そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

スノーピアサー

2014-02-13 | 劇場映画れびゅー
ポン・ジュノが遂に韓国を飛び出して撮った映画ということで、“絶対に”観ておかなければならない大事件を予感させる『スノーピアサー』を観てきました。
★★★

これは大事件というよりも、大事故なのかもしれない。

韓流映画からは少し距離を置いているところですが、ポン・ジュノ初の英語作品ということを聞きつけての監督指名での観賞。
幸い予告編を一度も観ていなかったので、前情報は全くゼロです。

ネタバレ
最初に出てきた主人公らしき「ちょいオトコマエ」兄ちゃんが、どことなくクリス・エヴァンスに似ているなぁとか、でも似てるけどハリウッドスターはまさかこんなB級色の強い外国人監督の映画には出ないよね?クエンティン・タランティーノやロバート・ロドリゲスみたいにリスペクトされてる監督作でも無ければと思って観ていると、あれ?この若い子はジェイミー・ベルじゃない?でもそれにしては若すぎるかとか、いやいやこのおばちゃんもしかしてオクタビア・スペンサー?的な展開の中、ジョン・ハートが出てきた辺りで「ワオ」な確信。
なにこの映画、むちゃくちゃ豪華なキャスティングやんみたいな。
ポン・ジュノどんだけハリウッドで評価されてるねんって羨みも。
日本の監督はこれだけのハリウッド豪華キャストを自由に操る映画を撮れる環境に無いよね…、エド・ハリスまで登場するし。

しかし、主人公の兄ちゃんは相変わらずクリス・エヴァンス風にしか見えないオーラの無さ(髭のせいか)なので、エンドロールをチェックするまではずっと「似た別の人なのかも?」という疑惑を持ち続けておりました。
が、エンドロールを観ていてもう一人凄い人が出ていた事を知って愕然。
「ティルダ・スウィントン?え?どこに出てたっけ??あぁっ!」
あの鶏がらみたいな意地悪おばさん役がティルダ・スウィントンだったなんて!

キャストと言えば、天才ソン・ガンホと、『グエムル』で娘役を演じていたコ・アソンの再登板が最高に嬉しい。
彼らが出てきてから、この世界観の破綻した映画に光明が差した印象。
もうそれまでの展開は完全に前章として破棄し、彼らにずっと活躍させてくれても良かったくらい。

そもそもが、序盤の台詞で「無賃乗車」の人達が最後尾の住人だと語られているので、「無賃乗車」で命を救われている上に列車に対してなんの労働奉仕もなく、居住地と食料を与えられているくせに何を贅沢な事ぬかして氾濫起こそうとしてるんやこいつらという目線での観賞になってしまっていた。
ゆえに、最後尾の悲劇を知った後でも、俺はこの列車の社長の意見に大賛同でございます。

世界が滅びた日からノンストップで世界中を走る方舟列車にしても、何故走っている必要が有るのか、誰が線路の補修をしているのか。走り回る事で列車自体に傷みが生じた場合の補修は?と疑問と言うよりも効率の悪さに対する当然のツッコミを心に抱えたまま物語はどんどん進んでいく。
当然、雪崩が真横から来た場合のリスクも頭を過る。

この細長くエリアが繋がっていく列車と言う空間が方舟としては余りに非効率的で、どこに行くにしても途中に有るエリアの中を通りすぎて行かなければならない、他人の生活に干渉しなければならない構造なところにも疑問が。
これってきっと実写映画にしては成り立たない題材なのでは?
想像で補わなければ成り立たないところを、撮って映像にしてしまった大事故なのでは?
それを思い切って撮っちゃうところがポン・ジュノの凄いところで、『グエムル』にしてもそうだけど、初見の直後は拭い切れない“納得いかない世界感”で心から楽しめなかった印象ですが、後で観直すとどこか惹かれるという不思議な映画に仕上がっているのかもしれない。
観てから5日経った今のところはまだその徴候は無く、いろんな設定に対して疑問ばかりが浮かんでくるので、忘れた頃にWOWOWで放送してたらまた観てみよう。

映画としては奇妙で微妙なものの、やっぱソン・ガンホとコ・アソンが良い味出してるんよねぇ、これが。



母なる証明 [Blu-ray]
キム・ヘジャ,ウォンビン,チン・グ,ユン・ジェムン,チョン・ミソン
Happinet(SB)(D)
グエムル-漢江の怪物-(スマイルBEST) [DVD]
ソン・ガンホ,ピョン・ヒョボン,パク・ヘイル,ペ・ドゥナ,コ・アソン
ハピネット
殺人の追憶 [DVD]
ソン・ガンホ,キム・サンギョン,キム・レハ
アミューズソフトエンタテインメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウルフ・オブ・ウォールストリート | トップ | アイム・ソー・エキサイテッド! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

