そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

スター・ウォーズ フォースの覚醒 3D

2015-12-21 | 劇場映画れびゅー
世界同時公開初日の金曜日、二回目上映のレイトショー。
日本で唯一、先月出来たばかりの109シネマズエキスポシティーで、IMAX4Kレーザーシアターのエグゼクティブ席ど真ん中を押さえ、気合を入れて『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を観てきました。
★★★★★

はじめに。
特に大好きと言う程の思い入れのあるシリーズというわけではありませんが、少年の頃に『スター・ウォーズ』(後にエピソード4 新たなる希望とサブタイトルが付くこととなる)が公開され、何度もテレビで放送されているのを観ていたことで、SF映画の魅力にハマり映画好きになるのに多大な影響を受けたもののひとつには間違いありません。
当時は、旧三部作(以降ルーク三部作)の最終回『スター・ウォーズ ジェダイの復讐』(後にエピソード6 ジェダイの帰還と改名)からスピンオフした『イウォーク・アドベンチャー』や、その中の俳優達が魔法の世界で活躍する『ウィロー』の方がお子様向きで楽しんでいたように覚えています。
無類の映画好きとしては、その後の『エピソード1 ファントム・メナス』から『エピソード3 シスの復讐』までの新三部作(以降アナキン三部作)も当然チェックしており、振り返ってみると、『エピソード3』に至っては『そーれりぽーと』を書き始めた頃に公開されていて(サボっていた時期なので星だけの記事ですけど)、「あれから10年か」なんてしみじみ感じてしまったり…。

と、どうでも良い話を延々と書いてしまいましたが、アナキン三部作が終わった際、ジョージ・ルーカス御大に「もう年齢的に絶対に作れない、誰にも作らせない」と言わしめていた全九部作構成のうち、後半三部作の第一作『スター・ウォーズ フォースの覚醒』(後にエピソード7と副題に足されるのでしょう)が、色々有って無事完成し、いよいよ公開です。

初日二回目の上映という事で、一回目の上映を観終えた熱気を帯びながら出てきたマニア達と、沸々としながら待っているマニアで溢れ返った劇場ロビーの活気が気分をさらに高め、お祭り感に満ちた上映のスタート!

巨大なIMAX4Kレーザーのスクリーンに映し出されるルーカスフィルムのロゴに客席中から息を飲む音が聞こえたのに続いて、宇宙空間に大映しから遠ざかっていく“STAR WARS”の文字とファンファーレ、観客からの拍手で映画がはじまる。
ここ数日仕事が手に付かず、待ちに待った瞬間が来ました。周りのみんなも同じなんでしょう。
もう作られないと諦めていたのに、まさかこんな日が来るなんて。

ネタバレ無しでは語れないので、内容についてはネタバレ明記部分以下で。
一言言えるのは、ジャー・ジャーからJ.Jに変わって本当に良かった。

IMAX4Kレーザーシアターでの上映については、IMAXデジタルシアターよりもさらに巨大なスクリーンで、中央席から観ても3Dメガネの枠幅方向ギリギリいっぱい。つまり本当の意味で視界の全てがスクリーンに収まってしまうど迫力の映像が味わえます。
IMAXデジタル上映は、高解像度なのに加えて普通の映画館よりも縦横比率が縦方向に広く、通常は観られない範囲の映像が見られるのが利点ですが、IMAX4Kレーザー上映ではさらに高精細で、さらに縦方向に広い映像が見られると言う唯一無二の特典があるので、エキスポシティに近い方で、いつもよりもちょっと支払っても良いって人は、日本に一つのこのスクリーンで観るのが最善でしょう。
(本作に関しては縦方向に映像が最大に広がるのは、とあるシークエンス限定になっており、その他は通常のIMAXデジタルと同じ縦横比率でした)
いつものIMAXデジタルとは3Dの方式も違ってメガネも異なり、首を傾けても画像が二重にならないタイプになっていて見やすかったのですが、視野角が広すぎて3Dメガネのレンズの淵付近は曇りがちに見えてしまったところだけは勿体無く感じました。

アナキン三部作の公開が3年ごとだったのに対し、今回の三部作は2年置きなところはありがたい。
とは言え、これから2年もこのまま沸々としていないといけないなんて辛過ぎる!

