そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

劇場映画れびゅー 2007年度総まとめ <外国映画>

2008-01-08 | 映画+
日本インターネット映画大賞から頂いたトラックバックに乗っかって、フォーマットに沿ってまとめてみます。

一旦はじめてしまうと、毎年やらなければ気の済まない典型的なA型なもので、この手のお誘いは毎年見なかった事にしてたのですが(汗)

ちなみに、2007年に関西圏で封切られた作品を、劇場で観た総数は123本(全部入場料払っての鑑賞…いくら使ったんだ?)、その内外国の映画は83本でした。
第一印象で付けた★の数に拘らず、二度目を観るに耐えうる映画かどうか、その辺も加味した上で新たに採点しています。
一回だけ観るのなら、各記事の★の数を参考にして下さい。


[作品賞投票ルール]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

------------------------------------------------------

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「ヘアスプレー」   6点
  「題名のない子守唄」   5点
  「バベル」   5点
  「ドリームガールズ」   4点
  「パンズ・ラビリンス」   4点
  「ダイハード4.0」   3点
  「パリ、ジュテーム」   3点
【コメント】
一番面白かったのは、『ドリームガールズ』も霞むエンターテイメント性の『ヘアスプレー』でしょうか。
大絶賛した『ダイハード4.0』は、何年も待たされた期待を上回る内容でしたが、一回限りのインパクト勝負なので少し下げました。何度も観れるのは、このシリーズ一作目です。
『パリ、ジュテーム』は、一粒で何度でも楽しめる企画ものとして選出。
こうやって見直してみると、良い映画は多かったけど、好きな映画10本を揺るがす映画には巡り合わない一年だった。

------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [ギレルモ・デル・トロ] (「パンズ・ラビリンス」)
【コメント】
日常のすぐ裏側にある非日常、人間の表の顔と裏の顔、ファンタジーとホラーのコントラスト、戦争と平和、あり得ない発想の連続。
観終わって尚、葛藤する程の心理描写を支持します。


【主演男優賞】
   [アンソニー・ホプキンス] (「世界最速のインディアン」)
【コメント】
こんなに癒し系アンソニー・ホプキンスは、もう観たくないと思えるくらいに満足。


【主演女優賞】
   [マリオン・コティヤール] (「エディット・ピアフ ~愛の賛歌~」)
【コメント】
『エンジェル』のロモーラ・ガライと迷ったけど、マリオン・コティヤールの憑依っぷりに軍配。


【助演男優賞】
   [アーロン・ヨー] (「ディスタービア」)
【コメント】
主演のシャイア・“ディズニー”・ラブーフの作られた人気よりも、未来を感じさせる青年です。
正直、『アイアム・レジェンド』の名犬にしようかと思ったのですが、人間じゃない(しかもメス)のでこちらにしました。


【助演女優賞】
   [カトリーヌ・ドヌーヴ] (「輝ける女たち」)
【コメント】
だって、カトリーヌ・ドヌーヴだものとしか言いようが無い。
主演女優は『パリ、ジュテーム』のファニー・アルダンでも良かったんだけど、オムニバス映画はちょっと選び辛い。


【新人賞】
   [ニッキー・ブロンズキー] (「ヘアスプレー」)
【コメント】
演技云々よりもインパクトが凄い。
もう他の役は回ってこないのでは?(汗)


【音楽賞】
  「ヘアスプレー」
【コメント】
『題名のない子守唄』にしたいところだけど、『ヘアスプレー』の軽快な楽曲には敵わない。

------------------------------------------------------

【勝手に最高にファンタジックで賞】
  「恋愛睡眠のすすめ」
【コメント】
最高に、男が夢見心地になれた映画。

【勝手にアニメ賞】
  「ハッピー フィート」
【コメント】
2007年、一番大人も子供も楽しめる映画。

【勝手に名脇役賞】
   [アビー(サマンサ役のメス犬)] (「アイアム・レジェンド」)
【コメント】
後半グダグダになる映画の内容や、主演のウィル・スミスよりも、犬の演技の印象が強い。

