そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

ロング・エンゲージメント

2005-03-18 | 劇場映画れびゅー
芸術性の高い美しい映像で「ロスト・チルドレン」などのダークな映画を撮るかと思えば、穢れのかけらも無い現代のおとぎ話「アメリ」も撮る鬼才ジャン=ピエール・ジュネ監督。その彼が「アメリ」の主演女優オドレイ・トトゥと再び挑んだこの春一番の期待作ロング・エンゲージメント」を観てきました。
★★★★

穢れの無い空想世界に逃避する主人公の視点で描かれた「アメリ」とは違い、この「ロング・エンゲージメント」は現実的な戦争の生み出す恐怖が生々しく描かれているので、「アメリ」のノリを期待している方には刺激が強いかもしれません。
人間の内面に有る醜い部分をまるで動物のように荒々しく描いていたり、恐ろしい殺し合いの細かな描写は「アメリ」以前の作品を彷彿とさせ、また主人公マチルドが持ち続ける“希望”や愛を描く部分は「アメリ」を思わせます。それらジュネ監督の対照的な映画のエッセンスが融合して美しい芸術的な映像と合わさり、独特の世界観が今回初めて“現実の世界”として完成しています。

婚約者マネクが死んだなんて、“彼になにかあれば、私にはわかるはず”というマチルド自身の直感だけを頼りに、戦後の混乱の中少ない情報を頼りにマネク生存への手がかりを探す。何もかもアメリの思うとおりに話が進む「アメリ」の世界とは大きく違う点は、マチルドの空想は必ずしも思うとおりには行かない、現実はそんなに甘くは無いというところ。しかし彼女は希望を捨てず探し続ける。

全編を通してマネク生存を検証する推理劇なので、観ている側も次々に出てくるヒントを頼りに頭を使って考えながら観ることが出来るのも楽しい。ただ登場人物が多いから名前と個人情報を把握するのが大変、くやしいけどよく理解出来ていないままのところがいくつかあります。
もう一度観なければ。いや、そうで無くても何度でも観たくなる程面白かった。

秘密
ネタバレではありませんが、なんとジョディー・フォスターが出演しています。劇場中がどよめきました。

アメリ【期間限定スペシャル版】

ビデオメーカー

このアイテムの詳細を見る
エイリアン4

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る
ロスト・チルドレン

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
デリカテッセン <デジタルニューマスター版>

東北新社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (80)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナショナル・トレジャー | トップ | 松方コレクション »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジョディ (kossy)
2005-03-19 00:14:01
TBありがとうございます。

俺もジョディーでどよめきたかったです。

司会者が言わなければなぁ・・・
Unknown (ma)
2005-03-19 00:22:50
圧倒的な映像美と独特の世界観。

よくできてる作品だと思いました。



TBありがとうございました。
はじめまして。 (aki)
2005-03-19 00:27:26
こんばんは。TB有難うございました☆akiも理解できてないままのところがあるかも。もう1回観た方が楽しめるかもしれないですね。
ありがとうございます (そーれ)
2005-03-19 00:50:23
>kossyさん

>司会者が言わなければなぁ・・・

(;´д⊂)酷いですねぇその司会者さん。

オチを言うのにも近いミスですよそれは。

どよめきはエンドクレジットの時にも再燃しましたよ。



>maさん

>圧倒的な映像美と独自の世界観。

毎回全く違う映画を撮るのにどこか通じる奇異な空気が心地よくてジュネ作品は大好きです。



>akiさん

名前を覚えるのが大変じゃなかったですか?地名だと思ったら人の名前だったり(笑)
そうそう・・ (とりうち)
2005-03-19 01:34:35
どこかで観たことがある顔だなと思ったらジョディー・フォスターだったんですねぇ・・



最後に字幕を見て当たってたことに驚きました(^-^)
ありがとうございます (そーれ)
2005-03-19 02:05:33
>とりうちさん

驚きですよね、フランス語ペラペラだしあんな演技までするし。

子供の頃から女優で忙しいのにしっかりイエール大卒業するくらいだからマスターしているのはフランス語どころじゃないんでしょうね。

彼女が出た場面の前後はオドレイ・トトゥの存在を薄く感じたのは私だけ?
私のばやい (しん)
2005-03-19 02:37:05
この女優ジョディにそっくりだなぁ・・・って見てました

あーはずかし



こちらからもトラバります
はじめまして、TBどうもでした (映画三昧)
2005-03-19 05:06:26
ジョディ・フォスターがチョイ役で出てたこと、忘れてました。これ読んで、思い出したけど、彼女最近見ないもんなあ、暇なのかな? 今度また見に来た時にでもTBさせていだきますので、今後ともよろしくどうぞ。
TBありがとうございました。 (kuu)
2005-03-19 08:46:39
登場人物が多くて、少々苦戦しましたが、何とかラストには、全てが繋がりました(^^)。でも、もう1回余裕を持って見たいですねぇ(^^)。kuu
ありがとうございます (そーれ)
2005-03-19 08:51:49
>しんさん

私も最初まさか彼女ががフランス語の映画に出ているわけが無いと思ったんですが、でもじっと見れば見るほどジョディにしか見えないんでエンドロールで確認しました。

ジュリアン・ムーアに見えた瞬間も有ったんですが(謎)



>映画三昧さん

最近出てないですよね。子育てに忙しいのかな?

