そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

アイアン・スカイ

2012-10-02 | 劇場映画れびゅー
月からナチスが攻めてくる!?
SFファンのカンパも話題の『アイアン・スカイ』を観てきました。
★★★★

テーマがテーマだけに、ただの低予算SFおフザケ映画かと思いきや、ストーリー展開も映像も全体的なバランスが抜群な中に、ナチスと米国の民主主義社会、そして人種問題を痛烈な風刺で笑い飛ばす要素が散りばめられていて、さらに映画が好きな人ほど楽しめる仕掛けもてんこ盛りでサイコー。
製作を後押ししたSFファンの期待に答え、レベルの高いおバカ映画に仕上がっています。

「いつか地球を侵略してやる」と、すっかり宇宙人気分で高いところから見下しているナチスの軍団。
大挙して月に行き、開拓して住む程の技術力は持っていても、その技術も思考も先の大戦時から殆ど進化しておらず、月に住んでるのに凄く時代遅れでアナログなところがこの映画のミソ。

アダムスキー型とか葉巻型(実際はヒンデンブルグ型)のUFOが彼らの乗り物なのが違和感無いのも面白い。

時代遅れでトンチンカンだけれど地球侵略の意気込みは本物なナチスをネタに、前半は彼らの生態を笑い飛ばし、終盤は宇宙大戦に発展して清々しいくらい笑わせてくれます。

チャップリンの『独裁者』をヒトラー崇拝映画に仕立てたり、『キル・ビル』を彷彿とする「ここからは英語で」なんて台詞とか、おフザケの連続でこういう映画大好き。

ネタバレ
長年の執念で作った巨大戦艦を起動する手段が無く、困っていた所にもたらされたのは地球人の持っていたスマホw

さんざん笑わせてくれてから突入する宇宙戦争。
アメリカさんの宇宙船は内装がほぼんどUSS.エンタープライズやしwなんて思ってたら、この映画の本気はここからで、アメリカを中心に繰り広げられる各国の本音合戦がもう抱腹絶倒。



オースティン・パワーズ:デラックス [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ワーナー・ホーム・ビデオ
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボーン・レガシー | トップ | ハンガー・ゲーム »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

18 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アイアン・スカイ (だらだら無気力ブログ!)
アメリカがまともに倒した敵はナチスだけらしい。
アイアン・スカイ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F) 映画という枠を最大限に生かしたエンターテインメント?
映画「アイアン・スカイ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『アイアン・スカイ』(公式)を先日、劇場鑑賞。 採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 第二次世界大戦で完全に敗北したはずのナチス...
アイアン・スカイ / Iron Sky (勝手に映画評)
制作のための予算確保に苦労していた所、ファンからの寄付が1億円も集まったと言う曰くつきの作品。 ナチの残党が、第二次大戦終了時に南米に逃げたという設定の映画に『ブラジルから来た少年』と言う作品がありますが、これは南米どころか、月の裏側までナチの残党は逃....
『アイアン・スカイ』 (こねたみっくす)
フィンランド発、SFブラックコメディの奇作、ここに現る! 第2次世界大戦後に月へと逃げた残党ナチスが70年の時を超えて地球に攻めてくるパロディ映画かと思いきや、風刺と痴情の ...
[映画『アイアン・スカイ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先の大戦で敗れたナチスドイツの残党が、月の裏側に逃れ、そこで秘密基地を建設、現代までに着々と規模を広げ、地球侵略を開始す!  その設定を聞いただけで胸がワクワクして見に行きましたよ^^  残業が8時までだったけど、レイトショーに駆けつけました。  お...
「アイアン・スカイ」 B級テイストの裏に、現代世界への皮肉あり (はらやんの映画徒然草)
ナチが月から攻めてくる! って内容を聞いただけで、B級の香り、トンデモ系のにおい
アイアン・スカイ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【IRON SKY】 2012/09/28公開 フィンランド/ドイツ/オーストラリア PG12 93分監督:ティモ・ヴオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー、クリストファー・カービイ、ペータ・サージェント、ステファニー・ポール、ティロ・プリュックナー、マイケル・カ...
アイアン・スカイ (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Iron Sky監督:ティモ・ブオレンソラ出演:ユリア・ディーツェ、クリストファー・カービー、ゲッツ・オットー、ベター・サージェント、ステファニー・ポールダークサイド・ムーンは秘密基地!
『アイアン・スカイ』月からナチスがやってキター! (コナのシネマ・ホリデー)
ナチス映画、SF映画へのオマージュ、そして政治風刺劇。一般ファンから1億円を集めた衝撃のSF映画は、面白かった!
アイアン・スカイ/IRON SKY (いい加減社長の映画日記)
たまには、おばか映画も、いいかなと・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1945年、連合軍の猛攻撃にさらされ、ナチス・ドイツは完全に敗北する。 しかし、その一部の残党たちはひそかに月の裏側へと逃亡を図っていたのだった。 そして70年の歳月をかけてその....
アイアン・スカイ (心のままに映画の風景)
2018年。 再選を目指すアメリカ大統領の人気取り政策によって、月面へ送り込まれた黒人モデルのジェームズ・ワシントンは、ナチスの残党によって築かれた第四帝国の月面秘密基地を発見する。 地球侵略の...
アイアン・スカイ ★★★★ (パピとママ映画のblog)
月面に逃れていたナチス・ドイツの残党による地球侵略という荒唐無稽なアイデアを映像化したSFコメディ。出演は「青い棘」のユリア・ディーツェ、「ヒトラー 最期の12日間」のゲッツ・オットー。製作費のうち約1億円を一般のファンからのカンパで集め、予告編再生回数が4...
アイアン・スカイ (銀幕大帝α)
ナチスが月から攻めてきた!! -感想- 映画秘宝ライターが好むってのも解る気がする。 ブラックユーモア満載のおバカ映画です。 シュールなギャグで溢れてる。 映画の中でここまで北朝鮮を笑いものにした作品も珍しいんじゃないですかね。 いかにも北が言いそうな台詞...
『アイアン・スカイ』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
西暦2018年、再選を目指すアメリカ大統領は人気取りのため、黒人のモデルを月面の裏側へと送り込む。しかしそこには第二次大戦末期に密かに脱出したナチスの秘密基地があったのだ。彼らは第四帝国を築き、地球への侵攻を企てていた! アメリカをはじめ世界各国の首脳た...
アイアン・スカイ (いやいやえん)
【ナチスが月からやって来る! 】これにカンパ金1億円が集まったという異例の作品。(制作費は、750万ユーロで約9億円らしい) 月の裏側に密かにナチスの残党が生き延びてたっていう設定だけで奇抜ですが、基地も逆さ「卍」だったのにはちょっと笑った。しかし月の裏...
映画「アイアン・スカイ」感想(DVD観賞) (タナウツネット雑記ブログ)
映画「アイアン・スカイ」をレンタルDVDで観賞しました。日本では2012年9月に公開された、フィンランド・ドイツ・オーストラリアの3国合作映画です。出自からしてかなりマ...
『アイアン・スカイ』('13初鑑賞63・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 7月13日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。