ぶれしないでほしい~
>kossyさん (そーれ)
2008-04-06 23:11:36
そうそう、曲名がいっぱい出てましたね。
冒頭のパーティーで流れてたのかなー?と思って流してましたw
続編は手ブレしないで欲しいですが、『ブレア・ウィッチ2』みたいに全く別物にはならないで欲しいですねぇ。
ハリウッドらしい (コンドウ)
2008-04-07 23:15:41
LOST好きなので公開と同時に観て来ました。
マユツバものと思ってあまり期待していなかったのでうれしい誤算。
ネタ詰まりのしょうもないハリウッド映画界あって、快心の一発と言える気持ちよさが自分としてはアリでした。
やはりJ・Jは若くてセンスに溢れてますね。
まだまだこれからしばらくは楽しませてくれそうです。
>コンドウさん (そーれ)
2008-04-08 15:09:07
久々に、名実共に「なんだこれは」と思える映画でしたね。
「なんだこれは」のまま、別の映画で驚かして欲しいところでしたけど、また続編と言う名の世界観のコピーが増え続けて有触れたものになってしまいそうで残念です。
『ソウ』のように。
とにかく、『スタートレックXI』が楽しみです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クローバーフィールド (eclipse的な独り言)
 本当に気持ちが悪くなるような映画です。(4月5日 清水MOVIXにて鑑賞)
『クローバーフィールド/HAKAISHA』 (Sweet*Days**)
監督:マット・リーヴス CAST:マイケル・スタール=デヴィッド 他 ニューヨーク。ある夜、翌日日本に赴任するロブ(マイケル・スター...
[映画『クローバー・フィールド/HAKAISHA』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆この作品は、巨大モンスターがニューヨークを壊滅させる話だそうだが、そのモンスターの姿は秘匿されたまま、本日の公開に至っている。 その「秘密戦略」は、宣伝が開始された頃は、映画のタイトルさえも謎とされていた、ようだ。 チラシなどには、謎めいたキーワード...
クローバーフィールド HAKAISHA (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その時、何が起きたのか?』  コチラの「クローバーフィールド HAKAISHA」は、「LOST」や「エイリアス」のプロデューサーで、トム・クルーズに「M:i:?」の監督に抜擢されたJJ・エイブラムスによる全く新しいタイプの4/5公開となったPG-12指定のアトラクション映画...
映画 【クローバーフィールド / HAKAISHA】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「クローバーフィールド / HAKAISHA」 『LOST』や『M:i:3』のJ・J・エイブラムスによる体感型ムービー。 おはなし:NYマンハッタン。日本に赴任する事が決まったロブのためにサプライズパーティが行われていた。パーティの最中、突然爆音と共にNYの街が何物...
クローバーフィールド/HAKAISYA (★YUKAの気ままな有閑日記★)
映画史上初めてタイトルを隠した映画未知の何者かが大規模な破壊を繰り広げるSFパニック・アクション超大作人気TVシリーズ「LOST」や『M:i:III』のクリエイター、J.J.エイブラムスが仕掛けたなどと、何かと話題の本作―以前観た『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』は苦手...
「クローバーフィールド-HAKAISHA」みた。 (たいむのひとりごと)
『バベル』で具合を悪くした者として、”警告”が出ていたこの作品はおっかなびっくりでの挑戦となったが、おかげさまで”警告”どおり 酔った!バベルのようなパカパカではないけれど、視点が定まらない映像を目で
映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」ジャパンプレミ... (masalaの辛口映画館)
 1日「クローバーフィールド/HAKAISHA」ジャパンプレミアに参加した。 謎に包まれた試写会は会場も葉書が届くまで不明であった。結局会場は3月20日にオープンしたばかりの東京ドームと同じ敷地内にあるJCBホールだ。 会場は3000人収容できる多目的...
クローバーフィールド / HAKAISHA (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  SF&サスペンス&パニック  監督:マット・リーヴス  出演:マイケル・スタール=デヴィッド      マイク・ヴォーゲル      オデット・ユーストマン      リジー・キャプラン 【物語】 とあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり...
クローバーフィールド/HAKAISHA(2008年) (勝手に映画評)
『嘗て「セントラルパーク」と呼ばれていた場所、U-447地区で回収されたアメリカ国防総省デジタル記録#USGX-8810-B467』と言う設定の映画。という事は、アメリカは、まだ、どこかに存続していると言うことですね、多分。それとも、破壊されたのはニューヨークだけ? 観客...
クローバーフィールド/HAKAISHA (Akira's VOICE)
何も考えずに,ただ体感しましょう!
クローバーフィールド HAKAISHA (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 監督:マット・リーヴス 出演:マイケル・スタール=デヴィッド マイク・ヴォーゲル、 オデット・ユーストマン リジー・キャプラン ジェシカ・ルーカス T・J・ミラー 自由の女神の顔が飛んでく...
