ラムとハナと映画の日々

観た映画の感想をごく簡単・簡潔に書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

きみに読む物語

2005-03-02 | cinema
子どもの病気やらでノビノビになって観にいけなかった『きみに読む物語』やっとこさ観てきました。
プラス5日から公開の『シャーク・テイル」の座席指定券をとりに映画館へ。
5日は初日だし込みそうと思ってたのだけど、劇場の人の口ぶりでは「どこでも好きな席を選んでいただけます」って感じだったので、多分私が一番ノリだったのかも、、、そんな感じ

監督:ニック・カサヴェテス
キャスト:ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジーナ・ローランズ、ジェームズ・ガーナー

とある療養施設に暮らす初老の女性(ジーナ・ローランズ)に物語を読み聞かせる初老の男性(ジェームズ・ガーナー)。その物語は古き良き時代のアメリカ南部の小さな町にひと夏訪れていた若い女性アリー(レイチェル・マクアダムス)と地元の青年ノア(ライアン・ゴズリング)の恋の物語。
アリーとノアの恋の物語がやがて奇跡を起こすこととなる・・・

なんともロマンティックなお話です
ノアはアリーに一目ぼれし、強引にデートを申し込んだり、夜中の路上に寝転がって車にひかれそうになったり・・・
やっぱり強引な男性に女性は弱いのかな?
一緒にいて味わったことのないスリルを感じる・・・というのもいいのかも
私は今日ギリギリのガソリンで出かけて、途中工事渋滞にはまりある意味スリルを感じましたが、こういうのとまた違うスリルね
お決まりのように愛し合う二人には障害が多いのです
でも、障害が多いほうが愛は燃え上がるものでしょう
(°ー°)(。_。)ウンウン頷いているそこのあなたも経験済み?(笑)
ラストは先が読めますが、やっぱり泣いちゃいました

映像も物語もとっても綺麗な映画でした
隣のおばさま二人連れは、白鳥がいっぱいの湖の中をボートですすむシーンで「きもちわるい~~。あれほんまに白鳥?」と言ってました。。。たしかに、私も少しそう思ったし、こんな鳥だらけのところでえさあげたらすごいことになるんじゃないかって思ったけど、ここは一度別れた二人がうまくいきそうなところなんだからだまっててよ~~!と心の中で叫びつつ・・・

大勢の人からもてるより、一人の人にこんなに深く愛されるなんておばあちゃん幸せもんだねぇ。。。
わたしもこんなおじいちゃんに愛さたいわっ

座布団:7枚
コメント (9)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビヨンドtheシー~夢見るよう... | トップ | シャーク・テイル »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白鳥の湖… (sean)
2005-03-02 22:47:34
私もある意味、スゴイなーって^^;

でもあそこは、大変ロマンティックなシーンでしたよねぇ…^^;

そそ。障害が多いほど盛り上がる二人の恋愛。

いいですよね~。

私も歳をとった時(近くなると老年期のことばかり考える)

ああいうじいさんと一緒に過ごせたらなぁ~って思いました♪(爆)



あ、ス○ーリンもイイですけど^^;
 (博)
2005-03-02 23:29:01
俺も泣いてしまった。

「僕らの愛に不可能はないよ」との言葉

それからのシーン。

涙が頬を伝っていきました。



俺もあそこまで愛せたらいいなぁって思ったよ♪(笑)

でも、その前にまず相手だな(爆)
コメントありがとう♪ (komame@管理人)
2005-03-03 17:11:42
>seanさん

白鳥の湖。。。

すごかったですよね?

大変ロマンティックなシーンでも、私ならあのシーン耐えられません(爆)

えさなんかあげたら、頭の上でふ○されるのが関の山・・・



ああいうじぃさんいいですね

あ、でもス○ーリンは金持ってんど~~(笑)



>博さん

なみだ・涙でしたね~~

博さんも、あんなじぃさんになってね(笑)

そそ!その前に相手を見つけなきゃ!

