そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

1911

2011-11-06 | 劇場映画れびゅー
ジャッキー・チェン出演作100作目の記念碑的な作品は、100年を記念して辛亥革命を真面目に描く渾身の一作。
ジャッキーの心が最大にこもった『1911』を観てきました。
★★★

見所は皇太后の居る紫禁城から孫文が駆け回った諸外国まで激動の時代の中国を余すところ無く描いているところと、加えて半端ない規模で描く内戦の場面。
スケールがスゲエんですけど!

中国・香港映画らしいブツ切りの編集と、妙に妖艶な女性の美しさに拘るシークエンスもあれば、真面目な黄興の演技に徹するジャッキーの芝居はいつも通りのオーバーアクションでしっかりファンに向けたアクションの見せ場もある。

どんだけてんこ盛りな映画なんだろう。

でも、本当にジャッキーが観せたいと思っているところはこの映画に込められた当時の中国人の思いだろう。
今の中国が有るのはこの辛亥革命があったおかげではあるけれど、辛亥革命で勝ち取ろうとしていたのは共和制。
映画の中で表現されているのはフランス革命のように民主共和制に向かおうとする思い。
この後、袁世凱によって思惑とは逆に独裁国家化した後、蒋介石による開放、日本との戦争を経て中国共産党による今の統治へと時代が流れていくわけで、こんなデリケートなテーマの映画を中国で作る事自体難しかったんじゃないかな。

