そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

カールじいさんの空飛ぶ家 3D

2009-12-05 | 劇場映画れびゅー
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。
★★★★

こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。
今回はピクサー純正、本気モードで3Dワールドが展開される!
と期待してたんだけど、日本でのIMAX上映は無し。
オマケに俺が観たのは梅田のTOHOで、あそこは作りが古い映画館だから、スクリーンがデカくても座席の配置の関係もあってあんま飛び出して観えないんよな。

そんなこんなで、せっかく広大な大空に浮かぶ風船ハウスにあんまり奥行やら飛び出し具合が感じられず、3D映画としては魅力に乏しかった。
日本でもとっととIMAXを増やしてください。

さてさて、映画の内容。
ピクサーが万人の心に届く演出が上手いのは言うまでもないね。
冒頭の10分の回想シーンで鷲掴みにし、じいちゃんの心に戻った童心と探究心、亡くなったばあちゃんとの約束を守る夢と執念に同調させられまくり。
頑張れじいちゃん!

クリスマス・キャロル』のクソじじいとは違うにしろ、奥さんを亡くして意固地になってしまってるじじいばかりを観せられてたらウザイってことで、愛くるしい少年が観客への緩衝材になってたり、次々に出てくる魅力的なキャラクター達で飽きさせない作りになってます。

じじいが主人公の映画なんて!とは言わずに、是非ともご覧になってみてください。
物語が終わる頃にはきっと癒されてるはず。

ネタバレ
あっという間にギアナ高地にたどり着いてしまうところで「え?」と思わせておいて、家を引っ張る展開からトントン拍子に仲間を増やして意外すぎる敵の登場。
そして作風が一転して駆け引きとアクションの連続。
たのしい!
やっぱIMAXで観たかった(しつこい)。



ウォーリー [Blu-ray]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スキマスイッチ『ゴールデンタイ... | トップ | ビッグ・バグズ・パニック »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは^^ (KLY)
2009-12-06 23:26:00
冒頭のカールとエリーの人生の追憶。優しい音楽に乗せたあの映像はそれだけで、心に直接訴えかけるものでした。もう涙が止まりません…。
そしてそれがクライマックスへの布石だとは。カールと過ごした毎日がエリーにとっての冒険だった――人生って、生きていくことを冒険だと受け止められるなんて、なんて素敵な人生だったんだろう。

IMAXって関東では川崎だけだったと思うんですが、やっぱり料金が上がっちゃうからっていうのが一番の問題なんですかねぇ。私も観たいんですよ、でも川崎まで出かけて更に高い料金払ったら、下手したら駐車場代込みで普通の映画3本分とかなっちゃいそうで…
じじいといえば (よろ川長TOM)
2009-12-07 13:09:28
来年の話なので鬼が笑うでしょうが、1月24日にBSで『世界最速のインディアン』もありますね。
もう一度観たかったんで忘れないようにしないといかんなーと思ってますけど、なんか忘れそうです。
私がジジイなんで…。

あ、トラバありがとうございました。私も二つも記事書いて送ってしまいましたが、それだけいろいろ考えさせられる映画でしたね。
>KLYさん (そーれ)
2009-12-23 19:08:12
どうもです!
レスポンス遅すぎて申し訳ありません!
久しぶりにブログ更新疲れが(汗)
冒頭の映像素敵でしたねぇ、そしてあの演出。
素敵な人生の中におじいちゃんの大冒険、なんて素敵すぎる映画なんでしょうねぇ。

IMAX全然日本で増える兆しが見えないんですけど、確実に儲かるのにやっぱ不景気で設備投資を控えてるんでしょうか。
>よろ川長TOMさん (そーれ)
2009-12-23 19:09:47
どうもです!
レスポンス遅すぎて申し訳ありません。
『世界最速のインディアン』!あれもイイ映画でしたねぇ。
私はレスポンスを忘れてました。
ゴメンナサイ(汗)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