一時期は女優に監督に、それから映画意外の分野にも大忙しな様子だっただけに「パニックルーム」以来さっぱりっていうイメージでした。
ありがとうございます (そーれ)
2005-03-19 09:09:32
>kuuさん

そう、余裕を持って見たいですね

わからないことが出てきてもストーリーの進行は待ってくれないものだから、何度巻き戻したいと思ったことか(笑)
こんにちわ (マダムS)
2005-03-19 11:53:41
TBありがとうございました

名前と顔が一致せず汗をかいた方が多くて安心してます 私だけじゃなかった~笑

戦場のリアルなシーン・・これもまた監督の世界の一部だったんですね 勉強になりました。
ありがとうございます (そーれ)
2005-03-19 12:06:35
>マダムSさん

いきなり5人も紹介されたら覚えられないですよね(笑)

「アメリ」より前の生々しくてグロい表現が上手い監督というイメージが強かったので、路線変更したのではなくて融合を果たした点がファンとして嬉しかったです。
TBありがとうございます。 (さりい)
2005-03-19 12:45:50
TBありがとうございます。

私も登場人物の名前と人物が繋がらなかった一人です。

各々、個性的な性格の持ち主っぽかったのだけど…(苦笑)

でも、アメリ同様、ステキな作品でしたね♪
TBありがとうございました (shito)
2005-03-19 13:39:36
はじめまして。コチラもTBさせていただきました。

私は『アメリ』が未見でして、本作は普通に「ジュネの映画を観る」つもりで入ったので、とても良い映画で吃驚してます(笑)。

ジョディ・フォスターにもおっ!と思いましたが、若干ショックだったのはドニ・ラヴァンでしょうか・・・歳を重ねてもイイ味ですけどね~。
TBありがとうございました (ななな)
2005-03-19 18:33:22
初めましてです



あれ~この人どっかでみたことあんじゃん??

ジョディー・フォスターだ!!みたいな感じでした。

とても映像が綺麗だったのですがちょっと名前が覚えにくくて残念でした。(私が悪いんですけど)
もう一度はつらいかも (yuikaede)
2005-03-21 07:28:38
TBありがとうございました!

私はもう一度見たら全てが分かるかな、と思いつつも

もう一度見るのはちょっと辛いかもという長さでした。

私が見た劇場では後ろで寝る人アリ

横でトイレ行く人アリといった感じで

タイトルロール見終わるまでいた人は

他にいたっけ?という感じでした。

レディースデイでもあまり入ってないので

都会の単館向けなのかな?と思ってしまいました。
今度はDVDで。。 (cachinavit)
2005-03-21 08:33:10
TB有難うございます♪

私は今度観るならDVDで人物を全部把握してから

観たいですねっ。

これは一回では満足できない映画ですねー。

覚えるの大変っ!!
ありがとうございます (そーれ)
2005-03-21 21:08:11
数日出かけていたのでレスが遅れて申し訳ありません。



>さりいさん

ステキでしたね(*^-^*)

エンディングではホロリときた程度だったのですが、エンドロールの間にどっと涙が溢れてきて止まりませんでした。



>shitoさん

以前のジュネ映画はブラックコメディーもしくはホラーでしたからこんな心にグッと来る映画を撮るなんて思いもしませんよね(笑)

ウェス・クレイヴンが気分転換に「ミュージック・オブ・ハート」作ったのとは違ってジュネは貪欲に腕を上げて行くので次回作も楽しみです



>なななさん

私はマネクを紹介するための前振りだと思って流して観ていたので、後々までずっとストーリーに関わる人たちだとは思いもしませんでした(笑) そういう人がほとんどなんじゃないのかな?



>yuikaedeさん

>単館向け

そうですね、フランス映画ですしジュネ映画はクセがあるので映画好きの人じゃなければ取っ付き難いんじゃないでしょうか?

2回目はDVDでじっくりゆっくり観た方が楽しめるかもしれませんね。



>cachinavitさん

ですね!私もツボにはまったのでじっくり何度もDVDで観てみたいと思います。

こういう映画って観るたびに細かいところで新しい発見があったりするので、そういうのを見つけるのも楽しみです。
TBありがとうございます! (パフィン)
2005-03-22 17:40:20
「ジュネ監督の対照的な映画のエッセンスが融合して美しい芸術的な映像と合わさり、独特の世界観」と書かれている所に

興味が湧きました。「デリカテッセン」は以前から見たかった

のですが・・。
ありがとうございます (そーれ)
2005-03-22 22:24:50
>パフィンさん

「デリカテッセン」は狂った狭い世界観が凄いですよ。

不気味だけれど美しくて面白いです。
TBありがとうございます! (あかん隊)
2005-03-24 00:43:08
そーれさんへ

退出しようと思ったんです。

でも、TBのお礼を言いに戻りました。(汗

フランスの人でも「おかしな名前」と思うような名前を、日本人が覚えられるわけがない…と思いました。

人物と名前が、ぐちゃぐちゃになりましたが、なんとか筋をつけてわかったような気になって帰宅しました。(4本目最後だったし)
どうもです(*^-^*) (そーれ)
2005-03-24 22:21:17
>あかん隊さん

