そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

人間味あふれる第82回アカデミー賞

2010-03-09 | 映画+
ハート・ロッカー』が主要な部分をかっさらい、『アバター』は技術面、『イングロリアス・バスターズ』は『ハート・ロッカー』の隙を縫って脚本とか編集辺りを一つ位取るかな?
なんて思ってたけど、『イングロ』が食い込めなかったとこが予想外。

昨年の低予算でエコを逆手に取ったショーのウケが良かったからでしょうか、今年もスターをバンバン登場させて値切りやすい人件費に費用を割いてる分、地味なステージを豪華で華やかに感じさせる作りの授賞式でした。

でも改めてよー考えるとなんか地味過ぎ。
ショービジネスでは有名な方が演出をしたらしいけど、オープニングのミュージカルで期待させておいてその後は地味で平凡な展開が延々と続く。

今年も受賞結果よりも斜めから観た独善的な感想で書きます。

歌曲賞のショーがカットされてる?!
ライブで歌ってくれるだけで盛り上がる歌曲賞のショーが無かったのはガッカリ過ぎ。
アカデミー賞のステージで一番盛り上がるパートやのに、そこまでお金に困ってるんかな?
作曲賞メドレーに付けてたストリートダンスも地味過ぎ!
あんなあの場に似合わんショーならやらん方が良い。

その分司会の二人、スティーブ・マーチンとアレック・ボールドウィンの『恋するベーカリー』コンビが盛り上げてくれるのかと言えば、アレック・ボールドウィンがちょっと浮いてるのをスティーブ・マーチンがフォローしまくり。
アレック・ボールドウィンは最初のトークだけにして、後はスティーブ・マーチンひとりで会場中いじくり倒した方がおもろかったような。

主演男優、主演女優をスター達が一対一で紹介するのは昨年に続いての演出やけど、今年は昨年のような華やかさ重視じゃなくて本当に仲が良かったりゆかりのある人物が担当。
紹介のスピーチがむっちゃ心打つ演出。
でもやっぱ地味なんよ。

目新しかったのはホラートリビュートくらい?

WOWOW的には滝川クリステルが全く役に立ってなかったとこも微妙。
戸田奈津子大先生様が出てなかったとこは良かったけどw

毒づくのはこの辺までにしておいて、今年の見所。


主演女優賞のサンドラ・ブロック!
選ばれた瞬間から気丈に振舞ってたよなー。
メリル・ストリープにハグされてたら絶対泣いてたと思う、ハグされそうなのを避けて逃げてたし。
スピーチで泣かないように指示されてたせいもあって、泣くのをこらえてたところがが映画と被って余計にグッときた。
昨日ラジー賞で潔いスピーチした後だから余計にカッコいい。元々ファンやけど余計好きになった。

それから、監督賞の発表の後、間をおかずに作品賞を発表したトム・ハンクス。
あれもう『ハート・ロッカー』が獲るって確信犯のタイミングで、それも『アバター』と賞レースになってたのを意識しての「Winner」発言、オサレすぎる!

あと、ジョージ・クルーニーの人気者っぷりもw

ベン・スティラーの仮装もおもろかったけど、どうせなら当初予定してた通りサーシャ・バロン・コーエンとの掛け合いが見たかったなぁ。
難癖付けてサーシャ・バロン・コーエン下ろしたのは、内容云々よりもよっぽどジェームズ・キャメロンが彼自身を嫌いだったせいな気がしないでもない。



その他もろもろ、今回はついったーでもつぶやきまくってますのでよろしければそちらも。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハート・ロッカー | トップ | 第30回ラジー賞にも触れとこう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

