そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

バーレスク

2010-12-19 | 劇場映画れびゅー
クリスティーナ・アギレラ初主演を支えるのはシェール!
いろんな意味で事件のような映画『バーレスク』を観てきました。
★★★★★

ちょっとネタバレです
ガガたんにお株を奪われたアギちゃんが半端ない歌唱力を前面にかつての彼女のスタイルで復権を狙った映画になっているのかと思いきや、アギちゃん+歌引退宣言してたはずのシェールも歌っちゃうというこの上なくゴージャスなところがこの映画のウリ。
サントラ聴きこんでから臨んだものの、序盤のDiamonds Are A Girls Best Friend byマリリン・モンローのショウからBGMにRay of Light byマドンナでムチャクチャアガりまくり。
まさかアギちゃん一人じゃなくシェールまで出てるゲイゲイしい映画でさらにこのチョイスは神がかってる。
もうこの先アギちゃん歌わなくてもこの時点で★5つ決定みたいな大興奮。
マリリン・モンローとマドンナを前座に使うとは!

掴みはOKて感じで、この先はアギちゃんが本来得意な系統の歌とビッチなダンスで満ちたステージを見せつけてくれグイグイ引きこまれまくり。
アガるアガる、観てて体動く動く、クライマックスは拍手したかったけど狭い箱だったので辞めときましたw

ミュージカルというのとは今回ちょっと違い、ステージでもショウとストーリーがほぼ同時進行で描かれているスタイル。
台詞を歌の中で歌いあげるわけでもストーリーに介入してくる訳でもなく、その場に少しだけ即したようなノリの曲が歌われる。
ショウの場面だけにフィーチャーしたらアギちゃんのプロモーション映画のようにも感じてしまいがちになるくらいにほぼフルで全曲歌い上げている。

ストーリーはと言うと、どこにでもあるような典型的なサクセスストーリーの展開で一見中身が無さげ。
でも、焦れったいラブストーリーと、潰れかけたバーレスクの箱を救う裏ストーリー、スタッフの人となりにクローズアップしたエピソード等、どこを取っても隙の無い作りになっていて面白い。

プライドや嫉妬で女同士の嫌がらせドロドロバトルに陥るのかと匂わせておいて、そんなのは付け合せ程度で済ませている。
みんなが収まるところに収まるハッピーな展開で、気持ちが超アガった状態でエンドロールを迎えることが出来た。
物足りなく感じ無くもないけど、一大エンターテイメントな映画の中で水を差すような事をしない姿勢、ハッピーな映画はハッピーなままで良いよねっていうのは好印象。

この手のビッチなショウもの映画には有りがちだけど、露出の多い女性ダンサー達よりもムキムキなバーテンダー達のがエロかったりと徹頭徹尾ゲイテイストで満ちているので、女性ウケは良いだろうけどそういうノリが苦手な男性にはウケ悪いと思います。
『ムーラン・ルージュ』がダメな人には無理でしょう。

頑張りすぎてるシェールの顔が崩れる直前のピート・バーンズそっくりになってたのと、熱唱してる時に顔が引きつってたのがちょっと心配(汗)



ムーラン・ルージュ ブルーレイ&DVDセット (初回生産限定) [Blu-ray]
クリエーター情報なし
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (30)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノルウェイの森 | トップ | トロン:レガシー 3D »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (KLY)
2010-12-19 22:58:00
>崩れる直前のピート・バーンズ

(爆)
吹きました。そーれさん酷いwww
私は出来たらアギレラとシェールが同じステージで競演しているところが見たかったです。
>KLYさん (そーれ)
2010-12-22 23:18:24
どうもです!
だってw
一曲目歌ってる時の表情酷くなかったですか?
アギちゃんとシェールがステージで競演は観たかったですねぇ、マドンナとレディー・ガガの競演バリにバトルして欲しかったですw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

