日々ラーメン

おつかれ麺です!博多生まれの博多育ち、4年間の江戸拉麺留学を経て2011年に帰国。拉麺本位副部長のブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オゴポコチャレンジ~拉麺本位鬼合宿5軒目~ 元車庫前○宮中華そば @和歌山市

2008-06-09 | 和歌山

オゴポコチャレンジラスト1軒は、○宮中華そばです。



時刻は夕方、オゴポコ部長の帰京の時間も迫り、時計の針を常に確認しながらの
訪麺です。



中華料理屋っぽくいろんなメニューがありながらも、わざわざここまで来て冒険
するわけにもいかないので、中華そばを注文。

おつかれ麺です。



一口二口食べながらも、話題は次の店への到着時間の計算の話で持ちきり。



だったのですが、

この後訪麺する2軒ともに空振りし、結局和歌山は5軒にて終了。

多少、不完全燃焼さが残りつつも、大阪市内にUターン。

とりあえず和歌山での最低限の仕事はできたかな?

数日後、和歌山での経験を活かし、神戸市内のあの店に訪麺しました。

レポートはまた次回・・。


住所   和歌山県和歌山市毛見1130-3
営業時間 11:00~15:00、17:00~翌1:00 
定休日  月曜(祝日の場合は翌日)
ジャンル 醤油
評価   3.7
2008年年間通算拉麺数 98杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろと
ご解釈くださいまし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オゴポコチャレンジ~拉麺本位鬼合宿4軒目~ ○京 @和歌山市

2008-05-26 | 和歌山
おつかれ麺です。

昨年の東京転勤以来、ぼちぼち関東圏内を食べ歩き、いろいろ経験が積めてる
今は恵まれてるんでしょうね。

目下、間近に迫った健康診断をどう乗り越えるか。
これが大きな課題です。

さて、そんな私が足元にも及ばない、ラーメン狂いのオゴポコ部長と行く和歌山
の旅、4軒目は、○京(まるきょう)。
ここもまた、部長は前日、既食のため、一人で入店です。



曇~り~ガラスの向こうはラーメン屋~♪
かなりの無茶振りですが、おつかれ麺!ということで、堪忍な。
いや一瞬ラーメン屋だとは気付きませんでした。

モダンな床屋さんのような建物は、店内もラーメン屋っぽくはない。



お願いだ、俺のさっきの悪夢を追い払ってくれ!



そんな心の叫びが聞こえたのか、本和歌山遠征最高の美味さ!
醤油、この醤油がうめ~んだよと一人で頷いていると、あっという間に、麺完食。

さっきまでの胃袋の膨張感が嘘のように、吹き飛びました。

美味いラーメンであることは連食の最高の味方です。

一気に食欲を回復した私は、思わずこれが鬼合宿であることを忘れるぐらい
ご機嫌にネクストヌードルに向かって突き進むのでした。

さあどんどん行くぞ!と思いきや、お次は、車庫前系の有名なあの店で予想だに
しないグランドフィナーレを迎えてしまうのでありました。

場所   和歌山市雑賀町120
営業時間 11:00~14:00 16:00~21:00 
定休日  木曜
ジャンル 醤油
評価   4.4
2008年年間通算拉麺数 94杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろ
とご解釈くださいまし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オゴポコチャレンジ~拉麺本位鬼合宿3軒目~ 京橋幸太郎@和歌山市

2008-05-25 | 和歌山
おつかれ麺です。



オゴポコチャレンジin和歌山の3軒目は、京橋幸太郎にやってきました。
前日に既食のオゴポコ部長をコンビニで待たせて、一人、地下に伸びる階段を
下って行くと、おや、何やら怪しげなこの雰囲気。

思わず引き返そうかと思いましたが、いや、食べてもないのに、もしめちゃくちゃ
美味かったら一生後悔するぞ!と自分に言い聞かせ、席につきます。



え~っと、中華そばに、塩ラーメンに、び、びんちょうたん!?



マジで!?たった3ヶ月で23kgも減量

ラーメン食べてダイエットですか。

これが本当なら食べますけど、別にラーメン食べてダイエットしようなんて
図々しいことを思っているわけではないので、遠慮しときます。(笑)



そうこうしていると、中華そばが登場。

うっ、見た目が・・。

案の定、今まで食べた正善、井出商店とは雲泥の差。
例えるならば、業務用っぽい味。

これは和歌山ラーメンにジャンルされるものなのか?
そういう疑問すら浮かんでくるぐらい、いろんな意味で???マークの多い、
がしかし、ある意味ネタ的にはとても美味しかった1軒でした。