------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再会の街で | トップ | 劇場映画れびゅー 2007... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あけましておめでとうございます。 (masala)
2008-01-09 17:06:56
主演女優賞のマリオン・コティヤールは納得の受賞ですね。映画を見ている間、彼女の素顔を思い出せないくらいの変貌でした、映画も良く出来ていた。

本年もよろしくお願いします。
ご無沙汰してます (悠雅)
2008-01-09 18:45:58
あけましておめでとうございます。

昨年秋ごろから、何故かgooブログさんにスパムと判定されたらしく、
TBが届かず、コメントにURLを入れたら「不正なURL」と拒否されてしまい、
せっかくいただいたTBのお返しもできないままで、
大変失礼しています。
gooスタッフの方へ連絡を入れましたが、まだ改善されないようです。

インターネット大賞も、お誘いいただきながらまだ投票していなかったと思い出しました。
忘れないうちに投票しないと・・・
今年も相変わらずですが、どうぞよろしくお願いします。
TBありがとうございました (とらねこ)
2008-01-10 04:23:13
こんばんは、というよりおはようございます。
TBでお世話になっております!いつもコメントを残さず失礼しております。
『恋愛睡眠のすすめ』この作品で、「男が夢見心地になれた」というコメントがすごくいいですね♪
私もこれ、大好きでした。

『アイ・アム・レジェンド』見てないのですが、犬が気になってしまいました。。
こんにちは☆ (きらら)
2008-01-10 06:24:52
いつもTBでお世話になっております☆
今年もよろしくお願いしますー
「題名のない子守唄」を見逃したことが悔やまれます。。。
DVDなったらすぐに鑑賞しに行かなくては!

ヘアスプレーは文句なしに楽しい作品でしたね
こんにちは♪ (ミチ)
2008-01-10 17:32:14
TBありがとうございました!
そーれさんの挙げられている物はほとんど見ているのですが、『恋愛睡眠~』だけは予告を見て好みじゃないかもって思ったので未見です。
やっぱり見るべきだったかしら~。
『パンズ~』は先日見たばかりですが、その世界観に圧倒されました。
今年もよろしくお願いいたします。
>masalaさん (そーれ)
2008-01-10 22:18:18
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
おっしゃるとおり、マリオン・コティヤール自身の面影も吹っ飛ぶ名演でしたよね。
それまでエディット・ピアフには全く興味が無かったのに、帰ってからCDとDVDを即買ってしまったくらいにハマれた映画となりました。
ちなみにファニー・アルダンの『永遠のマリア・カラス』でも同じようにハマりました(笑)
>悠雅さん (そーれ)
2008-01-10 22:32:20
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
gooブログはあちこちで不具合の解消が無いままで、大変恐縮です。
スタッフブログでもその辺の状況を全く公開してくれなくて、困ったものですよね全く(⊃д⊂)