30 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バーレスク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この声で、夢への扉を開けてみせる。』  コチラの「バーレスク」は、人気シンガーのクリスティーナ・アギレラが映画初出演を果たした12/18公開のミュージカル・サクセス・ロマ ...
「バーレスク」新旧ディーバ、アツい競演!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[バーレスク] ブログ村キーワード  世界の歌姫クリスティーナ・アギレラ映画初主演作、「バーレスク」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。洋楽を殆んど聞かない吾輩でも、その名前ぐらいは知ってますよ!名前ぐらいは…(^^;。  アイオワの片田舎...
バーレスク (LOVE Cinemas 調布)
ショービズ界でスターになることを夢見るオクラホマ出身のヒロインが、クラブ「バーレスク」で働き始め、やがてその夢を叶えていくと言うミュージカル・ドラマ。主演は大人気のアーティスト、クリスティーナ・アギレラ。共演に『月の輝く夜に』のシェール、クリステン・ベ...
「バーレスク」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「バーレスク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シェール、クリスティーナ・アギレラ、エリック・デイン、カム・ジガンデイ、ジュリアン・ハフ、アラン・カミング、ピーター・ギャラガー、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ、他 *...
バーレスク (Akira's VOICE)
歌は5つ星! ドラマは・・・  
バーレスク(2010)☆★BURLESQUE (銅版画制作の日々)
 この声で、夢への扉を開けてみせる。 MOVX京都にて鑑賞。20日はMOVX京都デ...
『バーレスク』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「バーレスク」□監督・脚本 スティーヴン・アンティン□キャスト クリスティーナ・アギレラ、シェール、スタンリー・トゥッチ、カム・ジガンディ、クリスティン・ベル、エリック・デイン、ピーター・ギャラガー■鑑賞日 12月1...
バーレスク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
全世界トータル・セールス3000万枚、グラミー賞4部門受賞歴を誇り、デビュー以来10年以上に渡り世界中を魅了し続けるクリスティーナ・アギレラと、オスカー&グラミーW受賞で映画界 ...
バーレスク (心のままに映画の風景)
アイオワの田舎から歌手を夢見てロサンジェルスへやってきたアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、偶然目にした“バーレスク”の華麗なショーに心奪われる。 どうにかウェイトレスとして雇ってもらったアリは...
バーレスク/Burlesque (いい加減社長の日記)
これは、予告編での迫力満点の声に魅かれて、楽しみにしていた作品。 公開の土曜日の朝一で、「バーレスク 」を鑑賞。 「UCとしまえん 」は、いつもよりは多い感じ。 「バーレスク 」は、小さめのスクリーンで、3〜4割。 【ストーリー】 成功を...
バーレスク すっげ〜♪鳥肌たったやんっ! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=57 -16-】 おそらく今年最後の劇場鑑賞の映画、しかし最後を飾るにふさわしい素晴らしい映画だった〜! バーレスク、映画館とかでも予告編があまり流されていなかったようで、予備知識があまり無く、ただなんとなく「「いいぞ」という噂をジワーッと感じて...
映画:バーレスク Burlesque 「ウルトラ美魔女」がたった1曲で、アギレラを圧倒(笑) (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
クリスティーン・アギレラと、シェールという新・旧?歌姫対決が話題のこの映画。 シェールは、映画主演でいきなりアカデミー賞主演女優賞を取った「月の輝く夜に」(1987)の段階で、既に行き遅れのおばさん役。 それから20年以上が経過していて、若いアギレラ...
バーレスク (Movies 1-800)
Burlesque (2010年) 監督:スティーヴン・アンティン 出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリステン・ベル、スタンリー・トゥッチ アイオワ州の田舎町からロサンゼルスに出てきた女性が、持ち前の歌唱力を武器にナイトクラブのスター歌手になるサクセス・ストー...
バーレスク■まちづくりのヒントとしての見方 (映画と出会う・世界が変わる)
実を言うとクリスティーナ・アギレラにはいい印象を持っていなかった。と言うのは「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」で登場した彼女は完全に負けていた。それで...
