そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

手紙

2006-11-04 | 劇場映画れびゅー
殺人犯の家族が負う差別を描いた『手紙』を観てきました。
★★★

差別に次ぐ差別で救われない日々。
綺麗事を並べるのではなく、現実の厳しさを描いている。

自分の周りはどうか。いや、自分自身はこんな家族が近所に居たらどんな対応をするだろうか。
家族に贖罪の義務が無い事は理屈ではわかっているけど、胸に手を当てて考えさせられる映画だった。

が、沢尻エリカの外人が喋っているみたいにおかしな関西弁のせいで、イイ場面も台なし。今時こんな酷い関西弁で平然と演技する俳優は居ない…。
山田スミ子とか、関西弁の共演者が居るのに勉強しなかったのか。
最後の方はほとんど台詞がなかったおかげで良かったけれど、彼女が絡む大半のシークエンスは気が散って酷かった。
つか、酷すぎて笑えるw
★1個マイナスして3個にしています。

沢尻エリカにげんなりした状態で、山田孝之の濃い胸毛に気付いてからは、濃い眉毛ばっかり観ていた気がするんですが(汗)

気が散りまくったこの映画ですが、玉山鉄二の好演で救われている。
こんなに凄い俳優だったっけか。

ネタバレ
変な関西弁の沢尻エリカと胸毛が濃い山田孝之がで手紙の件について話し合う重要なシークエンス。
話の流れとは何の関係も無く「俺が守る」なんて台詞でくっつく二人。
本来なら観ていて感情が高ぶるところなので、感情移入しまくって目頭が熱くなった頃に吐かれる台詞だからスルーで済むんでしょうが、気が散って訳の分からない展開になってしまった。

K'sデンキの会長の言葉が素直で素晴らしい。



手紙

文藝春秋

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (47)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DEATH NOTE the Last name/デ... | トップ | 天使の卵 »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (k)
2006-11-06 18:38:17
>気が散りまくったこの映画ですが、玉山鉄二の好演で救われている。
めちゃくちゃおいしい役だったよなー玉山。
犯罪者の役なのに同情されまくるように持ってった演出のされ方で。
玉鉄だけ (そーれ)
2006-11-09 15:03:36
>kさん
ですよねぇ。
厳しい現実を描いているのに、肝心の犯人の部分だけを美化するような持って行き方はどうかとも感じましたが、演技だけを取って観たら凄く観ごたえのある役者でした。
Unknown (あかん隊)
2006-11-10 09:35:58
原作を知らないので、テーマが気になって観ました。
山田くんが、あまり好きじゃないので(汗)、テーマが違ったら観なかったかも…。玉山くんは、実際、受刑者にお話を聞いたりして、役作りしたとか。良い演技でした。いくら困っていたからといって、あんなことをするのは、配慮が足りないでしょう。「おまえのために…」と言われても迷惑なだけなんじゃ…。
犯罪者に感情移入 (そーれ)
2006-11-11 01:34:49
>あかん隊さん
なかなか難しいシチュエーションなんですよね、これで泣けって言われても。
きっと本ならじっくり時間をかけて個々の人物像に迫っていたりして、“悪役でも泣ける”的なところもあるんでしょうけど、この映画では冒頭から良い人ぶらせて描いているところがちょっと…。
Unknown (ケント)
2006-11-11 12:05:06
こんにちはケントです
この映画は、実によく泣ける映画でしたね。
玉山鉄二の誠実で、もの悲しい雰囲気が好きです。
僕も、倉庫での会長の言葉に感動した一人ですよ。
これから原作も読んでみようと思います。
クライマックスは (そーれ)
2006-11-12 01:06:33
>ケントさん
私の場合は玉鉄のあの名演技で否が応にも泣かされた感じでした。
それまでのちょっと斜めから観ていた感覚から一気に冷めたような。
弟からの正直な手紙でやっと本当の贖罪とは何かに気づき、あの場面で弟や被害者、迷惑をかけた人達に対し全ての事を悔いていたんだろうなぁって感じました。
でも、やっぱり殺人はイカンですよね。
今思い返しても会長さんの言葉、素晴らしかった。
すみません (にら)
2006-11-15 16:28:02
ふざけた記事をTBしてしまって申し訳ありません。
しかも、TBまでして頂いたのに、そのお礼に伺うのが遅くなって、かさねがさね申し訳ありません。

