そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

孤高のメス

2010-06-07 | 劇場映画れびゅー
いろんな意味でネームバリューの大きな話題作が目白押しだった週末、上映館数も回数も少なくないし、個性派俳優で固めたキャスティングも面白そうなのに、埋もれそうになってた『孤高のメス』を観てきました。
★★★★

本を読まなくなって久しいもので、この映画の原作もベストセラーだったとは知りませんでした。
失礼。

観にいっておいて良かった。
人の死に関して改めて考えさせられる、感動の医療ヒューマンドラマでした。
脳死と尊厳について描かれた話だなんて全く知らなかったもので(汗)

現在でも脳死に関する考え方は定義付けようとしては反感を買う世の中なのに、20年も前に脳死肝移植を断行した医師と、双方の患者の家族の思い。
財布に入れてたはずのドナーカードがいつの間にか無くなってる事を思い出し、改めて考える機会にもなった。

「もう一本観ておこう、堤真一が主演なら安心して観れるよねこれ」なんて軽い気持ちで観に行ったのですが、余貴美子、柄本明、生瀬勝久、平田満、松重豊と一癖も二癖もあるそうそうたる面々によるサポートをチェックし逃していた。
とことん良い人も、とことん悪い人も演じきる事が出来る役者たちがこれだけ揃うと、安心出来るはずの場面でも変に斜に構えて観てしまい、複雑な話では無いのにどういう展開になるのかいつも気にしながら観てしまう。
とても映画的でたまらなく楽しいキャスティング、それだけでも大満足。

それにも増して、何の迷いも無く自分のポリシーに従って、患者とまっすぐに向き合う純真な医師を嫌味無く熱演する堤真一が素晴らしい。
真面目な表情をしながらユーモアを交えても許される、彼の個性が有ってこそな感動作に仕上がっています。

その辺のキャスティングの妙と、医療現場のリアルすぎる描写、特にオペの手順を臓器や手元のアップを交えて事細かに描き本物の緊張感が伝わってくる。
遠隔医療の実態や、医療ミス、腐敗しきった医師、脳死移植と次々に問題提起をしていきながら、全編一定の安らぎを交えた脚本が勝利の要因かなぁ。

一応主人公は医師は無くて看護婦で、彼女の目線で最低な医療現場と孤高の医師の姿が描かれてるってところも面白い。

ネタバレ
面白すぎるキャストを使って、コテコテの映画作りをしてるところがイイ。

真剣なはずの医療現場が腐敗してしまっている。
そこを牛耳ってたのが生瀬勝久の演じる、これ以上最悪な医師は居ないってくらい酷い医師。
悪役を一挙に引き受け、最後はしっかり痛い目にあわされて観客を満足させる作り。

何の先生だかわからない先生役の余貴美子。
まさかの息子の脳死の場面は、冒頭見せていた笑顔とギャップの有り過ぎる表情。
彼女はどうやって苦痛を克服したのか観ていて混乱させられまくる。
結果キーパーソンとなって物語は劇的な展開を見せるようになるわけですが、何もかも終わって小学校で歌を指揮している姿を見せられると心がかき乱される。

味方だって言われても一筋縄で「ああそうですか」なんて思えない柄本明。
怪しい市長だなぁと思ってたのが、「このおっさん本気なんだ!」と思わせたところで今度は肝硬変でしょ。
脳死肝移植の話だなんて全く知らずに観た者としては、これまでの話の流れからまず思いつくところって、第一外科と第二外科に分けたフラグ。
きっと市長を第二外科に回したおかげで助かり、先生の息子は第一外科に行ったせいで手術ミスで…、みたいなドロドロしたものだったのがまさかの脳死肝移植の話へ。
だって、これだけ個性的な役者揃えてたらフツーそうならない?w
深読みしすぎか(汗)
結局話は本格的に『ブラックジャック』になって行く訳ですが、いやー、やっぱ柄本明、たまにこういう役を演じると不器用さが目立って余計に“本当は良い人”の鞘に収まる。
平田満も松重豊も同じく、見た目から良い人だったらこんなに混乱させられずにフツーのドラマとして観ていたかもしれない。



ブラック・ジャック The Complete seventeen Volume set 全17巻(漫画文庫・化粧箱セット)
手塚 治虫
秋田書店

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 告白 | トップ | リアル鬼ごっこ2 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-06-07 23:56:05
原作・続編・漫画と全部読みました。最高に面白いですから是非!
実際には原作の大鐘さんが医師だということもあって、救急医療の問題とか、大学と民間病院の関わりだとか、生体肝移植とか他にも医療の現場の問題点を沢山網羅しているんですね。
しかしどれも共通しているのは目の前の患者を救うために出来うる全てのことをするということ。映画はこの時間に収めるために脳死肝移植一本に絞ってきましたが、おかげで軸がぶれなくて強い訴求力があったように思います。
堤さん、物凄く手術手技を練習なさったそうで、何だか自分で手術できそうな気がしたって言ってたらしいですよ。(笑)
おはようございます。 (えい)
2010-06-08 09:05:30
とても興味深く拝見させていただきました。
俳優の持っている個性を軸に展開された、
これぞ映画レビューという感じでした。
ありがとうございます。
>KLYさん (そーれ)
2010-06-11 19:38:33
どうもです!
そんなに面白いんですねぇ!
最近本をほとんど買ってないので今度読んでみようかな。
2000年代に入って医療漫画がたくさん出てますけど、その辺の原点になってるのかな?

