そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

椿山課長の七日間

2006-11-18 | 劇場映画れびゅー
西田敏行が伊藤美咲に生まれ変わる予告編が面白そうだったので、『椿山課長の七日間』を観てきました。
★★★★

もし突然死んでしまったら、この世に残された人達はどうなってしまうんだろう。
誰にでも有り得る事だけに、のっけから感情移入して観ました。

元の姿とは全く違う仮の姿で現世に戻るというところが物語をより複雑に、クライマックスをより面白く感動するものにしている。

西田敏行が伊藤美咲にというキャスティングも面白すぎ。

まっすぐ行く事も大人の事情で曲がってしまい、自分が思い込んでいるのとは違う現実がたくさん存在しているかもしれない。死んでから気づくのは良い事なのか不幸な事なのか。

自分に正直に生きるべきなんだなぁと諭され、嗚咽が漏れる程に感情が高ぶる瞬間がたくさんありました。

別れの演出は『サッド・ムービー』のように無理矢理泣かせる酷いものとは全く質が違って、心が洗われた気分です。

和久井映見がベンザブロックのCMみたいだったのだけがミスキャスト。
花田少年史』では、あんなに天才的な演技をしていた須賀健太君。今回はかなり手抜き気味です。きっとフツーの子供という演技を要求されたんでしょうね。

ネタバレ
最後に陽介の父親として自覚する嶋田。
とても難しい演技を要求されそうなこの場面が沢村一樹でコメディーになってしまったのが残念。なんだこりゃ。



黄泉がえり スタンダード・エディション

東宝

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (26)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラダを着た悪魔 | トップ | トゥモロー・ワールド »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
迷ったんですよ~ (ピーヒャラ5656)
2006-11-18 21:34:29
これと「父親たちの星条旗」、どっちにしようかなと思って、今日は結局後者にしてしまいました。
浅田さんの本は大好きなので、コチラもなるべく早く見に行こうと思ってます。

【ベンザブロックのCMみたいな和久井さん】
うふふ、たしかにね♪
自分の死と向き合う (そーれ)
2006-11-19 01:38:33
>ピーヒャラ5656さん
『父親たちの星条旗』も必見ですね。
こちらの方は軽いタッチで描きつつも、テーマは自分の死と向き合う事なので、いろいろと考えながら観る事ができました。
和久井映見は、今にも「それなら青のベンザ」とか言いそうでしたよ(笑)
Unknown (ケント)
2006-11-23 20:27:49
ケントです。TBお邪魔します。
久し振りに面白い邦画を観ました。伊藤美咲は、「海猫」のときのよりもずっと良かったですね。彼女は以外とコメディアン向けなのかもしれませんよ。
とにかく僕も良く泣きました。
伊藤美咲はコメディー向きですよ (そーれ)
2006-11-24 13:34:40
>ケントさん
そう言えばテレビドラマでは、どちらかというと清純な役よりも笑いを取るような楽しい役の比重の方が高いんじゃないかな?
清純な役だとどこか人形というか、無機質な感じがしてしまうんですが、楽しい役だと水を得たように演じますね。
良い映画でした!
原作はもっと泣けます。ホントデス。 (あかん隊)
2006-12-09 02:28:06
こんばんは。
浅田次郎のファンなんです。(^^;) んで、イメージができちゃってたりして、ちょっとノリ遅れでした。でも、なかなかよくできていたと、後から思います。(爆) 伊藤美咲は、「下町のマドンナ」って感じなのですね。明るい人なんだもの。あんまり「おすまし」してない方が、ステキですよね?
そうですよ! (そーれ)
2006-12-13 00:18:07
>あかん隊さん
伊藤美咲ってやっぱりこういうのが一番似合うと思います。
変に雑誌モデル系アイドルと同じ位置に立つよりも。
TBさせていただきまいした。 (タウム)
2007-11-10 02:41:44
作品全体としては、イマイチって感じでしたが、後半は泣きまくりでした。
後半は (そーれ)
2007-11-10 19:55:41
>タウムさん
キツイですよねぇ、私も昨日テレビでやってるのを観直してたんですが、後半はもう泣いて泣いて。
劇場だと我慢するんですけど、家だとねぇ(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