ご丁寧にありがとうございます

4本目にこれは厳しいですね、頭フル回転しないと(笑) でも1本目にこれを観て2本目に「ナショナル・トレジャー」を観た私は2本目が物足りなさ過ぎてあんなレビューを書いてしまいました
TBありがとうございました (プチネコ)
2005-03-25 22:12:54
はじめまして。

TBさせていただきました。



>独特の世界観が今回初めて“現実の世界”として完成してい>ます。

なるほど、私もそう思います。

そして、不思議な映画。

もし、もう一回観ることがあれば、違う発見ができそうな気がします。

Unknown (アルケミスト)
2005-03-25 22:49:30
こちらからもTBさせて頂きますね。

どよめき・・田舎だったので、殆ど人もいない中見た上に・隣の女性は寝ていたという・・

私もなんかどよめいてみたかったな=。

ありがとうございます (そーれ)
2005-03-26 00:58:59
>プチネコさん

>違う発見

そうですね、既にDVDで買ってチェックする気満々です(笑)

難解な人間関係も含めゆっくりじっくり観直してみたい。



>アルケミストさん

普通じゃないだけに好き嫌いハッキリ出る映画なので仕方が無いですね。私が観た映画館も郊外のシネコンで、ロードショー初回だったのに半分も客居なかったです。

どよめきは今もブロガーの皆さんがブログ上でどよめいて止んでませんよ

(綺麗な事を言ってみたw)
どよめきたかった~ (ももママ)
2005-04-07 21:59:04
TBさせていただきました。

どよめいたんですか?良いなあ~

公開されてから日にちが経ってカメオ出演が知れ渡っていたのか(私は知りませんでしたが)、レディースデイにも関わらずがらがらだったためか、どよめく気配なし。で、ジョディ・フォスターの登場に一人で「ええええええ~?」と、スクリーンに穴が開くほど観てしまった。こんなに似ている他人なんてありえないもの!
ありがとうございます (そーれ)
2005-04-10 02:22:32
>ももママさん

ロードショー当日の1回目で映画好きの人も多かったせいもあるのかな?

彼女が出てる間って完全に主人公食ってましたよね(笑)
TBありがとさんです。 (コウコウ)
2005-04-20 21:55:33
これは大変良い映画でした。

この春一番じゃないかな?



恋愛とミステリーと戦争~それぞれの面が、

よく練られていたお話だったし、

映像的にもしっかりと描き込まれていて、

見応えがありました。



ただ、やっぱり登場人物名は覚えづらかったですね(w
ありがとうございます (そーれ)
2005-04-20 23:33:56
>コウコウさん

見応えありましたよね!

DVDで買ったら何度でも観てしまいそうなストーリーの奥深さと目に心地良い映像で(グロい場面は別として)