インターネット大賞は面倒くさくてこれまで無視してたお誘いに、今回初めて乗ってみたのですが、フォーマットに沿って書くだけで良いので結構楽なんですねぇ。
勢いで過去2年分も書いちゃいました(汗)
>とらねこさん (そーれ)
2008-01-10 22:42:17
いつもお世話になります。
本年もよろしくお願いします。
『恋愛睡眠のすすめ』のコメント、お褒め頂いてありがとうございます。
ミシェル・ゴンドリー監督の映画はいつもファンタジックで好きなんですが、今回の夢見心地ぶりは思い出す度にトリップ出来る映像にキャスト、演出でしたよね。
『アイ・アム・レジェンド』はホラーなので、犬を目的に観るのにはちょっとショッキング過ぎるかもしれないです(笑)
>きららさん (そーれ)
2008-01-10 22:50:26
いつもお世話になります。
『題名のない子守唄』は結構賛否分かれてるのであんまり誰にでもお勧めできる映画ではないかもしれないですよ。
私は監督が大好きなところから入ってるので公平な判断じゃないのかも(汗)
『ヘアスプレー』は知人に勧めまくって大勢に観てもらいましたけど、みんな満足してくてて紹介した甲斐がありました。
重ねて本年もよろしくお願いします^^
>ミチさん (そーれ)
2008-01-10 23:01:34
いつもお世話になります。
本年もよろしくお願いします。
『恋愛睡眠のすすめ』は、ミチさんのブログを拝見するとチャーミングでクレイジーなストーリーに、変態キュートなガエルのイメージだったようですけど、そのイメージ大きくは間違ってないので、あんまりお勧め出来ないかもです(笑)
夢と現実の区別が付かなくなる青年の話なので、基本パラノイアチックかもしれません。
そういう意味では、『パンズ・ラビリンス』の少女が、空想に逃避してるのか全てが現実なのか、観ている側には判別出来ない世界観と似ているとも言えますけど。
第12回日本インターネット映画大賞結果発表 (日本インターネット映画大賞事務局)
2008-02-09 08:24:33
先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。遅くなりましたが、作品賞ならびに各賞が決定しましたのでお知らせいたします。発表サイトはhttp://www.movieawards.jp/です。今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2007年,映画のベストテン (Akira's VOICE)
管理人AKIRAが選ぶ, 2007年鑑賞映画のベストテン&ワーストの発表!
2007映画、私的ベスト10!! (馬球1964)
2007年に観た映画28作品から選んでみました。
2007MYBESTMOVIETOP5 (日々“是”精進!)
先日の「AVP2エイリアンズVS.プレデター」を持ちまして、今年の劇場鑑賞が終了したので、2007年度のBEST5を発表したいと思います今年は全部で44本を鑑賞!(去年より2本ばかり多い)うち、試写会は6本。No.1「ボーン・アルティメイタム」最初から最後まで釘付けで...
ブログ納め2007 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 12/30~1/2まで当ブログはお正月休みとさせていただきますので、この記事をもって2007年のブログ納めとさせていただきます。今年も1年間ありがとうございました♪  去年もブログ納めの記事は、映画館や試写会で鑑賞した作品の中から満点をつけた作品を並べさせてもら...
2007総括マイベスト映画レビュー (オールマイティにコメンテート)
2007年の映画鑑賞が一部未消化があるもののほぼ終了したので年間60本鑑賞した映画の中から私が選ぶベスト映画、ワースト映画並びにベスト主演俳優&女優、助演俳優&女優、新人、音楽。TBベスト10を選びたいと思います。
2007年 外国映画ベスト10 (映画の感想文日記)
 11月から12月に東京で劇場公開された映画で、地方に来るのは来年になる作品も数多く、結局来ない作品もあるので、適当に、今年映画館で見た映画で、すばらしい、と思ったものを並べてみる。  外国映画と言っても、欧米以外の...
2007年に劇場鑑賞した映画-★気ままにベスト10★ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ジャジャーン衝動的にブログをはじめてから、今日で1年が経ちましたぁ~元々三日坊主な性質なので、こんなに続けられるとは夢にも思いませんでした。これも仲良くして下さった皆さんや遊びに来て下さった皆さんのお陰ですぅ~     どうもありがとうございました  ...
