そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

スター・トレック BEYOND

2016-10-25 | 劇場映画れびゅー
スター・トレック』の新シリーズに続いて、『スター・ウォーズ』の続きをも受けてしまったJ.J.エイブラムズ監督は、多忙につき今回は総指揮のみで、『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リンに監督を任せてしまった。
一抹の不安を感じながらも『スター・トレック BEYOND』を観てきました。
★★★★★

前作では、見事こちらの時間軸でもカーンに打ち勝ち、ラストシーンで5年間探査ミッションに出たU.S.S.エンタープライズとそのクルー達。
あれから三年経ったところから、物語は始まります。

何のことは無い、不安なんてどこ吹く風で、J.J.の描いた前二作を、映像的には遥かに上回る勢いで大いに楽しませてくれました。

クルーを散り散り状態に陥れて描きつつも、マニアのサイモン・ペグが書いた絶妙なシナリオで、監督お得意の少人数チーム戦が複数箇所で同時進行する展開に持ち込んで描く。
ファンにとっては居て欲しい場所に居て欲しい人がいる、ある意味ご都合主義万歳な、痒いところに手が届きまくりなところがストレスフリー。
カメラがグルグル回りまくって被写体を追いかける映像は、スピード感120%の気持ち良さを伴うアトラクション状態で、脳汁が出そうな勢い。
ジャスティン・リン監督は、見事『スター・トレック』の世界観を自分の物としてオマージュたっぷりに上書きし、さらに『ワイルド・スピード』のセルフパロディー的な演出まで加えて楽しませてくれた。

IMAXのド迫力映像をもってしても、無限の奥行きまでは感じられないのが現在の映画技術の限界なはずなのに、本作では、動きまくるカメラを駆使して風景はどこまでも遠く、宇宙空間は無限に空間が広がっているように感じられたのも凄い。

ネタバレ
特に凄かったのは、透け透けの巨大宇宙ステーションの斬新なデザインを生かして、迫り来る小型宇宙船の群れの恐怖を見せた後、舞台を内部に移して市民が逃げ惑う市街地とその下を進むU.S.S.フランクリンに空中を舞う小型宇宙船のコントラスト、そしてその直ぐ向こうには広がる宇宙空間。
それらが、グルグル回りながら描かれる事によって無限の奥行を感じさせる映像へと増幅され、まさに実体験として感じられる映画として完成しているところ。
エンドロールの最初に惑星間を飛び回る場面にしても、これまでの2作とやっている事は似ていても、迫力が全然異なる。

そう言えば、エンドロールに入る前のナレーションの声が男性から女性に変わっていく演出が有ったのですが、あれはどう言う意図なのかな?

これまでも何度もクライマックスで破壊されてきたU.S.S.エンタプライズですが、前作のレビューで予想した通り今回は早々に壊された上から、さらに追い討ちをかけてボロボロになる迄こき使われた末、あっさりU.S.S.フランクリンに乗り換えられてしまうと言う、なんとも悲しい扱い。しかし、ラストシーンでまた完全に再建されて残り2年の旅路に出たので、次回作では何事もなかったかのように雄姿を見る事が出来るのでしょう。
旧正史のように、再建した後はNCC-1701の後にAと付いていたのが嬉しい。

旧正史と今の歴史の両方に通じるお約束やオマージュ、パロディーが豊富なところはもう一度観てチェックしたいところ。
特にスポックとマッコイの名コンビがようやく復活して、医者なのに医療以外でも活躍し、さらにカークにこき使われてボヤきながらもやるマッコイの姿にはニヤニヤし通し。

ソフィア・ブテラがめっさキレキレの武闘派エンジニアとして参戦して、ラストシーンで艦隊に誘われたのは興味深い。
アントン・イェルツィンが亡くなって出来てしまったチェコフの穴は、今後ソフィア・ブテラ演じるジェイラーが埋めることになるのか。
追悼の意味もあるのでしょうか、本作ではやたらと無駄にチェコフが登場する場面が多く、カークとマッコイがチェコフの事を語りながらブランデーを飲むシーンは、スピード感ばかりのこの映画において印象に残る休憩ポイント。
エンドロールでも、レナード・ニモイへの追悼メッセージとわざわざ分けて、アントン・イェルツィンの名前を書いた辺りにウルウル来てしまった。
未来から来たスポック大使の遺品に、旧俳優陣の集合写真が入っていて、このチームの永遠性を感じさせていただけに本当に残念な事になってしまいましたが、最近のハリウッド映画の傾向から考えて、次回は違う俳優をキャスティングする事はないだろう。
ジェイラーの存在は、来年からはじまると噂されている新しいスタートレックのテレビシリーズとの絡みも気になるところです。

