そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

天使と悪魔

2009-05-16 | 劇場映画れびゅー
上手いプロモーションで原作を読んだ人も読んでない人もノセられ、俺も大阪からわざわざ東京まで前夜祭を観に行ってしまった『ダ・ヴィンチ・コード』から丁度3年。
トム・ハンクスの変な髪型ロバート・ラングントンシリーズ第二弾『天使と悪魔』を観てきました。
★★★★★

「なんでやねん」と思いつつも、後半に向かうしたがってどんどん面白さが加速していく作り。
途中まで「★4個?」と思ってたのが、「やっぱ4.5かな」、「えー!これは5個にせざるを…」となる満足度99%な映画。
あとの1%は、よくよく考えるとご都合主義過ぎなところと、やや反則なところ。
でもエンターテイメントとして考えたら、こんなに面白い作りの映画はあまり無いかも。
この感動は観終わった直後だけのものかもしれんけど。

『ダ・ヴィンチ・コード』と同じくオカルトがベースなので、ローマの歴史に詳しい人が観ると『インディー・ジョーンズ』シリーズを観る時のような寛大な心で観ないと、途中辛くなります。
ローマやヴァチカンについて何も知らない人が観たらすんなり入ってくる映画かもしれませんが、ロバート・ラングントンの仮説は殆どフィクションなので間違って覚えないようにw
※『ダ・ヴィンチ・コード』も彼の解説の大半がフィクションです。

ちなみに、原作本は前作も本作も前回の映画化前に買ったけど、結局手を付けてませんw

ほんのさわりだけネタバレ
カトリックが生み出した負の遺産“イルミナティー”。
根絶したと思われていたその組織が教皇の死と共に復活し、復讐のためにヴァチカン市国を中心とした広範囲を破壊する事が可能な新型爆弾をどこかに仕掛けた。
変な髪型のシンボル学者ロバート・ラングントンは、爆破を阻止出来るのか。
そして、コンクラーベに湧く世界中から集まった信者達を目の前にしたヴァチカンの対応はいかに?

手掛かりはイルミナティーと思われる犯人から届いた爆弾の中継映像とメッセージで。
メッセージの内容は、時を同じくしてさらわれた次期教皇候補の4人の枢機卿達を、1時間おきにローマ市内の各地で1人ずつ殺害して、最後の殺害から1時間後に爆発が起きるというもの。
ロバート・ラングントンによる暗号解釈で、犯行現場に先回りを…。

個人的には全編大好きなローマとヴァチカンのド観光名所が舞台で、普段絶対に見る事の出来ないヴァチカンの裏の裏までが事細かく(ほとんどセットとCGだけど)写しだされているところに感激。
また、台詞の中に出てくるいろんなキーワードは、ローマに興味が有って勉強したことのある人ならロバート・ラングントンに頼らなくても分るような内容も多くて、一緒になって推理出来てすぐに解答を教えてもらえる楽しさもある。

日本語で別の言い方が一般的なものまで横文字表記にしてしまったり、一般的ではない日本語名に変えられてしまってるセンスの無い字幕にはガッカリ。

ネタバレ
ベルニーニがイルミナティーとか、オカルトにしてもちょっと言い過ぎ。
ミケランジェロも大好きだけど、ベルニーニもあの質感というか神々しい透明感が好きなんです。
知らない人が観たら悪い先入観で今後彼の作品を観てしまうんじゃないかとちょっとムカッとしたけど、それにしてもこじ付けも甚だしい観光名所巡りは、逆にこじ付け過ぎて笑えるのと、会話を聞いてて「そうそう、そこ!」と一緒になって推理出来て、しかも普段見れない場所に行ってくれるところが楽しかった。
回りくどい事しなくても、オベリスクとベルニーニだけを手掛かりにしても良かった気がしないでもないけどw

サンタ・マリア・デル・ポポロ教会って、今あんなボロボロな状態で修復中なのかな。

後半の盛り上がりの凄さったるや、想像を絶した。
カメルレンゴが襲われてる場面がどこかおかしい。
どこかおかしいけれど、おかしな映画なのでとりあえずスルーしようかと観ていたら、「ペテロが処刑された丘ってどこよ」「この下やん」の会話で一気に思考から飛んだ。
そこまでやってしまうの?!

