シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

マスターズ・オブ・セックス シーズン3 #6「2つの香り」

2017年05月15日 22時33分42秒 | Masters of Sex
Masters of Sex, 4 Blu-rays. Season.3
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


Masters of Sex Season 3 #6 Two Scents

 香りと性反応の実験を行うバージニアとダン・ローガンは、フェロモンの働きに注目する。バージニアの母親は娘とマスターズを結婚させようともくろむ。マスターズは実験を通じてバージニアとローガンの仲が深まっていることを感じ、バージニアとの情事を再開しようと彼女をホテルへ誘い出すが、有名になってしまった彼らはこっそり泊まるということができなくなっていた。
※以下、ネタバレあらすじです

 マスターズは少年フットボールの副コーチに志願し、ジョニーも入部させる。マスターズはフットボールを通じデニスと仲直りする。ジョイの部屋の鍵を見つけたリビーはその部屋で自分の時間を過ごしていると、業者と鉢合わせしてしまう。ジョニーがフットボールで足を捻ってことでリビーは過剰反応し、辞めろと言い出す。ポールはそれじゃ子供が窮屈だ、甘やかさず自力で学ばせてやれと反論。リビーはジョイがあなたを見限って部屋を借りたと口走ってしまう。

 一方、元フットボール選手のアル・ニーリーと妻の女優イザベラ・リッチが、破綻した性生活を修復しようと診療所を訪れる。セックスに関する圧力から解放するため性的ではない接触が有効だと勧める。ふたりは互いに相手に問題があると主張し、バージニアはあの夫婦の根本的な問題は手に負えないと断ろうとする。ディルドを使った実験でイザベラは不感症じゃないと判明。アルの不貞も問題ではあるが、本物よりもスクリーンのイザベラが良かったと感じている方が問題だった。

 香りと生反応の研究はペテンだとマスターズが非難しローガンと対立する。レスターの汗を使った実験では興奮を否定し匂いを嫌がるが、汗の中の誘引物質で興奮反応が見られる。マスターズとバージニアはホテルでの密会が叶わず実験室で過ごすことに。バージニアは何かと干渉してくる母親が我慢ならなくなる。マスターズはバージニアに出会えば引かれ合う運命だったと告げるが、彼女はそれは分からないと答える。

 マスターズがデニスの訪問を受け親しくなっていく一方でジョニーは疎外感を感じていた。バージニアはローガンとベッドを共にして帰る。テッサは雑誌にコラムが掲載されたことを話そうとするが、バージニアの背中のボタンのかけ違いを見て男と一緒だったと気づく。一方、マスターズは動物園からメスに関心をなくしたゴリラの相談を受ける。

やっと実験が復活して望む展開になってきた。フェロモンってどんな匂いなんだろう〜?これは結果が出るのか気になる!でも男の汗臭さで欲情したことないなwむしろ匂いに敏感だから香水くさすぎるのも無理!
マスターズがフットボール好きなの意外。スポーツなんて全く興味なさそうなのに。こないだ懲らしめたデニスと親しくなってジョニーとは溝ができてしまうんじゃないの?
リビーはなんでも過剰反応するところあるよねぇ。本人やりたがってるのに怪我したからやめろはない。それに勝手に部屋の件を喋るのもどうかと。
バージニアの母親は干渉しすぎだけど、バージニアは男関係ひどすぎる。あれじゃテッサだって嫌だろうよ。バージニアもマスターズも自分の子供との付き合い方が下手すぎる

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

マスターズ・オブ・セックス シーズン3第6話「2つの香り」
クリエーター情報なし
メーカー情報なし


視聴環境:LaLaTV

U-NEXTで31日間無料見放題!


===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンと言う名の少女 シーズン1 | トップ | GOTHAM/ゴッサム シーズン3 ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。