そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

バベル

2007-04-30 | 劇場映画れびゅー
菊地凛子?誰よそれ。
一年前はそんな風に思っていたのに、ゴールデングローブ賞やオスカーにもノミネートされ、実体は見えないまま期待は膨らむばかり。
スズキシンジのブログと、劇場予告編以外の予備知識は排除して『バベル』を観てきました。
★★★★★

これが映画。

日本、アメリカ、モロッコ、メキシコを舞台に、四つの言語と手話が飛び交う。
場所によって複雑に前後する時系列や言語のちゃんぽんなところが面白く、のっけから心を持っていかれた。

何気ない日常の中、ちょっとした表現不足や虚栄で関わってしまう闇の面。
快楽、性欲、絶望、悲しみ、愛…そういった人間の感情の全てが怒涛の波のように押し寄せ、劇中の人物達の感情が、観てる自分自身の中から沸き出てくる感覚にとらわれた。

同じ言語を使っていても思っている事を100%伝えるのは難しい。
言語が違えばそれはなおさら。
文化が変われば都合も変わる。
しかし、そんな中にも光を見出そうとする人々の姿に感動する。

こんなにもリアルな日本、リアルな東京の若者を描いたハリウッド映画は今までに無いんじゃないだろうか。
他の国も同様なんだろうと思うと、余計に感情移入できた。

ネタバレ
はじめはみんないつも通りの日常を過ごしているが、望まない闇に飲まれ行く。

モロッコの、多感な時期の少年の暴走。
その兄のドス黒い本音。
優しい父の自戒の念。
銃を売ったハッサンの後悔。
ハッサンに銃を渡した日本人男性の無念と、娘への愛。
愛情に飢えた娘の負の感情と性欲。
彼女の友人の裏切り。
事実確認に来た刑事の戸惑い。

少年に撃たれたアメリカ人ツーリスト妻の恐怖。
必死で妻を救おうと半狂乱になる夫。
不安に苛まれる他のツーリスト達。
その夫婦の留守を見るメキシコ人ベビーシッターの失敗と覚悟。
叔母と大切な子供達を置き去りにする追い詰められた不器用な男。
砂漠に置き去りにされた子供達の絶望。
ベビーシッターの母親と悲しい再開を果たす息子夫婦。

エンドロールで“闇の中に光”というような言葉が有った通り、絶望の中にも光を見出そうとする人々の姿に涙。

★5つにしようと思ったのは、チエコが公園でトランス状態になってから、クラブで友人に裏切られて絶望するまでのくだり。
(スズキシンジ、こんな美味しい場面に出てたのか)
ビデオドラッグでも観ているかのように、同じようにクラブで弾けている気分になっている自分に気づいた。

その後も、ずっと前のめりになって、自分自身の感情に問いかけながら見ていました。



アモーレス・ペロス スペシャル・コレクターズ・エディション

パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン

このアイテムの詳細を見る

21グラム

東北新社

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (66)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ソフトバンク 911Tレビュー(... | トップ | クィーン »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Eureka)
2007-04-30 13:06:34
「ぱらいそ・・」のEurekaと申します。
TBありがとうございました。
予告編で抱いていた内容を予想外に
裏切る素晴らしい映画でした☆
誰かに想いを伝えるのは本当に難しいです。
監督の想いもなかなか伝わらないのか
評価もわかれているようですね。
この監督の作品は初めてなのですが
他のもみてみたいって思いました。
それにしても手紙の内容。。。
あの家の秘密が書かれてる気がして気になります。