わたくし、ぜーんぜん宗教に興味の無い者ですが、宗教が生み出した文化やら功績やらにはとっても興味が有って、こういうオカルトな展開も本来嫌いじゃないんですけど、有るか無いかハッキリされていないものがこうやってスルスルと出てくると、突っ込みたい気持ちとどうしようもないワクワク感が一気にやってきます。

バッテリーを交換してる時間が無い!
というところで、きっと誰もが「もしかしたらカメルレンゴは一人で…」と、最も尊いとされる自己犠牲の行動に出るかも想像したはず。
その通りに、その後のまるで『HEROES』シーズン1のような展開に興奮と感動が収まらないのと、爆発の衝撃でサンピエトロ大聖堂がボロボロになってるのを見て悲しさがこみ上げてきたのとで、感情的にはしっちゃかめっちゃかになってしまいました。

サンピエトロがあれだけ被害受けてるんならローマ中の遺産がボロボロになってるんじゃないかとか、システィーナ礼拝堂の天井画が全部落ちてしまってないかとか、フィクションなのに悲しみが止まらないw

その後の生還を喜ぶ大歓声に、俺も「こいつが教皇になるべき」なんて涙がこみ上げながら思ってたら、まさかの最後の大どんでん返し。

唖然っていうのはこういう事かってくらいの衝撃で、さっきまでの感動は何だったのか、ここまでやった後であの展開はもう反則の域だと思うけど、うまーい事最後は話をまとまって、結局大満足で映画館を後にしました。

宗教と科学の歴史を振り返り、相容れる相容れないを全編に渡って描きつつ、それらがもたらした成果と、その功罪についても描く。
かつては絶対のものと信じられていたカトリックも、振り返ってみると数多くの罪を犯してきたし、そのカトリックによって迫害されてきた歴史のある科学だって、現代では妄信的に人類の英知として発展してきているけれど、その裏には人を大量殺害する為の兵器が開発されているという現実がある。

この映画では、カトリックによる迫害によって生まれた負の遺産“イルミナティー”の復活によって、度肝を抜く演出で新たな負の遺産である大量殺害兵器を示し、開発者の口から後悔を語らせる事で科学の発展についての問題を提起しつつ、それをメインテーマにするのかと思いきや最後のどんでん返しの驚きで何もかも煙に巻いてしまい、結局はオカルトも宗教と科学も物語のスパイスとして使っただけという、徹底して面白い話を作ろうとしている姿勢が凄い。



ダ・ヴィンチ・コード エクステンデッド・エディション (2枚組) [Blu-ray]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ムサシ』@シアタードラマシテ... | トップ | 映画館へ観に行くのが楽しみなのに »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど。 (えい)
2009-05-16 14:48:34
こんにちは。

なるほど。
原作を読まれていないと、
「彼こそ教皇に」で、大どんでん返し。
となると、この映画、
大成功ですね。

読んでいると、
バッテリーのくだりから、
「もう、こいつしらじらしいことしやがって」(笑)に。

いやあ、考えさせられました。
>えいさん (そーれ)
2009-05-16 18:23:02
どうもです!
カメルレンゴを疑う気持ちも少しは有ったんですが、煙に巻かれてすっかり信じてしまいました。
バッテリーが足りない話になった時は、彼がパイロットも経験した事が有る会話を思い出して、「まさか、一人で死ぬつもりじゃ」って、見事に伏線を使った意図した騙しにハメられてしまって(汗)

バッテリーをなんとか交換して終わる。
カメルレンゴが犠牲になって終わる。
カメルレンゴが教皇になって終わる。
と、3回終われたのに引っ張って引っ張っての大どんでん返しはほとんど反則ですよねw
迷ってたんだけど (あっこ)
2009-05-25 19:45:55
たまたまぶらり旅してたブログでこちらを発見。
この映画、明日にでも観に行ってこようと思いました。
なので、ネタバレまだ読んでませんwww
>あっこさん (そーれ)
2009-05-26 20:14:58
どうもです!
ありがとうございます!
ちょっと好き嫌いの分かれる映画のようで、お気に召せば良いのですが(汗w
遅ればせながら本日観て来ました。 (あっこ)
2009-05-30 22:53:36
これはwww