と、書いてると、なんだか玉山鉄ニの気分です。

コメントまでふざけてて、申し訳ありません。
胸毛ネタはお預け? (そーれ)
2006-11-15 18:00:30
>にらさん
いやー、いつも楽しく拝見してます。
コメントいただいてばっかりで、こちらこそ申し訳ありません。
『逆境ナイン!』『電車男』『デスノート』のミックスで爆笑しました。
て、こっちに書くんじゃなくてお伺いします(汗)
Unknown (ノルウェーまだ~む)
2006-11-30 13:32:42
TBありがとうございました。
確かに沢尻エリカの関西弁はひどかったですね。
普通の人でも、東京に来たら数年のうちに東京弁を話すようになるのに~
ひどかったですねぇ (そーれ)
2006-12-05 14:48:59
>ノルウェーまだ~むさん
違和感というよりも、上手く関西弁をしゃべっているつもりで話しているところが余計にイライラしましたよw
原作は知りませんが、この映画の内容だと関西弁である必要もまったく感じませんでした。
言葉にできない。 (TATSUYA)
2006-12-09 20:19:07
達也です。

梅田のブルク7で観て来ました。
ラスト近くで刑務所の慰問漫才シーンに
流れる小田和正の『言葉にできない』には、
やられました。涙腺のダム、崩壊です。
場内、すすり泣きの嵐 !
途中の中だるみ感と、漫才のレベルが関西人
としては納得できないところですが、
言葉の意味をあらためて感じさせてた、
良い映画です。

@ トラバさせてくださいね。
 (そーれ)
2006-12-13 00:24:06
>TATSUYAさん
あのタイミングであの歌は反則ですよねぇ。
観終わった後で友人と話していたんですが、あの歌って単品で聴いても場合によってはウルウル来るのに、あのシチュエーションで流されたら嫌が負うにも泣かずにはいられないってものです(笑)
玉鉄の渾身の演技と相乗効果ですよね。
社長の言葉は、言い回しも凄く印象的でした。
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-05-14 21:51:08
 TBどうもありがとうございました。

 沢尻さんの関西弁、ひどかったですね^^;;
 
 玉山さん、私もすごくよかったと思います!
 もう、渾身の演技でしたよね。
沢尻組 (そーれ)
2007-05-15 17:27:47
>miyukichiさん
沢尻組解散の危機だそうで、映画の出演本数も昨年と比べてかなーり減って、そろそろ新鮮味もないしギャラも上がってしまったし、売れっ子女優としてお役目御免なのでしょうか(汗)
って関係のない事書いちゃいましたが、変な関西弁使うキャラクターって、大抵関西人である必要の無い役が大半なので、ネイティブじゃない俳優さんは使わない方が良いといつも感じます。

玉鉄ってこんなに良い俳優なのに、いまだに洗剤のテレビCM辞めないところが逆に好感持てますよねぇ。(って契約の縛りだけが原因なのかもしれないけれど)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