そこまで快調に飛ばしてきた私もここの一杯でなぜか胃袋にずしりとダメージが・・・。


イカンイカン、これは鬼合宿。これも特訓のひとつだ。

気を取り直し、オゴポコチャレンジは、まだ続きます。

それにしても気になるばい。ラーメンで23kg減量。



場所   和歌山県和歌山市本町1-1 サンケイ京橋ビル B1F
営業時間 11:00~23:00
定休日  水曜
ジャンル 醤油
評価   3.0
2008年年間通算拉麺数 92杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろ
とご解釈くださいまし。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オゴポコチャレンジ~拉麺本位鬼合宿2軒目~ 井出商店 @和歌山市

2008-05-24 | 和歌山
おつかれ麺です。

携帯の充電が切れてもモバイルsuicaが使えることを最近知ったじーのです。
→恥ずかしい・・・。



はるばる和歌山までやってきてのオゴポコチャレンジ2軒目は、井出商店です。

そう井出商店と言えば、和歌山ラーメンの名を全国にしらしめた有名店。
私はラ博も行ったことがないのでホントに初訪麺です。

外には数人の行列ができていて、さすが人気店、活気があります。



さすがにここでは早寿司は食べず、中華そばのみを注文。
残念ながら、ここにも値上げの余波が。


この2008年値上げラッシュはラヲタ受難の時代の幕開けにしか過ぎません。

ついに、ラヲタ氷河期がやってきたか。




経験値が少ないので自分の中での和歌山ラーメンの美味しさの基準は一軒目の
正善しかないけど、かなり似たような味でこちらも十分美味い。


やはり和歌山ラーメンの特徴は醤油。
博多の醤油やら東京の醤油やらと全く違う独自のテイストが豚骨の濃厚スープと
重なりあって、なんとなく昔なつかし系の味なんやけどバランスがいいので、
美味い。



スープの量が少なかったのは難点か。


いや~とにかく和歌山ラーメンは連食向き。
サクッとスナック菓子を食べるように軽く二軒をクリア。

というわけで、足早に三軒目に向かうわけですが、調子のよかった二軒目までと
は違って、どんぶり冷飯をお替りさせられたようなダメージをくらうとは、
この時知るよしもなかった・・・。

本当のオゴポコチャレンジはここから始まる・・・。

場所   和歌山県和歌山市田中町4-84
営業時間 12:00~24:00
定休日  木曜
ジャンル 醤油
評価   4.1
2008年年間通算拉麺数 89杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろ
とご解釈くださいまし。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オゴポコチャレンジ~拉麺本位鬼合宿1軒目~ 正善 @和歌山市

2008-05-20 | 和歌山
おつかれ麺です。

季節外れの台風がきとります。
一体地球はどうなっとんかね、しかし?

さて、本日は和歌山遠征シリーズ1発目です。
オゴポコチャレンジ~拉麺本位鬼合宿~の幕開けです。
意気揚々和歌山駅の改札を出るとそこにいたのは、あらオゴポコ部長!

そうです。一人前日入りして、レンタルチャリで和歌山市内をぐるぐるまわり、
既に一日で10軒食べていたのです、この変態部長は。

オゴポコ部長(以下部長)「おう、部長だよ!」

じーの「なんか今日も妙にテンション高いっすね」

部長「そりゃそうたい、和歌山まで来とるんやから。」

じーの「だいたいオゴポコチャレンジってなんすか?」

部長「知らんの、君?松岡修造が小中学生相手に鬼合宿するやつ、それのラーメン
版たい。」

じーの「そうですか、とりあえず食えばいいってことですよね?一軒目行きましょ
う、朝から何も食べとらんけん腹減りました。」

部長「よしオゴポコチャレンジたい。」

じーの「は、は~・・・。」



というわけで着いたところは正善というお店。
井出系です。



地元の常連客で賑わってる感じで決して行列があるわけじゃないけど次々とお客
さんが入ってくる。

中華そば(600円)を注文。



和歌山ラーメンと言えば、まずは早寿司でしょう~ということで、目の前に置いて
ある寿司をパクリ。



そうこうしているとラーメンが登場してきました。

オゴポコチャレンジ一杯目食べます!

へ~、こげな感じか~。醤油が独特で変わっとるね~。

いやでもこれは美味い!

和歌山ラーメンは量もそれほどないので博多ラーメン並にぺろりと完食。

和歌山ラーメン美味いっすね。決して新しい味の類ではないけど、
昔ながらのいい味だしてます。


じーの「美味かったですね~、でも部長は昨日から10何杯も似たような系統の
味を食べ続けてるんでしょ?飽きないんすか?」

部長「美味いラーメンは飽きんたい。」

じーの「おつかれ麺です!!!」

何はともあれ、オゴポコチャレンジ2軒目は、和歌山ラーメンでもっとも有名なあの店だ!



場所   和歌山県和歌山市直川612-1
営業時間 11:00~22:00
定休日  木曜、日曜
ジャンル 醤油
評価   4.2
2008年年間通算拉麺数 87杯

※定休日営業時間は常に変わる恐れがあります。事前にご確認ください。

※評価は好みの問題によるものです。人生いろいろ、ラーメンの好みもいろいろ
とご解釈くださいまし。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加