そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

英国王のスピーチ

2011-02-27 | 劇場映画れびゅー
怪優たちの共演、『英国王のスピーチ』を観てきました。
★★★★★

吃音症に悩む次期国王ヨーク公ジョージ6世を中心に、第二次世界大戦前夜のロイヤルファミリーと彼らに関わる人々を描く本作、何と言っても主要な役を全員いわゆる“怪優”と言われている役者が演じているところが面白い。
世界人口の1/4を統治し世界を動かす彼らを真面目に微笑ましく描いてるんだけど、これだけ怪優ぞろいだと浮世離れした妖怪達として茶化すのを意図していると思えてしまう。

だってさ、そもそも王子二人を演じるのはゲイムービーのアイコンを拭いきれないコリン・ファースと、リアル女装俳優ガイ・ピアースやで。
で、コリン・ファース演じるジョージ6世の妻役が怪女優ヘレナ・ボナム=カーターてどれだけキワモノ映画なんよ、王族をこのキャスティングで描くなんてちょっと非常識じゃない?w

王様(ジョージ5世)がマイケル・ガンボンで、チャーチルがティモシー・スポール。
この二人にムチャクチャ濃い表情で芝居させてるところは『ハリポタ』シリーズ思い出させる悪ノリに感じるし、そこであえてヘレナ“ベラトリックス”ボナム=カーターにまとも“風”な妻役をさせてるところが面白すぎる。

さらにジョージ6世の言語障害の矯正にあたる専門家の役が怪優中の怪優ジェフリー・ラッシュ!
このキャスティングを実現した時点で、製作サイドはこの映画の成功を確信したやろなぁ。

ジェフリー・ラッシュとコリン・ファースの掛け合いは、吃音症で会話が難しいはずなのに会話の場面が引き込まれるように面白いし、『マイ・フェア・レディ』を思い出させるかのような音楽を絡めた治療の描写もテンポ良くて楽しい。
こんなに真面目に描いた映画をこんなに楽しいエンターテイメントとして観られるなんてサイコー!
明日のアカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞、主助演男優賞、助演女優賞辺り個人的にイチオシの作品です。