登場人物もしっかり覚えて見直したい(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

80 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロング・エンゲージメント (ネタバレ映画館)
 激しい空爆と爆破シーンが生々しく臨場感たっぷり・・・一瞬、聴覚を失ったような感覚に陥り、観客は塹壕の中に隠れている兵士のように凍りついた。  戦争の悲惨さ、空襲を受け爆撃されるだけではなく、味方の軍の中にも悪魔が潜んでいるという異様な重苦しさをも表現し
ロング・エンゲージメント (akiのときどきつけるblog)
「ロング・エンゲージメント」試写会に行ってきました。 「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督、オドレイ・トトゥ主演で、ストーリーは全然違うけど、やっぱり「アメリ」に似た展開でした。オドレイ・トトゥ演じるマチルドが恋人の戦死の知らせを信じられず、様々な手が
『ロング・エンゲージメント』 (chaos(カオス))
『ロング・エンゲージメント』 第一次世界大戦下のフランス、戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人の兵士に、死刑が宣告された。彼らはドイツ軍との前線に置き去りにされる。 叔父夫婦と一緒に暮らすマチルド、彼女は戦場で死刑を宣告された5人のうちの一人マネク...
二回観ないと分からない。でも二回観るのはキツい◆『ロング・エンゲージメント』 (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月7日(月)試写会にて 今日は『ロング・エンゲージメント』の試写会。 自力で当選した試写会に来るのは2ヶ月ぶりだ。 最近は試写会当選率がめっきり悪くなったというのに、これは今日のと明日のと2通も当選していた。 『アメリ』が大ヒットしたジャン=ピエール・ジ
二度観てもやっぱり同じ◆『ロング・エンゲージメント』(2回目) (日々の記録と、コラムみたいなもの)
3月16日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 「二回観ないと分からない。でも二回観るのはキツイ」と言っていた 『ロング・エンゲージメント』を、もう一度観ることにした。 ジュネの作品は好きなので、登場人物が把握出来ずに置いていかれたことが悔しくて仕方なかったのだ。
★★★「ロング・エンゲージメント」オドレイ・トトゥ、ギャスパ... (こぶたのベイブウ映画日記)
「歩くとき、痛くない?」恋の始まりを予感させる最後が良かった。ジョディ・フォスターは素敵だし、美しい映像、セリフも面白かったです。「君の微笑は、幸せの幕開け」「希望がないなんて、死んだほうがまし」「犬がオナラをするのは幸運の印よ!」でも、登場人物がやや...
★「ロング・エンゲージメント」 (ひらりん的映画ブログ)
アイアン・アイ(鉄の目)のひらりんも、 一日2本映画を見ただけで眼医者通いになってしまいました。 まっ、そんな事はどうでもいいんだけど。 この作品はその2本目。 フランス映画は独特・・・なんだけど、 「アメリ」の監督と女優コンビの作品は見ておこうかな・・・っと
「 ロング・エンゲージメント 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジャン=ピエール・ジュネ主演 : オドレイ・トトゥ / ギャスパー・ウリエル /      / ドニ・ラヴァン/ティッキー・オルガド /  公式HPhttp://long-eng.warnerbros.jp/ 舞台は第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。あの、 「アメリ」 ...
ロング・エンゲージメント (spoon::blog)
解説: 『アメリ』のオドレイ・トトゥ&ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作。フラ...
ロングエンゲージメント(ネタバレなし) (ボクシングと映画の日々)
日曜のレイトショーでした すいていました 女性一人 男性一人の人が 多かったです 観たほうがいい人 ○ 戦争シーンに抵抗感がない人    (「コールドマウンテン」なみにあります) ○ 変わったフランス映画が見たい人    (とはいっても ベッソン監督
『ロング・エンゲージメント』 (傍流点景)
 ジャン・ピーエル・ジュネの映画の魅力は、その「画」による世界観構築が総てである。と思っていた。  捩れてダークな悪夢ファンタジー系の「画」で確固たる個性を築いた人で、個人的には相当タイプのはずなんだけど(苦笑)実はツボの斜め下あたりを横切っている(画の下
さすがジャン・ピエール・ジュネ監督独特の美しさと楽しさです 『ロング・エンゲージメント』 (鳥打さん家の美味しい日記)
岡山では最新でも、全国的にはそうでもない最新映画の話し アメリも、デリカテッセンも不思議で美しい色をした映像に酔いしれました。 この色調は独特のものがありますね、今回もその美しさは堪能できます。 しかも何人かは見たことのあるキャスト、主演のオドレイを
ロング・エンゲージメント (m_review)
第一次世界大戦。戦場を抜け出すため自らの手を撃った5人のフランス兵が、死刑を宣告された。終戦後、5人の中の1人、マネクの婚約者だったマチルドは、戦場で彼を見たという元伍長の話を聞く。マネクは生きている…そんな直感を頼りに、私立探偵のピールを雇い捜索を
ロング・エンゲージメント (まつさんの映画伝道師)
第32回  貸切、貸切状態ですよ!月曜のレイトショーはいつも観客が少ないとはいえ、約450人入る劇場にたった一人。贅沢と言えば贅沢ですが・・・複雑な心境です。そもそもジュネ作品は全国拡大ロードショー向きじゃない。製作費高騰で買い付け額高かったんだろうな
ロング・エンゲージメント (ともやの映画万歳!)