孫文は中国共産党でも評価されている人物だけど、微妙な表現の多さにジャッキー大丈夫やろかなんて心配ばっかしながら観ていました。

華僑って凄いな。



酔拳2 [DVD]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラノーマル・アクティビティ3 | トップ | 11年9月 3度目の正直の沖縄 そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
1911 (LOVE Cinemas 調布)
辛亥革命100周年、そしてジャッキー・チェンの映画出演100本目となる記念作品。欧米列強に国を蝕まれることを憂えて立ち上がった孫文たち革命の闘士たちを描いた歴史大作だ。ジャッキー自身が総監督と共に孫文の右腕・黄興を演じる。共演にウィンストン・チャオ、ジ...
1911 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【辛亥革命/1911】2011/11/05公開 中国 122分総監督:ジャッキー・チェン監督:チャン・リー出演:ジャッキー・チェン、リー・ビンビン、ウィンストン・チャオ、ジョアン・チェン、ジェイシー・チェン、フー・ゴー、ニン・チン、スン・チュン、ジャン・ウー、ユィ・シャ...
劇場鑑賞「1911」 (日々“是”精進! ver.A)
革命とは・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111050002/ 辛亥革命100年と日本 posted with amazlet at 11.11.02 早稲田出版 売り上げランキング: 343909 Amazon.co.jp で詳細を見る
『1911』 (こねたみっくす)
革命、未だ成らず。 辛亥革命100周年に世界を見てきたジャッキー・チェン総監督の愛国心が中国の若者に語る、100年前の若者たちの熱き魂。 世界中の映画ファンよりも現代に生きる中 ...
映画『1911』| 心の旗はたなびいているか。 (23:30の雑記帳)
最初のシーンから引き込まれました。 秋瑾(しゅうきん)という女性革命家が 市中引き回しの刑(?)に処せられています。 なんでも、この当時の中国には革命という概念さえ ...
『1911』 (だらだら無気力ブログ!)
歴史物が好きな自分としては楽しめたけど・・・。
革命には尊敬されるリーダーが必要。『1911』 (水曜日のシネマ日記)
中華民国建国のきっかけとなった辛亥革命を描いた作品です。
1911 (to Heart)
1911年10月10日、辛亥革命。 歴史に残らなかった「命」の物語。 原題 辛亥革命/1911 製作年度 2011年 製作国・地域 中国 上映時間 122分 監督 チャン・リー 出演 ジャッキー・チェン/リー・ビンビン/ウィンストン・チャオ/ジョアン・チェン/フー・ゴー/ジェイシー・チェ...
1911 (映画とライトノベルな日常自販機)
後に革命の父と呼ばれる孫文(=ウインストン・チャオ)はアメリカで華僑から革命勢力への寄付を募る活動をしていましたが、清王朝が鉄道を担保に欧米列強から資金援助を求めているという事を知って、急遽ヨーロッパへ渡ります。 四国銀行団のパーティーの場には清王朝の...
1911 (悠雅的生活)
広州総督府。武昌。中華民国成立。
『1911』 ('11初鑑賞154・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 11月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:35の回を鑑賞。
『1911』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「1911」□総監督 ジャッキー・チェン □監督 チャン・リー □キャスト ジャッキー・チェン、ジャン・ウー、ウィンストン・チャオ、リン・ポン、フー・ゴー      ジェイシー・チェン、リー・ビンビン、ユィ・シャオチュン、ジ...
1911 この映画を見てあらためてなぜ中国はあーなの?と素朴な疑問が・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【=60 -10-】 前売り券を買っていたのに、先週は唯一の鑑賞のチャンスを強引に飲みに連れて行かれて潰してしまい、今週も観に行ける日がない、と困っていたが、昨日、波乗りから帰ってきた時間が、ちょうどTOHOシネマズ伊丹の上映時間とぴったんこかんかんっ! 初めてイ...
「1911」名もなき多くの犠牲の果てに中華民国を建国した辛亥革命の真実 (オールマイティにコメンテート)
「1911」は中国清王朝末期の中国を舞台に民衆を指揮する孫文の参謀である革命軍の黄興が植民地状態の中国を変えるべく打倒清王朝を掲げて中国に変革をもたらしていくストーリーであ ...
「1911」 ジャッキー・チェンの想い (はらやんの映画徒然草)
ジャッキー・チェンの映画出演100作目、かつ辛亥革命100周年を記念して作られた
1911 (映画的・絵画的・音楽的)
 『1911』を渋谷TOEIで見ました。 (1)この映画は、『桜田門外ノ変』と類似の歴史物だから、きっと同じ感じになるのではないか、と見る前から危惧していたものです。ただ、大層面白かった『孫文の義士団』の流れがあることや(その映画のラストに、孫文が登場します)、....
1911 辛亥革命 (まてぃの徒然映画+雑記)
辛亥革命をジャッキー・チェン成龍が総監督として描く近代史大作。共演は孫文俳優のウィンストン・チャオ趙文宣、リー・ビンビン李冰冰、ジェイシー・チャン房祖名、ユイ・シャオチュン余少群など。 孫文は、黄興(成龍)ら同盟会の仲間とともにマレーシア・ペナン島に....
『1911』 世界同時公開にした裏事情? (映画のブログ)
 ジャッキー・チェンが13年ぶりに監督業に復帰してまでやりたかったことはなんだろう?  2011年は辛亥革命から100周年を記念する年である。  この年に、ジャッキー・チェンにとっても記念となる出演映...
[映画『1911』を観た(短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆辛亥革命を『レッドクリフ』のノリで描いた作品である。  ・・・と、言いたいが、『レッドクリフ』には遠く及ばず、けれど、妥協なく作られていたので、部分的に光る箇所もあったかな。  ただ、刀剣から銃火器へ、覇道から政治思想へと映画的な装いが変わり、趣きが...
1911 (いやいやえん)
ジャッキー・チェンが100作品目に選んだという事で、かなり気合が入っているように思えます。現在の中国は、少なくとも孫文の目指した中国とはちょっと違うものに思える。そう考えると彼の革命の意義や結果には感慨
1911 (銀幕大帝α)
辛亥革命 1911/11年/中国/122分/歴史劇ドラマ/劇場公開(2011/11/05) -総監督- ジャッキー・チェン -監督- チャン・リー -出演- *ジャッキー・チェン…黄興 過去出演作:『ラスト・ソルジャー』 *リー・ビンビン…徐宗漢 過去出演作:『ドラゴン・キ...