そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

バトルシップ

2012-04-14 | 劇場映画れびゅー
だいぶ前から流れてた劇場予告編を観る度に「同じ会社が似たようなの作るんならトランスフォーマーでもう一本作れば良いやん」と思っていた『バトルシップ』を観てきました。


舞台が真珠湾、日本と米国が協力してエイリアンを打ち負かす!
うーん、ステキなのかなんなのか、エールを下さるのはとても嬉しい事だけど、もっと平和なテーマでも良かったような。

全然期待してなかったけど、おなじみのユニバーサルのロゴに“100th”の文字が入ってるのに気がついた辺りから急に期待度UP。
そういやリアーナ姐も浅野忠信も出てるし、期待してなかった分もしかしたら楽しめるかもね。
などと考えてしまい、悔しい思いをしてしまいました。

ぶっちゃけ、生理的に受け付けない位に性格のひん曲がった主人公が窮地で大活躍して逆転、ええ話でしたなぁってパターンの映画だけど、全然大嫌いですからこのパターン。
なんでハリウッドではこのパターンが定番の内の一つとして存在し続けてるんだろう。
序盤で再考するのがもう無理な位に主人公の株を落として描き過ぎるパターンはむしろ増えてる気がする。
つか、この映画の場合、主人公は全然逆転もしてない。

やっぱ宗教的な考え方が根底にある国だから、こう言うのがフツーに受け入れられてしまうんだろうか。
こちとら宗教は殆ど生活に関与していないもので、このパターンを観終わる度にイライラ感が残る。

そんなこんなで主人公が気に入らなかった事を切欠に全く楽しめなかったこの映画。
前宣伝での力の入りように反して突っ込みどころの連続で、と言うよりも基本的な設定から突っ込んでくださいとでも言ってるようなクオリティーで、「これが100周年映画か…」と残念な気持ちになってしまった。

今晩観に行く『ジョン・カーター』も同じくガンビットが主人公演じてるから、この映画での感情引きずって批判的に観てしまいそう。
とりあえず、テイラー・キッチュは短髪全く似合わないね。

浅野忠信の日本語台詞が人間らしいところだけは凄く良かった。
あまり日本語台詞にチェック入ってないね。

ネタバレ
いや、絶対おかしいでしょ主人公。
24歳だったか26歳だったかええ歳こいて、ナンパした娘が食べたがってたチキンブリトー手に入れる為に頼まれてもないコンビニ強盗してる時点でキモイのに、警官に追われながら目当ての女性の前にノコノコ姿をあらわした上、スタンガン打たれながらもチキンブリトーを渡すとか。
アホやん、フツー女の子怖くて逃げるやん。
兄貴に諭されて海軍に入ったかと思ったら、次の幕ではもう船の中で司令を出してる立場。
は?あの性格でどうやってこの地位を?さっきセレモニーに遅刻もしてなかったっけ?
まともになったのかもと思いなおしてそのまま観ててもちゃらんぽらんな性格はそのまま。
どういう人がこの脚本でOKを出したのか本当に疑いたくなる。

浅野忠信に艦長を任せた経緯も自らの職務を放棄したようにしか見えないし、放棄しておいてその後も事ある毎に口を出す姿勢でイライライライラ。

窮地で「ミズーリ動かしてみよう」「イカリ落としたら上手く行くかも」、2つのテキトーに言ってみた思いつきがたまたま上手く行っただけ。

常識的に考えたらミズーリはそんな簡単に動かんし、あのタイミングで退役軍人がミズーリに集結してたり、つーかちゃんと機能する砲弾まで完備してて、3時間以内に宇宙人の母艦と決着付けられるところまで準備出来るかい。
母艦が沈んでたくらいの深い海域でイカリを落としても、『パイレーツ・オブ・カリビアン』でもあるまいし…。
その後も「彼女もう下山したよねきっと、うん」と自分に都合よく言い聞かせて砲弾打ち込みやる始末。

任務放棄してちょいちょい口出して良い所持っていっただけでなんで勲章やねん!
等と思っていて最後に理解できた彼女パパの台詞、「チキンブリトー」。
パパも同類ですか…。