61 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「カールじいさんの空飛ぶ家」 (日々“是”精進!)
カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました~!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!おやつはカール♪ じゃなくてチョコレートです
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (めでぃあみっくす)
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサーならではの言葉要らずの演出が加わった、まさに「大人のための映画」です。特に独身者より...
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよい...
「カールじいさんの空飛ぶ家」みた。 (たいむのひとりごと)
3Dに限らず、2Dでも字幕上映が無いのは何故?ガックリだ[E:despair] ・・となればいずれも吹替版なのだし、気を取り直して3Dにしようかと迷ったが、上映時刻の関係から2Dで鑑賞。それでも、映像
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後ver./実はすごく意味深 (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
邦題はいかにもお子様ファミリー向けっぽいですが、原題と中身を考え合わせるとかなり深いものがあります。読めば読むほど、娯楽作とはほど遠いテーマ。
『カールじいさんの空飛ぶ家』夢の映像化はリアリズムから (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
こちらのブログへお引っ越しして初めての新作鑑賞です。で、今回は鑑賞『前』と『後』の二本の記事に分けてお届けしますね。
カールじいさんの空飛ぶ家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたら...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡く...
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
「カールじいさんの空飛ぶ家」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「カールじいさんの空飛ぶ家」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *Disney、PIXAR *キャラクター(声優):カール・フレドリクセン(エドワード・アズナー/飯塚昭三)、ラッセル(ジョーダン・ナガイ)、チャールズ・F・マンツ(クリストファー・プラ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Memoirs_of_dai)
どうにかほしい本作のバウリンガル 【Story】 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、...
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (首都クロム)
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、...
やっと明日公開 UP カールじいさんの空飛ぶ家 予想外のぶっ飛び加速に感じる、また一皮むけたピクサー (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年のナンバー.1映画の本命「グラントリノ」以来、「まいりました」となった「UP カールじいさんの空飛ぶ家 」。 <どうみても、今後思いつくままに、ファンタジックな「あのシーン」「このシーン」を <繰り返し観ることになるだろう。。。。 その通りで、あれから何...
カールじいさんの空飛ぶ家 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:UP) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ピクサー映画の10作目にして、初の3Dアニメーション。 偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく、我が家に大量の風船をつけて大冒険に出発するアドベンチャー映画。 1930年代。伝説的な冒険家チ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (5125年映画の旅)
冒険家に憧れていたカール少年はある時、同じ夢を持つ少女エリーと出会い、後に結婚した。幸せは数十年続いたが、エリーはカールを残して先に旅立ってしまう。孤独に打ちひしがれるカールじいさんは、エリーとの約束を果たすために南米にあるパラダイスの滝を目指して風船...
カールじいさんの空飛ぶ家  (悠雅的生活)
チョコレート。テニスボール。ビニールホース。
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
カールじいさんの空飛ぶ家 (銅版画制作の日々)
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかな...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月7日(月) 19:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1550円(チケットフナキで購入した前売り1250円と差額300円) パンフレット:600円(買っていない) 『カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版』公式サイト 恒例のピクサーの新作は、ディズニー・デジタル3...
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
カールじいさんの空飛ぶ家 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
【カールじいさんの空飛ぶ家 3D】 (日々のつぶやき)
? 愛する妻が死にました―  だから私は旅に出ます。 甥っ子初の3Dに連れていってきましたー ストーリーは勿論、3Dの立体感に甥っ子ったら始終ワクワク興奮しっぱなしでしたー♪ 私は・・ 冒頭やられてしまいました! カールとエリーが出会った恋に落ちて、...
カールじいさんの空飛ぶ家 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...
冒険しようよ~『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
カールじいさんの空飛ぶ家 (心のままに映画の風景)
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに...
字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 (水曜日のシネマ日記)