ネタバレ
本作は基本的にリメイクと言っても良いくらいに『エピソード4』を彷彿とする構成になっており、ストーリーラインを上手くアレンジしてなぞりながら、他のエピソードからの要素も摘みつつ、お約束と意外性の応酬で展開して行く。
ここは『スター・ウォーズ』マニアで、『スター・トレック』を見事リブートさせたJ.J.エイブラムス監督の手腕の発揮どころ。
各キャラクターの置かれる立場が絶妙にシャッフルして再構成したように感じる脚本が秀逸。

いつものように極力前情報をシャットアウトしていたので、始まるまでカイロ・レンがルークなんじゃないかとずっと疑ってましたが、どうもルークと暗黒面の接点が見出せず、違和感もあって、「そうではない」と判明してから本当に面白くなっていく。

既視感を感じる場面が続く中で、突然ミレニアム・ファルコン号が登場し、いよいよ物語スタートとばかりに飛び回って猛烈なチェイスをする序盤イチの見所なシークエンス。
IMAX4Kレーザー上映では、ここだけがIMAXフルサイズの1.43:1に切り替わり、縦方向にも完全に視界の全てが映像になる迫力あり過ぎる映像によって、椅子に磔になる程の重力を錯覚した。
体感的には足元にまで映像が広がって、空間に放り出された感覚になります。
辺境の惑星でジャンク拾いをしていたレイが、父親譲りのパイロットセンスに目覚めて観客の想像力を膨らませる場面でもあり、書きながら思い返してみて感慨もひとしお。
ただし、ルーク三部作でのルーク・スカイウォーカーはビッグスと戦闘機乗り仲間だったことが語られていたので、経験が有っての上手さだったのに比べて、本作でのレイはほぼ経験が無さそうなのにあの腕前ってのは怪しい設定ですけどね。

アドレナリンMAXで楽しませてくれて、宇宙空間に出たかと思ったら即ハン・ソロに遭遇のサプライズ。
「こんな不意打ちの登場なんて有りかよ!嬉しいけど!」観客の心理を分かり過ぎていて、観ている側も安心して弄ばれるのに身を委ねるがまま。

ハン・ソロが登場してからは急激に旧作との接点が増え始め、ミレニアム・ファルコンで酒場に向かう辺りからはボーナスとも言える懐かしい演出の連続。
レジスタンスと合流してからはルーク三部作で登場した重要な登場人物達が勢揃いで、観たかった『エピソード6』の続き感で完全に満たされる。
四半世紀前の映画の続きなのに、ドロイドを含めたモブの一人一人がそのままの姿で嬉しくて仕方がない。

この間にカイロ・レンの正体が確定し、ルーク不在の理由が判明する事で、上映まで隠されてきた全ての謎に合致が行って益々面白くなる作り。

最後はデススターをいろんな意味で何倍も強化した、改造惑星“スターキラー基地”での決戦!
ライトセイバーも、ブラスターも、そしてXウィングとTIEファイターをも駆使して描かれる既視感が逆にファン心理をくすぐるクライマックスの戦いの果てに、ハン・ソロは…。
今回の三部作でもずっと活躍してくれると信じていたのに、悲しいのとやり方が上手いのとで放心状態。
そして、「え?え?いつものパターンだとこのままファンファーレに合わせてエンドロールじゃないの?ルークは結局出ないの?!」
安心してください、もう少し先が有りますよ的にルークの登場まで描いてからのエンドロール。