クローバーフィールド/HAKAISHA (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年4月5日 公開 あの"謎の物体"の正体が分かりました! "大佐藤大"です! あかん・・・あかん・・・も、ほんまに気分悪い。。。。 確かにねぇ書いてありましたよ・・・チラシでも、ネット上にも、vi...
劇場鑑賞「クローバーフィールド/HAKAISHA」 (日々“是”精進!)
「クローバーフィールド/HAKAISHA」を鑑賞してきました本来なら、公開初日に鑑賞予定でしたが、しかし昨日は、行きつけのシネコンが、地震の影響により安全点検をやっていたため、午後6時まで上映見合わせ状態だったので鑑賞出来なかったのです・・・。ま、払い戻しの代....
「クローバーフィールド HAKAISHA」映画館レビュー 力 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
この映画の素晴らしい所。 ●しょうもない日常に突如爆発音が侵入してきて一気に映画のボルテージを上がって近くに自由の女神の頭飛んできて…の滑稽さの上に生みだすカタルシス。 ● 冒頭の重低音、エンドロールの最初で最後の21世紀伊福部(風)音楽(笑)
「クローバーフィールド/HAKAISYA」 極小的な視点が産むリアリティ (はらやんの映画徒然草)
お気に入りの海外ドラマで「LOST」のプロデューサーである、J.J.エイブラムズ
『クローバーフィールド』 (めでぃあみっくす)
この映画をまだ未見の方に警告です。今すぐ映画館に直行するか、今後この映画を見るまでは一切情報を仕入れないかしてください。そうしないとこの映画は楽しめません!これはそういう類の映画なんです。 タイトルを明かさない予告編がネットで話題になってから、『ブレ...
クローバーフィールド/HAKAISHA (ネタバレ映画館)
胸毛.comはリンク集だった。しかもゲイ向けの・・・
映画 『クローバーフィールド/HAKAISHA』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆巨大都市ニューヨークを舞台に、“未知の何者か”が大規模な破壊を繰り広げるSFパニック・アクション超大作。『LOST』『M:i:III』のJ・J・エイブラムスによる徹底した秘密主義の下、“映画史上初めてタイトルも隠した映画”として全世界で話題が集中...
クローバーフィールド/HAKAISHA (映画鑑賞★日記・・・)
【CLOVERFIELD】PG-122008/04/05公開製作国:アメリカ 監督:マット・リーヴス製作:J・J・エイブラムス、ブライアン・バーク出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・...
クローバーフィールド HAKAISHA・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「ロスト」 「M.i.?」のJ.J.エイブラムスがプロデュースした「クローバーフィールド HAKAISHA」は、よくぞこんな冒険的な企画が、現在のハリウッ...
「クローバーフィールド HAKAISHA」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「クローバーフィールド HAKAISHA」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(^^
クローバーフィールド/HAKAISHA (描きたいアレコレ・やや甘口)
ん~『クローバーフィールド』を観た!という満足感はあるのよ(笑) 『この映画、観て良かった!』という満足感では無く、あまりにも思わ...
クローバーフィールド/HAKAISHA (心のままに映画の風景)
日本への転属が決まり、赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、 仲間たちがサプライズ・パーティーを楽しん...
クローバーフィールド HAKAISHA 評価:★★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
謎の“クローバーフィールド” (- HOW STYLE - プジョーのガレージライフ ブログ)
『クローバーフィールド/HAKAISHA 』内容が“秘密”の映画ですから、お約束どーりの公開初日(ネタばれする前)に観てきました。ドラマ『LOST』好きとしては・・  “J・J・エイブラムス”プロデュース作品は行っておかないとね。上映時間の85分がアッと言う間に過...
クローバーフィールド/HAKAISHA (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
誰も観た事のない衝撃!、そこにいる“何か”を目撃せよ! 自由の女神像の首がぶっ飛んでくる“オーマイガッ!”なタイトル不明の劇場予告が全米を騒然とさせ、記録的なオープニング成績を叩き出した注目作が、ついに日本上陸。 強烈な衝撃映像の数々、あまりにもリ...
クローバーフィールド HAKAISHA /CLOVERFIELD (我想一個人映画美的女人blog)
『LOST』を手がけたJJ.エイブラムスが、極秘プロジェクトで進行してる新作は タイトルもなく、頭のない自由の女神のビジュアルだけ明かされて、、、、 という去年のわずかな情報を聞いた時からずーっと楽しみにしてた作品、 全米では1月に公開『スターウォーズ』を抜い...
