そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

フラガール

2006-09-23 | 劇場映画れびゅー
南海キャンディーズのしずちゃんが出演しているという情報だけで、『ウォーターボーイズ』や『SWING GIRLS』のような軽いノリの映画かと決め付けて期待をしていた『フラガール』を観てきました。
★★★★

想像していた内容とは全く違い、昭和四十年の閉山の危機に悩む常磐炭鉱を舞台とした実話で、明るく描いてはいるけれど真面目な話。

数世代前から炭鉱に携わる仕事に就いている事を誇りとしている街の人々は、会社が雇用対策として立ち上げた新事業『常磐ハワイアンセンター』を簡単に受け入れる心の準備が出来ていない。
その為、数世代に渡って仲間だった人々の中で閉鎖的な考えの人達と、新しい事に取り組もうと真剣に考えた人達との間の軋轢が生まれてしまう。
そんな中、施設の目玉イベント“フラダンスショー”に出演する地元女性の募集が始まる。

もちろんフラダンスなんて閉鎖的な考えの人達からすれば正気の沙汰では無いが、そういった環境の中で立ち上がった女性達と他所者のコーチが、真剣にダンスに取り組む姿が微笑ましく描かれている。

この映画には心の底から感情移入してしまった。
私の祖父母達は、戦争とは直接関係していない。片方の祖父は元満鉄関係者で、もう片方の祖父は鉱夫ではないけれど九州の炭鉱関係者。
いつも戦争ものの映画を観ていて感じた違和感は、こういうルーツも原因だったのかと今回初めて思った。
気がつくと、祖父から聞かされた炭鉱の話を思い出しながら観ている自分が居て、閉山前に関西に出てきた頃の祖父母の事を考えていた。閉山に伴う雇用問題はこんなにも大変だったのか。
最近めっきり体力が弱って一人は身動きし辛くなってしまった祖父と、機会が有ったらこの映画の話をしたい。

“常磐ハワイセンター”の成功の為に、必死で歯を食いしばってがんばる人達に自然と涙がこぼれた。

驚いたのはフラダンスに妥協がないところ。ボロが見えないところ。
つい先日観た『バックダンサーズ』での手抜きのダンスが、また腹立たしくなるほどダンスに感動。
特に先生役の松雪泰子と、リーダー役の蒼井優のソロパートは圧巻。斜め目線で観ると細かくカットを割って撮影はしているようにも見えるけれど、ボロが見えないから気持ち良い。
蒼井優は演技も人並み外れて凄いが、ダンスもこなすなんてまさに天才という言葉が似合うと思う。
“主演松雪泰子”となっていますが、完全に蒼井優が食っています。

そうそう、南海キャンディーズのしずちゃんに泣かされるなんて思いもしませんでした。
居るだけで存在感の有る彼女にほとんど台詞を話させなかったり、ダンスもあまり映してない事に気づかせない監督も上手い。観終わってから考えて気付きました(笑)
そのしずちゃんも含め、どういう訳かメインキャストの多くは関西出身者。言葉大変だったろうなぁ。



フラガール
サントラ, ジェイク・シマブクロ, ナレオ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る

ジェントリー・ウィープス
ジェイク・シマブクロ
ソニーミュージックエンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おニューiPod nano | トップ | もしも昨日が選べたら »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (コレコ(仮))
2006-09-23 22:01:29
初めまして。「気まぐれ961部隊!」のコレコ(仮)と申します。

「フラガール」のトラックバック、どうもありがとうございました。

そーれ様は、すごくたくさんの映画を観ているのですね!!

他の映画の記事も拝見させて頂きましたが、同感できる部分が多いです。

こちらのブログ、リンクさせて頂きますね。

私のブログは8月に開設したばかりなのですが・・・どうぞよろしくお願い致します。
こちらこそ(*^-^*) (そーれ)
2006-09-24 02:14:26
>コレコ(仮)さん

ご丁寧にありがとうございます。

こちらこそよろしくお願いします<(_ _)>

数は観ていますが、書いてる事は薄っぺらいかも(笑)