ルークの活躍は、これから二年待たなければ観られないのか。
期待と、観られなかったガッカリ感とで複雑な心境。
しかもマーク・ハミルは超絶なダイエットで体を絞ったと自ら報告していたのに、顔以外はローブで覆われていてわからんし!(笑)

キャリー・フィッシャーも、公開前に本人がその辛さをぼやくと言うファンを無視したミスを犯したものの、ダイエットとアンチエイジング自体は大成功したようで、期待していた世界観を保つ容姿で居てくれていて良かった。
ここ20年の彼女が登場した映画のシーンを思い浮かべると、よくここまでお綺麗に戻れたと拍手を送りたい気分。
二人とも、この三部作に全部登場するとすると、あと3年以上は撮影の為にこのままの体形を維持しないといけないってのは大変だろうなぁ…。

ハン・ソロ役のハリソン・フォードに関しては、近年スクリーンで観ていてもかなり老け込んでしまっていて、もともとよたよた走る人だったからもうアクションなんて無理なんじゃ?と気になっていたのですが、顔つきがすっかり精悍に戻っていて、撮影序盤に大怪我をして完治まで長期間かかってしまったにも拘わらず、これまで以上に走りまわる場面がやたらと多く、付き合いでの登場感は皆無な印象なのが本当に良かった。
むしろ、まだまだ『インディー・ジョーンズ』もやれそうです。
こんなに元気でカッコいいと、『ロード・オブ・ザ・リング第一章』で奈落に消えたガンダルフが『第二章』の冒頭でパワーアップして帰って来たみたいなオチを再現して欲しい、なんて有り得ない期待を持ってみたりするくらい、ハン・ソロの死が受け入れられません。
本当に期待してなかったんです、ごめんなさい。

これまでのシリーズでは、主人公の仲間たちはそれなりに美形なビジュアルだった(ジャー・ジャー・ビンクスを除く)のに対して、今回のフィンにだけはどうしても上映前から違和感を感じていたのですが、いざ観終わってみると、もう彼なくては次回作は観たくない程気に入ってしまいました。
ライトセイバーを振り回して、彼にまでフォースが覚醒しそうに感じるような場面も有りましたが、出生の星について語られる場面が意味深だっただけに、それもアリかもしれない。

R2-D2に代わって名脇役の大役を譲られたドロイドのBB-8は、想像していた以上に愛嬌が有って、スピード感もあり、次回作ではR2-D2とどう使い分けるのかが気になるところです。

マズ・カナタの雰囲気が、どうもルピタ・ニョンゴっぽいと思っていたら、やっぱり彼女がキャプチャーで演じていたそうで、このキャスティングから考えると、あの惨劇の中も生き延びていて次回作でもキャラクターを誘う役割を果たすんでしょう。

そう言えば、メモリアルパンフレットの表紙になっているくらいに重要なキャラクター感を醸していたキャプテン・ファズマについては、見た目の特異性に反して全く活躍しないばかりか、フィンの脅しに簡単に屈してバリアを解いてしまうと言う情けなさに、本作で唯一がっかり。
ダース・モール以下の見た目だけの不発一発屋キャラとして封印して頂きたい。

元々日本映画とその文化に対するリスペクトに満ちたシリーズですが、今回は元々がシリーズのマニアであり、日本の文化が大好きなJ.J.エイブラムスの監督作という事で、日本のものへのオマージュはより多いのではないかと想像していました。
レイが初めて登場するシークエンスはナウシカのそれっぽいし、ハン・ソロ一行が賞金稼ぎに襲われる場面なんてテレビゲームの『FINAL FANTASY』を思い起こさせます。
次に観る時は、もっといろんなところに気を付けながら観てみよう。