26 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
椿山課長の七日間 (ネタバレ映画館)
 がに股歩きの伊東美咲。はたして『転校生』のように体を触りまくるのか?!
『椿山課長の七日間』 (シネマシネマシネマ)
ひっさしぶりに試写会を鑑賞。
『椿山課長の七日間』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『椿山課長の七日間』鑑賞レビュー! 浅田次朗による 笑いと涙の感動作がついに映画化! 朝日新聞夕刊連載中から大反響を呼んだ 浅田次郎による笑いと涙満載の感動作 『椿山課長の七日間』待望の映画化! 『子ぎっねヘレン』で日本中に 感動 ...
椿山課長の七日間 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
よくある生と死を扱った作品。 コミカルなのに泣かせてきて、なんかあったかい。 未練なく死ぬ人なんていないよ。。
椿山課長の七日間 試写感想 (D.D.のたわごと)
今回も「かってに配役」が重要キャラでズバリ! 公開1週間前に行われたネット試写を観ましたが,よかったですよ~。
映画「椿山課長の七日間」 (いもロックフェスティバル)
映画『椿山課長の七日間』を試写会で観た。
『椿山課長の七日間』舞台挨拶@東劇 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
今回の舞台挨拶は、浅田次郎原作、「古畑任三郎」や「子ぎつねヘレン」でおなじみの河野圭太監督作品『椿山課長の七日間』舞台挨拶以外で映画を見るのは、ほとんど1000円の時だけ(爆)生・西田敏行は、「THE有頂天ホテル」のエキストラに参加した時(ココ)と初日 ...
最後の愛情。『椿山課長の七日間』 (水曜日のシネマ日記)
突然亡くなってしまったサラリーマンが、初七日までの間、人間界に戻り、別人の姿で過ごす物語です。
「椿山課長の七日間」 (てんびんthe LIFE)
「椿山課長の七日間」有楽町朝日ホールで鑑賞 予想外に涙が流れました。号泣とは行きませんが、会場内全体的に結構きてました。こういう作品だと思っていなかったのです。浅田次郎原作ということは知っていましたが、西田敏行の浜ちゃんのイメージがどうしても ...
椿山課長の七日間 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2006年11月18日 配給:松竹 監督:河野圭太 出演:西田敏行,伊東美咲,成宮寛貴 鑑賞日:2006年11月11日(Yahoo!BBオンライン試写会) 自宅PC(座席数1) 【ストーリー】 脳溢血のため突然死した椿山課長。やり ...
映画:椿山課長の七日間 試写会 (駒吉の日記)
椿山課長の七日間 試写会@有楽町朝日ホール 「こわいことになりますよ」 原作 は想像以上にハートウォーミングな作品。映画は設定がちょーっと変わってて、ストーリーからはややはしょってました。中陰役所(あの世)がお役所仕事なところをちょっと見た ...
【劇場鑑賞128】椿山課長の七日間 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
突然死した中年男が、 絶世の美女になって 三日間だけ この世によみがえった。 ひとめあなたに、 会いに生きたい。
椿山課長の七日間 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
笑いと涙満載!、やさしい幸福感で満たされる珠玉のファンタジー。幸せな家庭生活を送る椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、やり残した仕事や家族・・・あまりに現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は、 ...
映画「椿山課長の七日間」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「椿山課長の七日間」 浅田次郎の同名小説の映画化。 椿山課長(西田敏行)は勤務先のデパートで脳溢血のため突然死してしまう。現世に未練のある椿山は三日間だけ現世に戻ることを許してもらうのだが、生前の姿とは似ても似つかない美女(伊東美咲) ...
椿山課長の七日間 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  「いや~映画ってほんとにいいですね!」と思わず叫びたくなるほど面白い映画だった。ジャンルはファンタジックコメディといったところか。 デパートに勤務する椿山課長は、仕事中に突然死してしまう。だが天国に行く前に、初七日まで地上に戻ること ...
椿山課長の七日間 (いいかげん社長の日記)
レイトショーを観るには、こっと寒くなってきましたね^^; 昨日の「UCとしまえん 」は、いつもどおりの空き具合。 選んだ「椿山課長の7日間 」は公開2週目ということもあってか、小さめのスクリーンでも3~4割の入り。 やっぱり、テレビ東京だから宣伝 ...
椿山課長の七日間(映画館) (ひるめし。)
ひとめあなたに、会いに生きたい。
椿山課長の七日間 (勝弘ブログ)
http://www.tsubakiyama.jp/ここは、殺人や事故で不慮の死をとげた魂が訪れる、『怨みの門』。わたしは、門番のイズコ。あなたは死んで、魂だけの存在になりました。あなたはここで、三つのうち一つの行き先を選んで、この門
椿山課長の7日間(20061119) (cococo)
原作は、おもしろかった。だから、がっかりするのも承知で、映画になった今作も観ずに
「 椿山課長の七日間(2006) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 河野圭太 出演 : 西田敏行  /伊東美咲  /成宮寛貴 / 
椿山課長の7日間 (CinemA*s Cafe)
公式サイト 海猫の映画を観たときに、私を驚愕させた演技の持ち主、伊東美咲主演ということでかなりの不安を抱えての鑑賞となったのだけど、西田敏行という名俳優がいるのでどうにかなった。 しかも、伊東美咲演じる
椿山課長の七日間(ネタバレあり) (色即是空)
まず、最初にあり得ない程、滑稽な天国と地獄の境界のシーンから始まります。そして、そこにこれまた、滑稽な程子供染みた設定の境界の担当者(和久井映見)。そう物語は、主人公、椿山が死んだところから始まります。境界の担当者は厳正な審査に合格した者のみ、初七日ま...
7日間だけのこの世  映画 「椿山課長の七日間」 (本読め 東雲(しののめ) 読書の日々)
映画 「椿山課長の七日間」 突然死んだ中年男が、天国への途中で、あまりに突然の死がかわいそうだからって、七日間だけ、この世に戻ることを許される。 しかし、この世に戻った...
椿山課長の七日間 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとめあなたに、 会いに生きたい。』  コチラの「椿山課長の七日間」は、浅田次郎さんの同名小説の映画化で、11/18公開なんですが、オンライン試写会で観ちゃいましたぁ~♪  「子ぎつねヘレン」で映画デビューした河野圭太監督の映画2作目となります。  笑...
『椿山課長の七日間』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ椿山課長(西田敏行)は、勤務先のデパートで脳溢血のために突然死してしまう。しかし、現世に未練を残し死んでも死にきれない椿山は3日間だけ現世に戻ることを許してもらう。あの世からこの世に舞い戻った椿山は、生前の姿とは似ても似つかない絶世の美女(伊東...
椿山課長の七日間 (Blossom Blog)
椿山課長の七日間 監督 河野圭太 出演 西田敏行 伊東美咲 成宮寛貴     和久井映見 須賀健太 志田未来 日本 2006