大どんでん返しで、ほんと予想外でした。
途中お涙ちょうだいしたのにさ。
面白い映画でした。

映画を観た後、こちらの「ネタバレ」を読んでまた映画の復習をしたりしてw
カメルレンゴをカメル連合だと思ってたよ(´・ω・`)
>あっこさん (そーれ)
2009-05-31 20:15:53
どうもです!
結構カメルレンゴを疑って観てると面白くないって意見も多いみたいですけど、楽しまれたようで良かったですねぇ^^
私も思いっきり騙されて無茶苦茶楽しみました。

>カメル連合
(;´д⊂)
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-15 14:29:48
TB有難うございました。
仕事の疲れなのか、冒頭完全に寝てしまいました(笑)
前作よりは分かりやすく面白くなっていると
感じましたが、あまりにも早く謎を解いてしまうので
観ている側が考える間もなかったですね。
2時間という話だと仕方ないのですが…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
>シムウナさん (そーれ)
2009-06-16 13:25:38
どうもです!
私の場合、舞台が大好きな場所だったので、ずっと前のめりでした。
謎自体そんなに難しいものじゃないのばかりだったんですよ、きっとイタリア人が観たら「どこが謎やねん」ってレベルのものが多かったように思います。
ラングントン的こじ付けが加わって『ナショナル・トレジャー』のようなテンポで進んでいくあたりが漫画でしたけどw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
天使と悪魔 (eclipse的な独り言)
 スリラーなのか、オカルトなのか?正直よくわかりませんでした。(5月15日 富士
天使と悪魔 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
 ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ〜             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 【story】宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくロ...
天使と悪魔 (LOVE Cinemas 調布)
『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督が送る、シリーズ第2弾。主演のロバート・ラグンドン教授はもちろんこの人、トム・ハンクスが演じます。そして、今回のもう一方の主役とも言えるカメルレンゴ役にユアン・マクレガーも出演。原作はどちらも既読の私ですが...
『天使と悪魔』 (ラムの大通り)
(原題:Angels and Demons) -----この映画、あの『ダ・ヴィンチ・コード』 の続編ニャんだって。 「宣伝としては、そうしたいところなんだろうけど、 ダン・ブラウンが書いた原作はその順序が逆。 『ダ・ヴィンチ・コード』が大ヒットしたことだし、 それにあやかって...
「天使と悪魔」★★★★☆ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルドほか カトリック教会の総本山ヴァチカン市国のローマ教皇が逝去し、後継者を選ぶコンクラーベが開かれる中、最有力候補の枢機卿が次...
『天使と悪魔』・・・そして「彼」に“最後の審判”が下る (SOARのパストラーレ♪)
面白さと物足りなさが半々といった印象だった。面白さもそれなりに堪能できた反面、物足りなさも大きかったという感じだ。
「天使と悪魔」みた。 (たいむのひとりごと)
結局『ダヴィンチ・コード』は読まずじまいのままなので、当然原作は未読。もともと宗教系の歴史や物語には疎い私でもあるので、今回も”暗号系推理モノ作品”感覚での鑑賞となった。よって、そういう意味ではやや物
天使と悪魔 (勝手に映画評)
『ダ・ヴィンチ・コード』から3年。ロバート・ラングトンシリーズ映画の第二段。ただし、原作では『天使と悪魔』の方が先であり、映画と原作では時系列関係が逆になっています。 『ダ・ヴィンチ・コード』も充分ジェットコースタームービーでしたが、こちらの『天使と悪...
劇場鑑賞「天使と悪魔」 (日々“是”精進!)
「天使と悪魔」を鑑賞してきました「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。教皇選挙(コンクラーベ)が行われ...
天使と悪魔 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ヴァチカンを光と闇が包み込む─』  コチラの「天使と悪魔」は、ダン・ブラウンの同名原作小説の大ベストセラーを受け映画化された「ダ・ヴィンチ・コード」から3年、5/15に全世界同時公開となったミステリー大作なのですが、せっかくなので公開初日に観てきちゃ...
天使と悪魔 (Akira's VOICE)
もっと考えさせてください。
映画 【天使と悪魔】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「天使と悪魔」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。『ダ・ヴィンチ・コード』に続いてロン・ハワードが監督。 おはなし:教皇逝去にともない、新教皇を選ぶ儀式コンクラーべが開始されたが、有力候補の枢機卿4名が誘拐されてしまう。ヴァチカン当局は宗教象...
天使と悪魔/トム・ハンクス (カノンな日々)
