ラムとハナと映画の日々

観た映画の感想をごく簡単・簡潔に書きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レ・ミゼラブル

2013-01-07 | 2013年公開作品
ミュージカルの舞台は20年ほど前に見たことがあります。
これがきっかけでミュージカルにはまっていったような・・・

映画の中の歌のあとに拍手しそうなところがたくさんありました
でも、映画館なのでできないのでなんかストレスたまるわぁというところがたくさんあったけど(エポニーヌがせつない)ラストみおわってとにかく圧巻です。

内容は今の時代ではもてはやされないようなところがあるでしょうが
それでも、いい大人に対しても人間としての善悪を問われているような
あとにはそんな気持ちが残ります。

映画を見たら舞台が観たくなるだろうし、舞台を観ていたら映画も見てみたくなる
そんな映画ですね。

ミュージカルナンバーは何十年たっても色褪せることがなく
素敵でした

今年になって一番に見る映画には良い映画です。




コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2012年に観た映画

2012-12-31 | 2012年公開作品
気がつけば8月から放置してました

2012年にこの外に観た映画をメモしておくと

『踊る大捜査線 THE FINAL』
いろんなことかなり忘れてましたが
公開時にテレビで再放送してたのでわりとすんなり内容に入っていけました。
フジテレビniceです

『鍵泥棒のメソッド』
これは結構好きですねぇ。
騙し騙されつ最後はどうなるの?と思いながらも
安心してみれる感じでした。

『悪の教典』
あーこれはただ券あったんでみたんだけど
人には絶対おすすめしない映画です。
はっきり言って気持ち悪い。
特に子供にはやめときーと言ってたのにみにいきよったけど
十代の子たちはドライに観れるのかな。
気持ち悪いと思わせた伊藤英明は役者としてすごいと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘルタースケルター

2012-07-25 | 2012年公開作品
2012年・日本
公式サイト


原作読んでませんが、映画は内容はありません。
中身を求めてる人はみることないかっ・・・はは
見どころというと
蜷川美花監督の独特な色彩と
豪華なキャストと
毒があってもやっぱり綺麗な沢尻エリカ
ってところでしょうか。
でも、寺島しのぶは上手いです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

劇場版SPEC~天~

2012-04-12 | 2012年公開作品
2012年・日本
公式サイト

TVドラマ版は好きで、ここ最近のドラマの中では
欠かさず観ていた。
この映画公開前の「SPEC~翔~」はちょうど忘れてた内容を
思い出させてくれて、かつ面白かったので
映画も・・・と思い観に行ったけど
いまひとつでしたわww
なんでしょう、新しいキャストがあんまりやったかなって感じ。
ドラマの谷村美月は普通の女子高生→悪役スペックホルダーと
うまかったけど。
ギャグも栗山千明の変な日本語も笑えなかった・・・
そして終わり方も、ああいう終わり方はいけない。
全然スッキリできなかった。
と、ちょっと期待して観に行ったので
不完全燃焼となってしまいました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ドラゴン・タトゥーの女

2012-02-22 | 2012年公開作品
2011年・アメリカ
公式サイト

原作、本国スゥエーデン版も観てません。
なので途中まで話がわかりにくかった・・・
というのもまず出てくる名前がややこくて
覚えられないから誰のこと言ってるかわからず
核心にせまってきたときにやっとわかったって感じ
だから推理するとこまで頭が働かず
あんまり感情移入できなかったです。

出てくる暴力的なシーンはやっぱり子供には見せたくないと思うものばかり。
でも、実際にも社会的や肉体的な弱者にたいする暴力はあるだろうし
何とも言えぬものがありました。
厳ついメイクやタトゥのリスベットだったけれど
最後は抱きしめてあげたくなるようなシーンでした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

しあわせのパン

2012-02-02 | 2012年公開作品
2011年・日本
公式サイト

とにかく映画の中の風景が綺麗で
日本でこんなところが存在するんだ~
と素直に感動!
もちろん北海道の冬の厳しさは半端なく
自然の美しさと脅威は紙一重のところにあるものの
魅力を感じる風景でした。