17 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
第82回アカデミー賞速報 (LOVE Cinemas 調布)
続々と各賞が発表!『ハート・ロッカー』6冠!作品賞も!監督賞はキャスリン・ビグロー(『ハートロッカー』)!『アバター』3冠!主演男優賞はジェフ・ブリッジス。主演女優賞はサンドラ・ブロック!
☆第82回アカデミー賞授賞式 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第82回アカデミー賞授賞式は、スティーヴ・マーティンとアレック・ボールドウィンを司会に迎えてロサンゼルスのコダック・シアターで開催されました。今年はWOWOWの生放送を見ながら速報でお知らせしました~    ☆第79回アカデミー賞授賞式   ...
第82回米アカデミー賞結果 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
今年のアカデミー賞は直前のメール送信事件があったものの、『ハート・ロッカー』が作品賞・監督賞を最多6冠獲得。 対抗馬だった『アバター』は視覚効果・撮影・美術の3冠にとどまりましたねー。 最優秀主演女優賞は前日のラジー賞で最低主演女優賞を獲得したサンドラ・...
アカデミー賞は、元妻の勝利? (いい加減社長の日記)
ついに決まりました。 第82回米アカデミー賞の授賞式が7日、ロサンゼルスのコダックシアターで行われました。 ともに最多9部門にノミネートされ、監督が元夫妻で話題となった「アバター」と「ハート・ロッカー」の対決は、作品賞、監督賞など6部門を制した「ハ...
発表! 第82回アカデミー賞 (Akira's VOICE)
「アバター」は3冠どまり。 
『第82回アカデミー賞』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
『第82回アカデミー賞』が発表されました♪ 『アバター』が獲るか?それとも『ハート・ロッカー』が獲るか?ノミネート数が増えても結局のところ、この2作品の一騎打ちとなりました。それでは結果発表です。
第82回アカデミー賞 発表♪ (映画鑑賞★日記・・・)
今年もこの日がやって参りました。今年もリアルタイムで見られないので家に帰ってから再放送を楽しみます。まずは会社からこっそりチェックしておりました~。
第82回アカデミー賞 (めでぃあみっくす)
ついに発表された第82回アカデミー賞。結果は以下の通りです。 【作品賞】 『ハート・ロッカー』 【監督賞】 キャサリン・ビグロー『ハート・ロッカー』 【主演男優賞】 ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』 【主演女優賞】 サンドラ・ブロック『しあわせ...
第82回アカデミー賞 下馬評通りでした♪ (心のままに映画の風景)
???若??祉?????⒢????祉??⒢?刻?Neil Patrick Harris鐚????????????若??篏?????膣剛????⒢???????ャ?若?吾???腴????⒢?若?????潟? ?糸拘???<?ゃ?喝夓????ャ...
第82回アカデミー賞 (悠雅的生活)
各賞決定。
独占生中継!第82回アカデミー賞授賞式 (小部屋日記)
【WOWOW】 司会はスティーヴ・マーティンとアレック・ボールドウィン。やっぱスティーヴ・マーティンはアドリブもうまいし笑える。 作品賞のノミネート数が10作品に増えたせいで、テンポをあげるために泣いてはいけないなど取り決めが多くなったにもかかわらず、最後の作...
第82回 アカデミー賞決定 !!/ 82th Annual Academy Awards !! (我想一個人映画美的女人blog)
今札幌なので更新遅れております~{/m_0162/} 毎年の映画ファンの関心どころなので 今さらだけど記録として一応★ 第82回 アカデミー賞受賞作品 {/heart_pink/}作品賞{/heart_pink/} 「ハートロッカー」 「第9地区」「イングロリアス・バスターズ」「しあわせ...
第82回アカデミー賞決定~ (京の昼寝~♪)
第82回アカデミー賞決定~   決まりましたね~ついに(笑)僕の勝手な予想どおり、アカデミー会員たちに嫌われた『アバター』を押さえ元妻キャスリン・ビグローの『ハート・ロッカー』が、事前のトラブルを乗り越え、見事アカデミー会員たちのをヒットしました...
第82回アカデミー賞 授賞作品&俳優発表! (【ふじっくす情報局】)
「アバター」 VS 「ハート・ロッカー」というよりも、 ジェームズ・キャメロン VS キャスリン・ビグロー という 元夫婦対決が話題になった第82...
北野武とハリウッド。 (プールサイドの人魚姫)
映画の楽しみ方を大別すると二通りになると思う。 娯楽性と芸術性。この両方を兼ね備えている作品が所謂「名作」と呼ぶかは別としても、見る側の感受性によって受け取り方は異なって来る。 先日、ロサンゼルスで行われた「第82回アカデミー賞授賞式」で、6部門を制
なぜアカデミー賞はペテンなのか (マスコミに載らない海外記事)
John Pilger 2010年2月10日Information Clearing House 一体なぜ、これほど多くの映画が実にろくでもないのだろう? 今年のアカデミー賞候補作品、プロパガンダ、紋切り型と、全くの不誠実のパレードだ。主要テーマは、ハリウッド並みに古びている。よその社会に侵略し、...
アカデミー賞、「ハート・ロッカー」が作品賞など6部門受賞 (KINTYRE’SDIARY)
アカデミー賞、「アバター」は3部門第82回アカデミー賞の作品賞は、キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」が受賞した。「ハート・ロッカー」はほかに監督賞、脚本賞、編集賞、録音賞、音響編集賞でも受賞。全6部門でオスカーを獲得した。一騎打ちと見られて...