タイトルになっている“フォースの覚醒”については、観る前からどんな風に描かれるのかが一番気になっていた点なのですが、レイは必要に駆られてミレニアム・ファルコン号を超絶テクで操縦したり、皮肉にもカイロ・レンに無理やりこじ開けられるようにして完全覚醒すると言う辺り、危なっかしくも展開が早くて面白い。
青臭さ全開なカイロ・レンはまだ暗黒面に染まりきっておらず、情緒不安定で、不機嫌になると物に当たり散らすなど感情をコントロール出来ない描写が度々。
アナキンの一族の中でも精神的に一番未熟なようで、フォースを使った拷問や、ライトセイバーの剣術戦の中で、いずれもド素人のレイに対して精神的に完全に劣っており、意図せずフォースの才能を開花させてしまう結果に繋げてしまった。
スノークの台詞によってシスの修行を終えたであろうカイロ・レンは、次回“ダース・なんちゃら”と言う名前になって、祖父のようなサイボーグ体で登場するのでしょう。
仮面のデザインもさらにリスペクトが加わって、ベイダー卿みたいに成るのでしょうが、この未熟さが払拭出来るとは思えない。

誰も殺したくないと言っていたフィンが、嬉々としてファースト・オーダーを殺戮しまくっていた矛盾と、レジスタンスに対する狂信性が次回作以降に投影されて行きそうな予感。



スター・ウォーズ コンプリート・サーガ ブルーレイコレクション(9枚組) (初回生産限定) [Blu-ray]
ジョージ・ルーカス,ジョージ・ルーカス,リック・マッカラム
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (46)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海難1890 | トップ | 15年9月 11月 12月 京都 石川... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
IMAX4Kレーザー (もののはじめのiina)
2016-01-13 10:24:40
>IMAX4Kレーザー上映ではさらに高精細で、さらに縦方向に広い映像が見られると言う唯一無二の特典がある
そんなIMAX4Kレーザー方式で見てみたいです。

>縦方向に映像が最大に広がるのは、とあるシークエンス限定になっており、その他は通常のIMAXデジタルと同じ縦横比率
SFXは、スターウオーズ初期に比べて格段に進化したように、映像処理も進化しているのですね。すごい !