クローバーフィールド/HAKAISHA (小部屋日記)
CLOVERFIELD(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:マット・リーヴス 出演:マイケル・スタール=デヴィッド/マイク・ヴォーゲル/オデット・ユーストマン/リジー・キャプラン/ジェシカ・ルーカス/T・J・ミラー その時、何が起きたのか? 話題の映画を観てきました...
クローバーフィールド/HAKAISHA■「ゴジラ」の正統的後... (映画と出会う・世界が変わる)
「ゴジラ」(1954年版)は日本人の戦争体験と被爆体験が色濃く反映された作品であり、あの作品こそは時代が生んだ傑作だと言えよう。それと同じように「クローバーフィールド」は、アメリカ人が9.11同時多発テロを体験したことによって初めて作られた作品ではなかろうか。...
映画感想≪クローバーフィールド/HAKAISHA≫ (キネマ徒然草)
ホント久しぶりの映画感想で、何だか書くのに時間がかかります(笑 更新していなかった間も、沢山映画を観ていたんですけれど、何だか書く意欲がわかなくて・・・。 仕切り直しして又ボチボチ書いていきたいです。。 今回は、 <b>≪クローバーフィール...
クローバーフィールド  (You got a movie)
 製作   J.J.エイブラムス  監督   マット・リーブス  キャスト マイク・ボーゲル        ブレイク・ライブリー        リジー・キャプラン ほか  全編がハンディ・カメラによるドキュメンタリーに仕上げられている。この趣向は斬新かつ...
クローバーフィールド/HAKAISHA Cloverfield (いい加減社長の映画日記)
アトラクション的映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」を金曜のレイトショーで。 エイリアンものなのか? よくわからないけど、とりあえず人気はありそうだったので。 「UCとしまえん」は、少なく。平日のレイトショーは、まぁいつも少ないんだけど。 「クローバーフ...
映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」 (FREE TIME)
映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」を鑑賞しました。
【映画】 クローバーフィールド/HAKAISHA (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「クローバーフィールド/HAKAISHA」 ニューヨークのとある高級アパート。東京への転属が決まったロブのためにサプライズ・パー...
クローバーフィールド/HAKAISHA ─ ハンディカメラで非現実にリアリティUP ─ (Prototypeシネマレビュー)
─ ハンディカメラで非現実にリアリティUP ─ ハンディカメラで撮影された破壊されたニューヨークの街並み、そして自由の女神の頭部が転がっている映像の予告編が話題になったこの作品『 クローバーフィールド/HAKAISHA 』(2008年/アメリカ/SF)。 ラスト15分...
【劇場鑑賞】 クローバーフィールド/HAKAISHA (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ニューヨークのとある高級アパート。東京への転属が決まったロブのためにサプライズ・パーティが開かれている。そんな中、突然、とてつもない爆音が響き渡る。表を見ると、外では大爆発が起きている。そこに何かが飛んでくる…近くのビルに激突し、地面に...
クローバーフィールド/HAKAISHA (Cloverfield) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マット・リーヴス 主演 マイケル・スタール=デヴィッド 2008年 アメリカ映画 85分 パニック 採点★★★★★ 今更わざわざここで書くことでもないような気もするんですが、原爆や大空襲の恐怖やなす術のない絶望感を、黒く巨大な“なにか”に具象化したのが、第一作...
クローバーフィールド (まじめにふまじめ★)
このブログに遊びに来てくれてる常連さん達なら、オイラがどんな 映画が好みかだいた
「クローバーフィールド/HAKAISHA」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「クローバーフィールド/HAKAISHA」 監督:マット・リーヴス 出演:マイケル・スタール=デヴィッド、マイク・ヴォーゲル、オデット・ユーストマン、リジー・キャプラン、ジェシカ・ルーカス、T・J・ミラー ニューヨーク・ダウンタウンのアパートで、東京への転...
『クローバーフィールド/HAKAISHA』2008・4・6に観ました (映画と秋葉原と日記)
『クローバーフィールド/HAKAISHA』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ ニューヨークの夜、日本へ副社長として赴任することに成ったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)の為に、友人達がサプライズ・パーティーを開く。その最中、突然、とてつもない爆音が...
クローバーフィールド / HAKAISHA (TRIVIAL JUNK Blog)
●REC <公式サイト> 「新感覚の怪獣映画」として、予告見た時からずっとワクワクが止まらなかった作品。 そのワクワクに見事に応えるワンダフルな作品であった! 内容は全編手持ちカメラ風のモンスターパニック映画。 「事件現場で発見されたビデオカメラの映像」...
4/15 「クローバーフィールド/HAKAISHA」 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
●摩天楼に隠れて、なかなか映らない全体像。でかい図体のくせに人間を捕食する嫌な生態。関係性のいまいち不明なちびっこい眷属に襲われると出血多量で死んでしまう・・・・・・。 人類に対する裁定者のごとく毅然として神々しいゴジラに比べて、この名無しさん怪獣は...