ブランコ (ぷちてん)
2007-04-30 14:26:45
凛子さんが、トランス状態になってブランコ漕ぐシーンがとっても気持ちよさそうでした。
開放感みたいなものですよね~。
でも、それが、薬に頼った開放感なんだなあと思ったり、明るさが逆に孤独感を見せていたようにも思います。
Unknown (ノラネコ)
2007-04-30 14:48:33
おそらく、監督が一番描きたかったのはチエコのエピソードだったと思います。
ラストカットはまさに現代のバベルの塔でした。
少々ロジックに凝りすぎた感もありますが、力作でした。
( ^-^)ノ(* ^-^)ノこんばんわぁ♪ (とんちゃん)
2007-04-30 22:22:34
嬉しい!
私も満点なので、高評価のそーれさんをみつけ嬉しくなっちゃいました。
あのシーン、私も好きです。

どのシーンも好きですが^^
モロッコの兄と弟の会話だったり、じわじわと迫る不安で怒りだすブラピだったり・・・。

何故、チエコが裸のままでベランダにいたのかは、わかりません・・・父親が泣くよ。。。です^^
あの刑事とは何もないですよね?
何もないと私は思ってるのですが・・・^^;
(*゜ー゜)良かったです (そーれ)
2007-05-01 00:08:23
>Eurekaさん
ほんと難しい、ブログの記事も、思ってる事の5%くらいしか書けていません。
ほんと、書いた後で他の方のところを回って、「ああ、こういう書き方があったのか」みたいな。
でも次に生かせないもどかしさ。
そんな事も頭にチラッと有りながら、監督の言いたいことだけはしっかりと私には伝わってきたこの映画に感動しました。
文字でびっしり埋まった手紙は…答えを見せないだけに想像が膨らむばかりですね。

>ぷちてんさん
トんじゃった事で負の感情から開放された末に待っていたのは友達の裏切りだなんて、酷い話でしたねぇ。
でも、あの映像と音の作りには私自身もトリップした気分になりましたよ。
もうクラブでアースの“September”が大音量で流れたとたん体が動きそうでした(汗)
今年最高★付けました (そーれ)
2007-05-01 00:42:12
>ノラネコさん
そうですね、東京の摩天楼の最上階の部屋で、ベランダでハグする二人の思いは伝わってたんでしょうか。
あの手紙の内容が謎なだけにいろんな思いが交錯する場面でした。

>とんちゃんさん
いい映画でしたよね!
私もどのシーンも好きで、きっとDVDを購入したら何度もいろんな場面を見直してしまいそうです。
朝の電話で「ヤドカリ触ったよ!」なんて父親に報告していた生活水準の高い家庭の子供が、その日のうちにメキシコに連れて行かれ鶏が絞められる所を目の当たりにするなんて過程も面白いし、じっくりと観ればこんな風に一つ一つの物語についてどこまでも深く観ることが出来そうですよね。
モロッコの兄弟、弟の名演技に霞みますが、兄の方が発言内容でどんどん状況を悪化させていくところをもう一度チェックしてみたいです。
ブラピの話も彼が危機感で壊れていく一方、冷静な村人達や自己保存に走るツーリスト達。ストーリーが移る度に客観的に観直せるので全員の立場で物事が考えれて面白かったです。
チエコは…謎は謎のままという、手紙の内容を見せないから監督の正確な意図は伝わらないという事で良いんじゃないでしょうか。
少なくとも刑事とは何も無いはずですよね。

昼間友人に裏切られて夜は刑事にフラレて自殺しようとしていたとか。
上手くいかないのは聾唖のせいだと自分を責めていたとか。
深読みしすぎれば、父親に性的虐待されていてそれを知った母が自殺したとか。
母親に虐待されていて誰にも言えず殺したとか。
単に母が死んで留守がちな父の愛に飢えていたとか。

いくらでも考えてしまうけど答えは闇の中(笑)
でも、父の登場はエンドロールにあるように光の登場ですよね、きっと。
今年最高作カモです (って、どうよ(笑))
2007-05-01 21:52:24
初めまして、TBありがとうございました。
いい映画でした。私の中で早くも今年1番の作品になってしまいそうな気がしてます。(少なくともベスト3には入るなぁ~)
なんだか、クラブのシーンで気分が悪くなる方がいらっしゃったそうで、ちょっと問題になってますね。
でもあのシーンは、レビューで書かれているようにとっても重要なシーンなのでカットせずにいて欲しいと切に願ってしまいます。