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

46 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(STAR WARS : THE FORCE AWAKENS)』J・J・エイブラムス監督、デイジー・リドリー、アダム・ドライ... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容(ネタバレ)、台詞に触れています。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』STAR WARS : THE FORCE AWAKENS 監督 : J・J・エイブラムス出演 : デイジー・リドリー、ア
劇場鑑賞「スター・ウォーズ フォースの覚醒」 (日々“是”精進! ver.F)
フォースが導く運命… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201512180001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】スター・ウォーズ フォースの覚醒 オリジナル・サウンド...価格:2,916円(税込、送料込) 【送料無料】...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (あーうぃ だにぇっと)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒@TOHOシネマズ日劇
映画:スター・ウォーズ/フォースの覚醒 Star Wars:The Force Awakens 流石J.J.エイブラハムズ!と唸る (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず最初に当ブログのスターウォーズ(以下SW)に対してのスタンス説明をば。 第1作SW4は素晴らしい思い出、ただしその後続いたSW5、SW6はそこまでじゃない。 そしてしばらく経って立ち上がった初期の話、SW1、2、3も一応押さえたが、ルーカスのデジタル技術、V...
スター・ウォーズ エピソード7/フォースの覚醒(2D 字幕版) (タケヤと愉快な仲間達)
監督:J・J・エイブラムス 出演:ジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、アダム・ドライバー、オスカー・アイザック、アンディ・サーキス、ドーナル・グリーソン、マックス・フォン・シドー、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、マーク・ハミル 【解説】 SF....
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 2D字幕版で観たよ! (よくばりアンテナ)
いや~昨日の公開初日のお祭りさわぎはすごかったみたいですね~ コスプレイヤー達を映画館が呼ぶっていうのも全国的にやってるんですね? Twitterのタイムラインもスターウォーズで埋め尽くされたかと思いました。 私もすごい楽しみにしていたんですけど、 ...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (佐藤秀の徒然幻視録)
同窓会してどうするんだ? 公式サイト。原題:Star Wars:The Force Awakens。J.J.エイブラムス監督。デイジー・リドリー、ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、 ...
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D・日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2D・日本語字幕版)』 (公式)を昨日、劇場鑑賞。採点は、 ★★★ ☆☆ (5点満点で3点)。100点満点なら60点にします。 ざっくりストーリー(ネタバレにならぬよう概要です) 舞台は、スター...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒★★★★★ (パピとママ映画のblog)
2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公開されるSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」のシリーズ7作目。オリジナル3部作の最終章「ジェダイの帰還」から約30年後を舞台に描かれると言われる、新たな3部作の第1章....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Akira's VOICE)
やっぱりSTARWARSが好き。  
映画 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 の感想です。IMAXで観ました。 (MOVIE レビュー)
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 / 原題:Star Wars: The Force Awakens 」予告編 ストーリー詳細は Yahoo!映画などエンタメサイトより引用転載しています。 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒 / 原題:Star Wars: The Force Awakens 」 ストーリー詳細 ...
スター・ウォーズ フォースの覚醒/STAR WARS THE FORCE AWAKENS (我想一個人映画美的女人blog)
いまさら説明するまでもない映画史に残るSF大作の金字塔の続編は 「スター・トレック」「SUPER 8/スーパーエイト」のJ・J・エイブラムスが監督ということで 世界中が期待を高めていた。  わたしはというと、「SWシリーズ」はDVD持ってるし、エピソード1の時....
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」@109シネマズ川崎 (新・辛口映画館)
 公開二日目の夕方。2D字幕版を上映するシアター6は満席。エグゼクティブシート真後ろを陣取った外国人軍団の異様な熱狂と共に映画を鑑賞した。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 (時間の無駄と言わないで)
一番不安だったのは監督がJ.J.エイブラムスなコト。 彼の監督作とはイマイチ相性が悪く…。 今までごめんJ.J.エイブラムス!! そしてありがとうJ.J.エイブラムス!! 突っ込みどころは ...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(11) 年末祭りに相応しい本作の余韻はしばらく続きそう。