47 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
沢尻エリカ、関西弁再び「手紙」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
沢尻エリカの関西弁と山田孝之の漫才、玉山鉄二の坊主頭。東野圭吾の「手紙」が映画化された。注・ここより物語とラストシーンに触れています。ファン投票で必ずベスト5に入る人気作「手紙」(未読です)。暗い話だ
手紙 (Akira's VOICE)
伝えたい思いは,心を込めれば必ず届く!
手紙  (シュフのきまぐれシネマ)
手紙??? 公式サイトは コチラ 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、吹越満、風間杜夫、杉浦直樹 監督:生野慈朗 原作:東野圭吾 ? 強盗殺人を犯した兄(玉山鉄二)を持ち、社会で差別を受け続ける弟(山田孝之) 進学も ...
『手紙』 試写会 (*Sweet*Days)
原作:東野圭吾 CAST:山田孝之、沢尻エリカ、玉山鉄二 他 STORY:剛志(玉山鉄二)と直貴(山田孝之)は両親を亡くし、剛志の収入だけで兄弟2人で細々と暮らしていた。しかし腰を痛め勤められなくなった剛志は、ある日強盗目的で他人の家に押し入り人を ...
映画「手紙」 (いもロックフェスティバル)
映画『手紙』の試写会に行った。
手紙 (カフェ☆小悪魔)
それでも君は、ここで生きていくんだ―。 原作:東野圭吾公式サイトはコチラ手紙(あらすじ)誰とも打ち解けようとせず暗い目をした青年・武島直貴。彼には人目を避ける理由があった。兄・剛志が、自分を大学進学させる為の学費欲しさに盗みに入った家で誤って家 ...
「手紙」 (てんびんthe LIFE)
「手紙」明治安田生命ホールで鑑賞 泣かされると思って行ったら本当に泣けました。不思議。突っ込みどころ満載の話なのに。理由は単純。玉鉄をみていたらそれだけで泣けました。哀愁漂っていると言うか、悲しい人生。作品そのものは山田孝之くん演じる直樹に対 ...
手紙 (Diarydiary!)
《手紙》 2006年 日本映画 強盗殺人を犯し服役中の兄と、その兄の為にひっそ
手紙 (ネタバレ映画館)
 パソコン買いに行くからね。と選んだパソコンのOSがXPだったらTV版「タイヨウのうた」のパロディになりかねない。 
手紙 (欧風)
さて、11/3の文化の日、3連休の最初の日でしたが皆様いかがお過ごしでしたか。文化の日と言えば、埼玉県で入間航空祭があるんですが、今年は青森にいるし、
手紙 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                評価:★8点(満点10点) 2006年 121min 監督:生野滋朗 主演:山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵  【あらすじ】直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学 ...
「手紙」試写会レビュー  涙が、溢れてしまう。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
クライマックスには、まさに、涙が溢れるという表現がぴったりの映画だ。
手紙 (UkiUkiれいんぼーデイ)
時間が無いと言いつつも、試写会となれば話は別! 誘っていただいたこの新作を鑑賞してきました~♪ 思ったとおり泣けました。 通信網がこれだけ発達している世の中でも、携帯やネットで連絡が取れない場所がある・・・。 そこは・・・刑務所の中。 ...
東京国際映画祭『手紙』舞台挨拶@オーチャードホール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
観たい映画に必ずと言っていいほど出ている沢尻エリカ第3弾(ぇLIVEまで時間が空いたんで、東京国際映画祭から「虹の女神」と天秤にかけ『手紙』を選択。沢尻エリカは、おとといも見たばかり(笑) 『シュガー&スパイス』(ココ)、『天使の卵』(ココ)の過去 ...
『手紙』 (京の昼寝~♪)
差別のない国を探すんじゃない。君はこの国で生きてくんだ。     ■監督 生野滋朗■脚本 安倍照雄、清水友佳子■原作 東野圭吾(「手紙」毎日新聞社、文春文庫刊)■キャスト 山田孝之、玉山鉄ニ、沢尻エリカ、尾上寛之、吹越満、田中要次、杉浦 ...
「手紙」試写会 (Thanksgiving Day)
よみうりホールで行われた、映画「手紙」の試写会に行ってきました!! 東野圭吾原作の小説を映画化した作品なんですけど、感動的でしたよ(;θ;) こんなストーリーです。 『武島直貴には人目を避ける理由があった。兄・剛志が直孝の大学進学のための学費欲し ...