輪をかけて詰まらなくさせていたのは、“バトルシップ”というタイトルに拘り過ぎたのか、結果生み出された飛ばないUFO。
予告編で散々見せられてた巨大UFOは、惑星間の航行が出来る程の高水準の文明によって生み出された割に、大気中を飛行しない船。
しかも推進力はジャンプwww
いつ本気を出すのかとワクワクしながら待っていても、結局ジャンプしかしない、「え??????本気かいwww」
おかげで行動範囲が狭い狭い、狭いから無理やりバリアで範囲絞っちゃってなんとか脚本をやりくりした感アリアリ。
ならね、無理に世界中巻き込んだ合同演習なんて看板掲げなければ良かったのに、これじゃスケールデカイんだか小さいんだか。

オマケに惑星間を航行してきたはずなのに装甲がペラペラで、近代兵器なら当たればダメージ与えられる…って弱えー。

序盤でしつこい位に多用してたJ・J・エイブラムス風なレンズフレアがすぐに減ったのは何だったんだろう。

深読みすると、汽笛に対して音で反応したエイリアンの行為を攻撃と見なした人類が攻撃を仕掛けてしまった間違った争いだったようにも思える。
色々な場面に置いて攻撃態勢じゃない時は手を出して来なかったしね。



トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アーティスト | トップ | ジョン・カーター 3D »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
小気味良い感想です! (inuneko)
2012-05-16 19:26:56
ほめるのも文句言うのも振り切れてるべきです。こちとら自腹のちゃんとした観客なんだから。それをあらためて思い出させていただきました!
>inunekoさん (そーれ)
2012-05-19 20:04:05
どうもです!
ありがとうございますw
面白かった時は最大限の興奮と共に書いてるし、失望したときはそのままの感情をブツケて書いてます。
個人ブログですし、仰るとおり自腹切ってますしねぇw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