クローバーフィールド/HAKAISHA (お気楽に映画で極楽)
謎の生命体に襲われたニューヨーク。パーティでビデオを回していた若者が惨状を撮っていて、後に再生してみるといった内容です。なので全編...
クローバーフィールド/HAKAISHA (ダイターンクラッシュ!!)
4月14日(月) 12:10~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:600円 『クローバーフィールド/HAKAISHA』公式サイト 擬似ドキュメントもの。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」のように、ハンディカムで撮ったような映像。画面が揺れ...
『クロバーフィールド/HAKAISHA』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
2007年7月2日の夜、映画史上前代未聞の映像が何の前触れもなく、全米の映画館で一斉に解禁となった。ニューヨークの街が正体不明の巨大な“何か”に蹂躙される衝撃映像と、断片的な映像のみで構築されたドキュメンタリー・タッチのティザー・トレーラー(特報)が、...
映画「クローバーフィールド」 (今日感)
いつなにがおきるかわからないドキドキ感。
「 クローバーフィールド HAKAISHA /CLOVERFIELD  (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【クローバーフィールド 】2008年4月5日(土)公開 監督 : マット・リ...
クローバーフィールド HAKAISHA (“モンド of the World”)
 超久々に映画レビューするよ。 【あらすじ】   ある夜、日本への栄転が決まった
『クローバーフィールド/HAKAISHA』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
人気ドラマ『LOST』『エイリアス』などのプロデューサーであり、『M:i:III』の監督でもあるJ・J・エイブラムスが製作したパニックムービー。 あの映像スタイルをまずは楽しめるかが肝でしょうね、きっと。。。 ニューヨークのマンハッタンのある高級アパートの一室...
クローバーフィールド/HAKAISHA (利用価値のない日々の雑学)
公開前から情報が限られていたこともあったのか、筆者の予想とは違い、意外に信頼できるブロガーの方々の評価も思ったほど悪くなく、中には絶賛をしている友人もいたので、ならばということで少し公開から遅れたが鑑賞した。結論としては、この作品を筆者は「映画作品...
クローバーフィールド/HAKAISHA (日々緩々。)
『クローバーフィールド/HAKAISHA』を観て来ました~。 あらすじ(goo映画より)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  ニューヨ...
123)クローバーフィールド/HAKAISHA (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
ニューヨークを舞台に、ホームビデオ仕立ての映像で新しい分野を切り開いたパニックムービー「クローバーフィールド/HAKAISHA」。主人公が日本に栄転になるパーティが冒頭シーンだが、その主人公は日本に何の肩書きで栄転となった? 1)課長 2)部長 3)専...
「クローバーフィールド HAKAISYA」(2008) (inuneko)
頭が痛いのがおさまったので、先般NYで起きた悲劇的な事件記録の第一弾を見に行った
クローバーフィールド/HAKAISHA (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
(ゴジラ + ブレアウイッチプロジェクト)× ユナイテッド93
クローバーフィールド《HAKAISHA》 (銅版画制作の日々)
全世界に衝撃を与えた《謎の映画》   5月13日、久しぶりのシネコンでの鑑賞。場所はMOVX京都です。おぉ字幕はあの戸田奈津子さんやちょいと驚きです。ジャンルはSF・モンスター・パニック映画だそうですが・・・・。モンスター?化け物?エイリアン?登場します...
【2008-83】クローバーフィールド/HAKAISHA(CLOVERFIELD) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その時、何が起きたのか?
虫食い林檎 (MESCALINE DRIVE)
アレの最中にビデオカメラを回さなかったのはロバートに良識があったのか、エリザベスが撮影を許さなかったのか、それとも二人ともそれどころではなかったのか、妄想は粉塵の如くムクムクと膨むが、真相は瓦礫の下。
「クローバーフィールド/HAKAISHA」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
キアヌ・リーブスの最新作「地球が静止する日」絡みで、 SFパニックものをチョイス。 劇場で観る予告編を小出しにして、 しかもハンディ・カメラ調の映像がグラグラで、 見づらそうだったので、劇場鑑賞はパスした作品。
『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
かつて「セントラルパーク」と呼ばれていた場所から回収された、一台のビデオカメラに収められていたのは驚くべき映像だった。 最初のうちはパーティーの模様が延々と映し出されているのだが、そこに突然の地響き。テレビのニュース速報を見た彼らはビルの屋上へと上り、...
『クローバーフィールド/HAKAISHA』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじとあるニューヨークの夜、日本への転属が決まり赴任することになったロブ(マイケル・スタール=デヴィッド)のために、大勢の仲間たちがサプライズ・パーティーを開く。そのパーティーの最中、突然、とてつもない爆音が聞こえ彼らが屋上へ行くと、まるで爆撃を受け...