届け、心

いいコピーです。観終わった後も今も心の底に染み渡っている感じです。上映期間中また観に行ってしまうかもしれません。ではでは。
私もそうかもしれない (そーれ)
2007-05-02 00:59:09
>って、どうよ(笑)さん
ほんと、良い映画でした。
ブログを始めてからの★5つ作品の中でもトップクラスと思っていますよ。
クラブのシーンは仕方がないですね。
映画やライブにはそういう場面が付き物ですし、元々フラッシュ障害の方は映画館では余り映画を観ないようにしているはずなのでは?と報道を見ていて感じました。
(もし、そうでなければ私の認識不足なので、これを読んで心象を悪くなされた方がおられたら申し訳ありません)
あれは素晴らしいコピーですね。
観終わった後だからこそ意味のわかる、全てを語るに足りる言葉だと思います。
うーん。わざとらしい感じが… (あかん隊)
2007-05-10 23:42:10
こんばんは。コメント、ありがとうございます。
言いたいことは、なんとなくわかるんですけど、設定に無理があるかなぁ、と。いくら子どもでも、バスを狙うなんて、考え難いし、だいたい国外へライフルを持ち出し、持ち込むことなんて無理じゃないか、とか、お礼にってライフルを国外に置いてきて(それが可能なことなのかも怪しい)、申告してないことも変だし。どうしても、日本に結びつけたくて、こねくり回したような印象でした。
あのメモについては、読みながら微笑していた刑事でしたから、ああいった行動をした「原因と経過と、お詫びと今後について」、読んだ人が、少し安心するような内容だったんじゃないかなって思いました。
はまりました (そーれ)
2007-05-13 01:13:26
>あかん隊さん
うーん。
私はそれらもひっくるめて気に入ってしまったんですよねぇ、各登場人物に異様なまでに感情移入してしまって(笑)
微妙なところで個人によって受け取り方が大きく左右される映画なのかもしれませんね。
こんなに人によって極端に評価の分かれた映画も、ブログを始めてから数えるくらいしかなかったかも。
手紙は、あれは手紙と言うよりもいつも使っているメモ帳のページをその場でちぎって渡していたので、きっと元々彼に渡す予定で書いたものではないと思うんですよね。
文字でびっしり埋まっていたから、きっと彼女が普段考えていたことなんかを書き綴ったページなのじゃないかと勝手に思っています(笑)
Unknown (ケント)
2007-05-25 16:15:00
こんにちは、TBお邪魔します。
なかなか重厚なテーマであり、モロッコ編は見応えがありました。あのガイド一家の暖かい気持ちには感動しました。
ただ日本編には余り脈絡や必然性を感じませんでしたし、あのクラブでの騒音も長過ぎますね。
全般的に秀逸な内容だっただけに残念で溜まりません。
クラブは (そーれ)
2007-05-26 17:42:02
>ケントさん
私、クラブのシークエンスが特に気に入ったんですよ(汗)
やっぱり人によって感じ方が凄く変わる映画なんでしょうね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