また原田知世さんの魅力が溢れていました。
コーヒーを入れる姿も
森ガール風の洋服(ラストの産婦人科帰り?の服装だけは?やったけど)も
冬の雪の風景の中にはまる様子も
どれも彼女にぴったりでした。

夏のお客と秋のお客には共感できなかったものの
冬のお客には泣かされました。
震災で失ったものは大きく
また死を間近にして失っていくしかない先の人生に
希望を失ってしまった老夫婦。
でも、人って変われるし変わるんだ、
新たに得るものもあるんだなって。
とまった時計が再び動き出したとき
そう思いました。

焼き立てのパンにあのとろとろチーズ。
死ぬまでに一度は食べたい・・・

内股気味の羊チャンも大事なキャストでした。
そして、主題歌も計算づくしで素晴らしい。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ロボジー

2012-01-18 | 2012年公開作品
2011年・日本
公式サイト

期待をそんなに裏切ることなく面白かったです。
「ウォーターボーイズ」や「スウィングガールズ」のように
ラストに最大の見せ場があれば盛り上がるんでしょうが。
老人の淡々とした毎日に変化をもたらしたロボットの中に入るということが
どうやって終わるのか、と思いましたが
なんだか少しほっとしたような
孫たちと撮った写真が家族の距離を縮めたような
そんな安心感の残る感じです。

おじいさんひとり暮らしだとどうしても娘や孫たちと疎遠に
なってしまって、また頑固さにも磨きがかかって人間関係も
そうそううまくいかないものなんでしょうね~。
お年寄りの輪の中でも、イケメンジーはモテて劇の配役にも
差があるのが悲しいような、でも笑えました。
世のおジーちゃんガンバレ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麒麟の翼

2012-01-16 | 2012年公開作品
2011年・日本
公式サイト

試写会にて。
原作読んでませんが、ドラマ観てました。
事件から謎解き、ラストのちょっといい話と
ドラマの1時間ではちょうどいい感じでしたが
映画の2時間10分はちょっと長く感じました。
本編とはあまり関係ないガッキーカップルの話を
くっつけてその分時間延びたような感じ。

父親と息子の絆の話かな。
加賀親子のエピソードも交えてましたが
完成度としてはドラマ版「新参者」のほうが高いのではないか。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

源氏物語 千年の謎

2011-12-14 | 2011年公開作品
2011年・日本

公式サイト

久々観に行って失敗したかな~思った。
源氏物語ってこんなんやった?
高校の古典で習って、そのあと田辺聖子の新源氏物語や大和和紀のあさきゆめみしを読んだぐらいだったが、思ってたのとちと違う?
源氏物語を期待するとちゅーと半端という印象。
でもよくよく題名を見てみると『源氏物語 ”千年の謎”』なのだから
源氏物語ではないのだ。

観に来ていた男性は源氏物語の内容知らん人多いんかな。
となりの50代ぐらいのご夫婦のご主人は
「節操がないなぁ・・・」とぼそり。
そーなんです、だってそういうお話なんだもん。
ふふ(*´∀`*)と笑いそうになりやした~
比較的若そげなカップルも男の子が
「源氏物語ってこんな話やったんか?」とやっぱり聞いてた。

みおわってみると
六条御息所の田中麗奈と安倍晴明の窪塚洋介の圧倒的な存在感とカリスマ性で
なんか主役の源氏さんかすんでたよ・・・

でもね、平安の世の貴族の世界をちと覗けたような気分に慣れましたよ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ステキな金縛り

2011-11-07 | 2011年公開作品
2011年・日本
公式サイト

映画公開前に三谷幸喜が宣伝でテレビなどに出まくっていて
ちょっと感じ悪いな~と思いながらも観に行ったが・・・
そう思いながらみに行ったわりに楽しかったです。
わたし的には結構ほろっとくるところもあり
笑えるところはもちろんあり楽しめました。
まぁ出てくる役者はみんな芸達者やしね。

幽霊が見える人と見えない人の設定
見る側より演じる側のほうが楽しいんじゃないかな
なんかそう思いました。

三谷監督作品はあんまり観てないけど
そういえば前作の「マジックアワー」もばかうけしてもたところが
多々あったね
だから村田役の佐藤浩市さんのとこはうれしかったです

ただもうちょっと宣伝控えめのほうが高感度UPかも!

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加