(原題:UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES) 【2004年・フランス】試写会で鑑賞(ともや評価:★★★★★) ジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥの「アメリ」コンビが、セバスチャン・ジャプリゾの全仏ベストセラー小説『長い日曜日』を壮大なスケール映画化
ロング・エンゲージメント (どんな台詞が気に入りましたか?) (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
「ロング・エンゲージメント」は\"希望\"を物語の核としており、希望に関する台詞が印象的だった。 「あまり希望を持つな」 「希望を持てないなら死んだ方がまし」 「偽りの希望は余計に苦しむ」 また、これは愛の映画であり、同時に謎解きミステリーでもある だからこんな
キャッチコピーは【\"直感\"を信じる。それは、\"奇跡\"に耳をすますこと。】 (ともやの映画万歳!)
本日届いた試写状は、「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥの黄金タッグが繰り出すロードムービー「ロング・エンゲージメント」。 『婚約者は戦死した』と知らされるが、直感で彼はまだ生きていると想う主人公のマチルダ。彼を捜して果てしない旅に出
ロング・エンゲージメント (cino)
オーシャンズ12を見に行ったつもりが、たどり着いたのがロング・エンゲージメントの映画館でした。 とんでもない勘違いです。 ジャン=ピエール・ジュネ×オドレイ・トトゥという売れ線作品。 もちろんストーリーは謎解き状態でした。 人の見分けがえらくつかないわたし
CAC映画評:「ロング・エンゲージメント」 (言語生活)
 最近、公開された「ロング・エンゲージメント\"Un Long Dimanche De Fiancailles\"」のCommeauCinema.comにあった映画評を訳しました。フランスの批評サイトでは、なかなかどこも好印象のようでした。ただ、カイユ・ド・シネマはあまりいい得点ではありませんでした。僕は
ロング・エンゲージメント (impression)
フランスのジャン=ピエール・ジュネ監督作品。全体がセピア色のカラーと言う感じだ! マチルダが生活している空間の映像が素晴らしい分、戦争の場面では只管汚い現実をさらけ出して悲惨さを問い、このギャップでより訴えを強くしている気がする。相手は対ドイツだし、この
ロング・エンゲージメント (CINEMA CHECK!)
'''ロング・エンゲージメント'''       <内容>第一次大戦下のフランス。ブルターニュに住むマチルド(オドレイ・トトゥ)は、幼なじみのマネク(ギャスパー・ウリエル)と、結婚を約束した仲だった。しかし、マネクは、戦地に旅立ち、そ
ロング・エンゲージメント (3月12日公開)※R-15 (ひるめし)
『”直感”を信じる。それは”奇跡”に耳をすますこと。』 アカデミー賞(撮影賞・美術賞)ノミネート作品 監督 ●ジャン=ピエール・ジュネ・・・・・・・「アメリ」 出演 ●オドレイ・トトゥ・・・・・・・・・・・「アメリ」 ○ギャスパー・ウリエル・・・・・・・・・
ロング・エンゲージメント (It\'s a Wonderful Life)
予想以上の力作で満足しました。とにかくどの場面をとってもムダな画面が 無いと思った位、全編の画面の美しさは特筆もの。 「アメリ」のジャン・ピエール・ジュネ監督が10年も前から暖めていた 企画だとか。 「アメリ」が大好きな人には、オドレイ・トトウが主...
試写会「ロング・エンゲージメント」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「ロング・エンゲージメント」開映18:30@ヤクルトホール 「ロング・エンゲージメント」2004年 フランス 配給=ワーナー・ブラザース映画 監督=ジャン=ピエール・ジュネ、原作=セバスチャン・ジャプリゾ、脚本=ギョーム・ローラン 出演=オドレイ・トト
ロング・エンゲージメント (Cinema-Absolutism)
ロング・エンゲージメント  2005/フランス  ★★★ 監督 ジャン・ピエール・ジュネ 出演 オドレイ・トトゥ / ギャスパー・ウリエル / ドミニク・ピノン ■あらすじ■  第一次大戦、ドイツとの交戦中に軍法会議で死刑判決を受けた5人のフランス兵。その中
ロング・エンゲージメント ((ほとんど)シネマ日記)
アメリの女優(オドレイ・トトゥ)は、やはり独特の存在感がありますね。戦争のシーンばかりなのですが、不思議なぐらい純粋な恋愛映画でした。 第一次世界大戦末期、フランス軍のドイツ戦線に「ビンゴ・クレピュスキュル」という奇妙な名を付けられた塹壕があった。 そこに
『ロング・エンゲージメント』 (ラムの大通り)
-------この映画知らないにゃあ。 「だけど今に話題になるだろうね。 監督がジャン=ピエール・ジュネで主演がオドレイ・トトゥ。 つまりは『アメリ』の黄金コンビ」 ------ということは、またまたこだわりの映像が観られるわけだ。 「そう。しかも今回は思いっきりレトロ。
3月のシネマ・ヨーロッパ編『ロング・エンゲージメント』 (Brilliant Days )
『アメリ』の監督と女優のコンビが送るラブ・ミステリー アカデミー賞の美術賞と撮影賞にノミネートされていただけあって、セピア色の映像がとても美しい作品でした。 2004年 フランス 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 原作:セバスチャン・ジャブリゾ「長い日曜日」
映画 ロング・エンゲージメント (surry fine diary♪)
映画 ロング・エンゲージメントを観てきました。 今回も、オドレィ・トトゥは可愛かった!アメリの時も可愛かったけど、今回も可愛い! のだけど、お話は、アメリとは全く異なる、第一次大戦期、前線で戦死との知らせを受けた 婚約者を探すという、どことなく「赤毛のアン.
ロング・エンゲージメント (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
見事な謎解き戦争ドラマ。 深く心に響きました!
ロング・エンゲージメント (パフィンの生態)