66 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バベル (Akira's VOICE)
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。
バベル (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
                            評価:★6点(満点10点) 2006年 143min 監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット 、ケイト・ブ...
『バベル』 (Sweet* Days)
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを...
『バベル(BABEL)』 (*+*ぱらいそ・かぷりちょそ*+*)
「ねえ、あなたは悪人なの?」「いいえ、悪人ではないわ。ただ愚かなことをしてしまっただけ・・・」    「愚か」なことは「罪」なのか・・・「愚か」なことは「悪」なのか・・・人は皆、誰もが「愚か」であり「愚か者」が犯した過ちは「悪」と呼ばれ、「愚か者」には...
バベル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
アレハンドロ・ゴンサレス・イ二ャリトゥ監督の『21グラム』を鑑賞した時に、重苦しい気分を味わったので、本作も覚悟して鑑賞した(笑)*アカデミー賞6部門7ノミネート、作曲賞受賞、助演女優賞ノミネート(菊地凛子)*カンヌ国際映画祭・最優秀監督賞受賞*ゴールデン...
『バベル』 (ラムの大通り)
(原題:Babel) ----アカデミー賞ノミネートが発表されたね。 この『バベル』って7部門でノミネートでしょ? 「うん。 今日は最初は『ロッキー・ザ・ファイナル』のお話にしようと思ったけど、 急遽、こちらに」 ----『バベル』って「旧約聖書」にも出てくるよね。 確か...
バベル (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ  監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  出演:ブラッド・ピット      ケイト・ブランシェット      ガエル・ガルシア・ベルナル      役所広司 モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組の...
バベル / BABEL (我想一個人映画美的女人blog)
ついに日本公開☆アカデミー賞作品賞にもノミネートされ、カンヌ映画祭では監督賞を受賞。 監督は『アモーレスペロス』『21g』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。 脚本はいつものコンビ ギジェルモ・アリアガが担当。 『アモーレスペロス』はなかなか良かっ...
バベル (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
違< アメリカが(アメリカ人夫婦が) 自国の内政をなおざりに(子供を置き去りに) 同盟国などに有無を云わせず(メキシコ人ベビーシッターに迷惑をかけ) 他国へ介入し(一応被害者側とはいえ、旅行し事故に合い) 問題の裾をひ
バベル (えいがの感想文)
いろんなメッセージが込められていて、 いろんなことを思いました。 旧約聖書の「バベルの塔」で、神は人を言葉で隔てた。 ここでは、言語や文化の相違や、言葉を発せられない人、 同じ言語間でも、伝わらない、伝えられない苦しみが描かれている。 現実にこうい...
バベル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
人間たちが痛々しい。 神が創った人間が、天に近づくほど高いバベルの塔を作ろうとしたとき、神は怒り一つだった人間たちの言葉を別々のいくつもの言語に分け、互いに話しが出来なくした。 言葉を分かたれた人間たちは、散
バベル (ぷち てんてん)
☆バベル☆(2006)アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督ブラッド・ピット・・・・・・・・・・・・・・・リチャードケイト・ブランシェット・・・・・・・・・・・・スーザンアドリアナ・バラーザ・・・・・・・・・・・・・アメリアガエル・ガルシア・ベルナル・...
映画 【バベル】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「バベル」 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞作。 モロッコ、日本、メキシコを舞台に進行するドラマを交互に描く群像劇。 ・モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)のエピソード ・モロッコの山...
バベル(2006年) (勝手に映画評)
菊池凛子が、助演女優賞にノミネートされて話題になった映画。バベルとは、”バベルの塔”から来ています。旧約聖書 創世記11章には『遠い昔、言葉は一つだった。神に近づこうとした人間たちは天まで届く塔を建てようとした。神は怒り、言われた”言葉を乱し、世界をバラ...