ばぁさんじゃなく若いアリーのようなね
o(〃^▽^〃)oあははっ♪ (博)
2005-03-04 23:24:02
若いアリー、いいね!(笑)

ま、もう少し上でもいいんだけどな(爆)



でも、ばぁさんだけは遠慮させていただきます

(o_ _)ノ彡☆ギャハハ!! バンバン!
(>y<) ぶっ!? (komame@管理人)
2005-03-05 16:42:25
恋は盲目っていうだけあって

好きになったら年の差なんて関係ないのよ~

o(^▽^)o キャハハハ
ストライクゾーン (博)
2005-03-06 23:29:20
ホント、好きになったら年の差なんて関係ないよね。

でも、俺にも一応ストライクゾーンがあるもので…(笑)

ま、具体的には差し控えておきますが(謎)
(⌒^⌒)b なるほど (komame@管理人)
2005-03-07 15:24:08
そのストライクゾーンの広さについては今度ゆっくり(¬ー¬) フフフ
Unknown (博)
2005-03-09 22:38:09
ストライクゾーンの話は

今度会えた時にでも…(笑)



そうそう!

今日の某スポーツ紙で、

今頃「きみ読む」の評価なんてやってた(笑)

それって遅すぎと違う?(爆)
★\(ハ ̄ー ̄イ)/★ (komame@管理人)
2005-03-10 21:24:35
「きみ読む」はリピーター割引なんてやってたりするから、ジワジワ根強い人気なのかなぁ。

んで、評価はいかがでした?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「きみに読む物語」 (sean\'s room)
「メッセージ・イン・ア・ボトル」「ウォーク・トゥ・リメンバー」の 原作者、ニコラス・スパークスの第一作目がこれだったんですね。 今回もひとりの人を思い続けるという真摯な眼差しに溢れていました…。 病院にいる年老いた女性のところへ、ある本を読み聞かせる老人が
「きみに読む物語」 (ひらりん的映画ブログ)
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分もの。
「きみに読む物語」 (ひらりん的映画ブログ)
3月1日映画の日、2本目。 予定外なんだけど、チネチッタに移動。 映画館のはしご、しちゃいました。 さすがチネチッタ、7割くらいの入りでした。 この作品、結構評判はいいらしいので見とこうかなぁ・・・てな感じ。 2004年製作のラブ・ストーリー、123分もの。
『きみに読む物語』 (京の昼寝~♪)
■監督 ニック・カサヴェテス ■原作 ニコラス・スパークス(「THE NOTEBOOK」) ■キャスト ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムス、ジェームズ・ガーナー、ジーナ・ローランズ、サム・シェパード  何ひとつ失なわれたものはない 世界のあらゆるものは失
映画感想:『きみに読む物語』 (徒然三十路日記♪)
ニック・カサベテス監督がベストセラーを実母ジーナ・ローランズ出演で映画化。療養施設で暮らす初老の女性は記憶を失っていたが、ひとりの男性が彼女を訪れて、ある物語を読んで聞かせる。それは1940年代のアメリカ南部の町で良家の子女と地元の貧しい青年の間に生まれた純
きみに読む物語 (金言豆のブログ)
★本日の金言豆★昔の観覧車は座席むき出し 今の大観覧車ほど大きくないとはいえ、大きめのブランコみたいな座席にのったまま回転する観覧車は、スリリングな乗り物だったんでしょうね~。私よう乗りませんわあんなの。Σ(T□T) 浅草花やしきのジェットコースターを彷彿と
きみに読む物語 (ミュージックファクトリーの活動日記)
こんばんわ、maiです。 今日の映画はこれを紹介したいと思います↓ 著者: ニコラス・スパークス, 雨沢 泰 タイトル: きみに読む物語 バン!!今日はこの映画をご紹介しちゃいます。 この映画は、もともと小説「the notebook」という小説が超売れて、それ
きみに読む物語 (新・ぴゅあの部屋)
2004年 アメリカ製作 「きみに読む物語」(★★★☆☆) 監督:ニック・カサベテス OPの情緒ある夕焼けの景色が美しいです。 これは、ある女性が思い描いていた夢なのです。 平凡でどこにでもいる、ごく普通の男だが たったひとつ、誰に ...