手元アップの手術だけでなく、肝臓を持ち上げる場面の気の使い方、一挙手一投足素人目には完璧でした!
>えいさん (そーれ)
2010-06-11 19:39:44
どうもです!
そんな風に書いて頂いて恐縮です。
何も出ませんよw

ありがとうございます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

31 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
孤高のメス (LOVE Cinemas 調布)
自身も医師である大鐘稔彦の同名ベストセラー小説の映画化。脳死肝移植というタブーに挑んだ一人の外科医を描いた社会派医療ドラマだ。主演は『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演に夏川結衣、吉沢悠、中越典子、成宮寛貴、余貴美子、生瀬勝久、柄本明など若手・中堅・ベ...
映画「孤高のメス」@よみうりホール (masalaの辛口映画館)
 当日は完成披露試写会と言うことで出演者の堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、平田満、成島出監督、原作者・大鐘稔彦氏、イメージソングを歌った馬場俊英さんの舞台挨拶があり...
『孤高のメス』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:成島出原作:大鐘稔彦出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、矢島健一、成宮寛貴、平田満、松重豊、余貴美子、生瀬勝久、柄本明試写会場 : よみうりホール公式サイト...
孤高のメス (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★【4点】 緊張感あるリアルな手術シーンは本作の見どころ!
孤高のメス (だらだら無気力ブログ)
現職医師である大鐘稔彦のベストセラー小説を基に、地方の市民病院を舞台に 目の前の患者を助けることだけに全力を尽くす一人の医師の真摯な姿を描き ながら今の日本の医療問題に浮き彫りに描く医療ドラマ。 主演は、『クライマーズ・ハイ』の堤真一。共演には、『BALLA...
孤高のメス (うろうろ日記)
試写会で見ました。千葉の田舎のやる気がない病院にある日天才医師がやってきて、難し
『孤高のメス』 (ラムの大通り)
※ネタバレではありませんが、映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、もしかして流行りの医療サスペン...
『孤高のメス』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1989年、ある地方都市。市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも、次々と困難なオペに取り組み、医師としてやるべき仕事にまい進していく。しかしそんな中、病に倒れた市長のために、違法となっている肝臓移植手術を施すべきか否かの選択を迫られ
孤高のメス (映画鑑賞★日記・・・)
2010/06/05公開 日本 126分監督:成島出出演:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、松重豊、成宮寛貴、矢島健一、平田満、余貴美子、生瀬勝久、柄本明1989年のある地方の市民病院に赴任した外科医の当麻は病院の体制に不満を感じながらも医師としてやるべき仕事にまい進...
命をつなぐ〜『孤高のメス』 (真紅のthinkingdays)
 急死した看護師の母の葬儀のため、新米医師の弘平(成宮寛貴)は寂れた漁 師町に帰って来る。母の遺品を整理するうち、彼は「1989」と書か...
『孤高のメス』 (めでぃあみっくす)
命を繋ぐ。想いを繋ぐ。それが移植手術の本当の姿であり、医療に携わる者の本来あるべき純粋な姿。 当初は全く興味のない映画でしたが、原作者であり現役医師でもある大鐘稔彦先生が淡路島の方だと聞き、同じ選挙区の映画好きとしては是非見なければと思い映画館に足を運...
孤高のメス (りらの感想日記♪)
【孤高のメス】 ★★★★★ 映画(祭)(30) ストーリー 現役の看護師でありながら病院内で適切な処置を受けられずに急死した浪子。彼女の葬式
「孤高のメス」:森下五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}きょうもまた、救急車が町を走っていく・・・。 {/hiyo_en2/}無事に治療を受けられるといいわね。 {/kaeru_en4/}しかし、医療現場には大きな問題が山積しているからな。 {/hiyo_en2/}うん。「孤高のメス」なんか観ちゃうといっそう強く感じちゃう。 {/kaeru...
[映画『孤高のメス』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので短信ですまん。  月並みな話ではあるが、力強く描かれた力作だった。  類まれな外科手術の技術を持つ医師が、「目の前の患者に全力を尽くし、救う」と言う確固たる意思のもと、設備の伴わない市民病院で、当時、法律で是非があいまいであ...
「孤高のメス」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 現職医師でもある作家・大鐘稔彦のベストセラー小説を映画化。1989年、とある地方病院に赴任してきた天才外科医が、当時タブーとされていた脳死肝移植手術に挑む。  充分と...