好き勝手書いているので時々反感も買っています(汗)
Unknown (maru♪)
2006-09-24 23:26:10
TBありがとうございました。



映画だけでなく、本でも、絵画でも、音楽でも、感動したりするのって自分の中に核をもっているのでしょうね。

それを意識して好きなものだけ見るのか、意識せずに見ていてその核に気づくのか…。

なかなかいい映画でした。
核ですかー (そーれ)
2006-09-25 02:20:33
>maru♪さん

なかなか素敵な表現ですね。

この映画を観るまで自分のルーツを意識して映画を観たりした事なんて無かったのですが、今回それを初めて意識して自分の好みというか、感情移入するポイントに気づくきかっけになったと思います。

そのポイントが核なんですね。
はじめまして (ちゃとと)
2006-09-25 07:41:17
TBいただき、ありがとうございました。

遊びに来ました。たくさん映画をご覧になっているんですね。他も拝見させていただきました。

お祖父様が元炭鉱関係者とは、格別の思いがあるでしょうね。

映画を観て、身近な人の隠れた人生や語らない思いを思い起こし、不意に心がジワッと湿ることがありますよね。

蒼井優さんは、本当に見事なフラでした。『花とアリス』のバレエシーンも素敵でしたよ。機会があれば、ぜひご覧になってくださいませ^^

ではまた。
蒼井優 (そーれ)
2006-09-26 15:30:18
>ちゃととさん

こちらこそありがとうございます。

元々せっかく観た映画を記して忘れないようにする為にblogを始めたのに、始めてから映画館で観る数が5倍に増えた気がします(汗)

自分の身内を重ねて映画を観た事って今回が初めてで、逆に祖父母が経験していない戦争ものの映画にいつも違和感を感じていたのもそういうところが有るのかと考える機会になりました。

蒼井優の映画、早速DISCASのリストに入れました
泣けました~ (ぷちてん)
2006-09-29 23:50:26
とにかく、一度泣かされたら、止まらないというか・・(笑)

気持ちよく泣かされるという感じでもありましたし、ラストのダンスシーンは感動の涙でしょうか。





蒼井優 は、かわいいですね~♪

私も、彼女の映画気にしていなかったんで、見てみようとチェック入れちゃいました。

そして、松雪泰子は体当たりで女優魂見せてくれ、今後も期待したいと思いました。

静ちゃんにも泣かされましたね~^^)



この監督の「69」は私には、ちょっと微妙だったのですが、今回ははまりました。

大いに泣く (あかん隊)
2006-09-30 04:24:17
もともと涙もろくて、泣いている人がいるだけでもらい泣きする自分です。えーん!>涙があまっとるんか?

ダンスは、練習がたいへんだったろうなぁって思いました。りっぱなものでしたね。言葉は、やっぱり(自分も北の方なので、わからなくはないです)微妙ではありましたが、ご愛敬かな。笑うべきシーンとわかっても、なぜか笑えなくて困りましたけど。(^^;)
気持ちいい涙 (そーれ)
2006-09-30 23:58:28
>ぷちてんさん

悲しくて嬉しくて、微笑ましくていい涙がこぼれる映画でしたね。

蒼井優って観る映画やドラマによって全く別人なのでこの映画でも最初似た人だなぁとか思ってました(笑)

キャスティングはしずちゃんしか知らなくて、入り口のポスターを見て「あ、松雪さんも出てるんか」って思ったくらいなので(汗)

『69』も未見なのでチェック入れときますね。



>あかん隊さん

私もそうなんですけど、でもぜーんぜん泣けない映画で周りの人がびーびー泣いてたらさらに引いたりしません?(笑)

ダンスかなり大変ですよね。特にフラは高速で腰が横に入らないとダメだし。

ジムでダンスとかのプログラムを受けてた事があるんですが、腰が入るダンスって練習するだけでも大変だし人前で披露出来るところまでやるのって並大抵の努力じゃ無理ですよ。

結構カット割ってたのでずーっと踊ってたわけではないんだと思うんですが、自然で良かったー
はじめましてこんばんは。 (ピーヒャラ5656)
2006-10-05 00:15:45
フラガールで検索し、いろいろなトコを漂流してここにたどり着きました。

とってもキレイなブログですね!

映画のことがたくさん書いてあるので、これからも何か観に行くときの参考にさせてください!

