シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

The OA シーズン1

2016年12月28日 23時46分42秒 | SFドラマ
【Netflixオリジナル】The OA Season 1 #1〜8

 7年間行方不明だった若い女性が病院へ運ばれる。奇怪な傷を背中に負った彼女は、誰に聞かれても頑として今までどこにいたのか語ろうとしない。OAが集めた5人に彼女の生い立ちや、監禁されてからの出来事を話し始め、全容が明らかになります。
※以下、ネタバレあらすじです



◆1度目の臨死体験
ロシアで生まれ育ったニーナは成金の父親に育てられるが、組織に命を狙われ通学バスが転落。その時に臨死体験をして、視力を失うか死ぬかの選択を迫られる。生きることを選んだニーナは盲目となり生還を果たす。しかし父親と離れ叔母のいるニューヨークの全寮制の盲学校へ。父親が亡くなると叔母に引き取られるものの、これまでどおりの生活を送ることは出来ない。その後、子供のいない夫婦エーベルとナンシーの養子となり、ニーナではなくプレーリーに名前を変える。

◆監禁
夜驚病を患い養父母はプレーリーを薬漬けにする。21歳の誕生日に父親に会えると信じ家出をしたプレーリー。バイオリンを弾いて父親を待っていると、臨死体験者の研究をしているというハップという医者に声をかけられる。信用しきってついていくと監禁されてしまう。他にも臨死体験者のホーマー、スコット、レイチェルも監禁されていた。盲目のプレーリーは次第にハップの信用を得るようになり脱走の機会を得る。しかし鉱山の端まで逃げると頭を強打され2度目の臨死体験をする。目がさめると視力が戻っていた。

◆動作
二度目の臨死体験で天使だと告げられ、第一の動作を授かったプレーリーは動作を練習する。その一方で視力が戻ったことをハップに隠し、研究の全容を探ることが脱出の鍵になるとホーマーたちと画策する。ホーマーは度重なる実験で臨死体験をし第2の動作を授かる。ある時スコットが実験されることになり、プレーリーの目が見えていることを暴露。動揺したハップは実験でミスをしてスコットを殺してしまう。ところが数日後にスコットが甦り、彼は第3の動作を授かっていた。それで動作を身に付ければ異次元の扉が開くというプレーリーの主張が正しいと、動作を図にして体に刻むことにする。

◆第5の動作
5人目の臨死体験者レナータも監禁され、彼女も第4の動作を授かり第5の動作を見つけようと必死になる。そんな時にハップは保安官に被験者を監禁しているとバレてしまう。保安官の妻の病気を治せるとそそのかし、プレーリーとホーマーに彼女を助けるよう強要する。動作をしていると妻が覚醒し、第5の動作を二人に授ける。ハップは保安官と妻を殺し、プレーリーを放り出す。全ての動作を知るホーマーがいれば異次元の扉を開けるからだ。

◆意志の力
OAに選ばれた荒くれ者のスティーヴ、ジェス、優等生のアルフォンソ、トランンスジェンダーのバック、担任のベティたちはOAの話を聞くうちに親身になっていく。過去の悪行のせいで更生施設へ送られそうになったスティーヴをベティが助け、絆を深めていく。OAの私物の本を見つけ全て作り話だったと思うようになってしまう。そんなある日、学校で銃乱射事件が起こり、5人は咄嗟に動作を行う。するとOAに銃弾が当たっていた。「やったわ、意志の力よ」と言って搬送される。


OAの体験を聞いている5人のように、彼女の身に起きたことが気になってしまって一気見しました。
ストレンジャーシングスやセンス8みたいな不思議かつ理解を超えた世界だった。これぞネトフリのオリジナルドラマって感じ。
最後に5人で動作始めた時は鳥肌がたった。でもあの動作はどうしても笑えてしまうね。
OAは無事にホーマーたちに会えたんだろうか?彼女より先にハップが異次元の扉を開いたのか?とても気になるところで終了してしまった。早くシーズン2を〜〜!

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

視聴環境:Netflix

===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エージェント・オブ・シー... | トップ | 年末企画!2016年海外ドラマ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

SFドラマ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。