孤高のメス (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 126分 原作 大鐘稔彦 脚本 加藤正人 監督 成島出 出演 堤真一/夏川結衣/吉沢悠/中越典子/松重豊/矢島健一/成宮寛貴/平田満/余貴美子/生瀬勝久/柄本明 ひとりの医師の真摯な姿を通して現代医療の問題...
どこの世界にも共通する事。『孤高のメス』 (水曜日のシネマ日記)
地方の市民病院を舞台に外科医療に携わる人たちの姿を描いた作品です。
映画:「孤高のメス」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年6月11日(金)。 映画:「孤高のメス」レポ。 監 督:成島出 脚 本:加藤正人 原 作:大鐘稔彦 キャスト:堤真一、夏川結衣、吉沢悠、中越典子、生瀬勝久、柄本明 余貴美子、成宮寛貴、松重豊 【ストーリー】 医師の派遣に始ま...
孤高のメス (堤真一さん) (yanajun)
映画『孤高のメス』は、実際に医療に携わる大鐘稔彦氏の同名小説を映画化した作品です。 堤真一さんは、主人公の外科医・当麻鉄彦 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
「孤高のメス」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                 「孤高のメス」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 原作・成島出 監督・大鐘稔彦 静かで深い感動でした。 「慣例だから、諦めるんですか?」 この一言に涙が止まりませんでした。 自分も含めて、世の...
『孤高のメス』 腹の中まで見てください (映画のブログ)
 医療を扱った映画で、手術シーンは珍しくない。  『白い巨塔』の冒頭でも手術シーンがあり、スクリーンに臓器が映し出された。  私は...
孤高のメス (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  いきなり葬式シーンから始まり、喪主である息子が、看護士だった亡母(夏川結衣)の日記を読み、回想シーンに突入してゆく。そこでは、手付きの悪い医者が、内臓にメスを入れといるのだが、どうやらメスの入れ方が間違ったようで、患者の血しぶきが医者の目...
孤高のメス (いい加減社長の映画日記)
土曜日のレイトショーのはしご。 スーパーレイトショーで「孤高のメス」を鑑賞。 途中で、記憶がなくなりそうで、怖かったが^^;「UCとしまえん」は、さすがにこの時間になると少ない。 「孤高のメス」は、中くらいのスクリーンで、1割程度かな。 【ストーリー】 大学病...
『孤高のメス』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「孤高のメス」□監督 成島 出 □原作 大鐘稔彦 □脚本 加藤正人□キャスト 堤 真一、夏川結衣、余 貴美子、柄本 明、吉沢 悠、中越典子、松重 豊、成宮寛貴、平田 満、生瀬勝久■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■c...
孤高のメス (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月20日(日) 20:35〜 チネ2 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:700円(買っていない) 『孤高のメス』公式サイト 冴えないタイトルの医療小説が原作。タイトルは、アレで、現役の医者の文章なので、何とも堅苦しいのだが、話はとても面白い...
「孤高のメス」 命を繋ぐ、志を繋ぐ (はらやんの映画徒然草)
ルールというのは難しい。 なぜならばルールを定めた時に、どうしてもどこかに線が引
孤高のメス (映画的・絵画的・音楽的)
 『孤高のメス』を渋谷TOEIで見ました。予告編を見たときから、この映画の真摯さが伝わってきたからですが。 (1)実のところ、この作品のストーリーは極めて単純です。  20年ほど前、ある地方都市の市民病院に、米国帰りのバリバリの外科医・当麻(堤真一)が赴任し、そ...
孤高のメス (5125年映画の旅)
大学病院から出向している医師が幅を利かせ、手を抜いた手術が問題になっている地方の市民病院。そこに新たに赴任した医師・当麻はそんな病院の体制を意に介さず、患者第一の姿勢で困難なオペを次々成功させていく。そんな中、当麻は日本では違法とされている脳死肝移植...
【孤高のメス】 (日々のつぶやき)
監督:成瀬出 出演:堤真一、成宮寛貴、夏川結衣、吉沢悠、柄本明、中越典子、生瀬勝久  諦めるな。この命を救うために。 「地方の市民病院、さざなみ病院に赴任してきた外科医の当麻。 しかし病院は大学病院から医師を20人も派遣してもらっていることから頭が
孤高のメス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「脳死肝移植」_タブーに挑む一人の医師。その信念は、命を救う。 現職医師・大鐘稔彦の医療小説を『フライ,ダディ,フライ』の成島出監督が映像化。 物語:1989年、地方の市民病院に、米国のピッツバーグ大学で肝臓移植も手がけた外科医・当麻鉄彦(堤真一)が赴任...
孤高のメス(テレビ録画) (単館系)
2011年09月18日22時54分00秒テレビ朝日日曜洋画劇場特別企画「孤高のメス」 時間は録画終了時間 原作は読んでいません。 時は1989年。 ある市民病院に外科医の当麻鉄彦が赴任してくる。 この市民病院...