アメリ」の監督(ジャン=ピエール・ジュネ)、撮影(ブリュノ・デルボネル)と 女優オドレイ・トトゥが組んだサスペンス映画。 「アメリ」のイメージを持っていると驚く。いきなり第一次大戦の戦場で、 主役マチルダの恋人マネク(ギャスパー・ウリエル)が他の4人の兵士と
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (わかりやすさとストーリー)
●白馬に乗った王子様を迎えに行く新・乙女道。アメリ探偵の直感と行動が奇跡を呼ぶミステリー●セピア調な村と砲弾降り注ぐ泥沼の塹壕との対比が斬新。時間軸を入れ替えたパズルを当てはめるのは少々たいへん。「アメリ」は本作のお膳立てだった?
ロング・エンゲージメント(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (中高年のための映画案内)
☆一途な女の子が白馬に乗った王子さまを迎えにいくミステリ調の物語☆海辺の村。灯台。マチルドのお家。こういった絵葉書のようにかわいい映像を楽しむというのもいいですね。でも戦場のシーンなど残酷なシーンもあります。このふたつのギャップの幅がかなり広くなっていま
ロング・エンゲージメント (利用価値のない日々の雑学)
「アメリ」コンビが再び。それだけの理由で見に行った作品である。結論から先に言うと、素晴らしい、本当に見事で完成度の高い作品である。勿論「アメリ」も良かったが本作品はそれ以上である。どれくらい素晴らしいかというと、今年スクリーンで観た映画の中では、まだ採点
ロング・エンゲージメント (はな*chanの日記)
今日も試写会です(^^) 最近けっこう当たってます(^^) そう、前説?のお姉さんが、「ストーリーは教えずに、お友達にも勧めてください」って言ってました(^_^; ん~…それは…どぉなの?(笑) で、感想としては…何か、予告見て思ってたような作品じゃなかったです(^
ロング・エンゲージメント (おうちカフェ。)
てなわけで見てきましたよ「ロング・エンゲージメント」。雰囲気としては、「アメリ」+「ブラザーフッド」?(なんだそれ)ノスタルジックな色彩の美しい映像と、戦場の暗く冷たい映像の両方。戦場で死んだとされている婚約者を、生きていると信じて探し続けるお話です。...
『ロング・エンゲージメント』を鑑賞 (-PARADOX-)
題名:ロング・エンゲージメント(R-15) 時間:134分 監督:ジャン=ピエ
ロング・エンゲージメント (■ぽん太の映画にっき■)
★★★★★とても丁寧に作られたスキがない映画です。壮大なラブロマンスであり、戦争ものでもあり、緻密なサスペンスミステリーでもあり。そして実はそれらが人生という座標軸の上で地続きであることを、この映画は教えてくれています。主人公のマチルドは戦場で行方不明...
『ロング・エンゲージメント』 (京の昼寝~♪)
 “直感”を信じる。   それは、“奇跡”に耳をすますこと。 ■監督 ジャン=ピエール・ジュネ ■脚本 ギョーム・ローラン ■原作 セバスチャン・ジャプリゾ(「長い日曜日」) ■キャスト オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、クロヴィス・
ロング・エンゲージメント (distan日誌)
予告編では、わりと「純愛モノ」っぽく描かれていますが、実際は、ロマンスと戦争とミステリーをミックスしたような作品でした。 ロマンスの部分は、マチルドとマネクの子供時代の描写など、とてもほほえましかったし、セピア色の映像美を十分に堪能することができました。
ロング・エンゲージメント (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「直感? うーん、何だか共感できなくて、世界に入れず。こんなに凄い戦争のシーンまで描かれていただけに、この不完全燃焼は悔やまれる。」 今日4本目は「ロング・エンゲージメント」です。オドレイ・トトゥ主演。そこそこ期待はしています。これが今年45本目の鑑賞です。
ロング・エンゲージメント (映画番長。)
当初この映画を見るつもりではなかったが、ネットでチケットを買ったら ローレライと間違って買ってしまっていた。 キャンセルも出来なそうだったので観に行った。 監督がジャン=ピエール・ジュネと主演がアメリのオドレイ・トトウ(発音が難しい)ということもあってちょっ
アメリはまだまだ続いています (soramove)
「ロング・エンゲージメント」★★★ オドレイ・トトゥ主演。 幼い頃から将来を誓ったふたり。 戦死の知らせを聞いても オドレイ・トトゥ演ずる主人公は 受け入れず頑なに 生きていることを信じ、 自ら消息を探っていく。 終戦後のその時代の風景は セット...
ロング・エンゲージメント 直感じゃなくて思い込みだって (妊娠、育児、映画人生)
アメリから4年・・・ってアメリ見てませ~ん。 ということで真っ白な状態で見た「ロング・エンゲージメント」は 思ったより普通~の映画という印象でした。 手がかりを追って謎解きのような形で進めているのですが 何か謎解きというよりは行き当たりばったり、 そしてあな
映画「ロング・エンゲージメント」 (RAKUGAKI)
とても魅力のある物語だと思うのです。 戦争に奪われた恋人の生死を求めて、生きてい
試写会「ロング・エンゲージメント」 (お笑い日記)
今日は久しぶりに試写会に行ってきた。一ヶ月ぶりくらいかなぁ。 こまめに応募してみるもんやね。 今回の映画「ロング・エンゲージメント」は殆どが「アメリ」のメンバー。 監督は「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督、 主演は「アメリ」のヒロイン役でもあった、オド
ロング・エンゲージメント (2005/03/12公開) (映画トラックバック劇場)
ロング・エンゲージメント公式サイト | 映画ブログランキング 【監 督】 ジャン=ピエール・ジュネ 【出 演】 オドレイ・トトゥ/ギャスパー・ウリエル/ドミニク・ピノン/クロヴィス・コルニヤック/ドニ・ラヴァン/ティッキー・オルガド/マリオン・コティヤール
ロング・エンゲージメント (CINEMA正直れびゅ)
「アメリ」のキャスト・スタッフが再結集したこの作品、予告編の出来が、これまた素晴らしい。ジュネ節満載のラブ・ミステリーとくれば、初日に観に行かないわけには行かない。 20世紀初頭のフランスが舞台で、全編セピアカラー。「アメリ」とはちょっと違ったトーン...