(楽天以外のブログをどうやってリンクするのかわからないので、ブックマークさせていただきます)



「フラガール」、とってもイイ映画でしたね。

蒼井優ちゃんのダンスに感動!しずちゃんの演技に号泣!冨士純子さんの存在感に感服!

私はさほど期待しないで観に行ったので、イイ意味で「裏切られた♪♪」感じです(^▽^*)

この日シネコンでうっかり「ワイルドスピード3」を観てしまった夫が、絶対フラガール観る!と言っているので、近いうちにまた見てくると思います^m^



それにしてもパンフが豪華でした~





私もイイ意味で裏切られた感じでした (そーれ)
2006-10-05 15:42:11
>ピーヒャラ5656さん

お褒めいただいてありがとうございます。

でも、ぶっちゃけるとこのデザインはgooブログのテンプレートなんですよ

私もこの映画は『ウォーターボーイズ』以来の青春スポ根(文化根?)ものの流れを汲んだ作風なのかと軽い気持ちで観に行ったので、ほんとイイ意味で期待を裏切られて感動しました。

ピーヒャラ5656さんの旦那様もしずちゃんで泣いたらしばらくネタに使えそうですね(笑)

パンフレット未チェックでした!今度見てきます。
世代 (kimion20002000)
2006-11-15 01:12:04
TBありがとう。
満鉄とかの体験者が見ると、また、感激するものがあるでしょうね。
この映画では、リストラの中心世代が40歳だとして、もう、80歳こえてらっしゃいますね。
ぜひ、お話なさってください。
超えてますね (そーれ)
2006-11-15 17:38:13
>kimion20002000さん
近頃めっきり体も弱って介護に頼る生活になりました。
当時は採掘した石炭を炭鉱の奥から入り口まで長いコンベヤで一気に搬出していたのだそうで、祖父はそのメンテナンス関係をしていたのだそうです。
(ベルトが切れると一気に石炭が逆流して大事故になるのだそうで)
満鉄関係の祖父は、父が子供の頃に他界しています。
偶然なんですが二人の祖父の代から父も含めて私までみんな何かを“運ぶ”関係の会社で仕事をしている事に最近気づきました。
Unknown (ケント)
2007-04-07 00:12:34
こんばんはTBお邪魔します
当初予告編を観て、ダサイ映画とバカにしていましたが、これが見事に大ハズレで、とても素晴らしい映画でした。最近の邦画の好調さを代表するような見事な出来ですね。
トヨエツを除いて、出演者も皆良かったと思います。
仰る通り、主演松雪泰子”となっていますが、蒼井優が食っています。まるでドリームガールズのジェニファー・ハドソンみたいですね。
意外と (そーれ)
2007-04-07 20:01:06
>ケントさん
そうなんですよねぇ、予告編だけだとフジテレビ系のスポ根映画の延長っぽい感じで、おバカコメディーかと思ってたんですよねぇ私も。
>ジェニファー・ハドソン
そう言われれば構図はそうかも(笑)
松雪泰子も「こんなはずじゃなかった」と思ってるんでしょうか

