そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

デイジー

2006-05-29 | 劇場映画れびゅー
今一番好きな女優チョン・ジヒョン主演最新作「デイジー
猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」で彼女をスターダムへ押し上げた監督&脚本のクァク・ジェヨンが今回は脚本のみで裏方に回り、監督はなんと一番好きな香港映画「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウという異色の韓国香港合作。
ということで、今シーズン一番の期待を胸に観に行きました。
★★★

今回もチョン・ジヒョンに泣かされました。泣かされましたが色々引っかかる所が有って今回はこの評価。
直後に観た「嫌われ松子の一生」のインパクト勝ちです。

冒頭の韓国純愛路線のパートはアンドリュー・ラウが撮ったとは到底思えず、ひょっとして名前だけ貸して今回もクァク・ジェヨンが監督したのではないかと疑いながら観ていました。
しかし、銃撃戦が始まるやいなや「こんなのはクァク・ジェヨンには無理」と、疑惑は払拭されます。「猟奇的…」や「僕カノ」の銃撃戦とは比べ物にならない。

ただ、ひょっとしたら小川のシークエンスは本当にクァク・ジェヨンがメガホン取っていたのかもしれない。あの小橋のセットのクォリティーはアンドリュー・ラウ監督らしくないし、本当に彼が撮ったのであればクァク・ジェヨン監督作品をかなりリスペクトした出来で、お約束の安っぽい「おとぎ話」風に仕上がっている。もしくはよほど口出しされたのかもしれないけれど。

何気無い場面が後々意外な方法で使われたりするのは、さすがアンドリュー・ラウで、これ見よがしな伏線じゃないのがまた良い。

きっとチョン・ジヒョンマニアに違いないクァク・ジェヨン。今回も彼女の魅力を際立たせるセルフオマージュがたっぷりで、またまた彼女と彼女のファンの為に作られた映画だと感じました。チョン・ジヒョン×クァク・ジェヨンの前2作及び「イルマーレ」「四人の食卓」「ホワイト・バレンタイン」との比較を今回もまた書くのは面倒なので割愛します。観た人にはわかるはず。

ちなみに、今回は全編アムステルダムロケ。
きっと香港陣営と韓国陣営が共同で仕事をするのには第三国が楽だったからしょうけど、ストーリー上は全然アムステルダムである必要性が感じられない。
しかも、「ならば、せっかくアムステルダムでロケをしてるんだからもっとロケ地をたくさん選んだら良いのに」と思うくらいロケ地が少なくて、“街”と人のコントラストを上手く扱うアンドリュー・ラウとクァク・ジェヨンなのに勿体なく感じた。
土地勘の有るどちらかの自国で撮ったらもっとオシャレな街並みにチョン・ジヒョンも映えたのに。
あ、海外ロケがしたかっただけなのか。

ネタバレ
ともあれ総じて面白いはずなのにどうしても感情移入できなかったのが、ヘヨン(チョン・ジヒョン)を密かに想うパクウィ(チョン・ウソン)。
物語の流れでは、観客は彼に感情移入するようになっているのですが、どう見てもストーカーで気持ちが悪かった。ヒットマンという職業を理由に彼女に声をかける事を控えているのなら理解出来るのですが、話の流れはどうもそれだけでは無くて、引っ込み思案でためらっている方向に進んで行くんですよねぇ。
仕舞には銃撃戦に紛れて恋敵のジョンウ(イ・ソンジェ)の肩を撃つし。ほんまにヤバイわこの人。

でもヘヨンがそれでも好きなのなら他人が口挟む事じゃ無いんだけれど…。

という事で最後の方は周囲の方々に漏れず泣いていました。(どういう事だ)



イルマーレ THE PERFECT COLLECTION

松竹

このアイテムの詳細を見る

猟奇的な彼女

アミューズソフトエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

僕の彼女を紹介します

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る

ラブストーリー

レントラックジャパン

このアイテムの詳細を見る

インファナル・アフェア トリロジーBOX

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嫌われ松子の一生 | トップ | ダ・ヴィンチ・コード »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり (たましょく)
2006-05-29 23:41:18
 TBありがとうございますm(_ _)m



 パクウィは、やはりストーカーちっくですよ

ねwスコープで見守るなんてちょっと悪趣味だ

しwでも、そーゆーところは目をつぶるよーに

しました。



 チョン・ジヒョンがこれほどに悲しい役が似

合うとは。今までのキャラが強さを帯びていた

だけに新境地開拓ってゆー印象。
TBありがとうございました (ミチ)
2006-05-30 16:54:14
こんにちは♪

確かにパクウィはストーカーでしたが、チョン・ウソンだから許します(爆)

オランダロケの必然性は感じなかったけれど、韓国や香港の風景では私はこれほどノレなかったかも~(笑)
ありがとうございます (そーれ)
2006-05-31 01:03:00
>たましょくさん

チョン・ジヒョンだけに注目すると、この映画凄く良いですよね!彼女の魅力に今回もメロメロです。

クァク・ジェヨンってひょっとしてパクウィ的に片思いを心に秘めたままチョン・ジヒョンの映画プロデュースし続けてるのかなぁなんて。

チョン・ジヒョンにメッセージ送るためにこの映画作ったのかとか怖い想像をしながら観てしまいました(怖)