『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015) (【徒然なるままに・・・】)
タイトル表記からは削られていますが、本編にはしっかりと「エピソード7」の文字。一度は諦めていたタイトルをまさか見ることが出来るようになるとは。それだけで感無量です。ジョージ・ルーカスは自らの拠点ルーカス・フィルムをディズニーに売却。当然自前のルートを持...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【STAR WARS:THE FORCE AWAKENS】 2015/12/18公開 アメリカ 136分監督:J・J・エイブラムス出演:ハリソン・フォード、キャリー・フィッシャー、アダム・ドライバー、デイジー・リドリー、ジョン・ボイエガ、オスカー・アイザック、ルピタ・ニョンゴ、アンディ・サーキ....
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』 (こねたみっくす)
目覚めよ、『スター・ウォーズ』サーガへの愛よ! 『スター・ウォーズ』は映画ではない、歴史である。この言葉を理解する者にとって、見終わった後に発するべき言葉はただ一つ。 ...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 / Star Wars: The Force Awakens (勝手に映画評)
『A long time ago in a galaxy far far away』 この言葉で始まる、スターウォーズサーガの最新作。前作、『スター・ウォーズ エピソード? シスの復讐』から10年。6作で終了と言われたスターウォーズサーガの最新作。この作品含め、あと3作品制作予定される予定なので....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (C’est joli ここちいい毎日を♪)
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 '15:米 ◆原題:STAR WARS: THE FORCE AWAKENS ◆監督:J・J・エイブラムス「スター・トレック イントゥ・ダークネス」「SUPER 8 スーパーエイト」 ◆主演:デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、オスカー・アイザック、ドー...
スター・ウォーズ / フォースの覚醒  監督/J.J.エイブラムス (西京極 紫の館)
【出演】  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  アダム・ドライバー  ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー 【ストーリー】 銀河、暗黒の時代  ファースト・オーダーと呼ばれる強力な軍事力を持つ組織が自由な世界を脅かそうと....
スター・ウォーズ / フォースの覚醒・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
創造主は去り、フォースは再び覚醒した。 ??驚くべき大傑作である。? 想像を絶する大きなプレッシャーがかかる中、J・J・エイブラムスは壮大な“サーガ”の幕開けを告げた、「新たなる希望」の誕生に匹敵する、偉大な仕事をやってのけた。 初期三部作から三十年後の...
ヒロインは、ニュータイプ?(*^_^*)~「スター・ウォーズ フォースの覚醒」TCX3D~ (ペパーミントの魔術師)
はい、ずいぶんとブログの更新がとまっていてどうも。(^_^;) さすがにこれは見てきましたよぅ~(≧∇≦*) ただ、予定していたEXPOCITYでのIMAX鑑賞はできなかったですけども くずはのTCX3Dで見てまいりました~。朝8時45分の回だったから余裕余裕。うち帰って大掃除...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (ハリウッド映画 LOVE)
年甲斐もなくグッズを買いあさってしまいました(苦笑) 
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (心のままに映画の風景)
砂漠の惑星ジャクーで、家族を待ちながら暮らす孤独な少女レイ(デイジー・リドリー)は、ボール型ドロイドのBB-8と、戦いに葛藤しストームトルーパーの脱走兵となったフィン(ジョン・ボイエガ)と出会い、運命が一変する。 フォースを巡るSF超大作。 オジナル...
スターウオーズ/フォースの覚醒 を観たゾ (ヤジャの奇妙な独り言 zwei)
やっと重い腰を上げて 13時20分開映する スターウォーズ/フォースの覚醒 を観に行く事に 今の段階では 上映前に既に物語の大まかな流れを知り 尚且つ上映後の様々な評判から 不安9・期待1の状態 (以前は不安7、期待3) シリーズ開始前での構想は 全9話は既に承知済 ...
映画:「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
成27年12月26日(土)。 映画:「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。 監  督:J・J・エイブラムス 共同脚本:J・J・エイブラムス/ローレンス・カスダン オリジナル原案:ジョージ・ルーカス 製  作:キャスリーン・ケネディ /ブライアン・バー...
「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 素晴らしい!の一言 (はらやんの映画徒然草)
素晴らしい!の一言。 最初にEpisode ?が公開された時から9部作構想と言わ
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (だらだら無気力ブログ!)
某メーカーのグズグズっぷりのあおりを喰らって予定してた日には観に行けなかったけれど、やっと鑑賞でした!最高やった!
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (miaのmovie★DIARY)
【STAR WARS: THE FORCE AWAKENS】 制作国: アメリカ  制作年:2015年 遠い昔、はるか彼方の銀河系で… 第2デス・スターが破壊されたエンドアの戦いから約30年後。 最後のジェダイであったルーク・スカイウォーカーが姿を消して以降、 銀河帝国の残党により「フ...