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
試写会『フラガール』 ★★★★ (時流を聴く)
『フラガール』の試写会で有楽町のよみうりホールへ。 -人生には降りられない舞台がある 出演:松雪泰子、蒼井優、徳永えり、岸部一徳、富司純子、豊川悦司、山崎静代 常磐ハワイアンセンター(現在のスパリゾー
「フラガール」 (徒然雑草)
2006/08/03 東京九段下「九段会館」で「フラガール」の試写を観た。昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。『求む、ハワイアンダンサー』掲示板に貼られたポスターを見た早苗(徳永えり)は紀美子(蒼井優)にこう…
フラガール (気まぐれ961部隊!)
本日公開初日、朝一番に観て来ました! 『フラガール』#%V:261%# ・・・久しぶりの良作です#%V:100%# (チラシの画像はクリックで拡大。裏面はコチラ)
「フラガール」 (しんのすけの イッツマイライフ)
いや~~ビックリしました。   しずちゃんが出ている場面では、 他の出演者の存在を喰ってしまっていると思いましたよ。 ひょっとしたら女優さんで化けるかも?、、、ですよ(^^;   全体的に本当に気持ちよく映画を見ることができました。
「フラガール」 (てんびんthe LIFE)
「フラガール」九段会館で鑑賞 またまた昭和のお話です。昭和40年。当時福島県の炭鉱町で炭鉱を閉山し、あの『常磐ハワイアンセンター』をつくっていった実話だそうです。昭和の時代を回顧する作品がこのところ続いて公開されていますが、なんでこんなに辛く ...
感想/フラガール(試写) (APRIL FOOLS)
個人的にはここ数年でベスト。9月23日公開、李相日(リ・サンイル)監督最新作『フラガール』に涙止まらず。オレがチケット代出してでもみんなに観てほしい傑作なので、長いけど読んでくれろ。   フラガール 昭和40年、石油の登場でいわきの炭鉱は閉鎖寸前。 ...
「フラガール」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「フラガール」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 *監督:李相日 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブ ...
「フラガール」:ほっとプラザはるみ入口バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あの煙突は何だ? {/hiyo_en2/}ほっとプラザはるみ。清掃工場の余熱を利用した温浴施設よ。 {/kaeru_en4/}何があるんだ? {/hiyo_en2/}いろんなお風呂やジャグジーやレストランがあるらしいわ。 {/kaeru_en4/}そのわりに、あまり知られてないんじゃ ...
「 フラガール 」 (MoonD.W.goo)
監督 : 李相日 出演 : 松雪泰子  / 豊川悦司  / 蒼井優 脚本 : 羽原大介 (パッチギ) 公式HP : http://www.hula-girl.jp/index2.html 予想外に感動的な良い作品でした☆ボロボロ泣いちゃった・・・思わずフラダンスを習いに走りたくなります ...
フラガール (Akira's VOICE)
感情豊かに舞い上がった笑いと涙が気持ち良い!
映画『フラガール』、泣いた (KIKI :: GOLFとゴルフを楽しむページ)
今日、公開になった映画『フラガール』を観てきました。 いやー、泣きました。 松雪泰子も良かった。蒼井優も良かった。 しずちゃんも良かったし、富司純子も豊悦も良かった、みんな良かった。 おもしろもあって、青春もあって、感動もあって、感慨もあって、 期待 ...
『フラガール』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 「まいったな。 まさか、李相日監督の映画で涙が出るとは思わなかった」 ----『69 sixty-nine』のこと、 いつもよく言わなかったものね? でも、これもあ ...
『フラガール』 (Simply Wonderful ‐Cinema&Diary‐)
「いくぞ! フラガール!」 ハワイアンのメロディと、情熱的なフラダンスに、魅了されっ放しの約2時間。 身も心もすっかりハワイの気分です。(笑) 東北発の炭鉱娘のハワイ行き物語は、実に面白くて、嬉し泣き・悔し泣き…、涙、涙のサクセスストーリーで、私た ...
『フラガール』 (・*・ etoile ・*・)
'06.08.31 Mッスと『フラガール』試写会@科学技術館 またもMッスが当選! ホントよく当たる。おこぼれにあずかって行ってきた。南海キャンディーズのしずちゃんがフラダンスを踊るってことしか予備知識がなかったので、てっきりコメディーなのかと思っていたけ ...
37 フラガール (毎週水曜日にMOVIE!)
この試写会もすごく盛況。私もとても見たかったのでうれしかった。だいたい松雪泰子はきっぷがよくて素敵だし、蒼井優は宮崎あおいと並んで、今後の日本映画を支えていくでしょう。 昭和40年。炭鉱の町常磐は石油に取って代わられる時代の波においていかれそう ...
フラガール (ダラックマ日記)
試写チケットをいただいたので、【フラガール】 を観てきました。 南海キャンディーズのしずちゃんの女優デビュー作品(笑) だいぶ前から、しずちゃんがジャージ姿で踊っている予告編を観て観たいなぁ~と思っていたので、試写チケットもらってラッキーで ...
フラガール(試写会) (Movies!!)