バベル (映画のメモ帳+α)
バベル (2006 アメリカ) 原題   BABEL    監督   アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ    脚本   ギジェルモ・アリアガ       撮影   ロドリゴ・プリエト                    音楽   グスターボ・サンタオラヤ ...
★★★★☆「バベル」ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット... (こぶたのベイブウ映画日記)
言葉が通じないから分かりあえない、言葉が通じても、理解しあえない。けれど、それを繋ぐのが「愛」なのだと、静かに、強く、心に伝わる映画だった。俯瞰の視点で世界はひとつと感じられた。人もまた「愛」によって繋がることができると。そして、どんなに相手に伝えよう...
バベル (It's a Wonderful Life)
「バベル」ってタイトルとポスターの図柄だけでは どんな映画なのかあまりイメージ出来なかったんですけど、 実際観てみると、なるほど、こういう映画なのか・・・ 確かにこれは簡単に説明しずらい映画かもしれません。 大きくはモロッコ、東京、メキシコの ほぼ...
バベル (ネタバレ映画館)
パンツ穿いてください。
バベル (とんとん亭)
「バベル」2007年 米 ★★★★★ 観てきました!! GW第1弾目は、やはりこの「バベル」 めちゃめちゃ楽しみにしていたのですよ~。 やっと観れた、安堵感が1番目の感想かな?^^ はるか昔、言葉は1つだった。人間たちは神に近づこうとして天ま...
バベル (future world)
なんだか重い・・・スッキリする映画ではない。 大劇場でロードショーというよりは、むしろミニシアターでひっそり観たかったなぁ。。 感動や共感を覚えるのとは違う、そう万人ウケする作品ではないのです。 テーマにもなってる「言葉が通じない、心が伝わらない・・...
バベル (映画鑑賞★日記・・・)
【BABEL:2007/04/28】04/28鑑賞製作国:アメリカPG-12監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、二階堂智、アドリアナ・バラーザ、エル・ファニング、ネイサン・...
【2007-62】バベル(BABEL) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来...
「バベル」 (てんびんthe LIFE)
「バベル」ブロガー試写会 GAGA試写室で鑑賞 ミッドタウンの34Fからの景観は赤坂の今まで見えなかったところがみえて面白かった! TBS付近の再開発がどんどん進んでいるので来年はまた違った感じになりそうです。そんなすばらしいところにお引越しをしたGAGAの試写...
感想/バベル(試写) (APRIL FOOLS)
凛子フィーバーひと段落で、なんだか忘れられそうだけどTHEパーフェクトだよ『バベル』4月28日公開。モロッコで起きた発砲事件。撃たれたのはアメリカ人女性。モロッコ、アメリカ、メキシコ、そして日本。1発の銃弾が世界中の壁に、バベルの塔に、風穴を開ける。脳みそブ...
映画「バベル」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「バベル」に関するトラックバックを募集しています。
「 バベル /Babel  (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
監督 : アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 出演 : ブラッド・ピット  /ケ
『バベル』 (京の昼寝~♪)
私たちは、いまだ、つながることができずにいる。     ■監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ■脚本 ギジェルモ・アリアガ ■キャスト ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子  □オ...
バベル (2006) BABEL 143分 (極私的映画論+α)
 素晴らしい腕前の「獣医師」でした(謎)
「バベル BABEL」感想と、あらすじ、音楽他  (ポコアポコヤ 映画倉庫)
今年一発目は、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督の「バベル」を。 一言で言えば、「クラッシュ」のお金かけた世界版という感じです。そういえば、クラッシュの鍵屋の人(ワールドトレードセンターにも出てる
映画~バベル (きららのきらきら生活)
 「バベル」公式サイト本年度アカデミー賞最多の6部門ノミネート、作曲賞受賞作品はるか昔、言葉はひとつだった、人間達は神に近づこうと、天まで届く塔を築く。怒った神は言葉を乱し、世界はバラバラになった・・・。アメリカ人夫妻・リチャード(ブラッド・ピット)と...