『手紙』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『手紙』鑑賞レビュー! 人は、ひとりでは生きていけないー。 11月3日全国松竹東急系にてロードショー! 第134回直木賞作家 東野圭吾の涙のロングセラー 待望の映画化! 優しさを失った現代社会の 希望を失ったすべての人々に贈る 魂 ...
映画「手紙」を観て来ました!! (馬球1964)
先日、採り上げました東野圭吾氏原作の話題作、「手紙」を観て来ました!!涙がとまりませんでした!!
「 手紙 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之  / 玉山鉄二  / 沢尻エリカ 原作 : 東野圭吾  『手紙』(毎日新聞社刊) 挿入歌 : 小田和正 『言葉にできない』 公式HP : http://www.tegami-movie.jp/   || 今年
【劇場鑑賞123】手紙 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。 兄貴、ごめん。俺、兄貴を捨てる・・・ 兄が人を殺した 夢も恋人も 全部なくした 兄のせいで
現実を受け入れて生きていくという事。『手紙』 (水曜日のシネマ日記)
強盗殺人の罪で無期懲役の判決を受けた服役中の兄と、その弟の物語です。
『手紙』 (ねこのひたい~絵日記室)
全力高校野球部キャプテンだったオレが太鼓判を押す。 電車男よ、これぞまさしく、真の逆境だ。
手紙 (future world)
犯した罪、それも取り返しのつかない程の・・・償うことは出来るのか・・そしてその家族は・・。 東野圭吾原作の「手紙」~未読だが、「殺人無期懲役」という大罪がもたらす苦悩・・・加害者、被害者家族、加害者家族たちの‘想い’をこの映画はとても上手く伝 ...
手紙(20061104) (cococo)
「差別は当然」 「それから逃げずに生きるしかない」わずかな理解者と共に「差別」を
「手紙」みた。 (たいむのひとりごと)
偏見によってそのまま差別され、でもそんな理不尽な扱いを受けても仕方が無いことなのだと、当然のことなのだとしなければならないことも確かにあるようだ。しかし、偏見を持ったとしても、差別することが当たり前かといえば、必ずしもそうではない、ハズ。
手紙・・・・・評価額1250円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
殺人犯として服役する兄と、犯罪者の家族として、世間の冷たい風の中に生きる弟を軸に、人間と人間のつながりを描いた東野圭吾のベストセラー小説の映画化。 テレビドラマのベテラン演出家、生野慈朗が映画監督として16年ぶり
『手紙』(生野慈朗)@新宿ミラノ座2 (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://www.tegami-movie.jp/ ・゜ ・゜ ・゜ (ノД`)・゜ ・゜ ・゜  泣いた(↑)。もう、どうしようもないくらいに。 原作を4~5日前に読み、筋書きは完全に頭に入っているというのにもかかわらず、エンディングに至る15分余りの時間は、とめど ...
手紙 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  この映画の原作者は、ご存知直木賞作家の東野圭吾である。 両親はなく、兄ひとり弟ひとりの生活。兄は優秀な弟を、大学に入れようと無理を重ね腰を痛める。それで運送屋の仕事が出来なくなり、老女1人暮しの家に空巣に入るのであった。  金は見つけ ...
「手紙」 (しんのすけの イッツマイライフ)
予告編見れば充分?、、(^^;; 小田和正さんの主題歌、 「言葉に出来ない」が流れているから。(汗) 予告編だけで泣けてくるので、ちょっとズルイかも??
手紙(映画館) (ひるめし。)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:生野慈朗 出演者:山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 時 間:121分 [感想] 『泣ける映画』って紹介されると絶対泣くもんか!!っと思ってしまうあまのじゃくなワタシ。 この映 ...
手紙 (とんとん亭)
「手紙」 2006年 日 ★★★★★ 号泣でした。 私の住む街のシネコンが、いつも暇なのに「デスノート」のお陰で混みあって いるのは先週お伝えいたしましたが、そのおこぼれに預かったのか、(同時間 に上映で既に満席で来た客は、帰るか違うの ...
『 手紙 』 (My Style)
『 手紙 』  生野慈朗:監督  東野圭吾:原作 「 差別のない国を探すんじゃない、君はここで生きていくんだ- 」 兄・剛志(玉山鉄二)は、直貴(山田孝之)を大学にやるための学費欲しさに 盗みに入った邸宅で、誤って人を殺してしまい、千葉の刑務所に服役 ...