バーレスク (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  田舎町から歌手になりたくて大都会のロスにやって来たアリ。彼女はクラブ・バーレスクでウェイトレスを続けていたが、ある日舞台にあがるチャンスをつかむ。そしてひょんなことから、抜群の歌唱力を披露して一躍スターダムにのし上がる。  いわゆるよくある...
バーレスク (幕張コーポ前)
ルです。1月1日は映画の日でしたので、ぶらり自転車でシネプレックス幕張へ。正月から映画を観る人って多いんですね。「バーレスク」はほぼ満席でした。正月1日からショウビズモンスターことシェールはどうかと思いましたが、「バーレスク」のシェールはよかった。Show以...
バーレスク (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
バーレスク'10:米◆原題:BURLESQUE◆監督:スティーブ・アンティン「告発の行方」◆出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ◆STORY◆成功 ...
[映画『バーレスク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまた、新春早々、燃える映画でした^^  アメリカの片田舎からLAに出てきた少女アリ(クリスチーナ・アギレラ)が、絢爛豪華なれど傾きつつあるクラブ<バーレスク>で、経営者兼ダンサーのテス(シェール)に才能を認められ、トップを目指しつつ、多く...
バーレスク (小部屋日記)
Burlesque(2010/アメリカ)【劇場公開】 監...
★「バーレスク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
2011年1本目の劇場鑑賞は、久しぶりにラゾーナ川崎の109シネマズ川崎で。
「バーレスク」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 ちなみに、「バーレスク」の意味はコチラを参照。   スターになる夢を叶えるため、故郷を飛び出した田舎娘が、その才能を開花し、スターダムへと駆け上がって行く、基本何十年...
バーレスク (ハクナマタタ)
わたしは心を奪われた そのシーンは これが初めてのレッスンよ アリとテスのふれあい 田舎から歌手になることを夢見て出てきた身寄りのないアリ(クリスティーン・アギレラ) 職探しをしながらあるときたどり着いたクラブ・バーレスク そこで繰り広げ...
バーレスク (ハクナマタタ)
わたしは心を奪われた そのシーンは これが初めてのレッスンよ アリとテスのふれあい 田舎から歌手になることを夢見て出てきた身寄りのないアリ(クリスティーン・アギレラ) 職探しをしながらあるときたどり着いたクラブ・バーレスク そこで繰り広げ...
「バーレスク」 ポジティブ・シンキング (はらやんの映画徒然草)
洋楽に疎い僕は本作の二枚看板であるクリスティーナ・アギレラもシェールもよく知らな
バーレスク (映画的・絵画的・音楽的)
 友人の強い薦めもあり、『バーレスク』を吉祥寺のバウスシアターで見てきました。 (1)吉祥寺のバウスシアターの一番小さな劇場(座席数50)で上映されたためもあって、ほぼ満席の状況でした。クマネズミが見た前の回は、出入り口の扉の前で数えてみましたら、約50人の....
バーレスク (映画の話でコーヒーブレイク)
去年から気になっていたのになかなか行けなかった本作、見てきました〜。煌びやか〜 エキゾチックなお顔立ちのシェールは1987年「月の輝く夜に」でアカデミー主演女優賞を獲得した女優さん で何本か出演映画を見ました。60年代から華々しい活動をしてきた歌手というこ....
『バーレスク』 | クリスティーナ・アギレラの魅力が炸裂! 青春サクセスストーリー。 (23:30の雑記帳)
公開最終日、しかもレイトショーにもかかわらず (『だから』かな?)客の数は3桁を 超えていました。とにかく凄い人気。 クリスティーナ・アギレラという名前は 聞いたこと ...
映画『バーレスク』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-83.バーレスク■原題:Burlesque■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:118分■字幕:栗原とみ子■鑑賞日:12月24日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円ス...
「バーレスク」(BURLESQUE) (シネマ・ワンダーランド)
「月の輝く夜に」のシェールと、映画初出演の人気シンガー、クリスティーナ・アギレラを主演にしたミュージカル・ドラマ「バーレスク」(2010年、米、120分、スティーヴン・アンティン脚本・監督作品、SONY映画配給)。この映画は、スターを夢見るヒロインと、シ...
スティーブン・アンティン監督 「バーレスク」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
TSUTAYAの店頭で「あの話題作のBlu-ray&DVDが早くも廉価版で」とあったので、どんなもんか、つい買ってしまいました(:^◇^A オフィシャルサイト⇒http://bd-dvd.sonypictures.jp/burlesque/ 【あらすじ】 バーレスク・ラウンジ、それはセクシーなダンサーたちが...