LOVE AND GLORY


-サイキックの眼- 山本 浩二

家の空気感

2017-04-21 21:09:35 | サイキックの眼

     
     
家の空気感
   
    
いろいろなご相談をお請けする。
ご自身ではよく解らないまま、最初は…ただ何となく…と言われることも多い。
家族や親族の事からはじまり、職場でのこと、日々ナットクのいかないことなど。
  
僕は、第一声に、
「ご相談、お聞きになりたい事、言いたい事、愚痴など、何でも仰ってください。」
と、お伺いする。
そして加えて、「何も言いたくない、でも構いませんよ。」
と、付けて、《 窺って視る 》。
ご相談事の問題の答えは、ご予約のあった時点で全て視て取れている。
後は、どのように伝えてアドバイスしていけるかが要となっている。
もし例えばキャンセルなどがあったりすると、透視したモノが消化出来なくて苦しくなってしまうこともある。苦笑
    
「問題解消の為の答え」
ここに導くために、現状からどのようにアドバイス、指南していけるか?
そのヒトツの方法として、『 空気感 』 というのがある。
『 空気感 』 を訊ねるのです。
   
人間って、育ってきた環境に沿った生き方しか出来ません。
産まれ育ってきた環境を基本にしか…人生を選ばないし、選べない。
それが当たり前であって…それしか知らないで生きてきている。
つまり…人間って、育ってきた環境のモノを土台に選び続けて生きている。
その環境から派生したモノの方向性しか選んでいない。
… 当たり前すぎて、誰も不思議にも思っていないだろう、がッ!!
これが現実中の現実だろう。
   
   
「職場での問題、人間関係、
 社会での理不尽な悩み、
 生理的にウケ付けない人間性やクセ、etc 。

   
なぜ?それが気になって、それが悩みとなってしまうのか?
気にしないでいようとしても、どうしても許せなくなっていってしまう。
無視出来ない、それは間違っている!正したい!私は正しい!
言いたい…言えない、言っちゃいけない、言えば問題になる。
   
多かれ少なかれ、誰でもこれくらいの悩みはあるだろう、しかし、それが我慢の限界に達している人も少なくはない。
~なぜ我慢の限界に?
それは… 
「その職場の空気感、
あなたの家にソックリじゃないですか?」
「 え゛っ!?」
「職場の上司、部下、同僚、関係性、仕事内容、嫌で嫌で、我慢の限界の、それっ!、あなたの家族関係にソックリじゃないですか?」
子供の頃からの蓄積、ウップン、我慢、喜べない喜び?、報酬無き報酬、達成感の無さ、イライラする言動や行動や仕草、なんとも言えぬ空気感、あなたの家の空気感と全く同じじゃないですか?
   
人間って、自分の経験からでしか人生を選ばないし選べない。
仕事も結婚も、自分の経験レパートリーからでしか選ぼうとしないし出来ない。
それは、生まれ育った環境が土台のベースであり、そこからでしか成長の伸び代(のびしろ)が存在せず。
つまり、成長や進歩を求めるにせよ、先ず、家の空気感を理解しなければならず、なので後にも先にも、家の空気感と同じようなモノ、同じような場所、同じような人々を選んでいくし、選びようがないのです。
だから、同じような悩みや成長、伸び代を求めてるもの同士が出逢っていくだろう。
    
例えば過去に…今までの人生に、良い職場や、理想的な人との出会いがあって、なのに縁がなく別れてしまったり、どうしても離職せざるをえなかったりして、あの時は良かったなぁという思い出があったとして。
    
~そこでこういった質問をする~
   
〔過去の理想的だった職場や人間関係の空気感〕 と
〔今の消化しえない人間関係の空気感〕 との違いはナニか?
或いは
〔自分にとって理想的な人間関係があった場所のその空気感〕 と
〔親や家庭環境の空気感〕 との違いを言葉にすると、どういった気持ちや表現になるか?
   
空気感と空気感の違いを質問し、言葉に表してもらう。
子供の頃からの空気感は、みんな憶えているものです。
そして質問されて訊ねられないと、なかなか言葉にする事はない。
子供の頃に自然に得続けて育んできたことの空気感は、知らず知らず同じ空気感の場所や人々を選択し続けている。
・・・・・。
それが良い空気感だったならば、そこからの伸び代(のびしろ)を更に伸ばしていくことを選び続けていけるのだろうけれど。
そうでない環境に育ってきたならば、無意識にもそれを解消すべく…そうでない同じ環境を社会に求めて行く伸び代が続く。
この空気感を明確に感じとってみないことには、現状が解らずじまいなのです。
   
例えば、酷い親子関係があったならば、職場の上司・部下の関係性質も同じ種類のものだったりします。
子供の頃から息も出来ないような心身状態のまま、大人になっても家庭環境と同じような職場環境を選んでいる。
もちろん結婚をし家庭を持っても、子供の頃と同じ性質環境に。
そしてゆくゆくは八方ふさがりになって、更に息も出来なくなる現状になる。
    
八方ふさがりの状態に、空気感という感覚は皆無だろう。
だから、身体も精神状態も、感覚は無くなり、病気にもなっていくことは避けられない。
ストレス解消の為に、場を代えて、旅行に行ってみたり、テーマパークで非現実を楽しむこともあるだろう。 しかしそれも限界を感じている人の多い、そんな時代でもあります。
非現実の世界の空気感と、八方ふさがりの現実の空気感は、違いを比較することは出来ません。
   
誰だってある筈です。
気持ちや心が聡明だった、そう感じていた時の、その空気感。
それを、言葉にしてみたら、どんな言葉を用いた表現が出来るだろう。
そして次に、家の空気感との違いを更に言葉に表現してみてください。
    
自分の育ってきた家の空気感、先ずそれを深く理解し得なければ、ワンパターンで八方ふさがりの息苦しさが続く人生となってしまう。
     
子供の頃?
学生の頃?
今現在?
家の空気感を言葉で表現してみてください。
息苦しい、詰まる思いの原因が解る、そんな入口に立てますから。
     
     
サイキック 山本 浩二
     
       
■ ブログ・トップページ
ブログ・項目一覧
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当の人生のスタート地点 | トップ | 責任とアヤマチ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。