「バベル」:テレコムセンター駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}テレコムセンターの「テレコム」ってどういう意味だ? {/hiyo_en2/}「テレ」は遠いっていう意味。「Telephone」とか「Telegram」の「Tel」。「コム」は「Communication」。直訳すれば、遠いコミュニケーションってことかしら。 {/kaeru_en4/}それって、映画...
映画「バベル」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年31本目の劇場鑑賞です。公開当日レイトショーで観ました。「アモーレス・ペロス」「21グラム」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督作品。旧約聖書の“バベルの塔”をモチーフに描き出す衝撃のヒューマン・ドラマ。モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、そ...
BABEL  バベル (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
私は悪い人じゃない おろかなことをしただけ菊池凛子がアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことで話題となった作品。モロッコの放牧地帯で撃たれた一発の銃弾が、国境を越えて連鎖するストーリー。BABELの名の由来は旧約聖書によるものだ。「遠い昔、言葉は一つだ...
映画「バベル」 (FREE TIME)
GW前半3連休の昨日、映画「バベル」を鑑賞。
バベル (悠雅的生活)
繋がらない心。繋がる思い。
バベル(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 壁を越え、繋げよ・・・その心 
「バベル」国と言葉と法の壁を越えた事件の壮大な人間ドラマストーリー (オールマイティにコメンテート)
「バベル」(PG-12指定)はモロッコで起きた銃撃事件を機に世界の4つの出来事が動き出し、その悲劇が1つに繋がるストーリーである。内容的には4つの出来事が1つに繋がっている事を示したストーリーであり、それぞれ言葉が違い、法も、生活習慣も違う中で1つの世界が描...
バベル 2007-18 (観たよ~ん~)
「バベル」を観てきました~♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に尖...
バベル (八ちゃんの日常空間)
この超話題作を観ようと思った最初の動機は、ズバリ、エル・ファニングが出ているから!どれだけ成長してきたかスクリーンで確かめたいものです。
バベル (シャーロットの涙)
一発の銃弾がつなぐ、モロッコ、アメリカ、メキシコ、日本、それぞれの物語
バベル (まぁず、なにやってんだか)
話題の映画「バベル」を観てきました。 なかなか映画の日に観に行くことができないのですが、今回久しぶりに1日に観に行ったら満席でした。 以前から「菊地凛子の体当たりの演技」とワイドショーで言われていましたが、「体当たりとは何ぞや?」と思う私にとって、 ...
バベル ~ 世界の境界で愛を叫ぶ声が聴こえる ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 世界の境界で愛を叫ぶ声が聴こえる ~ アカデミー賞6部門7ノミネート作品としても知られるこの作品。日本人女優・菊地凛子が助演女優賞候補にノミネートされたのも記憶に新しいと思います。また、最近では「吐き気訴える観客が続出」というニュースも報道されたりと...
バベル (O塚政晴と愉快な仲間達)
ニュースによると、この映画を観て気分が悪くなった人もいるとか。 確かに問題のシーンは、しばらく画面がチカチカしてたけど、子供じゃないんだから気分悪くなる前に目をそらせばいいだけじゃん。 と思う。 バベル ★★★☆☆ -ネタバレ少な...
伝わらない思いのもどかしさ。~「バベル」~ (ペパーミントの魔術師)
精神的にしんどかったのは菊池凛子さんがやってた チエコちゃんかもしれんし、 露骨に命の危険にさらされたケイト・ブランシェット演じる 奥さんも大変やったと思うけど ・・・いちばんかわいそうやったんは オトナの都合で砂漠のど真ん中にほったらかされた この子らち...
菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に...
バベル (eclipse的な独り言)
 公開が少し遅すぎたような気がしました。2ヶ月ほど前に公開していれば、大ヒット
「バベル」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
一昨日公開した「バベル」を観て来ました。 モロッコ、アメリカ、日本を舞台に、 異なる事件から一つの真実にリンクしていくヒューマンドラマ。 「アモーレス・ペロス」のアレハンドロ・ゴンサレス・ イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、 完成度の高い物語を...
映画「バベル」 (今日感)
140分近い映画ですけど、そんなに長く感じませんでした。話に引き込まれるし、考えさせられる。すべてを説明し尽くしてくれる映画じゃなくて、観客に考えることをさせてくれる名作です。