クィーン [DVD]
クリエーター情報なし
エイベックス・エンタテインメント
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW | トップ | 前回に続きアットホーム路線の第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
英国王のスピーチ (LOVE Cinemas 調布)
後に「善良王」と呼ばれた英国王ジョージ6世が、ヨーク公爵時代に出会った言語聴覚士ライオネル・ローグの助けで自身の吃音を克服する姿を描いた伝記ドラマだ。主演は『シングルマン』のコリン・ファース。共演にジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーターと言った...
英国王のスピーチ (心のままに映画の風景)
幼い頃から吃音で内気な性格のジョージ6世(コリン・ファース)は、人前に出ることを極端に恐れ、自分を否定し続ける人生を送っていた。 ジョージの妻エリザベス(ヘレナ・ボナム=カーター)は、スピーチ...
英国王のスピーチ (Akira's VOICE)
1シリングから始まる家族と言葉の物語。   
英国王のスピーチ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気 ...
「英国王のスピーチ」は怪演と怪優たちが生... (映画と出会う・世界が変わる)
最近はすっかり怪容貌コスプレ女優となってしまったヘレナ・ボナム=カーターが、今回はごく普通のメイクと衣装で登場しているではないか。彼女をはじめとしてこの作品の出演者たち...
『英国王のスピーチ』 歯を食いしばっているすべて人へ (映画のブログ)
 人は誰しも苦手なことがある。  職業に就くのも、必ずしも好きだから、得意だからやるわけではない。  たとえ好きなこと、得意なことを職業にしている人だって、その職業で直面するすべてのことを難なく...
英国王のスピーチ (悠雅的生活)
‘バーティ’。1シリング。心の解放。
英国王のスピーチ  監督/トム・フーパー (西京極 紫の館)
【出演】  コリン・ファース  ジェフリー・ラッシュ  ヘレナ・ボナム・カーター 【ストーリー】 1936年の英国。国王ジョージ5世の後継として長男のエドワード8世が即位するが、離婚歴のある米国女性と結婚するために1年もしないうちに王座を捨ててしまう。ジョージ6世...
トム・フーパー監督 「英国王のスピーチ」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
作品賞は『英国王のスピーチ』!監督賞、脚本賞、主演男優賞と4冠を獲得!イギリスの歴史劇がアメリカの現代劇を下す! - シネマトゥデイ ↑アカデミー賞、取りましたね。 今日(3月1日)の映画の日は朝一から混んでました。 私も仕事明けで一睡もしてませんが、観て...
英国王のスピーチ / The King's Speach (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックして ね ←please click   先日の第83回アカデミー賞で作品賞受賞の話題作は実話が基のストーリー。
『英国王のスピーチ』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 英国王のスピーチ 』 (2010)  監  督 :トム・フーパーキャスト :コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコ...
劇場鑑賞「英国王のスピーチ」 (日々“是”精進!)
「英国王のスピーチ」を鑑賞してきました「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ...
英国王のスピーチ ある意味(文字通り)王道な映画やな~ (労組書記長社労士のブログ)
【=14 -3-】 昨日は珍しく友人たちと一緒に映画鑑賞、映画を見終わって感想を言い合えるってのは楽しいが、その後、飲んだくれてしまうのが困ったこった~。 飲み会のみ参加のキャサリンが「酒は血の一滴や」って言っていたが、今朝の俺は血がすべて酒のようだった・・・...
映画「英国王のスピーチ」 (FREE TIME)
映画「英国王のスピーチ」を鑑賞。
『英国王のスピーチ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「英国王のスピーチ」□監督 トム・フーパー□脚本 デヴィッド・サイドラー□キャスト コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター、ガイ・ピアース、ティモシー・スポール、デレク・ジャコビ、ジェニ...
英国王のスピーチ (to Heart)
英国史上、 もっとも内気な王。 原題 THE KING'S SPEECH 製作年度 2010年 製作国・地域 イギリス/オーストラリア 上映時間 118分 脚本 デヴィッド・サイドラー 監督 トム・フーパー 音楽 アレクサンドル・デスプラ 出演 コリン・ファース・ジェフリー/ラッシ...
王の声~『英国王のスピーチ』 (真紅のthinkingdays)
 THE KING'S SPEECH  1930年代の英国。吃音に悩むヨーク公(コリン・ファース)の妻エリザベス(ヘ レナ・ボナム=カーター)は、スピーチセラピストを名乗る元舞台俳優のオースト ラリア人、...
英国王のスピーチ(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、エミです(・∀・)つ 今日は旦那が仕事帰りに『マクロスF 恋離飛翼~サヨナラノツバサ~』を見に行くので夕飯の用意しなくていいんで.+゜*。(o´∇`*)のほほん.+゜*。:゜+ と ...
No.243 英国王のスピーチ (気ままな映画生活)
【ストーリー】 現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世の伝記をコリン・ファース主演で映画化した歴史ドラマ。きつ音障害を抱えた内気なジョージ6世(ファース)が、言語療法 ...
スピーチこそが (笑う学生の生活)
8日のことですが、映画「英国王のスピーチ」を鑑賞しました。 アカデミー賞作品賞をはじめ 4部門受賞した 話題作です 吃音に悩む ジョージ6世 スピーチ矯正の専門家 ライオネルに出会い、吃音を克服しようとするが・・・ まさに 作品賞にふさわしい そんな映画で 王...
英国王のスピーチ (にき☆ろぐ)
さて、お久しぶりの更新です。ずいぶん間を開けてしまいましたね。とりあえずはアカデミー賞で話題になった作品です。しかし私はそれと知らずに見ました。あらすじ:幼いころから、...
英国王のスピーチ (映画的・絵画的・音楽的)
 『英国王のスピーチ』を、吉祥寺バウスシアターで見てきました。 (1)この映画に関しては、それがアカデミー賞を獲得しようがしまいが、予告編の時から見てみたいと思っていましたから、実際にアカデミー賞の作品賞、監督賞、脚本賞、それに主演男優賞の4冠を獲得したこ...
「英国王のスピーチ」 友が聞いている (はらやんの映画徒然草)
本作は現在のエリザベス女王の父親にあたるジョージ6世の物語。 ジョージ6世は幼い
英国王のスピーチ (だらだら無気力ブログ)
「ブリジット・ジョーンズの日記」「シングルマン」のコリン・ファースが、 エリザベス女王の父にして国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を 演じて絶賛された感動の伝記ドラマ。 吃音症に悩みながらも妻エリザベスの愛とスピーチ・セラピストのサポート で歴史的...
映画「英国王のスピーチ」 (itchy1976の日記)
英国王のスピーチ - goo 映画 英国王のスピーチ(映画.com) 「英国王のスピーチ」オフィシャルサイト 英国王のスピーチ@ぴあ映画生活 英国王のスピーチ - Wikipedia ○作品データ(映画.com) 監督・脚本:トム・フーパー 脚本:デビッド・サイドラー 製作:イアン・キャニ...
英国王のスピーチ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
英国王のスピーチ'10:イギリス+オーストラリア◆監督: トム・フーパー「第一容疑者 姿なき犯人」(TV) ◆出演:コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム=カーター ...
[映画『英国王のスピーチ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆遅ればせながらの感想です。  これまた、英国紳士的なスマートな造りの傑作ですなぁ^^  先の大戦前夜、国民の多くの期待を受けて即位せしジョージ6世・・・、英国王として、その「言葉」は大いなる力になり得るのだが、彼は幼い頃から深刻な吃音症に悩んでいた。...
英国王のスピーチ (とつぜんブログ)
監督 トム・フーバー 出演 コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、ヘレナ・ボナム・カーター  英国王ジョージ6世は、幼いころ乳母に虐待されて育った。そのためか、吃音というハンデを持ち、内気な性格に育った。しかし王族という立場だから、国王代理として人前...
「英国王のスピーチ」(THE KING'S SPEECH) (シネマ・ワンダーランド)
英国民から慕われたイギリス国王ジョージ6世を描いた感動のヒューマン・ドラマ「英国王のスピーチ」(2010年、英豪、118分、トム・フーパー監督作品)。この映画は吃音(きつおん)症に悩みながらも妻エリザベスの愛と、セラピストのサポートにより、歴史的演説を...
映画『英国王のスピーチ』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
11-18.英国王のスピーチ■原題:The King's Speech■製作年・国:2010年、イギリス・オーストラリア■上映時間:118分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:3月3日、TOHOシネマズ・シャンテ(日比谷)■料金:1,600円スタッフ・キャスト(役名)□監督:トム・フ...