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
カールじいさんの空飛ぶ家/Up (いい加減社長の映画日記)
これも1週間遅れのレビュー記事。ピクサーの新作アニメということで、期待して「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかなぁ。「カールじいさんの空飛ぶ家」は、大きめのスクリーンで、4割程度か。【ストーリー】冒険好きな少年と少女だった...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Blossom)
カールじいさんの空飛ぶ家 UP 監督 ピート・ドクター アメリカ 2009
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Movies 1-800)
Up (2009年) 監督:ピート・ドクター&ボブ・ピーターソン 声:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、クリストファー・プラマー 亡き妻との約束を果たす為、南米探検旅行に家ごと出発した老人と、たまたまついてきてしまった少年の冒険を描くピクサーアニメ。 主人...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Diarydiary! )
《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - UP 愛す
「カールじいさんの空飛ぶ家」3D吹替版☆鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
大人が観るべき映画。親の離婚で居場所を失った子供。子供は納得出来ずに元の家に行ってみると、子供の部屋だった場所は新しい奥さんの連れ子に占領されていた。父親は新しい奥さんにベタ惚れだ。邪険に子供は追い払われた(というのは実話だが、同じような境遇の子供が出...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Sweetパラダイス)
ボルトまだ観てなかったMAXってなんだ???ノムさんとサッチーテレビに出てたわ相変わらずノムさん節とサッチー節だったけどな…なんとじいちゃんが主人公なのですきっと癒されるはずだから観てねやっぱ演出が上手いな~さすがピクサーだよじいちゃん頑張れ愛くるしい少....
TAKE 100 「カールじいさんの空飛ぶ家」(3D) (映画回顧録~揺さぶられる心~)
いや~気がつけばとうとう100回目の投稿です。 ブログ開設から約3年半が経ちました。 あっという間というか、もう3年半か~というか。 記念すべき第100回目は「カールじいさんの空飛ぶ家」(3D)です。 この作品はピクサー初のDisney Digital 3-D版...
カールじいさんの空飛ぶ家 (日々緩々。)
『カールじいさんの空飛ぶ家』観て来ました~ あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 Up  (俺の明日はどっちだ)
冒険はそこにある 妻に先立たれた偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻との約束を果たすべく2人の思い出が詰まった我が家に大量の風船をつけ、たまたま居合わせた少年とともに冒険に繰り出す姿を描いたご存知ピクサーの最新作。 オープニングの冒頭10分で描かれるフレド...
「カールじいさんの空飛ぶ家」飛びます!飛びます!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」  (Andre's Review)
up アメリカ 2009 09年12月公開 劇場鑑賞 このところ忙しく、鑑賞から10日以上経過してしまいましたが、ようやく感想を書けました。 ピクサーの新作、ディズニーファンとしては見逃せません☆ 個人的には吹替え版には抵抗ありまくりなため、3D字幕版を観ようかな...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出...
カールじいさんの空飛ぶ家 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。 ラブストーリー、アドベンチャー、アクション、ヒューマンドラマ、すべての要素がここに詰まっています。 物語:幼...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D / 77点 / UP (ゆるーく映画好きなんす!)
前半はむちゃくちゃ素晴らしいんやけど、後半はほとんど記憶に残らない・・・ 『 カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 / 77点 / UP 3D 』 2009年 アメリカ 103分 監督 : ピート・ドクター 脚本 : ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシ 【
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味-BIMI-)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
カールじいさんの空飛ぶ家 (2ちゃんねる映画ブログ)
【ピクサー】カールじいさんの空飛ぶ家【UP】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239669035/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/04/14(火) 09:30:35 ID:PHNMrLyI ディズニー ...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけ...
『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
カールじいさんの空飛ぶ家 (mama)
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まっ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
カールじいさんの空飛ぶ家[3D] (~映画盛り沢山~)
新百合ケ丘ワーナー・マイカル・シネマズで観てきました 人生初3D鑑賞 「3Dすげ~」と思う反面「あんなもんか・・・」って感もありました なんかUSJのアトラクションみたいなのを勝手に想像していたので でも実際はあれぐらいが映画を観るにはちょうど良かったか...
■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない...
カールじいさんの空飛ぶ家 (銀幕大帝α)
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ....
カールじいさんの空飛ぶ家 (いやいやえん)
冒頭の妻との出会いから旅に出るまでの物語が秀逸。台詞がほとんどないにも関わらず二人の背景が読み取れる。子供が出来なくて二人だけの生活でも、幸せな人生だったんだろうなと思える。 主人公は偏屈気味なおじいさんで、要所ででてくる妻への愛にはジーンとくる。...