2007年劇場鑑賞映画 マイ総括 ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
2007年は370本の新作映画を劇場鑑賞することが出来たが(名画座等での旧作鑑賞や自宅鑑賞を含めると500本くらいか?)、その中で、これだけは外せない作品をピックアップしてみようとの思いつき企画。 あえて順位づけは行わないが、どれも価値ある作品であり、そんな必...
2007☆ベスト&ワースト映画 /2007 BEST&WORST MOVIE☆ (我想一個人映画美的女人blog)
なんと今年で10年目となりました migが選ぶ 年末の映画ランキング{/hikari_pink/}{/hikari_blue/} 映画の出来の良さではなく面白さを一番重視{/heart2_beat/} 対象となるのは2007年に公開またはDVD化された作品。 劇場にて102本(試写含む、二度観た作品は1本...
2007 My Favorite Movie 映画一般 (カノンな日々)
今年、劇場で観た日本映画、韓国映画以外での映画は全部で173作品でした。ミニシアター作品から超話題作までいろいろありましたけど、いずれも良作揃いの年だったなぁという印象です。10作品選びだすのも一苦労でこうしてアップしてみたもののまだまだ悩ましいくらいです...
日本インターネット映画大賞に参加(洋画) (勝手にコピーライター宣言)
『 外国映画用投票フォーマット 』【作品賞】(5本以上10本まで)  「ヒルズ・
2007年度勝手気ままにマイベストシネマ発表!! (ひるめし。)
今年一年間映画館で観た映画のまとめです。
2007年 なぎさが選ぶ今年の映画大賞 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 今年も観ましたいろんな映画! そして通いました映画館! ブログに記事としてUPしたのは、劇場鑑賞とDVDでの"お家鑑賞"とを合わせると         161本 そのうち劇場鑑賞した作品は58本 その中から 私...
映画2007 総決算! (たいむのひとりごと)
2007年の映画感想も終了。鑑賞作品総数:106本 (外画:61本 邦画:38本 アニメ:7本 *内DVD:6本)。私としては、邦画より外画が面白かった2007年。しかし今年、私に一番インパクトを与え
2007年ベスト作品発表!(洋画部門) (masalaの辛口映画館)
 こんにちはmasalaです。今年も早いものであと一日になりました。 今回は自分なりに選出したベスト作品を発表します。 洋画部門 第一位ブラックブック アメリカでラジー賞監督の烙印を押されたポール・ヴァーホーベンが、母国オランダで監督した戦争スペクタク...
2007年観てよかった欧米映画 (パフィンの生態)
1『パリ、ジュテーム』各国の監督がパリ市内の一区をロケ地に 選び六分程度の短編映画を撮影。短編なのに監督の個性が出ていた! 『パフューム』のトム・ティクヴァ監督も参加。 2『ボーン・アルティメイタム』シリーズ三作めにして最高というのが 嬉しかった。本物の...
2007年 kossy映画賞 外国映画 (ネタバレ映画館)
皆様、年末はいかがお過ごしでしょうか。
平気の平左的映画賞<2007> (平気の平左)
ことしのまとめー
2007年 劇場鑑賞映画ベスト10 (映画のメモ帳+α)
映画ファンの楽しみのひとつである、年間ベスト10選出。 ベスト10を選べるほど鑑賞本数が多くないので、昨年はパスしました。 でも、当ブログももうすぐ2年。2~3週間更新をさぼったりして、更新頻度は褒められたものではないのですが、とりあえず2年。そろそろ映画...
下半期鑑賞作品&マイベスト作品~♪ (B級パラダイス)
早いものでもう2007年が終わろうとしております。下半期は上半期に比べてそんなに惚れ込む作品がなかったかなあというか少なかったなあ...
2007年度 年間ベスト&ワースト (Subterranean サブタレイニアン)
いやぁホント、一年ってあっという間でございますねぇ。この前モチ食ってたと思ったら、またモチを食う時期になってしまいました。このペースだと、油断した隙におじいちゃんになっちゃいそうです。 そんなこんなで、年間ランキング。ランキングとはいっても、完成度やら...
2007 マイベストシネマ 洋画編 (シャーロットの涙)
マイベストシネマ 続き・・・
