そーれりぽーと

映画の感想など気の向くまま

新作映画の満足度は最高★5つで表示

TB/コメントは確認後に反映させて頂きます

レスラー

2009-06-16 | 劇場映画れびゅー
ファウンテン』はがっかりだったけど、『π』も『レクイエム・フォー・ドリーム』も大好きなので、ミッキー・ロークにはあまり期待せずにダーレン・アロノフスキー監督作ってところに惹かれて『レスラー』を観てきました。
★★★★

整形で崩れきったミッキー・ロークの顔が痛々しく、以前から考えると想像も出来ないくらいに膨れ上がった巨体も合わせて年老いたプロレス界の元スターって役に見た目がハマり過ぎていて、落ちぶれた感を誘いまくり。
元セックスシンボルだったとは思えない変わり果てた様子が、這い上がりたくてもその地位に戻れない葛藤やら、周囲が今の彼を見る目つきやら、いろんな想像を掻き立てるんだけど、その辺を逆手に取ったキャスティングだったんでしょう。

そんな設定以上に彼の演技が上手かったのか、ダーレン・アロノフスキー監督がやっぱり神がかった監督なのか、恐ろしいまでのリアリティーで満ちた映画に仕上がっていて、すっかりのめり込んで観てしまった。

身も心もボロボロになる演技もハマリ過ぎな悲哀を帯びまくったミッキー・ローク、どうやって撮影したのかわからないガチな試合の光景、葛藤するストリッパー役を演じきったマリサ・トメイ、今にも心が壊れそうな娘を演じたエヴァン・レイチェル・ウッド。
何もかもが生々しくて重く心に響く。

ネタバレ
全米に名を轟かせた元スターとは言え、20年経った今も現役バリバリに活躍しているランディ。
しかし周りの現役レスラー達は20も歳の離れた若者ばかり。
彼らは慕って持ち上げてくれるけれど、肉体的、精神的には彼らについて行くのが精一杯。
でもその努力している姿は見せたくない。

ファン達にとっては今もスター的存在だけれど、興味の無い人達にとっては20年前の人。
プロレス一筋で生きて来たけど、周囲を見回してみると孤独な中高年な自分。

プロレスを続ける限り、見せる体の維持には金がかかる。
スターとして慕ってくれるファン達を思うとそこは手を抜けない。
しかしプロレスだけでは収入が足りないので、平日は隠れるようにスーパーの倉庫でバイトを続けていた。

年齢的に厳しくなってきたと思っていたある日、20年前に全米を熱狂させた試合の再戦を前に、心臓麻痺で倒れて遂にリングに立つ事が出来なくなってしまったのだが…。

さすが『レクイエム・フォー・ドリーム』の監督。
どこまで追い詰めるかってくらいにラムを追い詰めて追い詰めて、最後は観客の声援と、“ラム・ジャム”を決めにジャンプするラムの表情でドドーっと押し寄せてくる恐怖と感動と悲しみと、ラムが感じたであろう幸福感。
恐ろしい映画です。



レクイエム・フォー・ドリーム デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る
π(パイ) [DVD]

東芝デジタルフロンティア

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン | トップ | 真夏のオリオン »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
80年代最高! (KLY)
2009-06-16 20:55:28
って気持ちがちょっとは解ります。(笑)
ミッキーの『ナインハーフ』にハリウッドスターの格好良さを感じ、プロレスブームにはまり、B・スプリングスティーンを含む洋楽ブームで、必死にラジオに噛り付いていたのを思い出しました♪
ミッキーの熱演には引き込まれましたよ。やっぱり彼とランディが重なるんですよね。だから無性に嬉しかったです。^^
>KLYさん (そーれ)
2009-06-17 20:32:50
どうもです!
何もかもが輝かしかった80's良いですよねぇ。
栄光と挫折な感じがミッキー・ロークにも被りますが、経済成長でブイブイ言わせてた頃の日本にも被るようにも感じて観てました。
最後は復活といっても刹那的で…
と言う事は、日本も最後は…w
やはりロークでなければ ランディは演じることはできなかった。 (zebra)
2011-09-18 15:32:15
 そーれさん はじめまして。