『スター・ウォーズ フォースの覚醒』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「スター・ウォーズ フォースの覚醒」□監督・脚本 J・J・エイブラムス□脚本 ローレンス・カスダン、マイケル・アーント□キャスト デイジー・リドリー、ジョン・ボヤーガ、オスカー・アイザック、        アダム・ドライバー...
『スターウォーズ EPISODE? フォースの覚醒』 2015年12月30日 TOHOシネマズ日劇 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『スターウォーズ EPISODE? フォースの覚醒』 を鑑賞しました。 今年の映画納は満を持してこの作品にした。 大正解で文句なく今年№1の映画であった。 【解説】  2005年の「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」で新3部作が完結してから10年ぶりに製作・公...
「スター・ウォーズ フォースの覚醒」:人生と並走していくサーガ (大江戸時夫の東京温度)
『スター・ウォーズ』にはさほどの思い入れはないのですが、こういったイベント・ムー
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (アリスのさすらい映画館)
  スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015)アメリカ 原題:Star Wars: The Force Awakens 監督:J・J・エイブラムス 脚本:ローレンス・カスダン/ J・J・エイブラムス/ マイケル・アーント 出演:ハリソン・フォード / キャリー・フ...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (本と映画、ときどき日常)
監督 J・J・エイブラムス 出演 デイジー・リドリー     ジョン・ボヤーガ     オスカー・アイザック 帝国軍の残党ファースト・オーダーVSレイア姫率いるレジスタンス。 行方不明のルークを探せ! 初の4DXで迫力満点! 最初ちょっとこっちにばかり....
【映画】スター・ウォーズ/フォースの覚醒…の記事で2016年映画観賞記録開始 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
改めまして… 2016年、明けましておめでとうございます 恐らく、今後も休止状態が続き、コメントに(時期を逸し)返事も書けない事が続きますが、当ブログを宜しくお願い申し上げます 昨年2015年は、職場の状況が結構変わって、私自身の立場も変わって責任が増加 責任...
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (にきログ)
さて、お久しぶりの映画感想です 映画自体は2015年の年末に見ていたので感想遅くなりました スターウォーズ自体はエピソード1のときに旧シリーズを全部見ていて続編ということでどうなるかな?と思っていました 実は親がエピソード4公開時からのファンなんです...
映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 (FREE TIME)
元日に映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を鑑賞しました。
スター・ウォーズ (もののはじめblog)
フォースの覚醒 『スター・ウォーズ』オリジナル3部作のいつの頃からかジョージ・ルーカス監督は、9部作構成で考えているといっていた。 オリジナル3部作「ジェダイの復讐」の後に、その前日譚を扱った3部作は暗黒面に堕ちてダース・ベイダーになるアナキン・ス...
『Star Wars The Force Awakens』スターウォーズ・フォースの覚醒 (キマグレなヒトリゴト: IN PERTH)
比較的スターウォーズへの入りは遅かった私ですが(おそらくヘイデンが演りはじめてから)、スターウォーズに関してはいつからでもスタートできる作品だ し、一度見てしまえば、ハマ ...
新たな3部作の幕開け! (笑う社会人の生活)
21日のことですが、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」を鑑賞しました。 IMAX3Dにて ポー・ダメロンはファーストオーダーに拉致される前にルークの居場所を示す地図をBB-8に託す。BB-8は難を逃れレイと出会う 一方、フィンはファーストオーダーから逃れたいと考....
「スターウォーズ フォースの覚醒」☆フォースの威力 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
どうか熱狂的なファンの人がこのレビューを見ませんように☆
スター・ウォーズ フォースの覚醒 (映画的・絵画的・音楽的)
 『スター・ウォーズ フォースの覚醒』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)公開されてからだいぶ経つので、この辺で見ておかないと見逃してしまうおそれがあると思い、映画館に行ってきました(注1)。 (以下は様々にネタバレしていますので、映画を未見の方はご注意く....
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (銀幕大帝α)
STAR WARS:THE FORCE AWAKENS 2015年 アメリカ 136分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2015/12/18) 監督: J・J・エイブラムス 『スター・トレック イントゥ・ダークネス』 製作: J・J・エイブラムス キャラクター創造: ジョージ・ルーカ...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (Star Wars: Episode VII - The Force Awakens) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 J・J・エイブラムス 主演 ハリソン・フォード 2015年 アメリカ映画 136分 SF 採点★★★ 特別な愛や“信仰”ってのをスター・ウォーズに関して持ってない私ではあるんですが、円卓の騎士の物語や指輪物語など普遍性の高い物語をSFの中に巧みに盛り込み、...
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 (いやいやえん)
【概略】 砂漠の惑星で家族を待ち続けている孤独な女性レイは、謎のドロイドBB-8とストームトルーパーの脱走兵フィンと出会い運命が一変する。 SFアクション みんな、これが面白いの?私は無難な作りでまとめたように思えたな。 エンタメではある。多分パッと見...