映画「手紙」 オンライン試写にて (渋谷でママ気mama徒然日記)
監督:生野慈朗 原作:東野圭吾 脚本:安倍照雄 、清水友佳子 音楽:佐藤直紀 出演:山田孝之、玉山鉄二、沢尻エリカ、吹石一恵、尾上寛之、 田中要次、山下徹大、石井苗子、松澤一之、螢雪次朗、 小林すすむ、松浦佐知子 、山田スミ子、鷲尾真知 ...
『手紙』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「気まずいねぇ~!」 ----ニャんなの。それ? 「映画『手紙』で主人公が組んでいる漫才コンビのネタ。 原作では音楽なんだけど ...
手紙 (いろいろと)
11月3日より上映されています。 先週観ました。泣ける映画だと思います。 僕も泣
東野圭吾 原作「手紙」試写会にて (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。
【映画】手紙を見ました。 (KOHの青赤な日々)
こないだ仕事帰りに11月から公開しヒットしている映画「手紙」を見ました。 簡単
『手紙』を、ブルク7で観た。 (TATSUYAのシネマコンプレックス)
人は言葉に出来ない思いを、手紙に託す。 手紙 ~あなたに会えてよかった~山田孝之、 他 (2006/10/20)レントラックジャパンこの商品の詳細を見る 『ニライカナイからの手紙』、『硫黄島からの手紙』、そして今回の『手
TAKE 32「手紙」(2006年) (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第32回目は「手紙」(2006年)です。 この作品は東野圭吾さんの同名小説「手紙」を映画化したものです。 簡単なあらすじは、工場で働く20歳の武島直貴(山田孝之)は、 職場の人間ともまるで打ち解けず、人目を避けるように暮らしてい ...
手紙 (勝弘ブログ)
http://www.tegami-movie.jp/ちょっと遅めですが映画館で「手紙」これはよかった東野圭吾さんの映像化差作品には「変身」「白夜行」がありますがこれもそこそこ暗い作品です。直貴の兄は仕事にがんばりすぎで腰を痛めてし
手紙 [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「手紙」         (生野慈朗:監督)  手紙 スタンダード版日活このアイテムの詳細を見る  1年近く前に原作を読んだんですが、  とにかく涙がボロボロジュクジュクあふれては止まらなくて、  とくに後半はほとんど、泣きながら読んでいました...
mini review 07052「手紙」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2006年 製作国 : 日本 時間 : 121分 公開日 : 2006-11-03~2006-12-22 監督 : 生野慈朗 出演 : 山田孝之 玉山鉄二 沢尻エリカ 吹石一恵 吹越満 風間杜夫 杉浦直樹 殺人を犯した兄のせいで、人生を狂わされる弟の...
手紙 (to Heart)
―言葉に できない。― 製作年度 2006年 原作 東野圭吾 脚本 安倍照雄/清水友佳子 監督 生野慈朗 音楽 佐藤直紀 出演 山田孝之/玉山鉄二/沢尻エリカ 親もなくふたりで生きてきた竹島兄弟。出来のいい弟・直貴(山田孝之)の為に頑張って仕事をしてきた兄(玉山...
手紙 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『兄貴、元気ですか? これが最後の手紙です。』  コチラの「手紙」は、11/3公開になる東野圭吾さんの同名ベストセラー小説の映画化なんですが、試写会で観て来ました♪この映画の感想を冷静に書くことなんて、とてもじゃないけど無理。途中でおすぎが憑依しちゃい...
『手紙』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ直貴(山田孝之)の兄(玉山鉄二)は、弟の学費欲しさに盗みに入った屋敷で、誤って人を殺し服役中だった。大学進学もあきらめ、工場で働く直貴の夢は幼なじみの祐輔(尾上寛之)とお笑いでプロになることだったが・・・。感想人気作家の東野圭吾が直木賞候補にな...
観ました、「手紙」 (乙女千感ヤマト)
直木賞作家東野圭吾原作、生野慈朗監督作品・・・東野圭吾さんの作品て読んだことない
手紙/The Letter(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[手紙] ブログ村キーワード手紙(原題:The Letter)キャッチコピー:兄貴、元気ですか?これが最後の手紙です。製作国:日本製作年:2006年配給:ギャガ・コミュニケーションズジャンル:...