そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

シャッター アイランド

2010-04-10 | 劇場映画れびゅー
今時M・ナイト・シャマランの映画でもありえないくらいに「この謎を解くことは出来るのか?」と挑戦的な宣伝文句でハードルを上げまくってきたこの映画。
さらに「字幕じゃ大事なシーンを見逃してしまうから」と超日本語吹替版等と銘打ったものまで用意する程の丁寧っぷり。
あんまりしつこく言うもんだから、よっぽど誰にも謎が解けなくてラストで驚かしてくれる映画なのかと思って『シャッター アイランド』を観てきました。
★★★

何も言っちゃいけないらしいので、イキナリネタバレ全開でいきますが、観てない方は読まないように。

ネタバレ
結局いつも通り字幕版を観て何の問題もありませんでした。

実際に映画が始まる前にまで「視線に注意しろ」だのとこの期に及んでまだ注意を喚起するしつこさ。
親切なんだか観客を馬鹿にしてるのか、始まってみると何のことはない想像の範疇のオチ。
でも、この映画で大事なのはラストでビックリするとかじゃなく、途中で早いこと気付いて、気づいた上で自分の推理が間違ってないか訝しがりながら主人公の周囲の人々の行動、反応をじっくり観察する事で楽しむってところ。

気づかせるって事で考えればあれだけしつこく言われてたら映画好きでなくてもじっくり観てたら気付くだろうけど、大半の人はラストで驚きたくて観てるはずだから、途中で気づいてしまった時にがっかりして本質に気づかないんじゃないだろうか。

本来は「犯人は自分でした」的な部分に途中で気付いて、尚の事楽しんで観れる映画なはずなのに。
そういや気づきようがない話がつい最近あったなぁ。あれは反則技過ぎたけどw

超日本語吹替版なんて宣伝してますが、なんて事はない、特に“誰かさん”が監修したから凄いよってだけの話で、普段から一部で評判の悪い“誰かさん”の権威なんて借りず、ベテランの翻訳作家さん複数名に監修してもらう方が本当の意味での超日本語だったんじゃ?

字幕を追うのが精一杯な人ってはじめから吹替版選ぶやろし、そこに戸田奈津子大先生様の名前を出してくるところが鼻に付きまくってほんまに嫌だったので、普段から日本語吹替えは観ないけど今回は特に「絶対観るもんか!」とフツーに字幕版を観てみたら、字幕版もあのオバハンの名前が最初に出てきてイライライラッ!
これだけ注目浴びて念押してやってるから今回字幕の仕事はちゃんとやってはったけど、吹替版を作った上で字幕版を作ったのか、いつもは感じない程丁寧な仕事でした。
普段通りの雑な仕事から想像したら、今回の字幕版は逆に良い結果だったかもw

序盤、行方不明の女性がまるで自分の家に居るかのように病室でふるまってるって会話の中で、「思い込みの世界の中に生きてるからねぇ」的なセリフがあったので、こりゃこれが答えだなと思ったんですが、確信が持てたのは嵐が来て霊廟に閉じ込められた場面。
パラノイア的に熱中して自分の推論を並べ立てる主人公に対し、相棒が諭すような目つきで同調するところは患者と医師そのもの。
そう気付くと、もうその後のC棟での気の使い方と目つきは医者としか見えなくなっていくし、いろいろ推理に説明が付けれる場面が続いて面白くなっていく。

ラストシーンの「悪人として生き続けるか、善人で死ぬか」ってセリフ。
ここに全ての伏線が繋がってる。凄い!
けど、観てない人に面白かったかと聞かれると、「うーん」としか答えられないもどかしさ。
思惑と違う事をしてる芝居をする役者をじっくり観る面白さはあっても、「驚愕の結末」的な面白さはないし、予告編を観てそこに期待してる人には何とも言ってあげられない。

芝居はイイです!芝居はね。



ディパーテッド [Blu-ray]

ワーナー・ホーム・ビデオ

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   トラックバック (69)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« iPhone 新型今年も夏ごろ発売... | トップ | 第9地区 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なんちゅーか (KLY)
2010-04-10 00:59:46
完璧に宣伝に乗せられて謎解きに走ってしまいました。そんな余計なことしなくても謎なんか嫌でも解けるのに。
最後の最後までこのまま終わるはずがない!アレだけ煽ってるんだから!って思って観てましたが、そのまま終わりました。(笑)
>KLYさん (そーれ)
2010-04-13 11:21:31
どうもです!
ほんと、宣伝にのせられたせいで台なしでした。
何も知らずに観たらむちゃくちゃ面白い作りな映画だと思うんですよねぇ…。

最近の挑戦的な宣伝文句は、ほぼ台なしになってるパターンが多いような。
ほんとうに? (そうなのか)
2010-04-15 12:34:19
皆さんどこをみてもそのままの解釈しかできないようですが本当に医者と患者で終わりなのでしょうか?
ラストの言葉はこうも解釈できます
「自身が施術された状態のまま生き続けるか、これまで記憶が残っている状態死ぬか」
と・・・・
ってかみなさん、ストーリのままの解釈で判定しすぎ・・・小学生レベルです。
>そうなのかさん (そーれ)
2010-04-15 13:44:04
どうもです。
釣りだと思いますが、マジレスします。

芝居カウンセリングによって不幸な記憶が“蘇った”のであって、“洗脳”されたのとは違いますよね。
元々無かったはずの出来事が一連の、それも短期間の施術の間に刷り込まれた描写は一切無く、灯台の場面で医師と話すうちに思い出した描写しかありません。
あの場面では彼の記憶が直接描かれていたので、思い出したのが彼の演技だと解釈するのはおかしい。

あの場面で医師と話す内、「これ以上効果が無ければ脳を物理的にかき回す治療しかない」(的な)台詞がありました。
効果が無ければどうされるのか知っている状況です。

そして灯台の最後の場面で相方だと思い込んでいた医師が登場し、すべてを思い出して理解、快方に向かうか?という展開になります。

それらを加味して考えれば、ラストシーンの解釈を勘違いしないと思います。

記憶が戻り、正気に戻ったと判断されれば妻を殺した業と子供たちを失った悲しみに苛まれながら生き続け無ければならない。
元精神病患者ともなれば、一般の犯罪者と同じように罪を償うチャンスがあるのか、社会復帰の機会も見えず、治ったところで彼には未来が無い。

最後に相方だと思い込んでいる芝居をし、“脳をかき回される”選択をしたのは、文字通り「悪人として生き続けるか、善人で死ぬか」。
「記憶は戻った。でも業も悲しみも全て忘れさせてくれ!」って事でしょう。

思い込みは怖いって映画を観たのに、思い込んで他人の個人ブログに暴言吐くような、思い込みの激しい人って本当に居るんですねぇ。
あははは。 (みあ)
2010-04-15 14:01:29
そーれくん、最後の一文が効いてますなー。

予告編・OPで煽られすぎて、
絶対裏があるハズ!って思い込んでる方でしょう。
でも・・・ (にゅうえいじ)
2010-04-15 22:52:24
私もどうも腑に落ちないんです。ラストが・・・
確かに洗脳をしているような描写はないのですが知らないうちに出来ているテディのおでこの絆創膏が気になります。あれは既にロボトミー手術を1度受けているからでは?と観終わった後で考えてしまいました。
また光に過敏に反応→薬物の影響。激しい頭痛→ロボトミー手術の後遺症とは考えられませんか?ようは洗脳されていたんではないかと・・・。
>みあさん (そーれ)
2010-04-16 12:07:44
どうもです!
裏があると思いたい気持は分かるんですけどねー
みんなあんな予告編見せ続けられてたわけで、これはある意味不要な先入観を植え付ける洗脳w
興行的には大成功w

騙して客呼ぶとかやめて欲しい
>にゅうえいじさん (そーれ)
2010-04-16 12:21:37
どうもです!
絆創膏は上陸した時点で大きなのが既に有ったと思いますよ?
もっと大きかったのが次第に小さくなっていっていたのを気にしながら観ていました。
船上でもあったのかどうか私自身気付いてなかったので、もしかしたら、船上のシークエンス自体は彼の妄想だったのでは?と思ってます。

あと、ロボトミーは脳を物理的にいじって思考や感情を鈍化させたり、記憶を奪ったりする術式であって、記憶や価値観を植え付ける洗脳とは違いますね。

無い描写に対してあれこれ想像するのは面白いですが、想像の域をだっしませんし、同人誌的に妄想の世界が広がっていくばかりですね。
自分も解釈に迷っています (ふじっくす)
2010-04-17 22:07:32
ストーリの解釈はネットでいろいろ議論されていて、自分もちょっと迷いが出てます。
観た直後は 『テディ患者説』 だったんだけど、
今はどっちかというと『テディまとも説』な気がしてます。

絆創膏がとにかく気になる。
あと「RUN」のメッセージも。
洞窟にいたレイチェルは寝ているテディを起こしたから本物っぽいし。。。

最後にテディがロボトミー手術を受けるのも
洗脳しきられるまでこの島から出られないことを悟ったようにも解釈できるし。

もしかしたらいろいろな解釈ができるような
作品に仕上げているのかも。
スコセッシ恐るべし!

てなことを考えていたら頭が痛くなりました。
まさか自分もロボトミー手術受けてるのか!?
テディまとも説 (Ichi)
2010-04-18 13:38:11
「悪人として生き続けるか、善人で死ぬか」の後からくる相棒の本当のラストのセリフに「テディ」ってのがあるでしょ?あれが真実です。映像表現の逆転って新発想がどちらかといえばオチ。わっかりにくいけどね;;
>ふじっくすさん ichiさん (そーれ)
2010-04-18 15:48:56
どうもです。
そもそも『テディまとも説』なるものに全く興味がなく、どこでそんな説が上がっているのかも知りません。
このブログをその論議の場所にして頂きたくありませんので、『テディまとも説』に関するコメントの認証はここまでとさせていただきます。

冒頭、入り口で初対面と思われる患者が指を口に当てて「しーっ」とやってた事を思い出してみてください。
彼女はテディと面識があるけれど、医師達に今回の芝居に付き合うよう強制されて知らないフリをしてたのでしょうが、如何せん精神を病んでるので子供のように「しーっ」とやってしまった。
ならばRUNの女性も彼を知ってておかしくないわけで、院内では彼はこれまでもずっと捜査官だと思い込んで治療を受けていた訳で、彼女が捜査官だと言う彼の方を信じていたとすれば、いつも彼女に陰謀説を説いていた彼に対し「早くお逃げなさい」と医師に見られていない間にメッセージを送っていてもおかしくない。

話の流れでは、灯台から時間を経て、最後の場面で嘘でもテディでは無いと言えば治療は終了だったわけで、わざわざ記憶を奪われ、一生精神病院で過ごす為に脳をかき回される理由がありません。

「テディ」の台詞の件については、直前に相方の芝居をせざるを得なくなった医師の口をついて出た言葉でしょう。
話の流れ上から考えれば「え?テディじゃねーの?本当は記憶戻ってるの?」的な。

妄想で考えれば「俺はお前の事を本当はテディだと知ってるぜ」とか「テディ愛してるよ」とか「テディ金返せ」とか「お前実はさらに別人www」とかいくらでも同人誌が書けそうですね。

以下の4つの事実から考えてみてください。
彼の主観で描かれた話であること
彼はしばしば幻覚を見ること(崖下で相棒が波にさらわれる場面など現実にしては明らかにおかしい映像があります)
潜入前に組織から紹介された相棒がこの島の医師であったこと
記憶が戻ったと言えば少なくともこの島での治療は終了すること
はじめまして (名無し)
2010-05-18 10:55:10
はじめまして、名無しと申しますm(__)m
今更ですが、シャッターアイランド見てまいりました。個人的には面白かったのです。
私もラストのセリフ善人として生きるか悪人として生きるか。が名セリフだと思いました。
あれは、ディカプリオが医者に「治療は効いている、でも自分の意志でロボトミー手術を受けるんだ」と言ってる様に見えてしまいます。特にラストの医者のセリフ「テディ!」に何の反応もしなかったのが秀逸だと思ったり!
私と同じ見方(違ったら申し訳ないm(__)m)がいらっしゃったのでついコメントしてしまいました。ではでは、乱筆乱文失礼いたしましたm(__)m
>名無しさん (そーれ)
2010-05-22 11:22:32
どうもです!
いや、それがごく真っ当な見方だと思いますよ。

なにもかも忘れてこの生地獄から解放されたい一心だったんでしょうね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

69 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
シャッターアイランド /SHUTTER ISLAND (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click どこが「超」日本語吹替えなんだか、、、? って、既に観た人たちは口を揃えて言ってる レオナルド・ディカプリオ×マーティン・スコセッシ 4度目のタッグ...
『シャッター アイランド』 (ラムの大通り)
※ネタバレ注。 と言ってもネタバレはしていないつもりです。 ただ、勘の鋭い方は、結果的に気づいてしまわれる箇所もあるかもしれません。 もうしわけありませんが、公開されてからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:Shutter Island) ----この映画って、当...
シャッターアイランド(2009)字幕版 (銅版画制作の日々)
                              全ての“謎”が解けるまで               この島を出る事はできない。 公開初日に鑑賞しました。今回はMOVX京都で、、、、、超吹き替え版で観るべきでした(涙) レオナルド・ディカプリオ...
シャッターアイランド☆独り言 (黒猫のうたた寝)
さすがに超日本語吹替版なら寝ないだろうっと思いながらの観賞でしたが…今年初のうたた寝指数60分。原作を読んでいるから、かなり脳内補完されているせいもあるせいか、あらっと思ったらシーンが変わってる(爆)いや、確かにスコセッシ監督の作品寝てるものが多いとはい...
シャッター アイランド (LOVE Cinemas 調布)
レオナルド・ディカプリオ主演最新作はミステリーサスペンスだ。精神障害犯罪者を収容する島“シャッター アイランド”を舞台に次々と浮かび上がる謎が主人公に襲い掛かる。共演に『帰らない日々』のマーク・ラファロ、『エレジー』のベン・キングズレー、『脳内ニューヨ...
シャッターアイランド (心のままに映画の風景)
ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。 厳重な監視の下、精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院から、レイ...
シャッターアイランド (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメ...
劇場鑑賞「シャッターアイランド」 (日々“是”精進!)
オリジナル・サウンドトラックシャッターアイランド「シャッターアイランド」を鑑賞してきましたマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオの4度目のタッグとなるミステリー・サスペンス。「ミスティック・リバー」の原作者デニス・ルヘインの手によるトリッ...
[映画『シャッターアイランド』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆忙しいので、短い感想です、スンマソン。  私は、この作品の「中くらいの謎の構造」を、あまりにも煽るかのような宣伝のやり方に、やや不満を抱きながら観た。  観る前から、監督がスコセッシである限りにおいて、あまりにも非現実的な物理トリックはなかろうと思っ...
シャッター アイランド (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SHUTTER ISLAND) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) クリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」やベン・アフレック監督の「ゴーン・ベイビー・ゴーン」の原作を手掛けたデニス・ルヘインの同名小説を映像化。 精神を患った犯罪者だけ...
シャッターアイランド (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングスレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリシア・クラークソン、マックス・フォン・シドー、エミリー・モーティマー、ジャッキー・アール・ヘイリー、イライアス・コティ...
シャッター アイランド/レオナルド・ディカプリオ (カノンな日々)
シネコンで最初に宣伝ポスターを見かけたのはたしか1年以上も前だったと思うのですが、それ以来とても興味を持っていたのになかなか公開日も発表されず劇場予告編もかからずでけっこう長い月日気になり続けていた作品なんですよね。ようやく公開となってとても嬉しいんで...
シャッターアイランド (Akira's VOICE)
謎はたいした事ないが, ディカプリオはたいした事ある。  
映画「シャッター アイランド(字幕版)」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『シャッター アイランド(字幕版)』を初日初回で観て来た。客席は40人程度で想像以上かな。 採点は★★★☆☆(5点満点で3点)。正直55点位だろうか。 ざっくりストーリー 1954年、ボストン沖の四方を海に囲まれた完全防備体制の精神病院から、一人の女性が行方...
『シャッター アイランド』・・・もうひとひねり欲しかったような (SOARのパストラーレ♪)
とりあえず面白かった。ただ、“謎解き”をしきりに強調する前宣伝に少々振り回されてしまったように思う。あれで妙な先入観を持ってしまった気がするのだが、あるいはそういう誘導のための仕組まれた宣伝だったのかな。となると公開が半年近くも延期になったこと自体詮索...
『シャッターアイランド』 (めでぃあみっくす)
思い込みは正せない。この一言に尽きる映画でした。 予告編から謎解きの映画かと思っていたのですが、実はホニャララと語る前に、ここからは完全ネタばれレビューでお送りします。ですから未見の方は是非映画をご覧になってからお読みください。 予告編から謎解きの映...
シャッター・アイランド (★YUKAの気ままな有閑日記★)
少し前に原作を読みました~ 『シャッター・アイランド』デニス・ルヘイン原作本の発売当時、“ラストが袋綴じになっていた”―というネタばれ厳禁ストーリーがどう映画化されたのか気になっていました【story】精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイ...
シャッターアイランド (ぷち てんてん)
スコセッシ監督~~、こ!これは~~~!!☆シャッターアイランド☆(2009)マーティン・スコセッシ監督・「タクシードライバー」「ギャング・オブ・ニューヨーク」等レオナルド・ディカプリオマーク・ラファロベン・キングズレーミシェル・ウィリアムズエミリー・モーテ...
シャッターアイランド 字幕版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
うつ病のわてから見ると、この映画の舞台は大変に親近感がある。入院生活の経験があるので、全く違う見方ができた。ディカプリオの演技はまさに名演と言えるだろう。謎はすぐにわかる。まだ精神科治療が確立する前の悲劇だと思った。
シャッターアイランド (Lovely Cinema)
全ての“謎”が解けるまでこの島を出る事はできない。注)ネタバレ感想です!
シャッター アイランド (映画鑑賞★日記・・・)
【SHUTTER ISLAND】 2010/04/09公開 アメリカ PG12 138分監督:マーティン・スコセッシ出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー、マックス・フォン・シドー、パトリシア・クラークソン...
映画レビュー「シャッター アイランド」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
シャッター アイランド オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆孤島が舞台の謎解きミステリーの秀作。幻想的な心象風景が美しく、映像センスに鋭さがある。 【70点】 1954年のアメリカ。連邦保安官のテディは、精神を患った犯罪者の収容施設があるシャッターア...
映画:シャッターアイランド Shutter Island “超”日本語吹替版の感想。逝って良し! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
久々にスコセッシがおもしろい映画をとった(笑)という噂の、シャッターアイランド。 けっこうハラハラドキドキな出来らしく、それなりに期待していたのだが...... えっ?!、となったのが、“超”日本語吹替版。 あまりに気になった(笑)ので、なんとか鑑賞した。 そ...
シャッター アイランド (to Heart)
全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。 製作年度 2009年 原題 SHUTTER ISLAND 上映時間 138分 原作 デニス・ルヘイン 『シャッター・アイランド』(早川書房刊) 監督 マーティン・スコセッシ 出演 レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キン...
No.215 シャッターアイランド (気ままな映画生活)
予告編も含めて、あらゆるメディアでこの謎に 挑みどの時点で真相が掴めるのか・・・と 煽り文句を並べた映画というのは過去に、あったけど 今回も過大解釈をせずに、観賞しました。
シャッターアイランド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『全ての“謎”が解けるまで この島を出る事はできない。』  コチラの「シャッターアイランド」は、精神を患った犯罪者だけを収容する絶海の孤島「シャッターアイランド」を舞台に、4度目となるマーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演で、描かれ...
シャッター アイランド (小部屋日記)
Shutter Island(2010/アメリカ)【劇場公開】 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ/マーク・ラファロ/ベン・キングズレー/ミシェル・ウィリアムズ/エミリー・モーティマー/パトリシア・クラークソン/マックス・フォン・シドー/ジャッ...
シャッターアイランド (Diarydiary! )
《シャッターアイランド》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -SHUTTER
シャッター アイランド / Shutter Island (勝手に映画評)
まず最初に記しておきます。この映画は、ネタバレ禁止です。 1954年。ボストン沖合で、精神を病んだ犯罪者の収容施設が設置されているシャッター アイランド。脱出不能の施設から女性患者が行方不明に。レオナルド・ディカプリオ演じる連邦保安官テディ・ダニエルズは、...
シャッター アイランド (悠雅的生活)
決して結末は話さないでください
シャッター アイランド (だらだら無気力ブログ)
お馴染みマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが 『ディパーテッド』以来、再びタッグを組んでおくるミステリーサスペンス。 精神病を患った犯罪者達を収容する精神病院がある孤島で起きた失踪事件を 捜査にきた連邦保安官が直面する不可解な出来事に...
【シャッターアイランド】 (日々のつぶやき)
監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー すべての謎が解けるまで、この島を出ることができない 「1954年9月、ボストンから遠く離れた孤島の犯罪者専用のアッシュクリフ精神病院から一人の女性の姿が消...
前振りが逆効果?『シャッター アイランド』 (水曜日のシネマ日記)
異常な犯罪者ばかりが収容されている孤島を舞台に描かれたサスペンス映画です。
「シャッターアイランド」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「アビエイター」「ディパーテッド」のマーティン・スコセッシ×レオナルド・ディカプリオが、久々にタッグを組んでリリースするのは、精神を患った犯罪者のみが収容される絶壁の孤島「シャッターアイランド」で起きた女性囚人失踪事件に端を発する、本格ミステリーサス...
シャッター アイランド 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
シャッター アイランド 煽(あお)り方がいただけない・・・凸(`△´#)凸 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=17 -6-】 すごい煽っていたでしょう、映画館の予告編でもテレビのCMでもこの映画を取り上げた情報番組なんかでも。 「錯視」を見せたりとか「全ての“謎”が解けるまでこの島を出ることが出来ない」というようなコピーだとか、観た人のインタビューでは「2...
シャッター アイランド / 60点 / SHUTTER ISLAND (ゆるーく映画好きなんす!)
謎解きサスペンスや無いやん!人間ドラマやん!あかんやんこの宣伝! 『 シャッター アイランド / 60点 / SHUTTER ISLAND 』 2009年 アメリカ 138分 監督: マーティン・スコセッシ 製作: ブラッドリー・J・フィッシャー マイク・メダヴ
シャッター・アイランド (りらの感想日記♪)
【シャッター・アイランド】 ★★★★☆ 試写会(7)ストーリー ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。そこに、精神を患っ
シャッターアイランド/Shutter Island (いい加減社長の映画日記)
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビ。 かなり前から予告編も流れていて、そのミステリアスな感じに期待が高まっていて。 公開日に、会社をちょっと早めに抜け出して、「シャッターアイランド」を鑑賞。「UCとしまえん」は、金曜日の夕方とし...
シャッターアイランド (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年27本目(26作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳...
シャッターアイランド (C'est joli~ここちいい毎日を~)
シャッター アイランド'09:米 ◆原題:SHUTTER ISLAND ◆監督: マーティン・スコセッシ「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」「ディパーテッド」◆出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キンズレー◆STORY◆1954年9月、ボストンの...
閉ざされた島~『シャッターアイランド』 【超日本語吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 SHUTTER ISLAND  1954年、ボストン湾に浮かぶ孤島。精神を患った犯罪者を収容する施設があ るこの島に、連邦捜査官テディ(レオナルド・...
映画 『シャッター・アイランド』感想(ネタバレ有り) (【ふじっくす情報局】)
感想の後半はネタばれになっているので ネタばれを読みたくない方は 見出しに(ネタバレ)と書いてある記事は読み飛ばしてください。 『シ...
【シャッター アイランド】現実と悪夢の境界を見る島 (映画@見取り八段)
シャッター アイランド~ SHUTTER ISLAND ~ 監督:  マーティン・スコセッシ    出演: レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、...
*シャッター アイランド* (Cartouche)
[[attached(0,class=popup_img_500_334 width=350 height=234)]]      ***STORY***                    2009年  アメリカ          精神を病んだ犯罪者を収容する絶景の孤島“シャッター アイランド”。島内の鍵の...
シャッター アイランド(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ポコっとまとまった時間が空いたときは映画でしょ。 ってことで「シャッター アイランド」を観ました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー ジョン、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モー...
駄作?シャッターアイランド、、それとも、なにかの間違い? (背面飛行がとまらない)
 シャッターアイランド、、”全ての謎が解けるまでこの島を出る事は出来ない”という
『シャッター アイランド』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パト...
「シャッターアイランド」(2010) (INUNEKO)
戸田奈津子さん監修超吹き替え版で見てきました。どうかなぁと心配してたけど、おかしかなかったです。ディカプリオの地声知らないし。 断崖絶壁に囲まれた孤島。凶悪犯罪を犯した患者だけを収容している精神病院。その十重二十重の密室から一人の女性患者が忽然と姿を消...
映画 『シャッター・アイランド』感想2(ネタバレ) (【ふじっくす情報局】)
前回、 『シャッター アイランド』 について感想を書きましたが、 大きな勘違いをしているかも、と感じ始めました!! 『シャッター・アイ...
★「シャッター アイランド」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みのシネコン2本目。 ひらりん的にはディカプリオは天才だと思ってますが、 これだーーっという、はまり役が少ないのかなーーー。 今回はバリバリのミステリーサスペンス丸出しの予告編だったので、 腕の見せ所でしょう。
シャッター・アイランド Shutter Island (映画!That' s Entertainment)
●「シャッター・アイランド Shutter Island」 2009 アメリカ paramount Pictures,Phoenix Pictures,138min. 監督:マーティン・スコセッシ  原作:デニス・ルヘイン『シャッター・アイランド』 出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キング...
【劇場映画】 シャッターアイランド (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 1954年9月、ボストンのはるか沖合に浮かぶ孤島“シャッター アイランド”。精神を患った犯罪者を収容するアッシュクリフ病院で、鍵のかかった病室から女性患者が煙のように消える。捜査のため、この孤島に降り立った連邦保安官のテディと新しい相棒のチャ...
シャッターアイランド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
スコセッシ監督×ディカプリオ主演の4作目は、「ミステック・リバー」の人気推理作家デニス・ルへインのベストセラー小説を原作に映画化! “閉ざされた島”にやって来た捜査官を襲う底知れぬ恐怖と謎!・・・孤島の病院を舞台に描くトリッキーなサスペンス・スリラー...
「シャッター アイランド」 「騙される快感」がない (はらやんの映画徒然草)
マーティン・スコセッシ&レオナルド・ディカプリオの名コンビが挑むミステリー。 あ
シャッターアイランド(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[シャッターアイランド] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年32本目(30作品)です。 【あらすじ】 1954年。 精神を患った犯罪者の収容施設があるボストン沖の孤島、シャッター アイランド。 四方を海に囲まれた厳...
「シャッターアイランド」 ~覚醒の恐怖・・・・  (再追記;感想訂正) (取手物語~取手より愛をこめて)
「あなたはこの謎が解けるか?」
シャッターアイランド (花ごよみ)
監督は『ディパーテッド』の、 マーティン・スコセッシ、 レオナルド・ディカプリオが『ディパーテッド』と 同じく主演をつとめます。 舞台はある事件が起きた孤島。 この島で謎解きが展開されます。 原作はデニス・ルヘインの小説。 ディカプリオが連邦保安官の役を...
映画「シャッターアイランド」(出演:レオナルド・ディカプリオ)を見た (飾釦)
■配給:2010年 ■監督:マーティン・スコセッシ ■出演:レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、他 まず最初に書かねばならないことは、まだこの映画を見ていない人は読まないほうがいいですよということ。ネタ...
シャッター アイランド (とりあえず、コメントです)
マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオのコンビがおくるミステリーです。 “超日本語吹替版”という不思議な名前のついた吹替版で観て来ました。 脱出不可能な孤島の中で起きた事件の裏に隠された心が観ていて痛かったです。
シャッター アイランド (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  すでに上映開始から1ヶ月近く経過しているのだが、館内はほぼ満員という盛況ぶり。ディカプリオ人気とTVでの宣伝が効を奏したのだろうか。それにしても年配者の姿が目立つのは意味不明。 さて、じっくり謎解きを楽しんでもらおうと、「超日本語吹替版」が製...
「シャッターアイランド」デカプリオの演技力 (ノルウェー暮らし・イン・London)
甘いマスクで一世を風靡したディカプリオも、最近はすっかり貫禄がついてしまったけど、演技のほうは・・・? と思っていたら、ごめんなさい。 いつの間にか、しっかり演技派俳優になっていたとは・・・・ しかし、その丸顔ベビーフェイスが災いして~
シャッター アイランド (2ちゃんねる映画ブログ)
シャッターアイランド(SHUTTER ISLAND) http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1268295388/ 1 :名無シネマ@上映中 :2010/03/11(木) 17:16:28 ID:jTpOsFxB
シャッター アイランド (Shutter Island) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーティン・スコセッシ 主演 レオナルド・ディカプリオ 2010年 アメリカ映画 138分 サスペンス 採点★★★ “ショック死したらハワイにお墓を建ててあげます!”とか“戦慄のサーカム・サウンド!”とか、なんのことかサッパリ分かりませんが、やたらと魅惑...
「シャッターアイランド」(SHUTTER ISLAND) (シネマ・ワンダーランド)
名作「タクシードライバー」や、「ニューヨーク・ニューヨーク」「ギャング・オブ・ニューヨーク」などの作品で知られる、鬼才マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオを主演に、メガホンを執った驚愕(きょうがく)のサスペンス「シャッターアイランド」(...
mini review 10501「シャッター アイランド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、不可解な事件が起きた孤島を舞台に、謎解きを展開する本格ミステリー大作。原作は『ミスティック・リバー』の著...
【映画】シャッター アイランド…スコセッシが宇宙人とか云うハズないので安心 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休(※私は二連休)最後の日曜日です。 本日は…嫁さんが風邪をひいたらしく、遊びとかに行く訳にも行かず30分ほど最低限の食料品を買いに出かけただけの一日。後は溜まったHDDの中から「仮面ライダーオーズ」と「ヘタリア」を観たり、PSPで遊んだり、パソコンの前に...
シャッター アイランド (mama)
SHUTTER ISLAND 2010年:アメリカ 原作:デニス・ルへイン 監督:マーティン・スコセッシ 出演:レオナルド・ディカプリオ、イライアス・コティーズ、ベン・キングズレー、パトリシア ...
『シャッターアイランド』'10・米 (虎団Jr. 虎ックバック専用機)
なんでも、映画館では日本の配給会社が そんな超お節介なテロップを 上映前に流した