宇宙空間に放たれてしまったアブロナスが、後々に何か起こしそうな伏線を残している辺りが『スター・トレック』らしくて堪らなく良い。
フツーはツッコミどころになりますが、このシリーズにはこう言う緩い放置プレイがたくさんあるから、作り手は想像を膨らませてることが出来て、新たな“歴史”を紡ぎ出せるんですよね。

旧キャストのジョージ・タケイ本人の意思に反してはいるものの、セクシャリティーのリスペクトとして、スールーをゲイとして思いっきり確定した形で描いたのは斬新。
特に演じるジョン・チョーは韓国系の俳優なので、ゲイに排他的な韓国世論の反応が気になるところ。



スター・トレック [Blu-ray]
ロベルト・オーチー,アレックス・カーツマン
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
スター・トレック イントゥ・ダークネス [Blu-ray]
クリス・パイン、ザッカリー・クイント,ベネディクト・カンバーバッチ
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 永い言い訳 | トップ | 16年10月 今年三回目の石垣島... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ナレーション (木下信一)
2016-10-26 20:51:37
初めまして。
終わりのナレーションですが、クルー全員が一節づつ朗読しているのだとおもいます。女性はウラ少尉。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画:スター・トレック BEYOND STAR TREK BEYOND 旧来のファンも満足させる魅力を放つ 第3...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
今年は「スター・トレック」50周年だそう。 一方でもう一つの大作シリーズ「スターウォーズ」で忙しすぎるエイブラハムスが制作にまわり、監督をバトンタッチ。 ジャスティン......
劇場鑑賞「スター・トレック BEYOND」 (日々“是”精進! ver.F)
絆は、強さ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201610210000/ 『スター・トレック BEYOND』-オリジナル・サウンドトラックー [ マイケル・ジアッキーノ ] ......
スター・トレック BEYOND (Akira's VOICE)
カーク&スポック以外のメンバーも際立っていて面白かった!  
スター・トレック BEYOND / Star Trek BEYOND (勝手に映画評)
ネタバレあり。 クリス・パイン主演のリブート版スター・トレックの第三弾。本作では、これまで監督を務めていたJ・J・エイブラムスは(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の制......
『スター・トレック BEYOND』(2016) (【徒然なるままに・・・】)
人類初の5年間に及ぶ調査飛行の任務を帯びたエンタープライズ、その旅もまもなく3年目に入ろうとしているが、カークはモチベーションの低下を感じ、スポックを後任にし宇宙基地......
「スタートレック BEYOND」☆バツグンに面白い (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
SFものは真っ暗な宇宙空間を縦横無尽に飛び回る宇宙船による、白熱した空中戦バトルが繰り広げられるのが常であり、そのような映画は「スタートレック」をはじめとして、基本寝......
スター・トレック BEYOND  監督/ジャスティン・リン (西京極 紫の館)
【出演】  クリス・パイン  イドリス・エルバ  ソフィア・ブテラ  ザッカリー・クイント  ゾーイ・サルダナ  カール・アーバン  サイモン・ペッグ 【ストーリー】 カーク船......
「スター・トレック BEYOND」新たなる旅立ち?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スター・トレック Beyond] ブログ村キーワード  『宇宙、そこは最後のフロンティア』シリーズ誕生50周年、シリーズ劇場版第13作。「スター・トレック BEYOND」(東和ピクチャーズ)。“......
スター・トレック BEYOND ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
往年の大ヒット・ドラマ・シリーズを「M:i:III」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督がリブートしたSFアドベンチャー大作のシリーズ第3弾......
スター・トレック BEYOND (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【STAR TREK BEYOND】2016/10/21公開 アメリカ 123分監督:ジャスティン・リン出演:クリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナ、サイモン・ペッグ、カール・アーバン、アント......
スター・トレック BEYOND (銀幕大帝α)
STAR TREK BEYOND 2016年 アメリカ 122分 SF/アクション/アドベンチャー 劇場公開(2016/10/21) 監督: ジャスティン・リン 『ワイルド・スピード EURO MISSION』 製作: J・J・......
スター・トレック BEYOND (だらだら無気力ブログ!)
前2作同様、面白かったな。