レンタルで友達とみました。
友達も「とてもよかった。あのラストで飛ぶシーン、それがプロレスバカさを出しててよかった。」と。

レスラー人生もピークを過ぎ、娘とは絶縁状態、ステロイドの影響で心臓は弱っているありさまの中年レスラー ランディー。

娘さんとの約束すっぽかすのは さすがにマズイよ~親子関係を修復するチャンスだったのに~~

自分には「この場所しかない」不器用な生き方しかできないランディーは やはり 悲しい男です。

あ、そうそう・・・ 過去にミッキー・ロークが演じた「ホーム・ボーイ」という'88年の映画も 男の哀愁が漂ってますよ。

こちらは、ロークが アメリカ各地を渡り歩く流れ者ボクサーのジョニー役です。元妻のデボラ・フューアーと共演しています

 これ以上説明するとネタバレになりますので 省略しますが レスラーのランディーとはまた違った男の不器用さを「ホーム・ボーイ」のジョニーは持っています。

 「レスラー」と「ホーム・ボーイ」 ともにミッキー・ロークの主演で、ふたりの不器用な男が主人公 ランディーとジョニー

 ふたつの作品を比べながら見るのも 悪くないですよ

最後にダーレン・アロノフスキー監督 製作側ともめてたそうですね。

 製作会社はニコラス・ケージを主演に起用するのを希望したのに監督はかたくなにロークでなければ演じられないとこだわった。

 その読みが 当たりましたね。ニコラスではここまで演じるのはムリだったと思う。 
>zebraさん (そーれ)
2011-10-04 13:42:35
どうもです!
『ホーム・ボーイ』観てみますね。
ありがとうございます!

ニコちゃんじゃなくて本当に良かったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レスラー (LOVE Cinemas 調布)
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウン...
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年5月20日13:50 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほ...
『レスラー』 (めでぃあみっくす)
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方に...
レスラー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
映画レビュー「レスラー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Wrestler◆プチレビュー◆自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で心臓発作を起こした彼は、引...
レスラー / THE WRESTLER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 「尊敬するミッキー・ロークが復活してくれた{/atten/}」 とは、アカデミー賞主演男優賞を獲得したショーン・ペンの言葉。 同じくアカデミー賞でノミネートさ...
「レスラー」涙が止まらない・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
若い人や、ミッキーロークを知らない人が見ても、胸にジーンと来る映画だと思う。でも、もう若くない人や、昔彼が好きだった人には、より一...
レスラー/The Wrestler (描きたいアレコレ・やや甘口)
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。 ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッ...
レスラー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WRESTLER) 【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。 2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。 2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。 2008年インディペンデント・スピリ...
「レスラー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「レスラー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、他 *監督:ダーレン・アロノフスキー 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちし...
レスラー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
かつて栄光を味わい、今はすべてを失った男。誰もが避けることのできない老いと孤独、そして愛と葛藤を超え、自分が最も輝ける舞台へ__このギリギリの生きざまが今、熱く胸を打つ! 物語:“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち...
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
*レスラー* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2008年  アメリカ “ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、ランディは、ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
レビュー:レスラー (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ドキュメント風ドラマ][プロレス][ロートル物][流血][乳見せ・性描写][実写][洋画][スコープ][R15] 不器用度:★★★★☆ もがき度:★★★☆☆ 監督: ダーレン・アロノフスキー 出演: ミッキー・ローク、 マリサ・トメイ、 エヴァン・レイチェル・ウッド...
レスラー     試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 世界が泣いた!不器用なまでに”自分の生き場所”を求め続けた男の感動作 2008年 アメリカ  日本公開日2009/06/13 監督 ダーレン・アロノフスキー 脚本 ロバート・シーゲル 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン...
レスラー (Movies 1-800)
The Wrestler (2008年) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド 全盛期をとうに過ぎた今も週末にはリングに上がるベテラン・プロレスラーの悲哀を描いた人間ドラマ 試合後に心臓発作を起こし引退を決めた...
レスラー (心のままに映画の風景)
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
レスラー (メルブロ)
レスラー 267本目 2009-27 上映時間 1時間49分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク  マリサ・トメイ エバン・レイチェル・ウッド 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 7点(10点満点)  ミッキー・ロークの56歳とは思えないレスラ...
「レスラー」 (或る日の出来事)
主役は、最盛期を過ぎてもプロレスラーとして生きることを選んだ男。 演じるミッキー・ロークの人生に重なるような役柄だったのが大成功。
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
レスラー (to Heart)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 原題 THE WRESTLER 製作年度 2008年 上映時間 109分 映倫 R-15 監督 ダーレン・アロノフスキー 主題歌 ブルース・スプリングスティーン 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド/マーク・マーゴリス ミ...
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
レスラー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  華やかなプロレスシーンのオープニングと、熱気の充満するエンディングが、まるでメビウスの輪のように循環する。そしてエンディングクレジットで流れるボーカルが胸を打つ。その歌には、この作品の全てを凝縮したような、哀愁と悲哀が塗り込められているじゃ...
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R-15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
レスラー/The Wrestler(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[レスラー] ブログ村キーワードレスラー(原題:The Wrestler)キャッチコピー:人生は過酷である、ゆえに美しい。製作国:アメリカ製作年:2008年配給:日活ジャンル:ドラマ/スポーツ上映...
映画『レスラー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
レスラー (RISING STEEL)
レスラー / THE WRESTLER ミッキー・ロークを完全復活させたこの映画の監督ダーレン・アロノフスキーは鬼才中の鬼才なのです。 今回の「レスラー」で監督の作品は全部見ることが出来ました。 2008...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...