松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、岸部一徳、富司純子出演。李相日監督作品。 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。「求む、ハワイアンダンサー」の貼り紙を見せながらここから抜け出す最初で最後のチャンスだと、 早苗は紀美子(蒼井優 ...
「フラガール」で感動(;θ;) (Thanksgiving Day)
招待券をもらったので、映画「フラガール」の試写会に行ってきました!! 今回は特別試写会ということで、音楽を担当したハワイ出身のウクレレ奏者ジェイク・シマブクロのちょっとしたライブがあったり、マスコミ用の撮影タイムがあったりと映画が始まる前にもか ...
『フラガール』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]    2006/09/23公開  (公式サイト) (公式ブログ) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 青春度[:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:][:よつばのクローバー:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星: ...
フラガール/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年09月23日公開の映画「フラガール」を見ました。 泣きましたね~。ベタな泣かせ演出ではありますが、実話を基にしているので素直に感動できます。(狙い過ぎと思った先生と生徒の駅のシーンが実話とのこと。な
【劇場鑑賞101】フラガール(hula girl) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
昭和40年 東京から来た カリスマダンサー 集められた 炭鉱の娘たち 北国を常夏の楽園に!! 40年の時を越え語られる奇蹟の実話。 人生には降りられない舞台がある――― まちのため、家族のため、友のため、 そして自分の人生のた ...
フラガール (欧風)
さて、映画観まくってる私ですが、以前書いたのが「スーパーマン リターンズ」で、8月の帰省時に観たもので、なんと9月はまだ1本も観てない事に気付いた!まあ、道の駅巡りまくったりしてて、休み中朝から晩まで車で走り回っていて観に行く暇が無かったという ...
「フラガール」 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
昨日ワーナーマイカル市川妙典で 一昨日公開になった「フラガール」を観て来ました。 昭和40年代に福島県の炭鉱町に 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生に まつわる話を元に、フラダンスショーを成功させるために 奮闘する人々の姿を ...
「フラガール」 (やまたくの音吐朗々Diary)
間もなく公開される「フラガール 」の試写。 すばらしい感動作。 昭和40年、エネルギー革命により炭坑閉鎖の危機が迫る福島県いわき市。そこでは、北国をハワイに変えようというプロジェクトが持ち上がっていた。そ
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、藤純子、岸部一徳 ...
涙と感動!フラガール♪ (銅版画制作の日々)
  涙が止まらない映画「フラガール」昭和40年石油の登場によって、閉鎖を迫れる炭鉱町。その北国の町を、常夏の国ハワイに変えようという起死回生の大プロジェクトが持ち上がった。目玉となるのはフラダンスショー誰も見たことがないフラダンスを炭鉱娘に教え ...
「フラガール」観てきました! (Feel The Moon ~ミン友だより~)
仕事を終えて相方と次女を連れ出し、途中でデート中の長女をかっさらい映画を観に行きました。 「フラガール」http://www.hula-girl.jp/index2.html 「探偵!ナイトスクープ」録画ついでに「フラガール」のメイキング番組を録画してしまったのがいけなかった ...
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
『フラガール』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『フラガール』鑑賞レビュー! 感動の映画化だっぺ!観てくんちぇ! フラ、踊っぺ! 人生には降りられない舞台がある…。 常磐ハワイアンセンター ★(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生を支えた人々の奇跡の実話 まちのため、家族のた ...
映画「フラガール」 (いもロックフェスティバル)
映画『フラガール』を観に行った。 男女問わず年齢層問わず、人にオススメできる映
☆ 映画 『フラガール』 ☆ 今年72本目 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
フラダンスを習ってる母に観せてあげたくて参加した試写会だったので、私としては全然期待してなかった。 でも、それは間違い、大間違い。良かった、感動したぁ~~~!! なんといっても素晴らしかったのは、ダンス・シーン。 撮影前に3ヶ月間猛特訓しただけあ ...
オンナは強いよな~。~「フラガール」~ (ペパーミントの魔術師)