「ロング・エンゲージメント」を観た★★★★☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
この映画、巷の評価はけっこう低いようですが、自分的にはかなりツボでした-☆観終えた時にはもうお腹いっぱいに-☆しかしながら、皆さんおっしゃるように、物語のミステリー部分のキーマンになる登場人物たちは、ちょっとゴチャゴチャしてよくわからなかった。皆フランス...
「 ロング・エンゲージメント 」(UN LONG DIMANCHE DE FIANCAILLES ) (俺の明日はどっちだ)
ご存知「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ、オドレイ・トトゥコンビの新作である「ロング・エンゲージメント」はいろんな意味でとても贅沢な映画だった。 基本的には一人の女性が戦場で死んだという恋人の死を受け入れることが出来ず、必死に彼の行方を探すというのが大
続ロング・エンゲージメント (Dead Movie Society★映画三昧★)
前々回の続き…(続編があるって話じゃないので誤解のないように)! 『ロング・エンゲージメント』を見ていて、 子供の頃に読みまくった「怪盗ルパン」シリーズの小説の世界の 郷愁を感じてしまったのは、何も不思議なことではなかった。 「アルセーヌ・ルパン」というと
ロング・エンゲージメント (Dead Movie Society★映画三昧★)
良かったよ~。 個人的には、この監督・主演コンビの前作『アメリ』よりも 『ロング・エンゲージメント』のほうが好き。 (他人事だと、すぐ感動しちゃうタチ?) もちろん、『アメリ』も評判通りのいい出来だったけど、 主人公の気持ちがCGで表現されるシーンばか
ロング・エンゲージメント (映画短歌・せんかいへき blog)
 手のひらの痛みが胸に届くから 占ってでも探し出します ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ★★★☆ 2004 フランス・ハンガリー 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 戦争も謎解きも、あくまでファンタジ
『ロング・エンゲージメント』 (映画の見方“くるる流”)
「ソフィアローレンの『ひまわり』のような話かなぁ」と思いながら観に行った。ところが、とーんでもない!全然違いました。出だしが悪かったのかも知れない。私の隣に来たおばさん。ギリギリに来て「すみませんすみません」と前を通って席に着いておきながら、予告編中に...
『ナショナルトレジャー』を観て来ました。#57 (★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...)
『ストーリー』 伝説の秘宝を探し求める 歴史学者にして冒険家のベン。 彼は合衆国独立宣言書が秘宝の謎を解く カギだということを知る。
ロング・エンゲージメント (cococo)
色彩が、独特の映画だった。特徴的な色彩は、きれいだし、セピア調の雰囲気は好き。
★★「ロング・エンゲージメント」観ました★★ (★★かずくんままのマネー&育児日記+α(オトク情報有です!!)★★)
先日観た「ロング・エンゲージメント」の感想です♪ 予告のイメージと合ってるような違ってるような映画でした。 すごく分りにくい表現(爆) 観ていませんが「アメリ」の女優さんと監督さんの最新作です。 「アメリ」は予告や特集でしか少し映像を観ただけです。 その
ロング・エンゲージメント (Movie Lovers)
公式サイト☆☆☆☆\"彼に何かあれば・・私にはわかるはず・\"という直感を信じて、マチルドは途方もなく遠い旅に出る・・この映画全体に・・象徴が溢れてたような気がします。冒頭の荒涼とした戦闘の不毛なシーンに登場するキリストの像・・墓標が果てなく続く・・風景。対.
ロング・エンゲージメント (のんびりぐ~)
作品:ロング・エンゲージメント(A VERY LONG ENGAGEMENT) 監督:ジャン=ピエール・ジュネ 主演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン 公開:2004年 フランス 映画館 ロング・エンゲージメント 「マネク(M)はマチルド(M)を愛する(Aime)
ロング・エンゲージメント A Very Long Engagement (Sonic Death Monkey)
13 Mar 2005 (Roadshow 2005-012) ジャン=ピエール・ジュネ監督の最新作ってことで私の期待が大きくなりすぎていたのかもな~ なんかいまいちでした。 オドレイ・トトウ演じるマチルドが戦死の報告を受けた婚約者マネク(ギャスパー・ウリエル)の生存を信じて捜し続
『ロング・エンゲージメント』映画批評9 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  ジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥの『アメリ』コンビによるミステリー映画です。第一次大戦中に死刑宣告された婚約者の消息を追いかける女性のお話。 見終わってまず思ったのは、原作を読んでない観客が初めてこの映画を見て頭が混乱しな
「ロング・エンゲージメント」見てきました! (心の癒し、自然の音~音景色~)
「ロング・エンゲージメント」見てきました~♪「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督とオドレイ・トトゥ主演の最新作。「アメリ」の独特の雰囲気と不思議なテンポがこの映画でも効いていました。ストーリーは違うんだけど。でも戦争のシーンはかなり激しく、長く、空爆で
ロング・エンゲージメント (日々徒然ゆ~だけ)
 配給会社の半詐欺的ミスリードコピーまたも炸裂である。  これからご覧になる人は戦争映画やら恋愛映画やらミステリーやら,そうした概念は捨て去り,暗黒童話を観る感覚で観ると,騙された感や裏切られた感は少ないと思うが,どうか。
ロング・エンゲージメント (まきまきにっき)
