そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

劇場映画れびゅー 2008年度総まとめ <日本映画>

2009-01-03 | 映画+
引き続き日本映画も総まとめ。
こちらも日本インターネット映画大賞のフォーマットを使わせていただきます。

2008年に関西圏で封切られた内、劇場で観た総数102本中、日本映画は28本。
今年は映画を観た総数も減りましたが、邦画は特に減ってしまったかな。

作品賞の点数は、カテゴリーごとに30点を割り振る方式の為、外国映画と日本映画の記事の評価はリンクしていません。


[作品賞投票ルール]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

------------------------------------------------------

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「パコと魔法の絵本」   7点
  「アフタースクール」   6点
  「ザ・マジックアワー」   5点
  「20世紀少年」   4点
  「K-20 怪人二十面相・伝」   4点
  「デトロイト・メタル・シティー」   2点
  「ハッピーフライト」   2点
【コメント】
何といっても今年の邦画は中島哲也監督×後藤ひろひと脚本の実現で、また邦画の新しい形を広げてくれた『パコと魔法の絵本』に限るかな。

------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [中島哲也] (「パコと魔法の絵本」)
【コメント】
日本にこんな映画を作り出す監督が居る事を誇りに感じた。


【主演男優賞】
   [小林薫] (「歓喜の歌」)
【コメント】
さりげなく、情けなく、男らしく。ハマり役。


【主演女優賞】
   [國村隼] (「パコと魔法の絵本」)
【コメント】
有り得ませんw


【助演男優賞】
   [堤真一] (「容疑者Xの献身」)
【コメント】
完全に主役を食って尚余りある実力。


【助演女優賞】
   [松たか子] (「K-20 怪人二十面相・伝」)
【コメント】
アクションもこなす男勝りの令嬢を、頼りない主演俳優の演技力をサポートしながら演じて映画を成立させた。


【新人賞】
   [土井洋輝] (「崖の上のポニョ」)
【コメント】
この映画に感動出来たのは、この子の声が良かったから。


【音楽賞】
  「パコと魔法の絵本」
【コメント】
中島哲也監督の映画と音楽は切っても切れません。
中島映画が面白ければ必然的にサントラも最高だったからなので、他に音楽の良い映画が無ければこうなる。

------------------------------------------------------

【勝手に脚本賞】
   [後藤ひろひと] (「パコと魔法の絵本」)
【コメント】
映画も良かったけど、原作の舞台(『MIDSUMMER CAROL ガマ王子VSザリガニ魔人』)も是非みんなに観てもらいたい。
2004年の初演と、2008年再演の2種類共DVD化されています。

------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 劇場映画れびゅー 2008... | トップ | 08年12月~09年1月初沖縄は年... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確認です (日本インターネット映画大賞スタッフ)
2009-01-05 01:14:56
ご投票ありがとうございます。
念のため確認ですが、國村隼さんは主演女優賞への投票ということでよろしいですね?
>日本インターネット映画大賞スタッフさん (そーれ)
2009-01-05 18:55:09
お世話になります!
國村隼さんはレディーの役でしたので、主演女優扱いでお願いしますw
了解いたしました (日本インターネット映画大賞スタッフ)
2009-01-05 22:01:21
ご返答ありがとうございました。
然るべく集計処理いたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2008年度日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票します (オールマイティにコメンテート)
2008年度日本インターネット映画大賞日本映画部門に投票しました
日本インターネット映画大賞 (健康への長い道)
今年は洋邦あわせて43本。目標の50本には届きませんでした&#63909;。 今回の『日本インターネット映画大賞』では、日本映画部門と外国映画部門の両方に投票してみようと思っていましたが、[作品賞投票ルール]に「選出作品は5本以上10本まで」という項目があり、僕...
2008年のまとめ・日本インターネット映画大賞 (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
年末年始が大忙しだったんで、ようやくUP(爆)あけまして、映画『HERO』出演でございます。2008年のベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画を選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2007年はココ 20...
日本インターネット映画大賞(日本映画) (いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
前回はサボり気味だったので参加できなかったのですが 今回は自分の観た映画の整理もちゃんと(?)したので応募させていただきます。 毎回お誘いいただきありがとうございます! 日本インターネット映画大賞 オフィシャルサイトはコチラ 『 日本映画用...
2008年ベストシネマ15(邦画編) (京の昼寝~♪)
2008年ベストシネマ15(邦画編)  洋画編のところでも書きましたが、昨年はは年間101本(洋画51本、邦画50本)の映画を劇場で鑑賞しました~ 実は『おくりびと』だけ2回観たので、邦画の作品数とすれば49作品50本となります。 何となくですが僕とし...
2008年ひらりんアカデミー賞 発表編 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
日本アカデミー賞も終わったし、 本家のアカデミー賞も発表になるので、 このタイミングで「ひらりんアカデミー賞」を発表しちゃいましょう。