試写会、26日そごう会館にて。 最初はそないに期待してなかったんですけど けっこう泣いちゃいましたね~。 話が進むにつれてぐいぐい引き込まれました。 ・・・大阪ならではのパロディポスター。 シネリーブル梅田にお越しの際は現物見れます。 ・・・こういう ...
【劇場映画】 フラガール (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が次々と閉山していた。そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。目玉となるのは、フラダンス ...
凝り固まった心が解きほぐされていく。『フラガール』 (水曜日のシネマ日記)
昭和40年代、福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に描かれた物語です。
フラガール (ぷち てんてん)
フラガール見てきちゃいました。見てきたというよりも、泣いてきたというのが正しいのかも(笑)泣かせるのがうまいんだもの^^)☆フラガール☆(2006)李相日監督松雪泰子・・・・・・・平山まどか豊川悦司・・・・・・・谷川洋二朗蒼井優・・・・・・・・谷川 ...
『フラガール』 (**Sweet Days**)
監督:李相日 CAST:松雪泰子、蒼井優、豊川悦司 他 昭和40年、福島県の炭坑に誕生したハワイアンセンターにまつわる実話を映画化。 福島県いわき市、常磐炭坑は時代の流れと共に閉山の危機に追い込まれていた。そんな中、「ハワイアンセンター」の計 ...
フラガール (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 日本  ドラマ  監督:李相日  出演:松雪泰子      豊川悦司      蒼井優      山崎静代 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。時代は石炭から石油へと変わり閉山が 相次ぎ町は先細りの一途をたどっていた。そこで起死回生のプロジェク ...
フラガール(映画館) (ひるめし。)
未来をあきらめない 製作年:2006年 製作国:日本 監 督:李相日 出演者:松雪泰子/豊川悦司/蒼井優/山崎静代/岸部一徳 時 間:120分 [感想] フラガールたちのひたむきさに泣けた。 久しぶりに映画みて泣けた。 全然期待せずにいったらヤラれた!!っ ...
■フラガール~蒼井優の演技に感動! (AKATUKI DESIGN)
昭和40年に廃坑の危機を迎えた常磐炭鉱。 産業基盤の大きく崩れた街をなんとか活性化しようとフラダンスに励む炭鉱娘。 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇跡の実話です。 --- いやぁ~噂には聞いていましたがシズち ...
フラガール (八ちゃんの日常空間)
一部、ベタだ、ベタだ、という意見もあるだろうが、ベタでなければ映画ではない。「プロジェクトX」のようなドキュメンタリーになってしまうだろう。 映画だからこそ、笑いあり、涙ありでいいのだ。 スーパーマン・リターンズを抜いて今年ナンバーワン!
腰 ~「フラガール」~ (サナダ虫 ~解体中~)
李相日監督作品、松雪泰子主演の、 映画 「フラガール」を観た。 米アカデミー賞外国語映画部門、日本代表出品作品。 昭和40年代。 福島県の炭鉱町に誕生した常磐ハワイアンセンターにまつわる実話を基に、 フラダンスショーを成功させるために奮闘する人 ...
フラガール  (シュフのきまぐれシネマ)
フラガール @ユナイテッドシネマとしまえん 9・30(土) ? 監督:李相日 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子 豊川悦司 蒼井優 山崎静代  岸部一徳 富司純子 公式サイトはコチラ 北国に常夏の楽園「常磐ハワイアンセンタ ...
「フラガール」観てきました (徒然DIARY)
今日は家族でシネコンに。夫と息子は「ワイルドスピード3」、私と娘は「フラガール」。「フラガール」公式サイト監督は李相日。「69」観ました。面白かったなぁ。北関東から南東北の方なら誰でも知ってる「常磐ハワイアンセンター」(現スパリゾートハワイアン ...
「フラガール」 人を育てるということ (はらやんの映画徒然草)
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一
映画『フラガール』 (健康への長い道)
大阪梅田のシネ・リーブルで&#63704;映画『フラガール』を観てまいりました。客席は老若男女のお客さんでほぼ満員。 昭和40年。福島県いわき市。石炭から石油へのエネルギー革命により、本州最大の常磐炭鉱も高度成長から取り残され、閉山の危機が迫る。 ...
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
フラガール (BLACK&WHITE)
監督:李相日  音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子、寺島進 炭鉱の町福島県のいわき市。そこで東北に南国の楽園を!という働きかけは 閉山により町が衰退していくのを
「フラガール」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「フラガール」 監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝、高橋克実、岸部一徳、富司純子 昭和40年・・・エネルギーの需要は石炭から石油へと変わり、世界中の炭鉱が次々と閉山。 本州最大の ...
