シーサイド発

海外ドラマをネタバレでレビュー!ゲーム・オブ・スローンズ、ダウントンアビー、ウォーキングデッド、アメコミドラマなど

[終]アメリカン・ゴッズ シーズン1 #8「決戦前夜」

2017年06月19日 22時03分15秒 | American Gods
American Gods
Milan Records
Milan Records


American Gods Season 1 #8 Come to Jesus
[シーズン1最終回]

 新しき神々との戦いに向けて、ミスター・ウェンズデイは古き神オスタラ(イースター、朝日の女神)を引き入れようとするが、彼女の歓心を得るには好印象を与えなければならない。そこでミスター・ナンシー(アナンシ)が登場する。
※以下、ネタバレあらすじです

 紀元前864年バラン寺院、次々と王が来てはシバの女王の玉座を奪おうと画策。だが交わって女王にとって用なしとなれば消された。1979年テヘラン、時代が変わっても王たちは女王を追い続けた。女王のパワーはすべての女性のパワーで、再生と創造のパワーだ。一部の男たちは跪き捧げ物を献じたが他の男たちは激怒。男たちは銃や刃物、鋭いペニスを使って女王のパワーを奪い取った。洗浄されたパワーは男たちに渡され女王を追いやった。だが、女王は変化を受け入れ居直った。

 2013年、貧しい暮らしの女王は自分が女王だったことを忘れた。寺院が破壊されていることを知る…。そんな時テクニカルボーイが現れ、新しい祭壇をあげると提案。携帯を渡されフォロワー数が多いのが勝ちだとゲームへの参加をオファーされる。一方、ウェンズデイは女王が必要だが、彼が友人であるヴァルカンを殺したためシャドウは信用出来ないと言う。スーツが仕上がったウェンズデイとシャドウはケンタッキーを目指しオスタラ(クリスティン・チェノウェス)に会いに行く。そこではイースターを祝い神々が集まっていた。

 場所や宗派によって色んなイエス・キリストがいた。ウェンズデイはイースターで贈り物を交換し合う習慣はあるが君の名において祈る者はいるかとオスタラに問いかける。そしてナザレのイエス(ジェレミー・デイヴィス)に対し「みんなお前に従うから他の者が隅に追いやられた」とイチャモンをつける。新しき神のせいでヴァルカンが殺されたと話し、君の力が必要だと説得。その頃、ビルクィスはテクニカルボーイに見つかり、逃げられない、借りを返せと警告される。

 ローラとレプラコーンがシャドウを追って到着する。シャドウはナザレのイエスと信仰心について語り合う。ウェンズデイは飢えればまたオスタラに祈りを捧げるようになると、古くからの契約の形を思い出させる。レプラコーンはローラを生き返らせて欲しいとオスタラに頼み、復活ではなく再び命を贈ることが出来ると言われる。オスタラが死の理由を探り、神に殺されたから元に戻すことは出来ないと分かる。ローラはレプラコーンのタマを締め上げウェンズデイが殺したと吐かせる。

 カジノのイカサマがバレたのも神の介入で全てがウェンズデイによって仕組まれていたのだ。シャドウのように失うものがない境遇の男が必要だったと明らかになる。一方、メディアが祝いに駆けつけたため、オスタラは慌てて庭に連れ出す。メディアは古い神に新しくなって欲しいと言い、オスタラはメディアが私のイメージを歪めたと苦言。ウェンズデイは「新しき神々は気晴らしを提供してるに過ぎず、古い神は霊感を与えるだけ」と言って割って入る。テクニカルボーイも現れ「時代は変わる、進歩には逆らえない」と反論。

 ウェンズデイは、神々を創ったのは人で何かが起きたとき神のせいにするためだと告げる。ミスターワールドも現れ、お前の存在価値は戦争の時だけで戦争にはならない、こっちには銃があると反論。空が暗くなり、ウェンズデイは彼らの死をオスタラに捧げると言って雷を落とす。シャドウに信仰心はあるか尋ね、多くの名前と肩書きを持つ"オーディン"だと名乗る。今度はオスタラが春を奪い、その力を見せつける。シャドウは全てを信じるようになる。そこへローラが夫と話をしたい言って姿を現す。一方、ビルクィスもハウス・オン・ザ・ロックに向かっていた。

ビルクィス(シバの女王)は忘れ去られたところにテクニカルボーイが手を差し伸べていたんですね。借りがあるぶん、やはり新しい神々に力を貸してしまうのかな?
イースターにクリスティン・チェノウェスだと「プッシングデイジー」の世界観ですね〜!でも音楽はハンニバルっぽかったw
今崇められてる神といえばイエスだけなのかも。しかも宗派や場所で顔が違うってのはあり得る。LOSTのファラデーことジェレミー・デイヴィスがナザレのイエスで水の上に浮いてたw
ローラはさらに腐ってゾンビ度が増してたww
ついにウェンズデイがオーディンだと名前を明かして力を見せつけ、オスタラの力まで見たらシャドウは信じるよね〜!ローラを殺してまでシャドウを部下にしたのは信仰心のない者に対し神を信じさせるためなのかも知れないですね。
ついに戦いの火蓋が切られた訳ですが、春が消えたことで人々の祈りが捧げられるようになれば古い神にも勝ち目がありそうですね。
8話しかなくて物足りない気もするけど、内容は毎回濃厚だったので満足!シーズン2が楽しみ♪

↓参考になったと思ったらポチッと!
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへにほんブログ村

American Gods (English Edition)
Neil Gaiman
Review

アメリカン・ゴッズ シーズン1第8話「決戦前夜」<Amazonプライムビデオ>
Bryan Fuller,Michael Green,David Graziano,Seamus Kevin Fahey,Maria Melnik,Bekah Brunstetter,Dauri Chase,Neil Gaiman
メーカー情報なし


視聴環境:Amazonプライム・ビデオ

===============================
注意事項
*日本未放送分に関するネタバレコメントは禁止です!
*また内容に関係のないコメントやトラックバックは削除します。
*リンクは可としますが、記事の無断転載・引用は禁止!

===============================
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GOTHAM/ゴッサム シーズン3 ... | トップ | ラストキングダム シーズン2 #2 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。