映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁 (システムエンジニアの晴耕雨読)
映画「バベル」・・・言葉の壁・心の壁 見終わった瞬間・・・むむむ、と思いました。 でも、しばらくすると、映画の一場面一場面思い出し、 その意味を考え直す、噛めば噛むほど味わいのある作品です。 モロッコ、アメリカ-メキシコ、そして東京を舞台に、 物語が同...
【劇場映画】 バベル (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない...
「バベル」 人はなんと不完全な生きものであろうか (はらやんの映画徒然草)
「バベルの塔」のエピソードが出てくるのは、旧約聖書の創世記。 聖書によれば、人類
映画「バベル」 (don't worry!な毎日)
   右の壁にアメリカで手にいれたNATIONAL GEOGRAPHIC社の世界地図が貼ってあり、 その中で日本は、右の隅のほうに、私が見慣れている形より、激しくゆがんだ形で、在る。  ある視点から見たとき、これがその視点からの精一杯の正確さなんだろう...
バベル (ちわわぱらだいす)
一応話題作はチェックbv(*'-^*)bぶいっ♪ ま。。。ね。。。 アカデミー賞やゴールデン・グローブなどで話題になってたし~ いや。。。。あの。。。。 どこがいいのか・・・𕾮 すみません。  まったくわかりませんでした。。。怜 は...
★「バベル」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。
BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ! (銅版画制作の日々)
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ー...
バベル (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  バべルの塔を建てて、神に挑戦した浅はかな人間達。ゆえに神の怒りを買って、言葉の壁という罰を受ける。この旧約聖書創生記に記されている伝説がモチーフとなっている作品である。   モロッコの少年が面白半分に撃った銃を巡って、モロッコ、メキシコ(アメ...
バベル (明け方シネマ)
 メキシコ編と日本編が対照的に思えた。前者は婚礼の宴が、後者はむき出しの孤独が印象に残った。  世界のどこでも、文化は違っても人間の営みは同じで。愛すること、祝福することを知らない民族はいない。一方で、互いを信じられず、憎みあうこともあるだろう。孤独に...
バベル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、...
映画DVD:「バベル」 (時評親爺)
う~む、これエントリするつもりじゃなかったのだけど、巷間では案外評判が良い?ようで驚いた。今日の評論はかなり辛口になろうかと思うので、TBも(不肖の論評を理解していただける数人の)映画評論お仲間程度にしか打っていない。いや、アータ、某コンビニでこんな駄...
【映画】バベル…普通評価。ポケモンショックには注意ね (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} ブログのトップページを全文表示から概要表示に変更してみたのですが、 その場合「概要文」ってのを本文と別に書けるようなんですよね。 「概要文」を入力しない場合は本文の書き出し部分が概要文として表示されるようです。 で、スパイダーマン3部作でと...
『バベル』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...
◆DVD・BABELバベル (映画大好き☆)
バベル監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ出演者:ブラッド・ピット、 ケイト・ブランシェット、 役所広司、 菊地凛子収録時間:143分レンタル開始日:2007-11-02Story菊地凛子のアカデミー賞助演女優賞ノミネートをはじめ、各国映画祭で話題を集めたヒューマ...
バベル (mama)
BABEL 2006年:アメリカ 監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子、アドリアナ・バラッザ 、エル・ファニング 夫婦の絆を取り戻そうと、モロッコを旅す...
バベル (Memoirs_of_dai)
Snowballed 【Story】 舞台はメキシコ(アメリカ)、モロッコ、日本の3カ所で何の脈絡もなく始まる。ところがモロッコで発射された一発の銃弾...
映画『バベル』(お薦め度★★) (erabu)
監督、アレハンドロ=ゴンサレス=イニャリトゥ。脚本・原案、ギジェルモ・アリアガ。
「バベル」心の壁 (ノルウェー暮らし・イン・London)
「境界を形成するものは、言語、文化、人類、宗教ではなく、私たちの中にある」とは、本作の監督、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの言葉。 人は何故、互いを理解しあえないのか?なぜ争ってしまうのか? 言葉も性別も国籍も超えた、コミュニケーションはどうす...