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督: 李相日 脚本: 李相日 羽原大介 音楽: ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島 ...
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
『フラガール』@シネマスクエアとうきゅう (香港旅行と映画鑑賞とラーメン二郎)
公式サイト→http://www.hula-girl.jp/top.html 恥ずかしながら、先週土曜日の公開初日(23日)初回上映に駆けつけて参りました(汗)。有楽町シネカノンだったら舞台挨拶が付いていたらしいですが、さすがにそこまでは(五十歩百歩)。 映画は、滅び行く昭和4 ...
フラガール(20060929) (cococo)
泣けました。元々、涙もろいです。不思議なんですが、台詞には、さほど明確な表現が含
フラガール (銀の森のゴブリン)
2006年 日本 2006年9月公開 監督:李相日 評価:★★★★☆ 製作:李鳳
NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) (サーカスな日々)
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「 ...
不覚にもしずちゃんに泣かされ「フラガール」 (savina。の 『ばいつ'n'びっつ』)
今日は1日映画デー。ということでmacoと映画に。プラダ~は混んでそうだったので、選んだのはフラガール期待してなかったのですが、よかったです。シンプルなストーリーで略しすぎかな、と思いましたが(先生の借金について、とか、恋について、とか、ダンスがうま ...
映画『フラガール』に涙する♪♪ (ラスタ・パスタのレレ日記)
『フラガール』をようやく映画館で見てきた。おおまかな設定は知っているつもりだったが、思ったよりもグット胸に来て、何回も涙しそうになった。ストーリーは、昭和40年(1965年)福島県いわき市の炭鉱町が、鉱山の閉山の危機にあり、5000人の炭鉱夫のうち4割の20 ...
フラガール (CinemA*s Cafe)
公式サイト アカデミー賞出品作品だとか・・・ 是非とも賞を受賞していただきたいこの映画。 なんかけっこう(かなり?)泣いてしまったのですねぇ~。 親子や姉弟や友達や兄弟や仲間や、その間に発生する愛が
フラガール (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  常磐ハワイアンセンターが出来た当時のことを覚えている。なぜ福島で常磐ハワイなのか、なぜ日本人がフラダンスを踊るのか。ダサイとしか考えられない年頃であった。 この映画の予告編を観たときも、やはりダサイ映画という印象が先行してしまった。ところ...
フラガール (2006年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★★★☆ 常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワ...
フラガール ~ それぞれの道で生きるプロの生き様 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ それぞれの道で生きるプロの生き様 ~ 昨年の日本アカデミー賞で作品賞に選ばれたのでも有名なこの作品。現存する福島県のレジャー施設「常磐ハワイアンセンター」の誕生秘話を元に作られたサクセスストーリーです。 勝気なダンス講師を松雪泰子、母の反対を受け...
フラガール <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
昭和40年の福井県いわき市でのお話。炭鉱の町で昔から 大人になったらみんな炭鉱で働く  みたいな考え。時代の流れと共に 炭鉱がどんどん閉鎖されていき、ここも例外やなくて解雇される従業員が山盛り。んでもって、レジャーセンターを作る計画が出るんやけど何でま...
フラガール (★YUKAの気ままな有閑日記★)
WOWOWで鑑賞―【story】昭和40年。エネルギーの需要は石炭から石油へとシフトし、相次いで炭鉱が閉山に追い込まれていた。そこで福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設『常磐ハワイアンセンター』の計画を進めていた。目玉なるのはフラダンスのシ...
フラガール (Yuhiの読書日記+α)
まわりの評判が良かったので、ずーっと見たいなと思っていた作品でした。見てみると、評判通りなかなかグッド{/star/} かなーりベタな展開なんだけど、じーんと心に響くものがありました。(泣けるとまではいかなかったですが)それにシリアスさとコミカルさが丁度いい感...
フラガール (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生には降りられない舞台がある―― まちのため、家族のため、とものため そして、自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。』  コチラの「フラガール」は、9/23公開の常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の誕生を支えた人々の奇...
フラガール (mama)
2006年:日本 監督:李相日 出演:松雪泰子、蒼井優、富司純子、豊川悦司、高橋克実、岸部一徳、山崎静代、池津祥子、徳永えり、三宅弘城、寺島進、志賀勝 昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もな...