2007年・何を見ましたか?洋画【映画館】 (ぷち てんてん)
2007年もあっという間に過ぎていくよ~。私は今年は年間通して70本映画館で見ました。まあ、こんなもんかな~~。(地方ですからね(笑))DVDは新作を追いかけることが多く、今年上映された映画で見逃したものをDVDでみるという感じですね。DVDのほうは今年は100本ぐ....
日本インターネット映画大賞【外国映画】 (黒猫のうたた寝)
恒例の日本インターネット映画大賞の投票です。点数ってつけるの難しいんですよね、、、とりあえず、今日は外国映画賞 いきまーーす♪[作品賞投票ルール(抄)] ・選出作品は5本以上10本まで ・持ち点合計は30点 ・1作品に投票できる最大は10点まで------------...
とらねこのオレアカデミー賞 2007年 (レザボアCATs)
今年一年のまとめ記事です。今年も、とらねこの独断と偏見に基づく、オレアカデミー賞を作りました。判断基準は、「もう一度見たいかどうか」。好き嫌いのみで判断し、名作か否かは別問題とします。(タイトルクリックでその記事に飛びます)
2007年、ありがとう♪ (きららのきらきら生活)
今年もこれが最後の更新となりました去年から引き続き仲良くしてくださったみなさま、今年から仲良くしてくださったみなさま。本当にありがとうございました。今年もいろんなかたといろんなオハナシができてとっても楽しかったです。最後のほうはちょぴっと受身体制なblog...
今年見た邦画総まとめ(2007年) (ミチの雑記帳)
今年劇場で見た映画は全部で177本。そのうち邦画は72本でした。 私の好みだった作品、心をゆすぶった作品という視点で作品ベスト5{/kirakira/}を選んでみました。 1{/hikari_pink/}「それでもボクはやってない」 無実を証明することの難しさ、裁判の仕組みを知り愕然と...
今年見た洋画総まとめ(2007年) (ミチの雑記帳)
今年映画館で見た映画は177本。そのうち洋画は105本でした。 私の好みだった作品、感動した作品ベスト10{/kirakira/}を選んでみました。ランクなんて有って無きが如し。20本ぐらいは本当に同レベルに好きなものが並ぶので本当に難しかったです。 結局はハリウッド系もヨ...
2007年ベスト10(12?)&ワースト5 (りらの感想日記♪)
【2007年映画ベスト10(12?)&ワースト5】 とうとう今年も終わりですね。 遊びに来てくださっている皆様方には大変お世話になりました。
とんちゃんの2007年BEST10 (とんとん亭)
【勝手に2007年公開作品のBEST10】 地方在住の悲しさ故、公開されなくてDVDで観たものもあります。 また仕事が忙しすぎて、後半大失速し本数観ていないので、ランキングを つけるのもおこがましい気がするのですが、『とんとん亭』のメニューの中 から、勝手....
今年の映画 2007 (映画を観たよ)
さて、今年も終わりに近づいてきました。
2007年に観た映画 (It's a wonderful cinema)
 2007年ももう終わりですね。今年もたくさん映画を観ることができました。  劇場で観た映画が73本、試写会が32本、そしてDVDやTVが224本、合計329本です。DVDやTVの224本っていうのが信じられないぐらいの数字ですが、1ヶ月ちょっと、家で術後の療養生活を送っていた...
2007年を振り返って<映画> (はらやんの映画徒然草)
2007年も暮れを迎えました。 こちらのブログを始めて1年半になります。 昨年の
2007 unforgettable movies (ノラネコの呑んで観るシネマ)
早いもので2007年も後二日となってしまった。 例によって、今年も「忘れられない映画」を思い出してみようと思う。 映画の良し悪しではなくて...
似顔絵とともに振り返る、07年邦画・洋画。 (「ボブ吉」デビューへの道。)
邦画・洋画を総括できるほど、映画に造詣は深くないので、 単に今年鑑賞した映画を、一言コメントで振り返ってみますね。 ご覧の通り、話題作しか観てないのがバレバレの、 ミーハーな僕です(笑) ◆「それでもボクはやってない」  観賞後、公共交通機関を利用するの...
2007年ベストシネマ15(洋画編) (京の昼寝~♪)
 2007年は年間78本(洋画37本、邦画41本)の映画を劇場で鑑賞しました~一昨年は101本(洋画66本、邦画35本)で、昨年は89本(洋画49本、邦画40本)と2年連続で100本を割ってしまいましたが、、映画以外のアウトドア活動が増えたせいもありま...