日々ラーメン

おつかれ麺です!博多生まれの博多育ち、4年間の江戸拉麺留学を経て2011年に帰国。拉麺本位副部長のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一久中華そば(突然山口編2)

2005-08-04 | 山口
先週、火曜日に行った宇部での6つ星店。どうも宇部市内には何店舗かある模様。福岡でも超らーめんナビ6つ星店はそうそうないので、どれほどのものかと期待が膨らんだが、個人的には味の三平の方が全然好き!表現するならば、赤のれん風の醤油豚骨スープに天下一品の濃厚スープをミックスした感じ。麺は延びきった感じで食感があまりよろしくない。期待が大きかった分、なんかがっかり。今日は東京Vシュランで銀座のプルーカフェが出てた。一度でいいから行ってみたい~!!!スープ氷食べてみたい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

味の三平(突然、山口編)

2005-07-30 | 山口
山口でラーメン食べるのなんて、初めてだ。実はこの店に行く前々日に同じく山口の宇部で1軒行ってるんだけど、写真がジロー部長のデジカメの中なので、まだブログにアップできてません。ぶっちゃげ、もう1軒の店が某ラーメン情報サイトで6つ星をつけていたので期待していたが、正直こっちの方が美味しかった。たまたまなのかもしれないが、宇部市内のラーメン屋は屋号に中華そば○○とつけている店が多く、でも実は豚骨(微妙に豚骨醤油)なので、これもまた地方独特でとても面白いな~って思う。よくうどんで関西風のだしと関東風のだしはどの辺の地方が境目なのかっていうけど、ラーメンは一体豚骨文化圏と醤油文化圏の境目は具体的にどこなんだろうと疑問に思う。明らかに広島まで行くと尾道みたいに醤油系ラーメンになるからその辺なんだろうか?
まだ2軒しか行ってないので判断するのはとても難しいが、やっぱ山口は九州の文化を強く受けている圏内に入ってるんだろうと思う。方言なんかはどっちかって言うと広島や関西に近いと思うんだけど。
肝心の味は麺はだいぶ軟らかめで硬麺に慣れている福岡人には少々違和感はあるが、たぶんこの麺はこのぐらいの硬さが一番美味しいから、きっと店主もあの茹で方をしているんだろう。麺は普通だったが、スープはかなりいけた。福岡で似たようなラーメンは例えるのが難しいが、赤のれんと郷家を足して2で割った感じかな~。おばちゃん二人で作ってるんだけど、これだけの味を保てるとは正直、感心。美味しかったので、昨日もう一回行きました。


場所   山口県宇部市松島町、、、
ジャンル 豚骨(醤油豚骨)
評価   4.0
コメント
この記事をはてなブックマークに追加