今日の午後は外出で、都内の訪問先を2軒回る。 ちょっと疲れたが、今日は映画の日なので、こりもせず帰りがけに映画を見に行くことにする。 今年18本目の映画は「ロング・エンゲージメント」。 マチルド(オドレイ・トトゥ)は戦地に赴いた恋人の死がいまだに信じら...
ロング・エンゲージメント&ジャンピエールジュネさん (ハレンチフレンチ大作戦*)
久々に映画館で見たけど、nikkiとしては「いやぁ、別に」と言う感じでした。もともと監督のジャンピエールジュネさん好きなのと「ぴあ」の特集とを読んで想像は出来たけど、余りにも想像通り過ぎてがっかり。アメリカ資本も入ってるんですね。だからハリウッドっぽかったのか
ロング・エンゲージメント&ジャンピエールジュネさん (ハレンチフレンチ大作戦*)
久々に映画館で見たけど、nikkiとしては「いやぁ、別に」と言う感じでした。もともと監督のジャンピエールジュネさん好きなのと「ぴあ」の特集とを読んで想像は出来たけど、余りにも想像通り過ぎてがっかり。アメリカ資本も入ってるんですね。だからハリウッドっぽかったのか
ロング・エンゲージメント (シネマの実)
【好感度】 70% \"直感\"を信じる.それは,\"奇跡\"に耳をすますこと.
ロング・エンゲージメント (ももママの心のblog)
\"アメリ\"の不思議少女が今度は、恋人の生存を信じて探す不思議娘に。セピア色でミステリアスなラブファンタジー{/apples/} 2004年 フランス ラブロマンス 戦争ドラマ ファンタジー 2005年4月6日 川崎チネチッタ 監督 ジャン=ピエール・ジュネ(アメリ) 出演 オド
ロング・エンゲージメント (シネクリシェ)
 この作品の最大の特徴は、現代フランス映画のお家芸ともいえる
「ロング・エンゲージメント」 (こだわりの館blog版)
4/9 丸の内ピカデリーにて凝った映像でつづられた戦争大河メロドラマ。日本の昼メロTVだったら半年ぐらいは引っ張ってしまう内容でしょうね。監督:ジャン=ピエール・ジュネ出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ドミニク・ピノン、ジャン=ピエール・ベッケル、
制作裏話「ロング・エンゲージメント」 (独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板)
『 ロング・エンゲージメント』の英語題A VERY LONG ENGAGEMENT は直訳「非常に長い婚約」で、フランス語の原題 「 Un Long Dimanche de Fiancailles 」は 「長い婚約の日曜日/婚約式の長い日曜日」という意味になります。 ヒロインは『アメリ (2001)』のオドレイ・トトゥ
ロング・エンゲージメント ★★★★ (マダム・クニコの映画解体新書)
 (ネタバレあり、未見の方はご注意!) テーマは、タイトルの「約束」。「約束」とは何か?  「約束」とは、お互いに自分を信じてくれるように要求しあう行為である。だが、未来に起こるできごとなので、遂行できるかどうかは予測不可能。神に委ねるしかない一種の「信仰
映画☆批評【ロング・エンゲージメント】 (とりぷるだぶるVer.1.0)
評価 80点 「アメリ」のスタッフが再集結、オドレイ・トトゥ主演のラブロマンス映画。 もうとにかく感動の一言!!オドレイ・トトゥの演技にはほれぼれしますし、こんな純粋な 愛を見せられたらもう涙腺緩みまくりですよ。 (ネタバレになるので反転) 戦争で死んだと
映画☆批評【ロング・エンゲージメント】 (とりぷるだぶるVer.1.0)
評価 80点 「アメリ」のスタッフが再集結、オドレイ・トトゥ主演のラブロマンス映画。 もうとにかく感動の一言!!オドレイ・トトゥの演技にはほれぼれしますし、こんな純粋な 愛を見せられたらもう涙腺緩みまくりですよ。 (ネタバレになるので反転) 戦争で死んだと
ロング・エンゲージメント (生きてるだけで儲けもの☆)
『アメリ』のジャン・ピエール・ジュネ監督と オドレイ・トトゥが再び組んだ、重厚で純粋な愛の物語。 第一次世界大戦で兵士となり、行方不明となった 恋人マネクを、自らの直感を頼りに探し求める女性 マチルドの姿が描かれる。 原作はフランスの著名なミステ...
「ロング・エンゲージメント」(フランス/ジャン=ピエール・ジュネ監督) (サーカスな日々)
ながらく僕はフランス映画の若手女優は、ジュリエット・ビノシュ命だった。ゴダールに見出された彼女だが、1986年カラックス監督による「汚れた血」は、ほんとうに小悪魔のようなビノシュが魅力的だった。「ポンヌフの恋人」「存在の耐えられない軽さ」「トリコロール」-----
ロング・エンゲージメント-映画を見たで(今年167本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ジャン=ピエール・ジュネ 出演:オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル、ジョディ・フォスター 評価:91点(100点満点) 完璧な映像美に圧倒される2時間13分。 愚直なまでのまっすぐな愛情は最後に奇跡を起こすのか。 アメリの不思議な感.
映画『ロング・エンゲージメント』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:A Very Long Engagement その婚約者の長い別れと愛の直感、執念の捜索が結実する。深くて暗いミステリーの闇を愛の力が解きほぐす。初めての言葉・・歩くと痛いの・・・? 第一次大戦下のフランス・ブルターニュ、婚約者マネク(ガスパール・ウリエ ...
ロング・エンゲージメント (39☆SMASH)
『ロング・エンゲージメント』 あらすじ 『第一次大戦下のフランス。軍法会議により死刑を宣告された5人の兵士は、標的かのように敵陣との中間地点に置き去りにされた。その5人の中で最も若い兵士であるマネクにはマチルドという婚約者がいた。終戦後 ...
『ロング・エンゲージメント』 (Sweet*Days**)
ロング・エンゲージメント(2006/08/04)オドレイ・トトゥ、ギャスパー・ウリエル 他商品詳細を見る 監督:ジャン=ピエール・ジュネ CAST:...