22 トラックバック

バトルシップ (Akira's VOICE)
豪快に分かりやすくて楽しい!  
『バトルシップ』・・・現用駆逐艦が魅せる迫力の洋上バトル (SOARのパストラーレ♪)
各国海軍が参加するリムパック(環太平洋合同演習)の海域にエイリアンが出現したらどうなるか。ありそうでなかったこのアイデア。こいつは面白そうだ。なにしろリムパックには空母やイージスや潜水艦を含む数十~百隻近い戦闘艦が集結しているのだ。 過去の軍隊VSエイリ...
「バトルシップ」 宇宙戦争海戦版w(゜o゜)w (ジョニー・タピア Cinemas ~たぴあの映画レビューと子育て)
バトルシップ観ましたよ~(◎´∀`)ノ 前にバトルシップとジョン・カータどっち行
劇場鑑賞「バトルシップ」 (日々“是”精進! ver.A)
日米共闘… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201204130003/ メール便限定配送料無料!メール便による紛失、傷、汚れは商品を無料交換しますのでご安心下さい... 価格:1,050円(税込、送料込) ...
「バトルシップ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「バトルシップ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:テイラー・キッチュ、アレキサンダー・スカルスガルド、リアーナ、ブルックリン・デッカー、浅野忠信、リーアム・ニーソン、他 *監督:ピーター・バーグ 感想・評価・批評 等、レビュー...
バトルシップ / The Battleship (勝手に映画評)
2012年、突如、地球外から未確認物体が襲来し、地球に多大な被害を与える。その地球外からの落下物は、数年前から行われていた国際ビーコンプロジェクトに関連した物と考えられた。たまたまハワイ沖で行われていたRIMPAC海域にも地球外生命体の物と見られる未確認物体が落...
[映画『バトルシップ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日公開の『ジョン・カーター』とどちらを見るか迷ったんだけど、スタローン作品並みにシンプルかつ痛快そうだったので、こちらを見た。  メチャ面白かった!  後半の展開たるや、燃えまくった^^v  ・・・予告編の印象では、「太平洋・ハワイ近海を舞台にした...
「バトルシップ」 正しいブロックバスタームービー (はらやんの映画徒然草)
昨日観た「ジョン・カーター」はウォルト・ディズニー生誕110年記念作品でしたが、
映画「バトルシップ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「バトルシップ」観に行ってきました。 アメリカのハワイおよびその周辺海域を舞台に、地球外から総計5隻の宇宙船でやって来た侵略者達との戦いを描いた、ユニバーサル映画100周年記念作品。 通常、アメリカ映画は本家アメリカでの公開より数ヶ月遅れて日本では...
映画:バトルシップ Battleship スカッ~!としたのは明らかにアクションのおかげだけではない。お勧め! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本で公開される映画は、だいたいが本国公開から数カ月後。 中身の情報はダダ漏れし、観ているはじから「既視感」に襲われてしまうことも... 最も恵まれて「日米同時公開」がせいぜい。 ところがこの「バトルシップ」、全米公開は5月 18日なのに、日本公開は4月1...
バトルシップ/BATTLESHIP (いい加減社長の映画日記)
「ジョン・カーター」と、かなり迷ったけど、浅野忠信さんにも興味があったので。 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ハワイのオアフ島沖で、アメリカ海軍主導による合同演習が行われていた。 優秀な海軍士官である兄と一緒に参加している新米将校アレックスは、恋...
バトルシップ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【BATTLESHIP】 2012/04/13公開 アメリカ 130分監督:ピーター・バーグ出演:テイラー・キッチュ、アレキサンダー・スカルスガルド、リアーナ、ブルックリン・デッカー、浅野忠信、リーアム・ニーソン 戦いは、海から始まる――。 アメリカや日本など、各国の護衛艦が...
バトルシップ (miaのmovie★DIARY)
バトルシップ(ピーター・バーグ監督、テイラー・キッチュ、浅野忠信 出演) [DVD]()不明商品詳細を見る 【Battleship】 2012年 アメリカ ハワイ沖。 アメリカをはじめとする世界各国の自衛艦が集結して...
バトルシップ  監督/ピーター・バーグ (西京極 紫の館)
【出演】  テイラー・キッチュ  ブルックリン・デッカー  リアーナ  浅野 忠信 【ストーリー】 世界各国の護衛艦が集結して大規模な軍事演習が行われるハワイ沖合に正体不明の巨大な物体が出現する。それは地球からの友好的な呼びかけに応じて飛来したエイリアンの母...
映画「バトルシップ」@チネチッタ (新・辛口映画館)
 公開初日の夜の回、上映されたチネ11には男性客を中心に50~60名くらいと寂しい客入りだ。 ★浅野忠信も出演★■先行告知B版■ [映画ポスター] バトルシップ (BUTTLESHIP) [ADV-B-DS]価格:5,200円(税込、送料別)  映画の話  アメリカや日本など、各国の護...
『バトルシップ』| 日本爆アゲにビックリしました。 (23:30の雑記帳)
こういう映画を観ると、日本のエンタメは アメリカより100年遅れているのかなと思ってしまいます。 『1941』 『インデペンデンス・デイ』 『アルマゲドン』 『トップガン』 『愛と青 ...
『バトルシップ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
原案となっているのはハズブロ社のゲームだったのですね。聞いたことないやと思ってたんですが、解説を読むと遊んだことあったかも? といってもゲームは別に宇宙人と戦うSFモノではなくごくごくフツーな(?)海戦ゲームらしいので、お話そのものは全くの別物なのでし...
バトルシップ      評価★★★★90点 (パピとママ映画のblog)
ハワイ沖に突如英エイリアンの侵略部隊が出現、戦いの最前線に立ったのは、世界の連合艦隊と、各国を代表する海の精鋭たちだった。人類と宇宙人の洋上バトルを壮大なスケールで描くSFアクション。 監督は「ハンコック」のピーター・バーグ。主演は「ジョン・カーター」....
バトルシップ (Battleship) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ピーター・バーグ 主演 テイラー・キッチュ 2012年 アメリカ映画 131分 アクション 採点★★ とりあえずロシアを悪役にしておけば事足りた冷戦時代とわけも変わり、最近のハリウッド映画は悪役探しに難儀しているようですねぇ。カラクリがミエミエだってこと...
バトルシップ (花ごよみ)
舞台はハワイ沖の太平洋、 アメリカや日本の護衛艦が集合して、 軍事演習を行っている最中に、 謎の物体が出現。 この正体不明の物体は エイリアンの母船だった。 アメリカ海軍の将校、 アレックス(テイラー・キッチュ)、 日本の自衛艦の艦長ナガタ(浅野忠信)、 二....
映画『バトルシップ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-31.バトルシップ■原題:Battleship■製作国・年:アメリカ、2012年■上映時間:131分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督・製作:ピーター・バーグ◆リーアム・ニーソン(シェーン提督)◆テイラー・キッチュ(アレック...
バトルシップ (銀幕大帝α)
BATTLESHIP/12年/米/131分/SFアクション/劇場公開(2012/04/13) -監督- ピーター・バーグ 『ハンコック』 -製作- ピーター・バーグ -出演- *テイラー・キッチュ『ジョン・カーター』・・・アレックス・ホッパー *アレキサンダー・スカルスガルド『...