日々ラーメン

おつかれ麺です!博多生まれの博多育ち、4年間の江戸拉麺留学を経て2011年に帰国。拉麺本位副部長のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

しょうゆ・とんこつ・みそ・中華そば・つけ麺何でも取り揃えております 日の出ラーメン @金沢市・入江

2009-07-26 | 石川
おつかれ麺です。

7月に入ってまったく関東から外に出ておりません。


金沢に行った日も懐かしく感じます。



冨單に行くことばかりに夢中になり、ここに行ったことも忘れつつありましたが、

たまたま昼時に近くにあったので、入ってみました。




しょうゆ、豚骨、味噌、中華そば、つけ麺と一体何を選んでいいのかわからなく

なる程のメニューの豊富さ。

迷った挙句、一番当たり外れのなさそうな中華そば(あっさり)にしてみました。



次回、金沢に行けるのはいつになるのかわかりませんが、今度こそいい加減、

日本海の海の幸でも堪能してみたいものです。



場所   石川県金沢市入江1-136
営業時間 平日、土曜:11:30~23:30、日曜:11:30~22:30
定休日  なし
評価   3.6
2009年年間通算拉麺数 93杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろと
ご解釈くださいまし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スーパー六厘者への果てしない旅・・・ 冨單(ふうたん) @金沢市・有松

2009-06-01 | 石川
おつかれ麺です。

東京ラーメンショーでもこの店は大人気でした。

しかも川越の名店とのタッグときたもんだから、こんな贅沢な話はありません。

そんな大人気の六厘舎出身の店がまたもや現れたとなれば、いくら北陸、金沢と

いえども駆け付けないわけにはいきません!

スーパー六厘者になるためには必ず越えなければならぬ道。




あいにくの雨の中、重い荷物を抱えながら、やってきました、金沢へ。




入口の食券機でつけめんの食券を購入。

辛つけはメニューにない模様。



既にカウンターは満席のため、仕方なく4人がけのテーブルへ。

セヤセヤ!六厘舎ばりのリズミカルな和なサウンドを聞きながら、

「オラ、これでスーパー六厘者になれるかな? 」

などとわけのわからぬ独り言を呟きながら待っていると、やってきました、




本日のメインイベンター。




こっこれは、紛れも無く六厘舎の味だ!









本店のいい時程のドロドロさまではいきませんが、うちの部長と違って、

濃厚民族ではない私には絶妙な濃度です。

あえて優劣をつけるならば、

仁鍛>六厘舎、冨單>次念序か。

食べ終わって濃厚民族代表、ミスターオゴポコに連絡。

じーの『僕もこれでスーパー六厘者ですよね?』

オゴポコ部長『いや、まだたい。札幌のshinは?』

じーの『・・・』




スーパー六厘者の栄冠を求めて、旅はまだ続くのでした。。。

部長も早く金沢行かないと!!

などと公の場で煽ってみたりして(笑)



場所   石川県金沢市有松2-5-40
営業時間 11:30~15:00、18:00~21:00
定休日  水曜日
評価   4.8
2009年年間通算拉麺数 77杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろと
ご解釈くださいまし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

空港でラーメン レストラン エア・ポート@小松空港

2009-03-01 | 石川
おつかれ麺です。

強風で飛行機の出発が遅れるとわかると、お腹が減ってどうしようもなかった私
は空港内のレストランに駆け込みました。





場所   石川県小松市浮柳町ヨ50 小松空港ターミナルビル内2階
営業時間 7:00-20:10
定休日  なし
評価   3.0
2009年年間通算拉麺数 20杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろと
ご解釈くださいまし。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

石川県金沢市で出会った博多出身の店主が作る和歌山ラーメン 中華そば神仙@金沢市

2009-02-22 | 石川
おつかれ麺です。

札幌から戻ってきた翌日、小松空港に降り立ちました。

金沢に来るのは初めてです。

九州人にとって、北陸は馴染みが薄いのであります。



北陸は馴染みが薄くても、オゴポコ部長情報によると、この神仙の店主は博多出身
というではないですか!?

というわけで限られた訪麺可能時間において、数あるラーメン屋の中から、
この店をチョイス。



中華そば(600円)いっちゃいましょう!



全部ノーマルで。



おー、さすが店主みずから濃厚民族と称するだけはあります!!

これははるかに師匠(井出商店)を超えた濃度です!

じーのの味覚によると味も師匠を超えとります!

私の今まで食べた和歌山ラーメンの中ではココが一番好きですが、この神仙も
実にイイ


いつか故郷、博多にもこのような本格濃厚和歌山ラーメンを持ち込んでください!

豚骨やし、細麺やし流行ると思うんやけどな~。

場所   石川県金沢市西念4-7-1
営業時間 平日11:00-15:00、17:30-23:00 土日11:30~22:30
定休日  水曜
評価   4.5
2009年年間通算拉麺数 19杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろと
ご解釈くださいまし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加