>ミチさん

チョン・ウソンカッコいいですよねー。

どことなく「僕カノ」のチャン・ヒョクに似ているようにも見えたんですが、彼はもうメジャー映画に出る事がまず無いからチョン・ウソンがキャスティングされたのかな?なんて勝手に妄想していますけど反感買うかな?(笑)

私は香港も韓国も旅先として大好きなんですよー(食い気メイン)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

25 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
デイジー (ネタバレ映画館)
 「パクウィを探せ」ゲームのようなオープニングだったけど、ラストには「ジョンウを探せ」ゲームもあったのだと気づきました。
デイジー/チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ (カノンな日々)
韓国映画だけど監督はあのアンドリュー・ラウ、音楽担当はは日本人の梅林茂さんも参加されてるということで、これまでの韓国映画とは一味違うものが観れるんじゃないかと期待してました。脚本がクァク・ジェヨンというところがある意味勝負かもしれない(笑)。 + ...
DAISY/デイジー (何を書くんだろー)
「DAISY」 評価 ★★★★★ (4.7) 『あらすじ』  異国の地オランダで祖父の経営する骨董店の手伝いをしながら画家を目指すヘヨン。午後4時 15分になると店の前に届けられるデイジーの植木鉢。それは、彼女にとって、ある忘れられな ...
デイジー (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:?偉強(アンドリュー・ラウ)英題:Daisyキャスト:チョン・ジヒョン、チ
デイジー DAISY (UkiUkiれいんぼーデイ)
たぁ~っ、こりゃまいった! すんごく良かった~[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良~し、の何拍子も揃った秀作でした。 ストーリーには、あまり触れないほうがいいと思い ...
「デイジー」 (てんびんthe LIFE)
「デイジー」よみうりホールで鑑賞 チョン・ジヒョン×チョン・ウソン×アンドリュー・ラウ。この3人のコラボレーションの妙。思っていたようなこてこての韓国恋愛映画とは一味違ったつくりになっていました。そこは、アンドリュー・ラウ監督の作る男の世界に一 ...
映画「デイジー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナ ...
デイジー(映画館) (ひるめし。)
愛は、枯れない。 CAST:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン 他 ■韓国産 125分 韓国映画を映画館で観るのは「オールドボーイ」以来だわ。とっても久しぶり。 韓国映画なので年齢層はちょいと高め。おじちゃん、おばちゃんばっか ...
DAISY(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  待つ愛・芽生える愛・秘める愛  
デイジー 06年113本目 (猫姫じゃ)
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村 ...
デイジー (Alice in Wonderland)
お気に入りの監督に大好きな役者が出ていて面白くないはずのこの映画・・・ 期待通りに楽しむことが出来ました。映像が美しく三人のそれぞれの切ない表情が心から離れなかったです。こんなに切ない映画は久しぶりに観ました。もちろんいっぱい泣いてしまいました ...
★「デイジー」 (ひらりん的映画ブログ)
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。 今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。 共演は、チョン・ウソン。
映画vol.60『デイジー』※試写会 (Cold in Summer)
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみ ...
【劇場映画】 デイジー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客 ...
■DAISY・デイジー~チョン・ジヒョン主演映画 (AKATUKI DESIGN)
気になっていた韓国映画”DAISY・デイジー”を見てきました。 新宿のスカラ座。 ちょっと古ぼけた映画館で客層があまり良くなく・・・ 鑑賞の環境としては最悪・・・ --- ”DAISY・デイジー”は、インファナル・アフェアの監督アンドリュー・ラウの最新作。 主演 ...
デイジー (日々徒然ゆ~だけ)
 それなりに面白かったのである。あくまでもそれなり。監督・脚本両者のベスト状態を観て来ているだけに,「まだまだこんなもんじゃないっしょ」と思うのはイケない事だろうか。
デイジー (めざせイイ女!)
韓国映画舞台は オランダ 街角で似顔絵を描く女性ヘヨンが二人の男性に愛されるラブストーリーなのに ハッピーエンドで終わらない。おしゃれなイメージでの始...
恋愛は、縁と運とタイミング。『デイジー』 (水曜日のシネマ日記)
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
「デイジー」 (雑板屋)
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは ...
デイジー (映画評論家人生)
千日前セントラル 韓流ブームというが、おかしな言葉だと思う。韓流がブームだという。韓が流でブームなのかもしれない。意味がよくわからなくなってきた。韓国映画がやってきて、もう何年になるだろうか。長い。
目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』 (水曜日のシネマ日記)
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。
「デイジー」 (the borderland )
「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督作品にチョン・ジヒョンが出るというので楽しみにしてたんですが、脚本がクァク・ジェヨンとは観終わるまで知りませんでした。クァク・ジェヨンはストーカーのように着いて回るなぁ。どうりで監督らしくないラ ...
デイジー[テイジ] (よむよむ★ハングル)
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが、何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノ ...
デイジー (映画鑑賞★日記・・・)
『DAISY』公開:2006/05/27監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン軽くストーカー入ってる、、、 ←ストーカー予防にポチッと・・・そりゃ無理だろ☆
デイジー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、枯れない。』  コチラの「デイジー」は、花に想いを託した悲しき暗殺者と、画家を目指すロマンティックな女性、そして暗殺者を追うインターポールの命がけの愛を描いた”超・韓流ラブストーリー”です。全編オランダ・ロケっちゅ~ことで、とても雰囲気のあ...