21 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「スノーピアサー」 闇の獣 (はらやんの映画徒然草)
「グエムル 漢江の怪物」「母なる証明」のポン・ジュノの最新作です。 クリス・エヴ
ポン・ジュノ監督『スノーピアサー(Snowpiercer)』クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、コ・アソン、ティルダ・スウィントン、ジョン・... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『ほえる犬は噛まない』『殺人の追憶』『グエムル』『母なる証明』(←スゴイ!全部傑作!)のポン・ジュノ監督がフランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原
劇場鑑賞「スノーピアサー」 (日々“是”精進! ver.F)
シロクマは生きてました… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402070001/ ポン・ジュノ監督作 / ソン・ガンホ、コ・アソン CMDC-10153 映画OST / 『雪国列車』SNOWPIERC...価格:1,890円(税込、送料別) ★特価...
スノーピアサー~アイデア賞どまり (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。韓国=アメリカ=フランス、ジャン=マルク・ロシェット、ベンジャミン・ルグランド、ジャック・ロブ原作、原題:Snowpiercer、ポン・ジュノ監督。クリス・エヴァンス、ソ ...
スノーピアサー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『母なる証明』などのポン・ジュノ監督が、フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に放つSF作。新たな氷河期が到来した地球を列車でさまよう数少ない人類の生き残りが、支配層と被支配層に分かれて車内で壮絶な戦いを繰り広げていく。『アベンジャーズ』などの....
スノーピアサー (Akira's VOICE)
その手は人のため!  
スノーピアサー (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【SNOWPIERCER】 2014/02/07公開 韓国/アメリカ/フランス PG12 125分監督:ポン・ジュノ出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、コ・アソン、ジョン・ハー...
スノーピアサー  (心のままに映画の風景)
2014年、人類は温暖化を食い止めるため、人工冷却物質の散布を実施したが、予想外の結果を招き、地球は氷河期に突入してしまう。 17年後の2031年、永久機関のエンジンを積み、1年で地球を1周する列車“スノーピアサー”で生活する乗客たちだけが生き残っていた。 止...
スノーピアサー/SNOWPIERCER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click フランスのコミック「LE TRANSPERCENEIGE」を原作に、 「殺人の追憶」「グエムル-漢江の怪物-」、「母なる証明」のポン・ジュノ監督が描いた 近未来SFアクションエンターテインメント 制作には、パク・チ....
映画『スノーピアサー』観てきた (よくばりアンテナ)
浅田真央ちゃんのSPでみんなが沈んでいる日。 真央ちゃんのこと考えながら運転してて映画館へ向かう道を間違えてしまったよ。 真央ちゃん、日本中の期待のことも、今までの努力のこともみんな忘れて フリーでは大好きなスケートをオリンピックで滑る喜びと楽しさを思...
スノーピアサー (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
スノーピアサー 13:韓国=アメリカ=フランス ◆原題:SNOWPIERCER ◆監督:ポン・ジュノ「母なる証明」「グエムル 漢江(ハンガン)の怪物」 ◆主演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレ...
『スノーピアサー』 (時間の無駄と言わないで)
韓国映画だけど台詞は殆どが英語。 キャストもクリス・エヴァンス、ジェイミー・ベル、ジョン・ハート、ティルダ・スウィントン、エド・ハリスっつうハリウッドの凄まじい面子を ...
スノーピアサー (とりあえず、コメントです)
フランスのコミックをポン・ジュノ監督が映画化した近未来SFアクションです。 この監督でこの豪華キャストというのは面白そうだなあと気になっていました。 どんどん人が死んでいく展開に、希望よりも絶望を感じるなと最後まで思ってしまうような物語でした。
スノーピアサー (とりあえず、コメントです)
フランスのコミックをポン・ジュノ監督が映画化した近未来SFアクションです。 この監督でこの豪華キャストというのは面白そうだなあと気になっていました。 どんどん人が死んでいく展開に、希望よりも絶望を感じるなと最後まで思ってしまうような物語でした。
残された人々~『スノーピアサー』 (真紅のthinkingdays)
 Snowpiercer  2014年7月。温暖化を阻止すべく打ち上げられたCW-7ロケットの影響で、地球 は凍結状態となり、生物のほとんどは死滅する。17年後、残された人類を乗せた 列車 「スノーピアサー」 は、一年かけて地球を一周する軌道を走り続けていた。...
映画『スノーピアサー』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-14.スノーピアサー■原題:Snowpiercer■製作年、国:2013年、韓国・アメリカ・フランス■上映時間:125分■料金:1,800円■観賞日:2月11日、角川シネマ有楽町(有楽町)□監督・脚本:ボン・ジュノ□脚本:ケリー・マスターソン◆クリス・エヴァンス...
スノーピアサー (銀幕大帝α)
SNOWPIERCER 2013年 韓国/アメリカ/フランス 125分 SF/サスペンス/ドラマ PG12 劇場公開(2014/02/07) 監督: ポン・ジュノ 『母なる証明』 製作: パク・チャヌク 原案: ポン・ジュノ 脚本: ポン・ジュノ 出演: クリス・エヴァンス:カーティス ソン...
人類は列車の中 (笑う社会人の生活)
13日のことですが、映画「スノーピアサー」を鑑賞しました。 氷河期が引き起こされてた 2031年の地球、残りわずかな人類は1台の列車に乗り込み、極寒の大地を行くあてもなく移動していた 後方車両の奴隷のような扱いを受ける貧困層は前方車両の優雅な暮らしを送る富裕層....
スノーピアサー (いやいやえん)
ポン・ジュノ監督が「氷河期の地球を疾走する全人類唯一の生存空間の列車」という、え、ちょっとありえねーだろな設定で挑むSF大作。元はコミックらしいですねー。新鮮味のある映画だった。 個性的であくの強いキャラたちがたくさん登場しますが、そのどれもが区別が...
スノーピアサー (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ポン・ジュノ 出演:クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ、ティルダ・スウィントン、ジェイミー・ベル、オクタヴィア・スペンサー、ユエン・ブレムナー、アリソン・ピル、ジョン・ハート、エド・ハリス、ルーク・パスクァリーノ、ケニー・ドーティ 【解説】 『母な....
スノーピアサー (miaのmovie★DIARY)
スノーピアサー [DVD](2014/06/27)クリス・エヴァンス、ソン・ガンホ 他商品詳細を見る 【SNOWPIERCER】 制作国:アメリカ/フランス/韓国  制作年:2013年 2014年7月1日、人類は突如として絶滅の危機を迎えた。 地球温暖化を食い止めるために散布された冷却物質は...