これはもう事前に何も知らなくたって前評判良かろうが悪かろうが観に行っちゃう映画ですよね。でも『ダ・ヴィンチ・コード』の大騒ぎにはかなり振り回されたところもあるので今回はあまり騒がしくないのはかえって好印象だったりします。ワタシ的には一度の鑑賞でわかるの...
『天使と悪魔』 (Sweet*Days**)
監督:ロン・ハワード  CAST:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー 他 スイスにある世界的な研究所で殺人事...
天使と悪魔 ANGELS & DEMONS (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド。「ダヴィンチ・コード」の続編。ハリソン・フォードの「インディ・ジョーンズ」のようにトム・ハンクスの「ロバート・ラングドン教授」シリーズに...
天使と悪魔 (ともやの映画大好きっ!)
天使と悪魔(原題:ANGELS & DEMONS) 【2009年・アメリカ】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 2006年に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。 ダン・ブラウン原作の"ロバート・ラングドン"シリーズの1作目となる「天使と悪魔」を、映画版では時制を前後させ前日譚ではな...
天使と悪魔 (悠雅的生活)
科学と宗教。粛清と復讐。そして、選ばれし者。
[天使と悪魔] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:ANGELS & DEMONS公開:2009/05/15製作国:アメリカ上映時間:154分鑑賞日:2009/05/15監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・...
「天使と悪魔」神の教えを辿った先にみたガリレオ裁判の歪み (オールマイティにコメンテート)
「天使と悪魔」は2006年に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編に当たる作品でヴァチカンとローマを舞台にカトリック教会に脅迫状が届き、その脅迫状には午前0時になったらヴァチカンは光に包まれるだろうというものだった。ヴァチカンを救うべく事件とカトリッ...
『天使と悪魔』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
仕事が早く終ったので、せっかくの公開初日だし、と帰りがけに観てきた。 金曜の晩だから映画館混んでるんじゃないかなぁと恐る恐るだったのだけど、案に相違してガラガラ。ま、ちょっと早めの時間帯だったってこともあるし、吹替版だったからかも知れないけど、これはち...
「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 (はらやんの映画徒然草)
大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」を受けて、ダン・ブラウンのラングドン教授シリ
『天使と悪魔』みました♪ (★ Shaberiba ★)
宗教VS科学。その歴史に眠る謎に迫るサスペンス!楽しかったです♪
天使と悪魔 (だらだら無気力ブログ)
ロン・ハワード監督とトム・ハンクス主演で大ヒットした前作 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となるミステリー。 ローマ教皇の崩御により、新教皇を選出するコンクラーベが行われる ヴァチカンを舞台に、かつて弾圧された秘密結社・イルミナティによる ヴァチカンへの陰...
映画 「天使と悪魔」の感想です。 (MOVIE レビュー)
トム・ハンクス主演の映画「天使と悪魔」が15日(金)から世界同時公開でした。私は土曜日に観てきました。2006年5月に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編と言うふれ込みで公開されていますが、別にストーリーが繋がっている訳ではないので(たぶんですよ!?自信...
「天使と悪魔」 (首都クロム)
 “歴史を勉強して欲しいね”というラングドンの皮肉に、無知蒙昧も甚だしい私は耳が痛くなったけれども、開封して少し溶けたアイスクリームの表面を薄く掬い取った程度の乏しい知識量でもかなり楽しめました。あとは前作「ダ・ヴィンチ・コード」同様、道すがら、教授直...
天使と悪魔 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。 物語:ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授...
天使と悪魔 / ANGELS & DEMONS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 全世界同時公開{/atten/}日本でも大ヒット中?  前作の『ダ・ヴィンチ・コード』がわたしは全然ダメで、 劇場で観て寝ちゃったくらいだったので{/m_0162/} ...
「天使と悪魔」プチレビュー (気ままな映画生活)
前作「ダヴィンチ・コード」の大ヒットだったが、個人的には 面白いと唸るほどではなかった。今回はどうか・・・
★「天使と悪魔」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段...
[映画『天使と悪魔』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆面白かった。  このシリーズは、何やら、おじさん読書家には、いかにも高尚な内容のものとして扱われているが、  私にとって、このシリーズの魅力は、その「俗」にあると思う。  今回、ラングドン教授は、<イルミナティ>と言う秘密結社の目論む「司祭見立て連続...
天使と悪魔●ANGELS & DEMONS (銅版画制作の日々)
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました!...
天使と悪魔 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
天使と悪魔 ’09:米 ◆原題:ANGELS & DEMONS ◆監督:ロン・ハワード 「フロスト×ニクソン」 「ダ・ヴィンチ・コード」 ◆出演:...
天使と悪魔 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
コンクラーベという根比べ(違)
映画「天使と悪魔」観てきました (ぱるぷんて海の家)
天使と悪魔の真理―イルミナティ対キリスト教 テレビでよくやる映画のCMに、映画館から出て来た観客が「モーサイコー」「泣けました」などとほめちぎる宣伝を観て、いつも「この大嘘つきめが!」と呟いてました。大嘘CMに釣られて観に行って何度ほぞを噛んだこと...
天使と悪魔 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:ロン・ハワード
天使と悪魔 (ダイターンクラッシュ!!)
5月16日(土) 21:05〜 TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『天使と悪魔』公式サイト 「ダ・ヴィンチ・コード」に続くラングドン教授が主人公の話。 原作は、こちらが先であるが、映画では、こちらが後になっ...
【天使と悪魔】 (日々のつぶやき)
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アィエレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、アーミン・ミューラー=スタール     ヴァチカンを光と闇が包み込む― 「ロバート・ラングドン教授の元にヴァチカンからの使者がやって
天使と悪魔 (Diarydiary!)
《天使と悪魔》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − ANGELS DEMON
天使と悪魔 (映画通信みるみる)
シリーズ第二弾!今回は、展開が、スピードアップ! ちょっと待ってヽ(^凵^ヽ) というぐらい速いけど、面白かったです。 原作は、未...
天使と悪魔 って鳥インフルと豚インフルぐらい違う? (労組書記長社労士のブログ)
【 29 -7-】 大阪の中心街の東通りという繁華街もガラガラ、フィットネスクラブもガラガラ、そして映画館もガラガラ・・・ 映画館は事前予約はもう受け付けないようになっている。 それくらい大阪の人は豚インフルエンザの影響を受けています、が、俺はうっかり日曜に東...
「天使と悪魔」(アメリカ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
17世紀に弾圧された科学者たちの秘密結社。 400年以上の時を経て復活した彼らのヴァチカンへの復讐。
【天使と悪魔】神は科学と仲直りできたのか (映画@見取り八段)
天使と悪魔 〜Angels & Demons〜 監督: ロン・ハワード 出演:  トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー 公開: 2009年5月 ...
天使と悪魔  Angels (ネット社会、その光と影を追うー)
トム・ハンクス主演;天使と悪魔 Angels De
『天使と悪魔』 2009-No17 (映画館で観ましょ♪)
やっぱりねぇー。 そうだと思ってました! 宗教象徴学は全くワカリマセンが、 犯人は判っちゃいます! 長引かせず、 ラング...
天使と悪魔(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうもエミです(・∀・)つ 覚えていらっしゃいますでしょうか? 私の趣味が読書だということを?? 趣味が読書の私は勿論、映画化で話題になってる話題のコチラ↓↓↓ 天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)発売当初...
天使と悪魔 (Movies 1-800)
Angels & Demons (2009年) 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド 2006年のヒット作「ダヴィンチ・コード」の続編で、イルミナティと称する秘密結社から脅迫されたバチカンの為に奔走する大学...
天使と悪魔/Angels and Demons (いい加減社長の映画日記)
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編として、楽しみにしていた「天使と悪魔」。 公開2日目に鑑賞していたんだけど、いろいろバタバタしてアップが遅れてしまいました^^; 「UCとしまえん」は、普通よりは多めかな。 「天使と悪魔」は、大きめのスクリーンで、8割程度か。 ...
天使と悪魔 (小部屋日記)
Angels & Demons(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイェレット・ゾラー/ステラン・スカルスガルド/ピエルフランチェスコ・ファビーノ/ニコライ・リー・カース 「ダ・ヴィンチ・コード」から3年 新た...
映画「天使と悪魔」 (FREE TIME)
話題の映画「天使と悪魔」を鑑賞。
天使と悪魔 (心のままに映画の風景)
ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、 ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係だったヴァチカンから...
天使と悪魔 (メルブロ)
天使と悪魔 261本目 2009-22 上映時間 2時間18分 監督 ロン・ハワード  出演 トム・ハンクス  ユアン・マクレガー  アイェレット・ゾラー ステラン・スカルスガルド  会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)  「ダヴィンチ・コード」の続...
『天使と悪魔』(吹替版) (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカル...
『天使と悪魔』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
またまた原作は未読ではありますが、気になってたので初日に観てきました、『天使と悪魔』。 明日・明後日でどのくらいの動員をするんでしょうね、めちゃくちゃ気になります。 ******************** 『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督、トム・ハンクス...
文明の利器に暴かれた事実。『天使と悪魔』 (水曜日のシネマ日記)
2006年5月に劇場公開された映画 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。 ヴァチカンを舞台に描かれた 教皇候補の暗殺計画を巡る物語です。
映画を観てきた(:D)┓ (あっこ図鑑)
「天使と悪魔」観て来た。 前作「ダ・ヴィンチ・コード」の続編のような、でも「天使と悪魔」を先に観てもどちらでもいいやって感じのつくりでした。 どちらから観ても楽しめるって意味だよ(*゚∀゚*)b 前回のダ・ヴィンチ・コードはなかなか難しくって、って言うのも宗...
【天使と悪魔】★トム・ハンクス★ユアン・マクレガー (猫とHidamariで)
天使と悪魔 HP天使と悪魔 シネマトゥデイ英題:ANGELS&DEMONS製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年5月15日スタッフ監督:ロン・ハワード原作・製作総指揮:ダン・ブラウンキャストトム・ハンクス : ロバート・ラングドンユアン・マクレガー : カメ....
天使と悪魔 (映画とTVとゲームの感想)
映画 天使と悪魔 の感想 前作ダヴィンチコードは原作を読んでから映画を見て、ちょっとガッカリしたので、今回は原作を読まずに、先に映...
天使と悪魔 / 72点 / ANGELS & DEMONS (FUNNY GAMES?)
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 天使と悪魔 / 72点 / ANGELS & DEMONS 』 2009年 アメリカ 138分 監督 : ロン・ハワード 脚本 : デヴィッド・コープ、アキヴァ・ゴールズマン 出演 : トム・ハンク
天使と悪魔 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ> 監督:ロン・ハワード 原作:ダン・ブラウン『天使と悪魔』(角川書店刊) 脚本:デヴィッド・コープ、アキヴァ・ゴールズマン スイスのCERN(欧州原子核研究機構)から、強大な破壊力を持つ“反物質”が盗み出された。そ...
「天使と悪魔」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
前作よりもテンポ良くお話が進んでいった感じ
「天使と悪魔」 ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
ローマ市内を縦横無尽に車で走り回るのは、まるで現代版「ローマの休日サスペンス風」。 懐かしいローマの教会めぐりに思いを馳せていると、あれあれ・・・? 慌しく駆け回る展開についていけないよ・・・・
『天使と悪魔』(2009年 米) (観た人にしか伝わらないネタバレ映画レビュー)
A:今回は『天使と悪魔』についてのコメンタリーだね。B:この作品は、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編ですね。『ダ・ヴィンチ・コード』では、イエス・キリストの秘密が暴かれ、どんでん返しの連続でした。...
天使と悪魔 (Angels & Demons) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2009年 アメリカ映画 146分 サスペンス 採点★★★ 神さまって信者の数が増えれば増えるほど力を増すって言うけど、カソリック信者10億人もいれば相当なもんなんでしょうねぇ。10億って言えば、ビートルズのアルバム...
天使と悪魔 宗教も科学も心しだい (RISING STEEL)
天使と悪魔 ANGELS&DEMONS 前回の事件で教会から目を付けられちゃったロバート・ラングトン教授だけど 直々の協力要請を受け、ヴァチカンを襲う未曾有の危機に挑む! 2009年 アメリカ映画 コロ...
天使と悪魔  (Yuhiの読書日記+α)
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の大ヒット作、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる歴史犯罪ミステリー。その他のキャストは、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド他。 <あらすじ> 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン....