そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗

2009-08-29 | 劇場映画れびゅー
時間的制約をものともせず、ストーリーだけでなくキャストもカットも何もかも極限まで原作漫画にそっくりに作った結果、完成度の高さで大喝さいで迎えられた第1章
カンナが似てないせいかしっくり来ない印象を抱えたまま、途中から原作からズレていく展開が裏目に出たように感じた第2章
第3章はそれでもまた何かやってくれそうで期待せずにはいられない!
ということで、『20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗』を観てきました。
★★★

んー、微妙。
しっかり描いて面白いとこは面白いとこであるんだけど、そうでない場面とのムラがもの凄い。
前半、ケンジが関東の関所を通るまでは特にダイジェスト版な感覚。
こんなにムラがありまくられると、通して観て映画として面白かったとは言いにくい。

2015年、ともだち暦元年にウィルスが散布された以降の原作のストーリーから、解決編の『21世紀少年』上下巻のストーリーや登場人物をミックスして展開を変え、細かい所をそぎ落とし、2時間半に凝縮した脚本はよーく出来てると思うんだけど。
でも、「あの台詞がない」「ここでこうしたから原作は面白かったのに」って思う事の連続で、きっと原作が大好きだった人には納得行かない映画だったんじゃないかな。
脚本はそのままで問題無いから、もうちょっと原作の名場面、名台詞を大切にしてくれてたら俺も含めてファンはそれだけで第1章のように喜んだはず。

次いで思ったのは、第2章もそうだったんだけど、原作と全く違う展開な場面は大概過剰な演出でうんざりする瞬間もあるほど作り込み過ぎてた事。
なんで漫画から引用した場面は自然で、オリジナルな場面は不自然になってしまったのか堤幸彦監督、超プロなはずなのに。

東京はケンジ達が子供の頃のように作りかえられたはずなのに、ウィルス散布の場面では現代の東京のオフィス街を使って逃げまとう人々を描いてたりするのも統一性が無かった。

前作で方々から聞こえてきた「映画ではなぜ“ともだち”があれ程の影響力を持ったのかが描写されていない」って点に注目して第2章から観直してみると、やっぱ前作で原作に有った“ともだちが復活した直後に法王の身代わりになって撃たれる場面”が無かったせいで、“世界大統領”にまでなって、西暦をともだち暦に変えた程のカリスマ性が今回の映画版からは余計に感じられんのよなぁ。

無駄に俳優やら歌手やらお笑い芸人やら、ゲストタレントが出て来まくるのは面白かったけど、無駄に出てるんだからみんな台詞イランよね。
ダイアモンドユカイは潔く台詞無かったと思うけど。

ネタバレ
エンドロールで神木隆之介の名前を見つけ、「どこに出てたっけ??」と思ってたらエンドロール後に答え。
あのエンドロール後のエピソードは、原作そっくりに引用してかつ変えてた辺りグッと来たし、カツマタ君=ともだちってオチも悪くは無かったし、フクベエがただのいじめっ子でともだちとは関係が無くて死んでたという原作とは違う展開は意外性が有って面白かった。

でも肝心の本編があんなにムラっ気があると面白かったって言えんよなぁ。

氷の女王の部隊が無駄にイケメン揃いで原作のような生活感が感じられなかったり、春波夫が「演歌歌手としてはステージに立たない!」ってバンドマンに戻るエピソードが無くフツーにステージで演歌を歌ってたり、コンチが自分の正体を泣きながら明かす名場面が無かったり、尺が無くても出来る場面が削られたり変えられてるのが一番腑に落ちんのよなー。
思い出そうとしたらそんな場面がどんどん出てきそう。
とにかく、最後にステージで“あの歌”は歌わなかったっつうオチが原作ではかっこ良かったのに、思いっきりエンドロールの間熱唱してたのは…。

書きたい放題書いたけど、また思い出したら勝手に加筆校正します。



20世紀少年 第1章 終わりの始まり [Blu-ray]

VAP,INC(VAP)(D)

このアイテムの詳細を見る
20世紀少年 第2章 最後の希望 [Blu-ray]

バップ

このアイテムの詳細を見る
20世紀少年(ビッグコミックス)全22巻 21世紀少年 上・下

小学館

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇団、本谷有希子第14回公演『来... | トップ | 国産ケータイメーカーが »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日見てきました!! (知可)
2009-08-30 21:44:20
今日20世紀少年〈最終章〉−ぼくらの旗−を
見てきました
私はまだ中学生で原作も全く知らないんですが、個人的にはおもしろかったです
でもこのブログを見てみると結構ダメ出しが
出ていてビックリしました。
原作とそんなに違うんですね
うちのお父さんも「登場人物は原作とそっくり
でビックリした」と言っていたんですが……
原作のストーリーは忘れているらしく、「ともだち
は誰だったかなぁ〜…」と唸っていました。

私は第一章を見て、うちのお母さんと一緒に「たぶんともだちは蔵之介さん(つまり最終章
でいうカツマタ君)だ!!」と言っていたら当たって
いたので内心興奮してましたね
第一章でともだちがケンヂの前でお面を取る
シーンがありましたよねその後ろ姿
(正しくは頭…というか髪型)が蔵之介さん
そのものだったんですもん

蔵之介さん事態は好きなので、死んでしまった
トキは悲しかったです…。
うーん (KLY)
2009-08-31 00:01:30
結論から言うと、やっぱり原作読んでないとダメかも。正直この作品の何が面白いのかがさっぱりでして…。ともだちの正体も、彼だったからどうだというのか…。
まさか幼い時のケンジとの事件をだらだら引っ張ってこんな大それたことをしたって設定じゃないですよね?
なんだろう、総合的に良く解らない作品でした…。
>知可さん (そーれ)
2009-08-31 14:11:47
どうもです!
好きだから文句言いたくなる事ってありますよね。
私の場合この映画の原作が大好きなので、第一章のそっくりっぷりを思うとどうしても原作と比べて観てしまってこんな感想になりました。
一応★は3個付けてますので、フツーに楽しめる映画ではあると思ってます。

ともだちの正体がカツマタ君っていう部分は原作通り(原作ではフクベエが真のともだちで、フクベエの死後に整形をしたカツマタ君が入れ替わっていた)なので、わざと佐々木蔵之介の後姿を晒してたんだと思いますが、その辺のエピソードを上手い具合に端折ってイキナリカツマタ君に持っていってましたよね。
佐々木蔵之介さんは、昔所属していた劇団では悪役が多かったので、個人的にはこんな役だと観てて楽しくなってしまいますw
>KLYさん (そーれ)
2009-08-31 14:16:42
どうもです!
やっぱそうですか。
端折りまくってるので個々の場面が薄いんですよね、もっといつも熱い漫画なのに。
ともだちの正体がカツマタ君だった!しかもフクベエは子供の頃に死んでた!ってところは原作を読んだ人にとっては先入観ぶっ壊す結構衝撃的な変化なんですが、読んでないと「そうですか」で終わってしまうのかもしれませんね。
原作ファンとしては、結末だけ変えて他は原作から全部引用してた方が楽しめたように思います。
変にいじりまくる必要なかった…。
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-09-19 14:13:26
TB有難うございました。
20世紀少年大ファンの私は、第1章9回、第2章を5回
映画館で観賞してしまいました。
原作のあの名シーンが再現されて、さらに
ケンヂのあの歌も聞けて、結末の描き方…
原作と言いたい事は同じだけど、描き方が
異なりラスト10分は感動しました。
誰しもがともだちになる可能性があり、ともだちを
生みだしてしまう可能性もあることを…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
>シムウナさん (そーれ)
2009-09-25 00:08:51
どうもです!
レスポンス遅くて申し訳ありません。
物凄い鑑賞の回数ですねぇw
私の場合は実は音楽が付いた時点で漫画のイメージから逸脱してしまって、回を重ねるごとにその違和感が増してたんですよねぇ。
アニメ化した時に声優の声があってない時の違和感に似て、せっかく役者がぴったりなのにっていう感覚で観ていました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」 (日々“是”精進!)
映画「20世紀少年」最終章オフィシャル・ガイドブック「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」を鑑賞してきました浦沢直樹の同名コミックを堤幸彦監督が空前のオールスター・キャストで映画化した3部作の完結編。原作とは違う映画オリジナルの結末が用意され、ついに明かされ...
20世紀少年ー最終章ーぼくらの旗 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/日本監督:堤 幸彦出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平 愛梨、 石塚英彦、宮迫博之、研ナオコ、佐野史郎、小池栄子、木南晴夏、森山未来、黒木 瞳・・・万引きは、いけません!
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もうひとつの 結末。 もうひとりの ともだち。』  コチラの「20世紀少年 最終章 ぼくらの旗」は、浦沢直樹によるベストセラーコミックを3部作構成で実写映画化し、昨年夏に公開された「20世紀少年 第1章 終わりの始まり」、今年初めに公開された「「20世紀少年...
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (勝手に映画評)
『20世紀少年』の最終第三部。ともだちが誰か?と言う謎が解き明かされます。また、ケンジの生死も明らかになります。 ここまでの2作と違い、これまでの謎の解き明かし、ここから先起こる事の説明、逆に説明の無い状況変化と結末に持っていく気満々のストーリーです。結...
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。浦沢直樹原作、堤幸彦監督、唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、佐々木蔵之介、石塚英彦、宮迫博之、藤木直人、古田新太、森山未來、小池栄子、黒木瞳、佐野史郎、高橋幸宏。 「20世紀少年 第1章」「20世紀少年<第2章> 最後の希望」に続くシ...
20世紀少年 ぼくらの旗 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/08/29製作国:日本上映時間:155分鑑賞日:2009/08/29監督:堤幸彦出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之、佐々木蔵之介、佐野史郎、森山未來、古田新太、小池栄子、石橋蓮司、中村嘉葎雄、黒木瞳+あらすじ+&ld...
「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」プチレビュー (気ままな映画生活)
遂に、映画「20世紀少年」が完結する日になった。 初めて原作を読んでからずっと切望していた映画化。 それが3部作として現実になり・・・その夢が今日で 終わってしまうのかと思うと寂しくもなりました。
[映画][劇場公開]20世紀少年 ぼくらの旗 60点 (さとうれおはオレだけか)
神になるとかいって突っ込んでいくシーンは相当笑えたがその辺を心得た映画になっていくわけでもなく物足りない。 ロボットによじのぼっていくシーンはハラハラしましたがUFOも二機だけだししょぼかったですね。 話が佳境になっていっても有り難くないカメオ出演が多くて...
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (だらだら無気力ブログ)
浦沢直樹のベストセラーコミック「20世紀少年」を映画化した3部作の 最終章。世界大統領として君臨する"ともだち"の独裁に対し、反政府組織を 立ち上げたカンナと秘密基地のメンバーたちが、立ち向かう様を描く。 "ともだち"の正...
「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」ともだちの正体を知った先にみた思い込みの記憶とともだちの本当の真実 (オールマイティにコメンテート)
「20世紀少年-最終章-ぼくらの旗」は浦沢直樹原作の漫画「20世紀少年」の3部作の最終章で、ともだちにウイルスを撒かれた世界でともだちが世界を支配し、それを止めようとケンジら原っぱ一派とケンジの姪カンナらが立ち向かってともだちの正体を探りつつともだちの暴走を...
【99.8Kg】 「20世紀少年 最終章」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
皆さん♪おはようございます(^0^)/ クマは、本日とうとう36歳になってしまいました。干支を3回廻したってことだよ、すごいねー。縄文時代なら、もうとっくに平均寿命突破してる(笑)。今日からの人生は「儲けもの♪」と思って、色々なことに感謝して生きてゆき...
20世紀少年 -最終章- (Akira's VOICE)
友達と笑いあおう!!  
「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之、佐々木蔵之介、山寺宏一、高橋幸宏、佐野史郎、森山未來、古田新太、小池栄子...
20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
いよいよ『20世紀少年』も最終章―“ともだち”の正体は誰なのか、、、楽しみ〜【story】“ともだち歴3年”の2017年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスが蔓延する東京は壁で分断され、都民の行動は完全に制限されていた。そして、“と...
20世紀少年-最終章-ぼくらの旗 (★ Shaberiba )
20世紀少年ついに完結!!1年間ワクワクさせてもらいました(涙)楽しかった〜!!
「20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗」みた。 (たいむのひとりごと)
原作読者なので、「もうひとつの結末、もうひとりの ともだち」という映画オリジナルな結末に期待して鑑賞。ともだちの正体は、神木隆之介くんだった…と言ったらネタバレになるのだろうか?[E:coldswea
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (いい加減社長の映画日記)
とうとう三部作の最後を飾る最終章。 正直言って、前2作は、なんかもやもやして、期待の大きさに比べると・・・では、あったのだが。 でも、最後まで見届けないと、ということで「20世紀少年<最終章>ぼくらの旗」を鑑賞 「UCとしまえん」は、土曜日の午前にしては、...
『20世紀少年』の科学と学習 (映画のブログ)
 1995年3月20日、安否を確かめるために私は電話をかけていた。  この日の朝、地下鉄千代田線、丸ノ内線、日比谷線に、神経ガスのサリンが撒...
20世紀少年−最終章− ぼくらの旗 (LOVE Cinemas 調布)
浦沢直樹の同名コミックの映画化第3弾。監督はもちろんシリーズを通して同じ堤幸彦。出演者も全く変わっておらず唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨、藤木直人、石塚英彦、宮迫博之…と挙げ始めたらきりがない空前絶後のオールスターキャストです。いよい...
20世紀少年ー最終章ーぼくらの旗 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/日本監督:堤 幸彦出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平 愛梨、 石塚英彦、宮迫博之、研ナオコ、佐野史郎、小池栄子、木南晴夏、森山未来、黒木 瞳・・・万引きは、いけません!
20世紀少年 ぼくらの旗 (花ごよみ)
原作は浦沢直樹のコミック「20世紀少年」。 そのコミックの実写化。 3部作の最終章。 “ともだち”は今や、 世界に君臨する大統領。 日本ももちろん“ともだち”に、 支配されている。 カンナ(平愛梨)は今、 “ともだち”に対して反政府組織の 氷の女王となって、 ...
レビュー:20世紀少年 最終章 僕らの旗 (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[SF][サスペンス][アクション][ノスタルジー][エンターテインメント][少年時代][オールスター][エンドロール後の本編注意][邦画][実写][ビスタサイズ][155分] 原作ファン向け:★★★☆☆ 公開日: 2009年8月29日 監督: 堤幸彦...
【映画】20世紀少年 最終章 (新!やさぐれ日記)
▼動機 ラストが見たいだけ。 ▼感想 まさか、こんなサイテーな改変をするとは・・・ ▼満足度 ★☆☆☆☆☆☆ ひどすぎ ▼あらすじ “ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断...
[映画『20世紀少年 ぼくらの旗』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・(注意・このエントリー、まだ書き途中です^^;         でも、続きを書くことがすぐには出来ないので、中途半端で投稿しておく!)    ◇  昨日曜は休日出勤だったのだが、それでも日曜を楽しもうと、退勤後に、レイトショーで『20世紀少年』を...
「20世紀少年ぼくらの旗」 (かいコ。の気ままに生活)
浦沢直樹原作、全3部作で実写映画化したサスペンス最終章。「20世紀少年ぼくらの旗」公式サイト第2章から結局待ちきれず原作読んじゃいましてつくづくどうまとめるんだろう?で不安だったデス。で・・原作知ってても飽きないで集中して観られました〜個人的にはトヨエツの...
・・・無駄に長い。『20世紀少年 ぼくらの旗』 (水曜日のシネマ日記)
浦沢直樹の人気漫画を実写版映画化した作品。全三部作のうちの最終章です。
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
浦沢直樹の原作を読んでいないわてにとって、この映画は大変に平坦な物語に思えた。漫画の雰囲気を大切にしているからなのか、円盤やロボット以外の作りこみが足りないように思う。さらに、タイムマシーンで子供時代に戻って真相を探る方法は、サスペンス映画としては安易...
20世紀少年-最終章-ぼくらの旗 (めでぃあみっくす)
OPロールで「ともだち」を演じている俳優を記載したらアカンやろ!第1章で途中退場した俳優がクライマックスまで登場しなかったら、もうその俳優さんしかおらへんって分かってまうやん!やっぱり原作未読者には敷居が高いなぁ〜という感想が強く残った映画でした。過去2...
映画「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」 (FREE TIME)
話題の映画「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」 を鑑賞。
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年8月29日(土) 16:55〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:1300円(川崎の金券屋で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』公式サイト 三部作の最後。前作、前々作といまいち響かなかったのだが、惰性で観に行った。 ...
20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 (POCKET BASE)
浦沢直樹の漫画が原作の映画『20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗』を観てきた。全3部作の最終章。 第1章の公開から、ちょうど1年。本格科学冒険映画は、すべての謎が解き明かされ、ついに完結となった。 もうひとつの 結末。もうひとりの ともだち。 当初の予告どおり、...
【20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗】僕が20世紀少年なんだよ (映画@見取り八段)
20世紀少年〈最終章〉ぼくらの旗 監督:  堤幸彦 出演: 唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、香川照之、平愛梨       公開: 2009年8月...
「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」を観る (紫@試写会マニア)
先日の選挙の結果が判ってコレみると、ちょっと複雑な心境になるっていうか、笑っちゃうっていうか。(似たような・・・名前なんだもの) シリーズ三部作の最終章「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」を観てきました。 1・2章がちゃっかり試写だったので、一作く...
★「20世紀少年<最終章> ぼくらの旗」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みの2本目。 いよいよ最終章のシリーズ。 原作とは別のラストシーンを用意してるらしいが・・・ 原作未読のひらりんとしては、どうでもいいけど、 一応「ウィキペディア」で「ともだち」の正体は知っちゃってるので、 それがホントかどうかが楽しみ。。...
★20世紀少年<最終章>ぼくらの旗(2009)★ (CinemaCollection)
もうひとつの 結末。もうひとりの ともだち。映時間155分製作国日本公開情報劇場公開(東宝)初公開年月2009/08/29ジャンルサスペンス/ドラマ【解説】浦沢直樹の同名コミックを堤幸彦監督が空前のオールスター・キャストで映画化した3部作の完結編。原作とは違う映画オ....
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (Diarydiary!)
《20世紀少年<最終章> ぼくらの旗》 2009年 日本映画 20世紀少年3部作
20世紀少年 (最終章) / 映画 (恋する図書館。)
昨夜〜めちゃくちゃ楽しみにしていた映画『20世紀少年 最終章〜ぼくらの旗』を観てきました   STORY:“ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断。都民の行動は完全に制限されて...
20世紀少年< 最終章 >ぼくらの旗 (せるふぉん☆こだわりの日記)
先週、予期せぬ事態で見に行けなかったのですが、今日やっと見に行く事ができました。
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (犬・ときどき映画)
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 1話と2話はTVで見ました。 結局「ともだち」って誰だよ?というその興味だけで観ました。 1話と2話のダイジェストが本編の前に流れますが、やっぱり2話まで見てからのほうがわかりやすいと思います。 Story 西暦2017年 ケンジは...
【20世紀少年-最終章-ぼくらの旗】 (日々のつぶやき)
監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明、豊川悦司、平愛梨、常盤貴子、香川照之、石塚英彦、藤木直人、古田新太、黒木瞳     そうだよ、ぼくだよ。ぼくが“ともだち”だよ いよいよ最終章!待っていました。 初日に見たかったんだけど、どうしても時間合わずでやっ
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (週末映画!)
期待値: 65% シリーズ第3弾、これで最後 出演:唐沢 寿明、豊川 悦司、常盤 貴子、香川 照之、
「20世紀少年 -最終章- ぼくらの旗」 夢見る子供じゃいられない (はらやんの映画徒然草)
最近の邦画の中でもかなり大掛かりなプロジェクトである「20世紀少年」、いよいよ最
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[20世紀少年 ネタバレ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年78本目(73作品)です。 【あらすじ】 ともだち暦3年(西暦2017年)。 世界大統領として世界中を支配されている“ともだち”は、「8月20日正午、人類は...
20世紀少年<最終章>ぼくらの旗 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「YAWARA」「MONSTER」の人気漫画家・浦沢直樹による大ベストセラー・コミックを、全3部作で堤幸彦監督が映画化した第3弾。 総製作費60億円を費やした邦画史上初の一大プロジェクトが、いよいよ完結する。 物語:舞台は2017年、世界大統領として君臨す...
20世紀少年&lt;最終章&gt;ぼくらの旗 (yanajunのイラスト・まんが道)
『20世紀少年&lt;最終章&gt;ぼくらの旗』は、浦沢直樹さんの長編漫画「20世紀少年」と完結編である「21世紀少年」の2作を、邦画史上初の3部作で実写映画化したうちの最終章です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
『20世紀少年 最終章 -ぼくらの旗-』@吉祥寺東宝 (映画な日々。読書な日々。)
“ともだち歴3年”の2019年、世界は世界大統領として君臨する“ともだち”に支配され、殺人ウイルスがまん延する東京は壁で分断。都民の行動は完全に制限されていた。そんな中、カンナは反政府組織として武装蜂起する一方、“血の大みそか”以降、行方がわからなくなって...
『20世紀少年<最終章>ぼくらの旗』 2009-No33 (映画館で観ましょ♪)
総製作費60億円、300名を超えるオールスターキャスト。 はい。 本当にもったいないほどに豪華な出演者です。 第1章が面白かったか...
【映画】20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 レビュー (風の吹くまま 気の向くままに 〜 blow with the wind 〜)
20世紀少年 <最終章> ぼくらの旗 を観てきました。 映画について書くのはずいぶんと久しぶりな気がします。 155分と結構長いです。 レイトショーで観たので終電間際になってしまいました(^^; ↓公式サイト http://www.20thboys.com/index.html 最終章は、第2章...
20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[20世紀少年] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.5/10点満点 2009年85本目(79作品)です。 【あらすじ】 ともだち暦3年(西暦2017年)。 世界大統領として世界中を支配されている“ともだち”は、「8月20日正午、人類は宇宙人に滅...
20世紀少年最終章 (かりんのつれづれなるblog)
20世紀少年最終章みてきました。 1章2章をTVで見てしまったので、 一応みてお
20世紀少年<最終章> ぼくらの旗 (2ちゃんねる映画ブログ)
20世紀少年-20th Century Boys- Vol.37 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1251521385/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 13:49:45 ID:NRKD6K2r 公式サイト http://www.20thboys.com/ ◆スタッフ◆ 監督: 堤幸彦 原作: 浦沢...
「20世紀少年」第1章〜最終章&もうひとつのエンディング★★★★ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:堤幸彦 出演:唐沢寿明、豊川悦司、常盤貴子、平愛梨、香川照之、石塚英彦、宮迫博之、藤木直人、古田新太、森山未來、小池栄子、黒木瞳ほか(敬称略) ロック・ミュージシャンになる夢をあきらめ、失踪した姉に代わって実家の酒屋を継ぎ、コン...
『20世紀少年 ぼくらの旗』 (〜yatsufusa〜)
ある事情から、全く映画を観ていない。 DVD鑑賞もしていない。 ですので、以前に観て掲載しなかった作品を当面はUPしようかと思います。 『20世紀少年 ぼくらの旗』 2009年 堤幸彦監督作品 浦沢直樹による累計発行部数2,700万部を突破した ベストセラーコミック「20世...
20世紀少年  評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます